WAONポイントが貯まる!イオンで一番お得なクレジットカードを解説

イオンでクレジットカード決済する

イオンで使える電子マネーとして有名なWAON。最近は、コンビニやマクドナルドでも使用できるようになり、ますます使い勝手のいいカードとなりました。

しかし、「WAONはポイントがたまりにくい」と感じることはないでしょうか。

しかし実はWAONカードには、クレジットカードからチャージすれば、ポイントを二重取りできるという裏技があるのですが、あまり知らない人も多いようです。

今回は、WAONでポイントがザクザク貯まるお得なクレジットカードについてご紹介します。

「WAONのクレジットカードについて詳しく知りたい」「本当にお得なのかどうか」「WAONポイントが貯まる一番お得なカードは何なのか」という疑問を持っている方も、本記事を読めばきっと納得いただけるはずです。

こんなにある!WAONポイントが貯まる場所

買い物袋と一緒に座る女性

この章では、WAONポイントが貯まる対象店舗を具体的にご紹介していきます。買い物をするときは、WAONポイントが貯まる店を積極的に選ぶことで、集中的にポイントを貯めることができます。

「こんな店でもWAONポイントが貯まるのか!」と見落としがちな店舗もあるので、この機会にくまなくチェックしておくことをおすすめします。

イオングループ

イオングループのスーパーやショッピングセンターで買い物をしたときはWAONポイントが貯まるチャンスです。主な店舗は以下の通りです。

  • イオンモール
  • ミニストップ
  • マックスバリュ
  • ピーコックストア
  • ダイエー
  • マルエツ
  • まいばすけっと
  • ビブレ

スーパーやデパートで買い物をするときは、ぜひイオングループのお店に絞るようにしましょう。

イオングループの店舗は、都会にも地方にも多数の店舗が進出しているので、どこに住んでいても、比較的簡単に見つかるのではないでしょうか。

コンビニ各社

WAONポイントの貯まるコンビニは、イオングループのミニストップだけではありません。具体的には、

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ポプラ
  • サークルK
  • サンクス
  • スリーエイト
  • 生活彩家

などです。

コンビニ大手のセブンイレブンは、残念ながら対象とはなっていないので、よくコンビニを利用する方は、WAONポイントが貯まるコンビニで買い物をするようにしましょう。

1回1回の支払金額は数百円、数千円でも、1年間もすればかなりの額のポイントが貯まるはずです。「塵も積もれば山となる」と心得て、コツコツ貯めていきましょう。

外食チェーン店

外食チェーン店では、以下の店舗でWAONポイントを貯めることができます。

  • マクドナルド
  • 吉野家
  • 安楽亭
  • かっぱ寿司
  • オリジン弁当
  • ドミノ・ピザ
  • コメダ珈琲店
  • 中華東秀
  • 小僧寿し
  • 七輪焼肉 安安
  • ステーキのどん
  • どん亭
  • CoCo壱番屋(一部店舗では利用不可)

全国に店舗がたくさんあるので、継続的にポイントを貯めることができます。外食するときは、ぜひWAONポイントが貯まるお店を利用するといいでしょう。

外食する機会が少ない方でも、弁当ならオリジン弁当、ピザならドミノ・ピザを利用すると決めましょう。

カフェに行きたいときや、外出中にちょっと一休みしたいときは、コメダ珈琲店を利用するのがおすすめです。

WAONそのままよりもイオンカードセレクトが絶対お得

ここでは、イオンカードセレクトについてご紹介します。

WAONポイントが貯まるクレジットカードはたくさんありますが、その中でもなぜイオンカードセレクトがお得と言えるのかについて解説していきます。

イオンカードセレクトの特徴やイオンカードセレクトを持つだけで受けられるメリットについてもご紹介します。この章を読んで、今までよりももっと早く、効率的にWAONポイントを貯めていきましょう。

チャージでWAONポイントが貯まりポイント二重取り

OKサインをする女性

イオンカードセレクトの一番の魅力は、チャージすることでWAONポイントが貯まり、さらに支払の時にもポイントが貯まるので、ポイントを二重取りすることができる点です。

イオンカードには、様々な種類がありますが、イオンカードセレクトは、チャージでポイントが貯まる唯一のクレジットカードです。

オートチャージの設定が必要ですが、200円で1ポイント貯まります。JALカードでもチャージすることができますが、JMB WAONへの登録が必要となります。JALカードの場合100円チャージするごとに1マイル貯まりますので、WAONポイントよりもマイルを貯めたい方に向いています。

  • イオンカードセレクトでチャージ:200円で1WAONポイント(0.5%)
  • JALカードでチャージ:100円で1マイル(ショッピングマイルプレミアムに加入の場合)

イオンカードには様々な種類のカードがありますが、チャージによってポイントが貯まるのはイオンカードセレクトだけなので、ぜひイオンカードセレクトを持ちましょう。

WAONポイント二重取り

イオンカードセレクトでポイントを二重取りするには、オートチャージ機能を利用する必要があります。オートチャージ機能とは、WAONの残高が最初に設定した金額未満になると自動的にチャージされる仕組みです。

事前に「オートチャージ申請」をしておくことで利用可能になり、チャージした金額は、イオン銀行の口座から引き落としとなります。

残高がなくなる都度チャージする手間が省けて、200円につき1WAONポイントが貯まります。もちろんWAONで支払うときも200円で1WAONポイントがつくので、今までの2倍ポイントを貯めることができます。

「これまで現金でチャージしていた」という方は、早急にイオンカードセレクトへ切り替えましょう。

WAONへチャージでポイント付与はこれだけ!
★★イオンカードセレクトの詳細を見る★★

イオン銀行の金利が優遇される

イオンカードセレクト特典は、ポイントの二重取りだけではありません。普通預金金利が年0.1%(税引き後0.079%)であることも大きなメリットです。

メガバンクの定期預金金利でも0.01%となってしまった現在、かなりの高金利ではないでしょうか。

※2017年8月12日に0.12%→0.1%に変更

イオンでお得になる日

イオンカードセレクトに申し込むと、イオンでお得になる日に割引やポイントが2倍、3倍になるなど、さらにメリットを受けることができます。

イオンカードセレクトは申し込みと同時に、イオン銀行ポイントクラブに自動的に入会することができます。イオン銀行ポイントクラブとは、6か月の間に使用したWAONの金額とクレジットカード利用額に応じてポイントが貯まるサービスのことです。

毎月5日、15日、25日の「お客さまわくわくデー」に2,000円以上オートチャージすると、WAONポイントが10ポイントもらえるのですが、クレジットカードとWAONの利用合計額が10万円なら1.5倍、30万円以上なら2倍、50万円以上なら3倍ポイントがアップします。

そのためオートチャージを利用するときは5日、15日、25日のお得な日を選ぶなどして、効率よくWAONポイントを貯めましょう。

イオンカードセレクトの注意点

ポイントを二重取りするためのオートチャージ申請は、事前の申し込みが必要であり、申請を忘れているとポイントを手堅く貯めることができません。

そのため、カードを作ると同時に申請しておきましょう。カードを作った後でも、WAONステーションでオートチャージ申請をすることができるので、すでにイオンカードセレクトを持っている方は利用状況を確認の上、未申請であれば申請手続きをしてください。

また、カードの申し込み条件として、引き落とし口座は イオン銀行のみとされています。イオン銀行に口座を開設しなくてはいけませんが、金利の上乗せという特典を受けられることから、開設しておいて損はありません。

55歳以上の方は、イオンカードセレクト(G.Gマーク付き)のほうが、毎月15日の「G.G感謝デー」に割引特典があるので、そちらに申し込むようにしましょう。

その他WAONでお得なクレジットカード

財布の中のお金とクレジットカード

WAONに関するお得なクレジットカードは、イオンカードセレクト以外にもたくさんあります。代表的なのが「イオンSuica」と「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」です。

イオンSuicaは、オートチャージ機能によってSuicaへチャージする手間がなくなり、JRをよく利用する方に向いています。

イオンJMBカードはマイルを貯めることができるカードなので、頻繁にJALの飛行機に乗る方が使えば、あっという間にマイルが貯まるでしょう。

それぞれメリットとデメリットがあるのでご紹介します。

イオンSuica

イオンSuicaカード

イオンカードとSuicaが一体になったカードがイオンSuicaです。貯まったポイントはSuicaの電子マネーに交換することができます。

他のイオンカードと同じく、年会費が無料で、イオンカードとSuicaの2枚を持ち歩かなくて済むので便利です。毎月20日と30日の「お客さま感謝デー」は5%OFFで買い物ができ、10日の「ときめきWポイントデー」ではポイントが2倍になるというメリットがあります。

オートチャージ機能付きなので、Suicaへのチャージが不要になり、残高を気にすることなく改札を通ることができます。JRの券売機が混んでいると、チャージすることが面倒に感じますが、そうした手間が省けるので忙しい人にはぴったりです。

デメリットは電子マネーの WAONが使えないことです。貯まるポイントはWAONポイントではなく、ときめきポイントで、WAONを使いたいときは、WAONカードプラスというカードを追加で発行する必要があります。

Suicaユーザーは必見!
★★イオンSuicaカードの詳細を見る★★

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)

イオンJMBカードはJALマイレージバンク(JMB)とWAONの機能がついたカードで、買い物をするごとにマイルが貯まります。貯まったマイルはWAONに変換することができ、毎月20日と30日の「お客さま感謝デー」でも割引対象になります。

JALのタッチ&ゴーサービスが利用できることから、よく飛行機に乗る方にとっては便利なカードです。しかし、WAONへのオートチャージではポイントがつくことはなく、ときめきポイントは対象外です。

JALを頻繁に利用する方にとってはメリットが大きいですが、そうでない方はイオンカードセレクトなど通常のイオンカードのほうが効率よくポイントを貯めることができます。

イオンの買い物でマイルがどんどんたまる!
★★イオンカードJMBの詳細を見る★★

モバイルWAONでクレジットカードを活用する

クレジットカードとスマートフォン

モバイルWAONとはスマホを含む携帯電話で、アプリ登録をすると、WAONカードのように携帯電話をかざすだけでWAONでの支払いができるサービスです。

WAONをおサイフケータイとして使えるので、日ごろからおサイフケータイを使う方にとっては、メリットの大きい機能です。モバイルWAONにクレジットカードを登録しておくと、チャージ機能が使えるので、ますます便利になります。

ここでは、モバイルWAONのメリットとデメリットについて解説します。申し込む際は、よく内容を確認してから行いましょう。

モバイルWAONのメリット

モバイルWAONでは「モバイルWAONアプリ」または「モバイルJMB WAONアプリ」をダウンロードすれば、おサイフケータイでWAONでの支払いができます。

買い物のたびにWAONを貯めることができるので、カードを持ち歩く必要がありません。モバイルJMB WAONはJALのマイルが貯まるので、JAL利用者はこちらがおすすめです。

クレジットカードを登録しておけば、オートチャージ機能が使え、携帯電話で利用履歴や残高照会、ポイントダウンロードも可能になります。

モバイルWAONのデメリット

モバイルWAONで対応キャリアしているはNTTドコモとSoftBank、auで、対応機種も限られています。

登録できるクレジットカードも、イオンカードやイオンセレクト、イオンSuicaカードなど、モバイルWAONに対応しているカードに限定されます。

チャージ機能を使うためには、WAONとクレジットカードを紐づけするための登録が必要となり、モバイルWAON、モバイルJMB WAONは両方を同時に登録することができません。

もし途中で移行したくなった場合は、使用中のアプリを退会しなくてはならず、これまでに貯めたWAONポイントや電子マネーは移管することができません。

そのため、電子マネーを使い切った後で、再登録しなくてはいけないので、その点が不便です。

登録方法

登録方法は、以下の通りで簡単にできます。

1. WAONモバイルサイトにアクセスし、アプリをダウンロード。

2. アプリを起動し、利用規約を確認し、利用者情報などを登録すれば、登録は完了。

3. 次に、クレジットカードの登録を行います。アプリのトップページで「チャージ」を選択し、パスワードを入力してからログイン。

4. チャージ画面で「クレジットチャージ申請およびオートチャージの設定」を選択。

5. サービス特約が表示され、内容を確認したら「承諾する」を選択。

6. クレジットカード情報とオートチャージの設定。

7. 登録内容を確認して、「登録」ボタンを押すと設定が完了。

登録自体は簡単にできるので、興味のある方はぜひ試してみてください。

まとめ

今回の記事ではイオンカードとWAONポイントを効率的に貯める方法についてお話ししました。再度、ポイントをまとめます。

  • WAONポイントが貯まる場所は、イオングループ、コンビニ大手外食チェーンな点など多数あるので、WAONポイントが貯まる店舗を積極的に利用する
  • イオンカードセレクトを作ってオートチャージ機能を利用すれば、ポイントを二重取りすることができる
  • イオンカードセレクトを作ると、イオン銀行の金利が優遇されたり、お得になる日にメリットを受けることができる
  • JRをよく利用する人はイオンSuica、JALの飛行機をよく利用する人はイオンJMBカード(JMB WAON一体型)もおすすめ
  • モバイルWAONではおサイフケータイを利用することができ、利用履歴や残高照会ができる

WAONポイントが貯まる場所はたくさんあり、イオンカードセレクトを作ればポイントが二重取りできるといったメリットがあります。

ぜひ効率的にポイントを貯めて、お得を手に入れるようにしてください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら