通販でクレジットカード決済は必要?メリットデメリットを徹底解説

オンラインショップを表す背景とタブレットやスマホを触る人々

忙しい現代人にとって、場所や時間にとらわれずに買い物ができる方法として通販があります。

ただ、通販の支払い方法には色々な種類がありますし、どの方法がおすすめなのかは気になるところではないでしょうか。

通販でおすすめのクレジットカードやお得に通販を利用する方法、通販で使いすぎを防ぐ方法クレジットカードの不正使用を防ぐ方法について、是非知りたいと思いませんか?

この記事では、通販の支払い方法について確認していきます。

クレジットカード決済の必要性やクレジットカード決済がなぜお得なのか、またクレジットカード決済における注意点についても解説していきます。

通販でなぜクレジットカードが必要なのかを知り、通販で安全にクレジットカードを利用する方法を確認していきましょう。

そうすれば、通販を利用する人がクレジットカードを安全にお得に利用することができるようになります。

通販での決済方法は大きく分けて4つある

ONLINE SHOPINGと書いてあるボード

まず初めに、通販の決済方法4種類について確認していきましょう。

通販の決済方法は大きく、

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • 銀行振り込み
  • 代金引換

これらの4つがあります。

基本的には入金確認後に商品が発送されるため、支払期限日までに決済しなければ注文がキャンセルになる可能性があります。

そのためすぐに商品を届けてほしい場合は、クレジットカード決済か代金引換を選択します。

それぞれの手順と特徴について、以下に表でまとめてみました。

手順 特徴
クレジットカード決済 通販サイトの購入画面でクレジットカードに関する情報(クレジットカード番号や有効期限、名義人氏名、セキュリティコード等)を入力するだけ
  • クレジットカードのポイントを貯めることができる
  • すぐに商品が発送されるので急いでいるときに便利
コンビニ決済 振込用紙やQRコードを使ってコンビニで支払う
  • 金額が大きい買い物の場合は利用できないことがある
  • コンビニ決済後に商品が発送される先払いパターンと、届いた商品に振込用紙が同封されている後払いパターンがある
銀行振り込み 指定されている口座へATMやネットバンキング経由で振込む
  • 入金確認後の発送となるため、納品までに時間がかかることがある
  • 振込手数料は利用者負担となる
代金引換 配送業者へ代金を支払う
  • 送料とは別に代引き手数料がかかる
  • 現金で支払うケースがほとんどだが電子マネーが利用できることもある

コンビニ決済については、店舗によって先払いか後払いのどちらかになります。

利用店舗のサイト内にある「利用ガイド」の「支払い方法」で先払いか後払いのどちらが適用されるのかを、確認することができます。

通販の決済方法4種類を確認することができたら、次にクレジットカード決済を選択するメリットについてさらに詳しく解説していきます。

通販でクレジットカード決済を選択するメリット

ONLINE SHOPの文字が表示されたパソコン

通販でクレジットカード決済するメリットには、

  • 基本的に手数料がかからない
  • クレジットカードのポイントが貯められる
  • ショッピング保険で商品の破損や盗難が補償される

という3つがあります。

それぞれのメリットについて具体的に解説していきます。

基本的に手数料がかからない

クレジットカードで決済すれば、基本的に手数料がかかることはありません。

他の決済方法の場合は以下のような手数料がかかるため、損をすることになってしまいます。

  • 銀行振込→銀行振込手数料
  • 代金引換→代金引換手数料

銀行振込の場合は、同じ銀行間であれば振込手数料がかからないこともありますが、利用する店舗が振込先を指定していますから、必ず振込手数料が0円になることはありません。

損をしないでお得に通販でお買い物をするためには、クレジットカード決済が有効な方法となります。

買い物をする事で、クレジットカードのポイントが貯められる

通販の決済でクレジットカードを選択すれば、クレジットカードのポイントを貯めることができます

先ほどご紹介した「基本的に手数料がかからない」というメリットはコンビニ決済にも当てはまります。

しかし、ポイントを貯めることができる点でクレジットカード決済のほうが優位性があり、お得にお買い物をすることができるといえます。

たとえば、1万円の商品を購入する際に100円につき1ポイントが貯まるクレジットカードで決済すれば、100ポイントを貯めることができます。

100ポイント=100円で利用することができれば、実質1%が商品代金から割引されると考えることができるのです。

ショッピング保険で商品の破損や盗難が補償される

クレジットカードなら、手数料がかからずポイントも貯められる上に、ショッピング保険で商品の破損や盗難が補償されるメリットもあります。

1つだけ注意したいのが、ショッピング保険の対象となる商品や補償期間は、クレジットカードによって異なるという点です。

特に、

となるケースもあるため、あらかじめどのような商品が補償されているのかを確認するようにしましょう。

通販の決済方法でクレジットカードを利用するだけで、さまざまなメリットを受けられることが分かりました。

しかし、クレジットカード決済にはデメリットとしていくつか気をつけなければならない点があります。

次に、クレジットカード決済を選択するデメリットについて解説していきます。

通販でクレジットカード決済を選択するデメリット

カードを見て悩む夫婦

通販でクレジットカード決済を選択するデメリットには、

  • 支払い能力以上の買い物をしてしまう恐れがある
  • クレジットカードの不正利用の被害にあう恐れがある

という2つがあります。

それぞれのデメリットが持つリスクと、そのリスクを回避する方法についてお伝えしていきます。

支払い能力以上の買い物をしてしまう恐れがある

通販においてクレジットカード決済を選択するデメリットとして、支払い能力以上の買い物をしてしまう恐れがあります。

現金で支払う場合は、支払い能力以上の買い物をする恐れはありません。なぜなら、手持ちの現金が足りなければ、絶対に買い物をすることはできないからです。

しかしクレジットカードの場合は、利用限度枠に達するまでいくらでも買い物をすることができます。

クレジットカードで決済した分は、後日カード会社から請求される「後払い」の仕組みを採用しているからです。

そこで是非参考にしていただきたいのが、以下でご紹介する「利用限度枠を低く設定しておく」という方法です。

利用限度枠を低く設定しておく

支払い能力以上の買い物を防ぐためには、利用限度枠を低く設定する方法が有効です。

発行されるクレジットカードには審査内容に応じた利用限度枠が設定されています。たとえば30万円という利用可能枠が設定されているのであれば、10万円に設定変更するようにします。

利用限度枠を30万円から10万円に設定変更することによって、10万円分のお買い物しかできないようにすることができるのです。

つい使いすぎてしまう傾向がある人も、利用限度枠を調整することによって支払い能力以上の買い物を防ぐことができるようになります。

クレジットカードの不正利用の被害にあう恐れがある

クレジットカード決済は通信手段を用いて注文をするため、クレジットカードの不正使用の被害にあう恐れがあります。

しかし不正使用の被害を防ぐために、さまざまなセキュリティ対策が施されていることをご存じですか?

安心してクレジットカード決済できる仕組みを知ることができれば、安心してお買い物をすることができます。

たとえば、通販サイトで商品を購入するときはクレジットカード情報(クレジットカード番号、有効期限、名義人氏名、セキュリティコード等)を画面上で入力するのですが、データ入力画面が暗号化(SSL)されているオンラインショップ(利用するオンラインショップのアドレスが「https://」になっている)なら通信内容が保護されているため、クレジットカードに関する情報を安心して送信できます

さらに、利用するクレジットカードに本人認証サービスを登録しておけば、第三者による不正使用の被害を防ぐことができます。

また、ネット決済専用のプリペイドカードを利用する方法もあります。

あらかじめプリペイドカードに入金された金額しか決済することができないため、万が一クレジットカード情報が漏えいしたとしても、被害を最小限に食い止めることができます。

さらにクレジットカード決済を安全かつ確実に利用したい場合は、インターネットショッピングに対応した「オンライン・プロテクション」が付いたクレジットカードを利用すると安心です。

クレジットカードの不正使用の被害にあったとしても、損害について補償されるからです。

たしかに、クレジットカード決済は不正使用の可能性を否定することはできません。

しかし、ご紹介したさまざまなセキュリティ対策を組み合わせることによって、不正使用の被害を防ぐだけでなく、万が一被害にあったとしても最小限に抑えることが可能となるのです。

クレジットカード決済のメリットとデメリットについて理解することができたら、最後に通販利用におすすめのクレジットカードをご紹介します。

通販利用におすすめのクレジットカード4選

買い物袋を並べてカードを見る女性

通販利用におすすめのクレジットカードとして、年会費やポイント還元率、特典などを総合的に評価し、次にあげる4つのクレジットカードをご紹介していきます。

  • Orico Card THE POINT
  • VIASOカード
  • DCカード Jizile
  • 三井住友VISAクラシックカード

さらに、各クレジットカードをどこの通販サイトでお得に使えるかという情報もお伝えしていきます。お得にお買い物をする方法として、是非参考にしてみてください。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは、年会費無料のポイント還元率1.0%のクレジットカードです。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

Orico Card THE POINTには「オリコモールを経由すれば通常獲得ポイントに0.5~15%がプラスされる」という特典があるため、オリコモールでお買い物をするのがもっともお得であるといえます。

VIASOカード

VIASOカードは、100円につき0.5ポイントが貯まるポイント還元率0.5%年会費無料のクレジットカードです。

VIASO(ビアソ)カード

Thumbnail viaso normal

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%~10% VIASOポイントプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 100万円 無料
今がチャンス!お得な入会特典
今入会&利用すれば最大10,000円相当のポイントプレゼント!

VIASOカードの特典として「ネットショッピングでポイント最大10%」というものがあります。

VIASO eショップという通販サイトを利用すれば、通常ポイントに加えて各ショップごとに設定されたボーナスポイントを貯めることができます。

そしてVIASOカードは貯まったポイントは1ポイント=1円として自動でキャッシュバックされる特典(※1,000ポイント以上)があります。

お買い物をする度に現金がもらえるお得なクレジットカードなのです。

DCカード Jizile

DCカード Jizileは、年会費無料のポイント還元率1.2%のリボ払い専用カードです。

DCカード Jizile(ジザイル)

Thumbnail dc jizile

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ) nanaco(ナナコ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.2~1.5% DCハッピープレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
3週間程度 100万円 無料

ポイント還元率が1.2%という高還元率なのは、リボ払い専用になっているというのが理由です。

リボ払いとは、自分で設定した支払金額を超えた分が自動的に翌月以降に繰越され、支払金額が常に一定額となる支払い方法です。

ただし、翌月以降に繰り越された金額に対してリボ払い手数料(手数料率(実質年率)15.00%)がかかります。

しかし、毎月の支払額を5,000円、1万円、2万円、3万円、4万円、5万円の中から選択することができ、支払金額を超えた場合のみリボ払い手数料が発生する仕組みになっているので、計画的にお買い物をすればリボ払い手数料を支払う必要はありません。

そのうえ、毎月の支払額は自由に変更することができるので、ライフイベントに合わせて支払額を増減することが可能です。

そしてDCカード Jizileでお得にお買い物ができる通販サイトは「POINT名人.com」です。通常のクレジットカード利用ポイントに、ショップごとに設定されたポイント(2~25倍)が加算されるので、普段のお買い物でポイントをざくざく貯めることができます。

DCカード Jizileはリボ払い専用のカードであることに注意し、リボ払い手数料を支払わないようにすれば、とてもお得に使うことのできるクレジットカードです。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードは、ポイント還元率0.5%(※Amazonギフト券に交換した場合)の年会費実質無料のクレジットカードです。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

初年度年会費はインターネット入会で無料になり、2年目以降は「マイ・ペイすリボの申し込みと1回以上のカード利用」で年会費無料になります。

三井住友VISAクラシックカードはネットショッピング認証サービスによるワンタイムパスワードで本人確認ができるため、クレジットカードの不正使用の防いで安全に通販利用をすることができます。

ただし、ワンタイムパスワードサービスはスマートフォンアプリからの利用となるため、アプリのインストールが必要となる点で注意が必要です。

そして三井住友VISAクラシックカードで使えるお得な通販サイトは「ポイントUPモール」です。

通常のカード利用ポイントに加えて、ショップごとに設定されたポイント(2~20倍)が付くので、お得にお買い物をすることができます。

まとめ

最後に「通販でクレジットカード決済は必要?メリットデメリットを徹底解説」の内容を3つにまとめます。

  • 通販の決済方法は「クレジットカード決済」「コンビニ決済」「銀行振り込み」「代金引換」の4つがある
  • クレジットカード決済のメリットには「基本的に手数料がかからない」「クレジットカードのポイントが貯められる」「ショッピング保険で商品の破損や盗難が補償される」の3つがある
  • クレジットカード決済のデメリットには「支払い能力以上の買い物をしてしまう恐れがある」「クレジットカードの不正利用の被害にあう恐れがある」の2つがある

通販でクレジットカードを使うリスクは確かにありますが、不正使用を防ぐ対策をしておけば他の決済方法よりもお得にクレジットカードを利用することができるようになります。

そして、通販でおすすめのクレジットカードを上手に活用すれば、もっとお得にお買い物をすることができるようになります。

是非この記事を参考にして、通販でのお買い物を楽しんでみてください!

2017.07.25

ネットショッピングでクレジットカードを安全に利用する方法を解説

パソコンやスマートフォンを持っている方なら1度はネットショッピングを利用したり、利用してみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。ネットショップの支払方法はお店によって異なりますが、メジャーなサイトは大半がクレジットカードに対応しています。他に銀行振込や代引きなどに対応している場合もありますが、おすすめの支払方法はやはりクレジットカードです。クレジットカードで支払えば即時に決済されるので銀行振込のような手間がかかりませんし、代引きのように手数料もかかりません。むしろポイントが貯まってお得ですし、筆者はクレジットカードに対応しているサイトを好んで利用しています。 しかしインターネット上でクレジットカードを利用することに対して、不安を感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。 ここではインターネットを利用した通販サイト、ネットショップにおいてクレジットカードを利用することに危険性はないのか、またネットショッピングを安全に利用するための方法について解説します。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら