VisaとMastercardの違いは?ブランドの組み合わせ方も紹介

クレジットカードを見せ合う人たち

クレジットカードには、VISAMastercardJCBといったクレジットカードの国際ブランドがあります。

国際ブランドは決済ブランドともいい、クレジットカードで支払うときにはブランドごとに決済され、店舗によって使えたり使えなかったりします。

世界的に使える店舗が多いブランドはVISAMastercardと言われていますが、このうちのどちらを持てば良いか、迷った経験をした方も多いのではないでしょうか。

この記事を読んでいるあなたは今、

  • VISAとMastercardの違いが知りたい
  • 自分にはVISAとMastercardのどちらがより合っているかを知りたい
  • 国際ブランドごとの特色やそれぞれの違いが知りたい
  • ブランドごとのおすすめのクレジットカードが知りたい

このように思っていませんか? この記事を読めば上記のニーズをすべて満たすことができます。

さらに、どのような場面ではどのような国際ブランドを選んだら良いのかも知ることができます。

ぜひ最後まで読んで、自分に一番最適なクレジットカードブランドと巡り合ってください。

5大国際ブランド中でのVisaとMastercardの位置付け

クレジットカードを見せ合う人たち

クレジットカードにあまり慣れていない人に中には「国際ブランド」と言われてもピンとこない人もいるのではないでしょうか。

国際ブランドは、世界的にクレジットカードに決済機能を提供している会社のことです。自分のクレジットカードを確認してみると、カード券面に「VISA」や「Mastercard」、「JCB」といったブランドのロゴが入っていることが分かるはずです。

主な国際ブランドは以下の通りです。

国際ブランドステッカー

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

上記の5社で、規模の大きさから「5大国際ブランド」と呼ばれています。日本で発行されるクレジットカードは、この5つのうちどれかからしか選べません。

また、最近では上記の5大国際ブランドに

  • 銀聯(Union Pay)
  • Discover

上記の2ブランドを加えた「7大国際ブランド」と呼ばれることも多くなってきています。

銀聯カードは中国、Discoverカードはアメリカで主に発行されています。

それぞれに強みや特徴がありますが、VISAやMastercardは数ある国際ブランドの中でどのような位置づけなのでしょうか。

他のブランドの特徴と合わせて、この章で詳しく見ていきましょう。

決済機能が使いやすく決済機能のみを提供しているVisaとMastercard

前出のように現在、主要な国際ブランドは7ブランドありますが、この中でVISAとMastercardに共通しているのが、決済システムのみを提供しているブランドという点です。

VISAやMastercardは、世界中のクレジットカード会社に決済システムを提供していますが、両者ともに自社ではクレジットカードを発行していません。

世界のシェアNo.1のVISA

数あるクレジットカードブランドの中で、世界シェアが圧倒的にトップなのがVISAです。

アメリカのクレジット決済専門誌「The Nilson Report」の2016年の発表によると全世界のクレジットカード決済の実に54%がVISAブランドのクレジットカードでした。

世界中のクレジットカード取引の、半数以上をVISAブランドが占めているというわけです。

取引額はカードが使える店舗数に基本的には比例しますので、VISAブランドは世界中で一番使いやすいクレジットカードブランドということが言えます。

海外利用時のレートではMastercardの方がお得

海外利用時のレートの比較ではMastercardが有利です。手数料が若干VISAに比べて低いのです。

実はクレジットカードは、各ブランドで独自の為替レートが設定されています。

両者ともに為替レートがどれくらいかが発表しているわけではありませんが、どちらも為替レートを計算できるページを用意しています。VISAはこちら、Mastercardはこちらのページから為替レートを計算することができます。

このページの為替レートを比較すると、どの通貨でもおおむね1%程度Mastercardの為替レートの方が有利になっています。

海外でよりお得に買い物をしたい方には、Mastercardをおすすめします。

会員向けサポート重視でプロパーカードを発行している国際ブランド

VISAとMastercardの強みや特徴が把握できたところで、それ以外のブランドの特徴や強みを紹介していきます。

ここでは、

  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • JCB

これらについて詳しくお伝えしていきます。

この3つのブランドは、VISAやマスターカードとは違い、自社でクレジットカードを発行していて、会員向けサポートが手厚いことで知られています。

ちなみに、国際ブランドが自社で発行するクレジットカードは「プロパーカード」と呼ばれています。

海外でステータスが高いアメリカンエキスプレスとダイナースクラブ

アメリカンエキスプレスとダイナースクラブに共通するのは、ステータス性の高さです。

どちらも一般的なクレジットカードよりも年会費が高めに設定されていますが、その分、サービスや特典が充実しているという特徴を持っています。

年会費は多少高くてもサービスや特典を重視したいという、富裕層向けのブランドです。

どちらもかつては、日本国内で使える店舗が少ないことが弱点でしたが、JCBと提携することにより日本国内でも使いやすいブランドになっています。

国内外で特典の多いJCB

JCBは国内外での旅行やエンターテイメントで特典の多い国際ブランドです。

JCBカードを持っていれば、国内外の観光地で特典を受けれたり、ラウンジを利用することができたりします。

また、かつては海外で使う際に使える店舗が少ないことがネックでしたが、海外加盟店も2,000店舗を超え、徐々に海外でも使いやすくなってきています。

クレジットカードで買い物をする男女

2017.04.18

JCBのクレジットカードをわかりやすく比較!メリット&デメリット解説

クレジットカードの国際ブランドに、JCBがあります。JCB発行のクレジットカードでなくても、「JCB」が選べたりしますが、この違いとは何なのでしょうか。また、国際ブランドとしてのJCBがVISAやマスターとどう違うのか、JCB発行のクレジットカードの概要やメリットとデメリット等も、JCBカードに興味のある方は知りたいですよね。こちらの記事は、国際ブランドとしてのJCBについての知識が深まり、数多くあるクレジットカードの中から自分にあったお気に入りのカードを選ぶ際に役立つ内容となっています。是非参考にしてみて下さい。

ただし、最近では国内でも新規店舗を中心にJCBが使えないという店舗も増えています。JCBのクレジットカードに入会する場合でも、サブカードとしてVISAかMastercardのクレジットカードを1枚持っておくことをおすすめします。

この章では、VISAやMastercardをはじめとした主要国際ブランドの強みや特徴についてお話ししてきました。

一口に国際ブランドと言っても、各ブランドで得意分野が違うことが分かったのではないでしょうか。次の章では、それぞれの特徴に合わせた国際ブランドの組み合わせ方について詳しく見ていきましょう。

国際ブランドの組み合わせ方

パソコンを見る家族とクレジットカードを持つ女性

この章では、国際ブランドの組み合わせ方についてお話ししていきます。特徴が異なる国際ブランドを組み合わせることで、より便利にクレジットカードを使うことができます。

国内利用メイン、海外利用メインと使うシーンに合わせてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

国内利用メインならVisaかMastercardどちらか+JCBがおすすめ

クレジットカードを国内メインで使うといった方は、VISAかMastercardのどちらかに加えてJCBがおすすめです。

ただし、先ほどもお伝えしましたが国内でもJCBが使えない店舗も増えてきています。この点には注意してください。

海外利用ではVisa+Mastercard+ステータスの高い国際ブランドがおすすめ

クレジットカードを利用するのは海外がメインという人は、VISAとMastercardに加えてステータス性の高い国際ブランドを持つことがおすすめです。

3種類のカードを持つことの利点は以下の通りです。

  • 海外キャッシングではVISAとMastercard両方あると便利
  • ステータスの高い国際ブランドのサービスを享受できる

上記2点について、以下から詳細を説明していきます。

海外キャッシングではVisaとMastercard両方あると便利

海外キャッシングをする際には、VISAとMastercardの両方を持っていると便利です。海外で現金が必要になった時に便利なのが海外キャッシングです。

日本国内でのキャッシングと同様に空港や繁華街、銀行に設置されているATMでキャッシングすることができます。

しかし、海外でキャッシングできるATMを探すことは国内よりも困難です。やっと見つけたATMが自分のクレジットカードに対応していないとなったら、また一からATMを探さなくてはなりません。

その点、海外に強いVISAかMastercardのどちらも持っていれば、どちらも対応していないという可能性は非常に低くなります。

海外で現金を引き出す可能性がある人は、VISAとMastercardのどちらも持っていくことをおすすめします。

海外でステータスの高い国際ブランドでサービスを享受

ステータスの高いクレジットカードを1枚持っていると、会員向けのサービスや特典を受けることができるので、おすすめです。

持っていることでサービスや特典を受けることができるのがクレジットカードの大きな特徴のひとつです。

中でも、アメリカンエキスプレスやダイナースクラブといったステータスの高いブランドはサービスや特典が手厚いことで知られています。

空港のラウンジが使える、レストランやホテルの割引、ゴルフ場の割引など、海外旅行で嬉しいサービスや特典を数多く用意しています。

せっかく海外旅行に行くなら、こうした豪華な特典やサービスをぜひ利用したいところです。

この章では、各ブランドごとの特徴に合わせたおすすめの国際ブランドの組み合わせ方を紹介してきました。

各ブランドの特徴をうまく組み合わせれば、より賢く便利にクレジットカードを使うことができることが分かったのではないでしょうか。

次の章では、VISA、Mastercardそれぞれのブランドごとにおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

Visa、Mastercardでおすすめのクレジットカード

クレジットカードは何枚

ここまで読んでいただいた方は、VISAとMastercardのそれぞれにどのような特徴があるブランドなのかのおおまかなイメージが掴めているのではないでしょうか。

この章では、VISAとMastercardそれぞれのブランドでのおすすめのクレジットカードをお伝えしていきます。

Visaなら三井住友Visaカードがおすすめ

VISAブランドで選ぶなら「三井住友VISAカード」がおすすめです。

VISAの決済機構を利用しているクレジットカードは数多くありますが、一般的に日本国内でVISAカードといえば、三井住友VISAカードのことを指します。

三井住友VISAカードのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 初年度の年会費が無料
  • 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険が利用付帯されている
  • ICチップ搭載、顔写真入りのカードが選べるなどセキュリティが盤石
  • 年間100万円までの買い物保険が付帯されている

なお、海外・国内旅行傷害保険の利用付帯ですが、これはツアー代金や宿泊費などを三井住友VISAカードで支払った場合に適応される保険のことです。この点には注意が必要です。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

Mastercardで国内利用が多いならOrico Card THE POINTがおすすめ

Mastercardブランドを希望していて、国内利用が多い方は「Orico Card THE POINT」がおすすめです。

Orico Card THE POINTは、「オリコ」の略称でおなじみの大手信販会社「オリエントコーポレーション」が発行するクレジットカードです。Orico Card THE POINTのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率が常に1%以上と高還元率
  • 電子マネー「iD」、「QUICPay」をダブル搭載

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
  • 家族カード
  • 分割払い

Mastercardで海外キャッシングをよく利用するならセディナがおすすめ

Mastercardブランドのクレジットカードの中で、特に海外キャッシングをよく利用する方におすすめなのが「セディナカード」です。

セディナカードは、三井住友フィナンシャルグループのクレジットカード・信販会社「セディナ」が発行するクレジットカードです。

セディナカードのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 海外ATMの手数料が無料
  • 海外でのショッピングでポイントが1.5倍
  • 最大50万円までのショッピング保険が付帯されている

セディナカード

Thumbnail cedyna

国際ブランド

JCB Mastercard VISA

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5〜0.65% わくわくポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短2週間 個別に設定 0.50% 無料
  • 分割払い

三井住友カードなら両方を備えた「デュアル発行」も可能

ここまでVISAとMastercardの強みや特徴についてお伝えしてきましたが、それでもなお「どちらか一方に決めきれない」という方もいるのではないでしょうか。

そんなあなたは、三井住友カードの「デュアル発行」を検討してみてはいかがでしょうか。

デュアル発行とは、1回の申し込みで2種類の国際ブランドのクレジットカードを同時に発行するものです。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

どうしてもどちらかのブランドに決めきれない場合は、デュアル発行という手段もあることを覚えておくと良いでしょう。ただし、2枚目のカードにも年会費がかかる場合がありますので、この点には注意してください。

まとめ

今回の記事では、VISAとMastercardを中心に、それぞれのブランドの特徴、強みなどを解説してきました。

シーン別や目的別にVISAとMastercardのどちらがどのようにおすすめなのかを紹介してきましたので、ここまで読んで頂いたあなたはもうすでに自分に最適なブランドがどちらかの判断がついているのではないでしょうか。

また、当初あなたが抱いていた疑問点、知りたいこともカバーできたのではないでしょうか。この記事が少しでもあなたのクレジットカード選びの参考になれば幸いです。

2017.06.05

VISAのクレジットカードはどうしておすすめ?クレジットカードを選ぶ基準を解説

クレジットカードの代名詞ともいえる、VISAカード。実はVISAというのは特定のクレジットカードを指すわけではなく、決済する国際ブランドの名称です。VISAといっても、クレジットカードの発行会社によって、年会費も特典も全く異なってきます。VISA以外の他の国際ブランドとも違いがあります。このあたりの特徴や違いについて、詳しく知っておきたいと思われるのではないでしょうか。この記事では、VISAが他の国際ブランドとどう違うのか、国際ブランドがVISAだとどんなメリットがあるのか、また、オススメのクレジットカード発行会社についても比較表を用いて解説いたします。記事を読み進めると、VISAについての知識が深まり、国際ブランド「VISA」のクレジットカードを持つべきかどうか、またどのクレジットカードがお勧めなのかがわかります。VISAのクレジットカードをご検討中の方は、是非ご参考下さい。

2017.07.07

クレジットカードをマスターカードにするメリットとデメリットを比較&解説

「お金で買えない価値がある。買えるものはマスターカードで」のキャッチコピーでお馴染みのマスターカード。普段からマスターカードを利用している方はもちろん、これからマスターカードを利用しようと考えている方の中には、・マスターカードの特徴やブランドイメージ、独自のメリットが知りたい・マスターカードとVISAやJCBとの違いが知りたい ・おすすめのマスターカードが知りたいと思う方も多いのではないでしょうか?この記事では、マスターカードの特徴やメリット・デメリット、他の国際ブランドとの違い、そしておすすめのマスターカードについてまとめてみました。マスターカードのクレジットカードを利用しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら