クレジットカードとは何かを知らない人に!初心者でもよくわかる簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常のあらゆる買い物シーンで使える、便利なクレジットカード。

しかし実際にクレジットカードに慣れていないと 「 クレジットカードとは何か?」という、そもそもの疑問を感じる方もいらっしゃるでしょう。

なんでも初めて利用するものは良くわからなかったりしますが、慣れればその利便性に驚くことも多いのです。

例えばネットショッピングでは、クレジットカードがないと余計な代引き手数料が発生することもあります。

そこでクレジットカードで決済すれば ポイントも貯まり、商品券などに交換できて節約にもつながります。

あなたも クレジットカードとは何か?なぜ便利か?使ううえでどんなことに注意すべきか?知りたいとは思いませんか?

こちらの記事は以下のようなクレジットカード初心者の誰もが知りたい疑問点について解説していきます。

  • クレジットカードとは何かを知りたい
  • クレジットカード初心者でもわかりやすく解説してある、クレジットカードの説明が読みたい
  • クレジットカードがなぜ便利なのか知りたい
  • クレジットカードを使いうえでの注意点を知りたい

この記事を読むことでクレジットカードの概要や注意点を知ることができ、自分がクレジットカードを持つべきかどうかを判断できます。

クレジットカードを持つ女性

クレジットカードとは、 カード保有者の信用(=クレジット)によって、後払いで商品購入などの決済ができるカードです。

クレジットカードが便利である最も大きな理由は、 財布の中に現金が無くてもカード1枚で買い物ができるということでしょう。

クレジットカードの特徴を簡単にまとめると

  • 現金無しで買い物ができる
  • 支払いは締め日までの分をまとめて後払い
  • 一括払いなら手数料が不要

ということになります。

財布のお金が足りなくても買い物をあきらめずに済みますし、一括払いなら手数料も不要であることはクレジットカードならではの特長と言えるでしょう。

こちらの記事を読めば、「クレジットカードとは何か」を知ることができます。

クレジットカードの「クレジット」は「信用」という意味で「あなたには信用があるので後払いでもOKですよ」という証でもあります。

この信用による後払いの仕組みのおかげで、クレジットカードさえ持っていれば現金を持っていなくてもショッピングが可能なのです。

たとえば給料日直前で自由に使えるお金が足りないときでも、 カードの限度額までは買い物に利用することができます。

クレジットカードとは一言で表せば「信用による後払いサービス」ということになるでしょう。

1か月の利用分を、後払いの支払日にまとめて払うことができるのは、クレジットカードの大きなメリットのひとつです。

バラバラと請求が来たのでは不便ですが、クレジットカード会社がまとめて請求してくれるので管理も簡単です。

実際の利用分の計算は、クレジットカード会社ごとに決められた締め日を基準に行われ、支払日にまとめて口座から引き落としされます。

ちなみに利用金額は支払日前に明細書が発行されますので、 いつどこでいくら使ったのかを一目瞭然で把握できるので、家計簿代わりに利用するのもおすすめです。

クレジットカードでは一括払いの場合は手数料や金利はかかりません。

分割払いやボーナス一括払い、さらにはリボルビング払いなども利用可能ですが、一括払いを選択すれば手数料はかからないのです。

一括払いを実際に利用するには、店頭で「お支払い回数は」と聞かれた場合は「一括で」と伝え、ネットショッピングでは支払回数を1回と入力すればOKです。

クレジットカードは 後払いにもかかわらず、一括払いでは手数料が掛からないというのは大きな魅力です。

クレジットカードは 信用によって後払いできるサービスであるということがこの章で明らかになりました。クレジットカードの概要が理解できたところで、次に クレジットカードがなぜ便利であるのか、その理由についてくわしく解説します。

クレジットカード囲む女性

クレジットカードが便利な理由を簡単にまとめると

  • ネットショッピングで代引き手数料なしで決済可能
  • 大金や小銭を持ち歩かないですむ
  • ショッピングでポイントが貯まる
  • カード提示だけで割引といったサービスも充実

ということになるでしょう。

クレジットカードが便利な理由について、さらに詳しく見ていきましょう。

ネットショッピングとクレジットカードの相性は抜群です。

その理由として、 ネット上ですぐに決済が可能であることが挙げられます。

実際にネットショッピングでクレジットカード決済を体験してみると、カード情報を入力して確認ボタンをクリックすれば決済完了の手軽さです。

仮にクレジットカードを持っていなかったとすれば、代引きや銀行振り込み、コンビニ決済などを利用せざるを得ず、 決済に時間が掛かってしまいます。

クレジットカードの即時決済はネットショッピングで非常に便利ということを感じていただけるでしょう。

クレジットカードでの買い物には現金が不要なことは、誰でも体感できる大きなメリットです。

クレジットカード1枚持っていれば、実際に 現金が手元に無くても良く、カードの限度額までは自由に買い物ができるからです。

しかも実際の支払いは 後払いですので、 給料日前で預金口座に残高が無くてもショッピングができます。

現金に縛られないショッピングは、クレジットカードの大きなメリットのひとつと言えるでしょう。

買い物でクレジットカードを利用するたびに利用金額に応じたポイントが付与さ れ商品券などに交換することができ大変にお得です。

ポイントが加算される例のほんの一部ですが

  • 店頭での買い物
  • ネットショッピング
  • 公共料金の支払い
  • ガソリン代の支払い
  • 定期券の購入
  • 電子マネーへのチャージ代金

などなど、適用対象はとても幅広くなっています。
貯まったポイントは商品などと交換できますが

  • 日用品
  • 家電
  • ファッション用品
  • 商品券
  • カタログギフト
  • 抽選への応募権利

といった具合に選ぶのに迷うほど、豊富なメニューが用意されています。

最近では他のポイントサービスやマイルなどと相互にポイントの交換ができるようにもなっており、ポイントを無駄なく効率よく活用できます。

またポイントにステージ制を採用し、一定期間内の利用額が多くなるほどに ポイント還元率がアップする場合も多くなります。

クレジットカードは紛失時に万が一不正利用されたとしても、 クレジットカード所有者を守るための仕組みが整っているので安心です。

クレジットカード会社は不正利用があった場合、調査により不正利用が判明した分については、 支払いのキャンセルや返金に応じてくれます。

たとえばあなたが紛失したカードを拾った人が勝手に買い物をしたとしても、警察に届け出を行い、カード会社に申し出をすることで 補償を受けられる可能性が高いのです。

さらには最近では不正利用対策も2重3重になされており、赤の他人が拾ったカードを利用することは極めて困難ですので、さらに安心感が高まっています。

ここまでの解説でクレジットカードがなぜ便利であるのか、その理由がお分かり頂けたと思います。

次からはクレジットカードを実際に手にするまでの流れについて解説します。

クレジットカードが届く流れ

クレジットカードの入会審査にパスすると、本人確認の後クレジットカードが交付されます。

クレジットカードにはお金と信用が関わってきますから、無条件でクレジットカードが手に入るわけではないのです。

カード申込みから、実際にカードが手元に届くまでの流れを簡単に解説していきます。

入会にはカードごとに審査が必要

クレジットカードの申込みでは利用希望者が年収や勤務先などの情報を申告し、 クレジットカード会社は申告された 内容に基づいて必ず入会審査を行います。
クレジット会社としては、信用のしっかりした利用者を審査で選ぶ必要があるためです。

実際の審査の流れは

  1. 利用希望者からカード申込み
  2. カード会社から信用機関に信用情報照会依頼
  3. 信用機関からカード会社へ信用情報を提出
  4. カード会社による入会審査
  5. カード会社より利用希望者へ審査結果を通知

といった順番で進んでいきます。

このうち「信用情報」というのは他のクレジットカードの保有状況や支払い状況、さらにカードローンや携帯電話の分割払いなど、借入金返済について記録されている情報のことです。
全てのクレジットカード会社は信用機関に加入しているため、他社のクレジットカード情報についても照会できるようになっています。

クレジットカード会社は入会時に申告された内容と、信用機関から提出された信用情報に基づいて、クレジットカードを発行可能か審査するのです。

クレジットカードには カード発行会社によって決められた利用限度額が設定されています。

クレジットカード会社は、いくらまでなら信用しても良いかを審査情報を基に判断しているのです。

実際にクレジットカード申込みの際には希望限度額を聞かれることはなく、 審査通過後にカード会社が決定した限度額が通知されます。

ちなみにクレジットカードを順調に利用していると、クレジットカード会社のほうで(手続きなしで)限度額を引き上げることもありますし、利用者側から増枠の審査を申込むこともできます。

クレジットカードはカード利用者の本人確認がされてからの受け取りになります。

万が一クレジットカードが他人の手に渡ってしまうと悪用されてしまう危険性があるため、本人確認が必須なのです。

実際の本人確認は

  1. インターネットでの銀行口座登録
  2. 本人限定受取郵便で発送
  3. インターネットで本人確認書類の画像をアップロード
  4. 郵送で本人確認書類の写しを郵送

以上のような方法で行われます。

本人確認が行われることで、利用者側も安心してカードを受け取ることができるのです。

クレジットカードを手にするまでの流れを理解できたところで、さらにクレジットカードを実際に使う上での注意点をチェックしていきましょう。

クレジットカードは大変便利な存在ですが、利用する上でいくつか気を付けるべき点もあります。

  • 支払い能力を超えた使いすぎ
  • 一括払い以外の支払方法の利用

これらは次の解説を読んでいただければ簡単に防ぐことができますので、しっかりとチェックして下さい。

クレジットカードは使い過ぎに気を付けていないと、支払日になって困ってしまうことがあります。

なぜならクレジットカード払いは便利であるがゆえに、 手元から現金が出ていく感覚が薄くなってしまうためです。

  • 支払いは極力一括払いを選択する
  • リボ払いは利用しない
  • キャッシングも利用しない
  • 締め日からの利用額を意識するようにする
  • 慣れるまでは少額利用でお試しする

以上のポイントを意識することで、クレジットカードを計画的に上手に使いこなすことができるようになります。

クレジットカードは、たとえ家族であっても本人以外は利用することはできません。

クレジットカードの契約上、本人以外の利用は認められておらず、家族が利用したい場合は家族カードを利用する必要があります。

たとえば家計を管理している妻が、夫名義のクレジットカードを利用しようとしてしまうケースもあるでしょうし、ショップもそのようなケースには目をつぶってしまうこともあるでしょう。 しかしながら本来はこういった 家族利用は規約違反となりますから避けるようにしてください。

本人利用の原則をしっかりと守っていれば、余計なトラブルの心配はなくなります。

「クレジットカードとは何かを知らない人に!初心者でもよくわかる簡単解説」を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最後にクレジットカードとは何か、もう一度おさらいしておきましょう。

  • クレジットカードとは信用で後払いをできるサービスである
  • ネットショッピングの決済に便利である
  • クレジットカードには入会審査と本人確認がある
  • クレジットカードは計画的な利用が大切

以上のようなことをこの記事を読むことでしっかりと理解していただければ、自分がクレジットカードを持つべきかしっかりと判断できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新着記事