VISAのクレジットカードはどうしておすすめ?クレジットカードを選ぶ基準を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの代名詞ともいえる、 VISAカード。実はVISAというのは特定のクレジットカードを指すわけではなく、 決済する国際ブランドの名称です。

VISAといっても、クレジットカードの発行会社によって、年会費も特典も全く異なってきます。またVISA以外の他の国際ブランドとも違いがあります。

このブランドや発行会社の特徴や違いについて、詳しく知っておきたいと思われるのではないでしょうか。

この記事では、VISAが他の国際ブランドとどう違うのか、 国際ブランドがVISAだとどんなメリットがあるのか、また、オススメのクレジットカード発行会社についても比較表を用いて解説いたします。

記事を読み進めると、VISAについての知識が深まり、国際ブランド「VISA」のクレジットカードを持つべきかどうか、またどのクレジットカードがお勧めなのかがわかります。

VISAのクレジットカードをご検討中の方は、是非ご参考下さい。

クレジットカード数枚

この章ではVISA、MasterCard、JCB等の 国際ブランドと、クレディセゾンや三井住友、ジャックスカード等の 発行会社についての違い、国際ブランド同士の違いについて説明しています。

VISAのロゴの入ったカードは知名度も高く、目にする機会も多いかと思います。 しかし同じVISAのカードでも、発行されているカードには様々な違いがあります。それはなぜなのでしょうか。

同じ国際ブランドでも発行会社が違えばサービスが違う理由もわかりますので、是非参考にしてみてください。

クレジットカードに記載されているVISAやMasterCardなどの 国際ブランドと、実際にカードを発行している三井住友カードなどの 発行会社は違います。

国際ブランドは、世界中でクレジットカード決済ができるように 決済のシステムを提供している会社で、発行会社と提携していない海外のお店などでも不便なく決済をすることができるのはこの国際ブランドのおかげです。

発行会社は、クレジットカードを実際に 発行したり、 サービス業務全般を行う会社のことを言います。カードの発行から問い合わせの対応、請求書の発行、特典の提供まであらゆる業務を担います。

このように国際ブランドと発行会社は役割が違うため、実際に提供されるサービスは、国際ブランドが同じでも発行会社が違うと内容も違ってきます。

VISAとMasterCardは、以前は加盟店舗数においてVISAの方が優位に立っており、ヨーロッパの方ではMasterCardがやや弱いという状況もありましたが、 近年ではその差は無くなってきています。

大きな違いがみられるのはJCBの方です。その理由としては、VISAやMasterCardは 決済機能の高さを誇る決済カードブランドであるのに対し、JCBは旅先での保険やサポートデスク等サービスに拘ったトラベル&エンターテインメントカードブランドであるからです。

そのためJCBよりもVISAやMasterCardの方が、 決済できる店舗数では優位に立っており、国内外問わず利用できる店舗数は多い傾向にあります。 VISAやMasterCardは決済性の高いカードであるということを覚えておきましょう。

国際ブランドとしてのVISAについて、発行会社との違いや他の国際ブランドとの違いを解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

次の章では更に踏み込んで、 VISAを国際ブランドにすることがオススメな理由について解説していきます。

クレジットカードを持つ女性

この章では、VISAをお勧めする具体的な理由である、国内外あらゆる場所で使えることや、MasterCardと大差ない性能を誇る点について述べています。 是非参考にしてみてください。

VISAを国際ブランドとしているクレジットカードは、国内外のあらゆる場所で使えて、 汎用性ではトップクラスであると言われています。

理由として、VISAはカード発行数、加盟店舗数が世界で1位の国際ブランドであり、180,800万人もの会員数を誇る国際ブランドだからです。 国内でクレジットカードを使えるお店はほとんど、VISAの国際ブランドが入ったカードであれば利用可能であると言えます。

国内だけではなく海外においても同じことが言えるでしょう。 VISAは、 国内外あらゆる場所で利用可能な優れた国際ブランドです。

国際ブランドを選ぶ際に、加盟店舗数の数からVISAかMasterCardかで迷われる方も多いかと思われます。 以前はVISAの方が、加盟店舗数が多い傾向にありましたが、現在では どちらも差が無くなってきているのが現状です。

現在ではどちらの国際ブランドを選択したとしても、国内外ともに困ることはありません。 JCBは国内では強いですが海外では使えないお店も多いため、海外での利用を考えるのなら シェアNO.1のVISAを選んでおけば、まず間違いはないでしょう。

VISAをお勧めする理由についてわかりました。次の章ではVISAを選ぶ前に気を付けることについて解説しています。

女性

VISAを国際ブランドに選ぶ前に、VISA以外の国際ブランドの特徴や、 電子マネーの利用が国際ブランドによって違うということを、この章では解説しています。

クレジットカードを選ぶ際、国際ブランドをどうするか迷うこともあるかと思います。 VISAを国際ブランドに選ぶ前に注意すべき点として、こちらも是非ご参考下さい。

近年電子マネーへのチャージでもポイント対象となるクレジットカードが増えてきていますが、クレジットカード加入時の国際ブランドの選択によって、 ポイントの対象となる電子マネーが違うことがあるのをご存知でしょうか。

例えばリクルートカードの場合、国際ブランドがVISAやMasterCardなら、nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMARTICOCAの電子マネーにチャージしてポイントを得ることができます。

国際ブランドをJCBにした場合は、nanacoとモバイルSuicaのみポイント付与の対象となります。 リクルートカードなら国際ブランドをVISAかMasterCardにしておけば、より多くの電子マネーへのチャージで恩恵を得ることができます。

しかし逆に国際ブランドをJCBにしておかないとポイントの恩恵を得られないカードもあるので注意が必要です。

クレジットカードを作る時に国際ブランドを選ぶ際には、 主に使用している電子マネーがポイント付与の対象となっているかを必ず確認するようにしましょう。

国際ブランドの JCBには、VISAには無い魅力的な特典が多数用意されています。特典の数ではVISAはJCBに及びません。

その理由はVISAが決済に特化した国際ブランドであるのに対し、JCBは旅とエンターテインメントを楽しむトラベル&エンターテインメントカードとして、約100種類を超えるサービスを提供しているからです。

例えば人気の海外旅行先、世界60カ国で展開する JCBプラザラウンジやJCBプラザで日本語によるきめ細かなサポートを受けることができたり、カード利用キャンペーンを常時実施していたり、紛失・盗難保険に加え旅行保険も充実しています。

日本においてはディズニーのスポンサーであることから ディズニー関連の特典にも非常に強いことで知られています。 ディズニーデザインのクレジットカードも多数発行しており、その数の多さでは他のクレジットカードの比ではありません。

JCB会員向けにディズニーランド貸切キャンペーンを実施していたり、秘密のスペース「クラブ33」へ入れる可能性がある点も見逃せないポイントです。

このように捨てがたい特典がありますので、国際ブランドを選ぶ際にはVISA、JCBと幾つかのカードで国際ブランドを分散させるのもひとつの方法です。

アメリカン・エキスプレスは ステータス性が非常に高く、また手厚い補償やサポート、高いクオリティのサービスが提供される特典が非常に充実したカードです。

特に目立った特典としては、まず世界中の様々な国や地域で割引優待を受けられるアメリカン・エキスプレスだけの 優待プログラム「アメリカン・エキスプレス・セレクト」が挙げられます。

食事をはじめ、レジャーやショッピング等で他のカードブランドには無い魅力的な特典を楽しむことができます。

他にも、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、近年様々な場所に出店が増えてきているアメリカ発の会員制大型倉庫店 「コストコ」でのクレジットカード決済にも利用することができます。

コストコで決済可能なクレジットカードは、コストコ・オリコ・マスターカードもしくはアメリカン・エキスプレス・カードのみとなっていますので、この特典はアメリカン・エキスプレスのカードを所持する大きなメリットになります。

その他の特典は以下の通りです。

  • 一流ホテルの割引特典
  • 旅行サイト「エクスペディア」優待料金での利用が可能
  • 国内海外旅行保険
  • 充実のエアポートサービス
  • 一度交換すると有効期限が無期限になるポイントサービス 他

アメリカン・エキスプレスとVISAでカードの所持を迷ったら、こちらもJCBカードと同じく 両方所持することをオススメします。

ダイナースは入会審査基準が非常に高く、限られた方のみが持つことができるステータスカードです。

それだけに 特典のクオリティも非常に高いものが揃っています。以下にまとめてみました。

  • 24時間365日対応デスク
  • 最高1億円まで補償する国内海外旅行保険
  • 年間500万円まで補償のショッピングリカバリー保険
  • プラチナクラスのトラベル&エンターテインメントサービス
  • 国内外600カ所以上に設置された空港ラウンジサービス
  • 低金利水準のカードローン
  • 充実のゴルフサービス
  • 厳選されたレストランやカフェでの優待サービス 他

このようにダイナースは非常に優れた特典が多数用意されていますので、所持することができる可能性があるのならば、VISAカードとどちらかを選ぶのではなく、 両方を選択して入会することをオススメします。

VISA以外の国際ブランドの特典が魅力的であったり、チャージできる電子マネーに違いがあったり等、VISAを選ぶ前に意識しておくべきことをこの章では解説してきました。

複数カードを所持して国際ブランドを分散させることで、いろいろな特典を得るチャンスがあることもわかりました。

次の章では、実際にVISAの人気のクレジットカードについて解説していきます。

クレジットカードを持つ女性

この章では、人気のあるVISAカードを一覧にしてみました。 特典や年会費、ポイントなどが比較できるように構成されています。

多数発行されているVISAを国際ブランドとしたカードですが、どれに入会したら良いか迷っている方もいらっしゃるかと思われます。 お気に入りの一枚を見つけるのに是非お役立て下さい。

カード名 筆者の一言! 特典 年会費 ポイント その他
三井住友VISA クラシックカード 手厚いサポートが安心のクレジットカード! カード紛失・盗難サポートサービス 初年度、翌年度条件付き無料 ワールドプレゼント 基本還元率0.5% 各種電子マネー利用可能
楽天カード(VISA) ポイントの溜まりやすさでは随一のクレジットカード! 楽天市場の買い物でポイント4倍 年会費永年無料 楽天スーパーポイント 還元率1% 電子マネー楽天Edy利用可能
ANA VISA一般カード 飛行機をよく利用する方にはこの1枚! フライトの度にマイルがどんどん貯まる 初年度無料 2年目以降2,000円 ワールドプレゼント 還元率0.5% マイル移行可能 電子マネーiD利用可能
ライフカード (VISA) ポイントが貯まりやすいお得なクレジットカード! 使いこむほどにポイントが貯まる! 年会費永久無料 LIFEサンクスプログラム 還元率0.5% 付随するカードも年会費永久無料
オリコカード・ザ・ポイント (VISA) ポイント高還元率のクレジットカード! 常時1.0%以上のポイント還元率を誇る 年会費永年無料 オリコポイント 還元率1.0%以上 iDとQUICPayの電子マネー搭載
ファミマTカード (VISA) Tポイントがどんどん貯まる! ファミリーマートの利用でお得! 年会費永年無料 Tポイント 還元率1.0% 会員限定割引も見逃せない!

それぞれのカードについて、要点をまとめて紹介していきます。

三井住友VISAクラシックカードは、繋がりやすい サポートデスクと手厚いサービスが魅力のクレジットカードです。主な特徴は以下の通りで、クレジットカードのスタンダードとも呼べる機能を兼ね備えたカードとなっています。

  • 豊富な電子マネー追加カードを発行可能
  • 最高2000万円までの海外旅行傷害保険
  • 年間100万円までのショッピング保険
  • 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い等豊富な支払い方法を用意
  • 1,000円利用につき1ポイント付与のポイントサービス「ワールドプレゼント」利用可能

楽天カードは、楽天市場や加盟している実店舗で利用可能な 「楽天ポイント」がどんどん貯まる、流通系のカードの中ではポイントの溜まりやすさは随一のクレジットカードです。

主な特徴を以下に記載してみました。

  • お得/安全/便利! 顧客満足度調査8年連続No.1のクレジットカード
  • 楽天市場での買い物や楽天グループのサービス利用で4.0%のポイントが貯まる
  • 日々の買い物でも 還元率1.0%のポイントが貯まる
  • 貯めた楽天ポイントはマイルをはじめ他のポイントにも交換可能
  • ネット不正、商品未着等対策サービスが自動付帯
  • 最大2,000万円までの海外旅行保険()
  • カード盗難保険により損害額を補償

楽天カード

Medium rakuten normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

ANA VISA一般カードは、飛行機をよく利用する方には嬉しい特典が満載のクレジットカード。主な特徴は以下の通りです。

  • ANAグループ便搭乗の度に、通常マイルに加えて割リ増しボーナスマイルが貯まる
  • ショッピング等で貯めたワールドプレゼントポイントをマイルに変換可能
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 国内航空傷害保険が自動付帯
  • ANAスカイホリデー等の旅行に役立つ優待や会員限定割引が盛り沢山

ライフカードは使えば使う程ポイントが貯まりやすくなる仕掛けが用意されたお得なカードです。主な特徴は以下の通りです。

  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • 誕生月の利用でポイントなんと5倍
  • 年間50万円の利用で300ポイントプレゼント+次年度基本ポイント1.5倍(スペシャルステージ)
  • 年間150万円の利用でポイント2倍(プレミアム・ステージ)
  • 会員限定の優待やポイント倍率アップが期待できるオンラインショッピングモール「L-Mall」
  • 海外旅行を日本語でサポート「LIFE DESK」
  • 紛失・盗難保険で損害補償

オリコカード・ザ・ポイントはその名の通り、ポイントが貯まりやすい高還元率を誇るクレジットカードです。主な特徴を以下にまとめてみました。

  • ポイント還元率は 常時1.0%以上
  • 入会後 半年はポイント還元率が2.0%
  • オリコモールの利用で通常ポイントとは別に0.5%特別加算
  • 1回払い/分割払い/ボーナス一括払い/ボーナス併用払い/リボルビング払いと多彩な支払い方式を選択可能
  • 紛失・盗難保険付帯 ・海外・国内共にトラベルサポートが充実

オリコカード THE POINT

Medium orico card the point 196x126

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
付帯保険:
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い

公式サイトへ

ファミマTカードはTポイントの特典が充実しており、特にファミリーマート利用時は優遇されるお得な流通系カードです。

Tポイントを貯めたい方にはお勧めのクレジットカードとなっています。以下にその特徴をまとめてみました。

  • ファミリーマートでクレジットカードの提示で 200円につき1ポイント付与
  • ファミマTカードの支払いで 更に200円につき1ポイント付与
  • カードの日(火・土曜日)は200円毎に5ポイント
  • 1ヶ月の買い物金額の応じたランクアップサービスでポイント倍率アップ
  • 女性限定のレディースデー(水曜日)にはポイント2倍
  • 電子マネーへのチャージでもポイントが貯まる
  • 旅行やレンタカーでも会員限定割引あり
  • TSUTAYAのレンタルサービスを追加可能

国際ブランドがVISAのクレジットカードは発行されているカードの種類も多く、 ライフスタイルに合わせてお好みのカードを選んでいただけます。

いかがでしたか。国際ブランド「VISA」の概要及びVISAを選択できるオススメのクレジットカードについて解説してきました。 もう一度、VISAの特徴について簡単におさらいしておきましょう。

  • VISAは 国内外あらゆる場所で使えるほど高い決済性を誇る
  • 他の国際ブランドを所持する場合も、 VISAも併せて持っておくと便利
  • 国際ブランドVISAのオススメカードはたくさんある
  • クレジットカードを1枚だけしか持たないのなら、国際ブランドはVISAがオススメ

VISAのクレジットカードは特にデメリットも無く、 1枚は持って置いて損は無いクレジットカードであることがわかります。

VISAのクレジットカードをご検討中の方は、お気に入りのVISAのクレジットカードを、是非見つけてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加