おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

【プラチナなのに驚愕の年会費!】TRUST CLUB プラチナマスターカードの おすすめポイントを徹底解説

メモ書きの上でプラチナカードを差し出す女性

プラチナカードが欲しいと思っても、年会費が数万円は必要なので、実際に持てる人は限られてしまいます。

しかし、TRUST CLUB プラチナマスターカードなら年会費の負担を少なく、プラチナカードを持つことが出来ます。

プラチナカードが欲しい人なら、TRUST CLUB プラチナマスターカードについて知りたいとお思いではありませんか。

この記事では、TRUST CLUB プラチナマスターカードについて解説していきます。

記事を読むことで、TRUST CLUB プラチナマスターカードに付いて理解し、申し込むべきかどうか判断できるようになります。 

まずはチェック!TRUST CLUB プラチナマスターカードの基本情報

TRUST CLUB プラチナマスターカードは、三井トラストクラブが発行する個人用プラチナカードで国際ブランドはマスターカードです。

この章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードの基本情報を紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

年会費
初年度:3,000円(税抜) 2年目以降:3,000円(税抜)
ポイント還元率
0.5%
国際ブランド
MasterCard
電子マネー
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント

年会費

TRUST CLUB プラチナマスターカードの年会費は、プラチナカードとしては画期的に低い1万円未満です。

一般的な個人のプラチナカードの場合、25,000円から10万円超も珍しくありません。

年会費 3,000円(税別)
家族カード年会費 無料
ETCカード 無料(5枚まで発行可能)

他社のプラチナカードと比較しても、大幅に年会費の負担が低く設定されています。

ポイント付与率・ポイント還元率

TRUST CLUB プラチナマスターカードのポイント付与率は、支払方法によって異なります。

ポイントは商品や商品券、キャッシュバック充当などに使え、1ポイント当たりの価値は約0.25円相当です。

ポイント付与率・還元率は下記の通りです。

通常払い リボ払い
ポイント付与率 2.00% 3.00%
ポイント還元率 0.50%  0.75%

 一見ポイントが付きやすそうではあるものの、ポイント還元率はそう高くない点を押さえておきましょう。

この章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードの基本情報を紹介してきました。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

年会費
初年度:3,000円(税抜) 2年目以降:3,000円(税抜)
ポイント還元率
0.5%
国際ブランド
MasterCard
電子マネー
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント

次の章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードを持つメリットを紹介していきます。

TRUST CLUB プラチナマスターカードを持つ
4つのメリット

TRUST CLUB プラチナマスターカードは年会費の安さを始め、持つことでいくつかのメリットがあります。

この章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードを持つメリットを紹介していきます。

TRUST CLUB プラチナマスターカードのメリット
  1. ポイント付与率が高い
  2. ポイント有効期限なし
  3. 年会費
  4. 海外でも使える

 詳しく見ていきましょう。

ポイント付与率が高い

TRUST CLUB プラチナマスターカードは月末の利用額100円ごとにポイントが付きます。

他のクレジットカードの場合、1,000円ごとにポイントが付く場合が一般的です。

他社より細かくポイントが付くので、端数も無駄になりません。

ポイント付与率が高く設定されている点は、ポイントを活用したい人にとって大きなメリットです。

ポイントに有効期限なし

TRUST CLUB プラチナマスターカードのポイントには有効期限がありません。

一般的なクレジットカードは、プラチナカードでも有効期限が設定されている場合がほとんどです。

例えば三井住友プラチナカードは、ポイントの有効期限が4年に設定されています。

ポイントの有効期限がないことから、期限を気にせず貯められ、高額な商品への交換をしやすいです。

プラチナカードなのに年会費が安い

TRUST CLUB プラチナマスターカードはプラチナカードなのに年会費が3,000円(税別)です。

しかも追加カードの年会費は無料で、維持するためのコストがあまりかかりません。

他社の場合は年会費が数万円以上するものがほとんどなので、他社に比べてかなり安いことになります。

1万円未満でプラチナカードを持てるのは、TRUST CLUB プラチナマスターカードの大きなメリットです。

海外でも使いやすい

いくらステータス性が高くても海外で使えなければ、他のカードを海外旅行に持って行かなければならず、少し不便です。

TRUST CLUB プラチナマスターカードの国際ブランドはMastercardなので、海外で使える店が多く、不便を感じにくいでしょう。

国や地域にもよりますが、アメリカン・エキスプレスやダイナース、JCBに比べると海外で使える店が多いです。

このことから、TRUST CLUB プラチナマスターカードは場所を選ばず使いやすいカードであることがわかります。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

年会費
初年度:3,000円(税抜) 2年目以降:3,000円(税抜)
ポイント還元率
0.5%
国際ブランド
MasterCard
電子マネー
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント

この章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードを持つメリットを紹介してきました。

次の章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードの付帯サービスを紹介していきます。

ここがお得!TRUST CLUB プラチナマスターカードの
4つの付帯サービス

付帯サービスの多さもTRUST CLUB プラチナマスターカードのメリットと言えます。

この章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードにどのような付帯サービスがあるのか、代表的なものを紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

トラベルデスクを利用できる

旅行や出張には、ツアーや航空券、ホテルの手配などさまざまな手間が発生し、少し面倒です。

TRUST CLUB プラチナマスターカードの会員であれば、トラベルデスクに電話するだけで海外旅行の手配をしてくれます

ウェスティン、シェラトン、ヒルトンなどの海外高級ホテルの手配も可能です。

意外と面倒が多い海外旅行の手配を引き受けてくれるのは、ビジネスなどで忙しい人の強い味方になってくれます。

充実の保険

TRUST CLUB プラチナマスターカードにはさまざまな保険が付帯しており、日々の買物や旅行における万が一を補償してくれます。

保険には、国内・海外の旅行傷害保険と動産総合保険があり、高額な支払時も安心です。

旅行傷害保険利用付帯

TRUST CLUB プラチナマスターカードの付帯サービスのひとつが、国内・海外旅行傷害保険です。

旅行代金をカードで支払うことが付帯条件となります。

旅行傷害保険の最高補償額は、国内・海外ともに最高3,000万円です。

補償の対象となる期間や支払条件などが細かく設定されているので、あらかじめよく確認しておきましょう。

バイヤーズプロテクション

日々の買物や旅行・出張でクレジットカードを使うのであれば、買物保険も付いていると安心です。

TRUST CLUB プラチナマスターには動産総合保険としてバイヤーズプロテクションが付いており、万が一の時は補償を受けられます。

具体的には購入日より90日以内の、破損・盗難・火災などの偶然起こった事故による損害が補償の対象です。

1事故当たり1万円自己負担額があるものの、1年間50万円まで補償されるので、高額な買物も不安なくできます

Mastercard Taste of Premium

TRUST CLUB プラチナマスターカードはプラチナカードなので、Mastercardのプレミアムサービスの対象です。

高級旅館や国内レストラン、海外・国内ホテルを優待利用できます。

国際線手荷物宅配優待サービスやダイニング by 招待日和、国内高級ホテル・高級旅館予約サービスもMastercard Taste of Premiumのひとつです。

ダイニング by 招待日和

ダイニング by 招待日和は全国約200店舗の有名レストランで受けられる優待サービスです。

2名以上で予約すると1名が無料となります。 対象はおすすめコースとなっており、1カ月当たり2回まで利用可能です。

接待や家族サービスなど、ここぞという時に活用しやすいサービスと言えるでしょう。

国際線手荷物宅配優待サービス

海外旅行の帰りは、大きくて重いスーツケースを持って買えるのは大変です。

TRUST CLUB プラチナマスターカードには国際線手荷物宅配優待サービスが付いており、帰国時の手荷物を優待価格の500円で宅配できます。

空港からスーツケースを送る場合、通常宅配便で送ると1,000円以上は必要な送料がワンコインで宅配可能です。

ワンコイン出せば重い荷物を持ち帰らなくて済むのは、海外旅行帰りに非常に助かります。

国内高級ホテル・高級旅館予約サービス

全国のハイクオリティーなラグジュアリーホテル、高級旅館は、なかなか予約を取りにくい施設も多いもの。

Mastercard Taste of Premiumの国内高級ホテル・高級旅館予約サービスを利用すれば、予約を取りやすいです。

予約可能な施設は明らかにされていませんが、JTBが選んだラグジュアリーな施設ばかりと言われています。

家族での記念日など、たまにいい施設に宿泊したい場合に活用すると、メリットが大きいです。

空港ラウンジが使える

TRUST CLUB プラチナマスターカードを提示すると、国内主要空港のラウンジを無料で使えます。

成田空港のラウンジは対象外ですが、それ以外はほぼ利用可能です。

ただし、プラチナカードでもプライオリティ・パスは付いていないので海外の空港ラウンジは利用できません

人の声や館内放送などであわただしい空港でも、ラウンジを使うことで出発前の待ち時間も静かに過ごせます

この章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードにどのような付帯サービスがあるのかを紹介してきました。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

年会費
初年度:3,000円(税抜) 2年目以降:3,000円(税抜)
ポイント還元率
0.5%
国際ブランド
MasterCard
電子マネー
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント

次の章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードを持つデメリットを紹介していきます。

TRUST CLUB プラチナマスターカードを持つ
3つのデメリット

TRUST CLUB プラチナマスターカードは年会費が高額ではないうえ、付帯サービスも充実しているなどメリットが大きいですが、いくつか押さえておきたいデメリットもあります。

この章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードを持つ3つのデメリットを紹介していきます。

TRUST CLUB プラチナマスターカードのデメリット
  1. 年齢・収入要件がある
  2. 利用可能枠が低い
  3. ポイント還元率

 詳しく見ていきましょう。

年齢・収入要件がある

TRUST CLUB プラチナマスターカードは、誰もが申し込める訳ではありません。

22歳以上かつ年収200万円以上が対象です。

収入のない学生や専業主婦は、本会員としては申し込みできません。

家族カードは18歳以上であれば申し込みできるので、収入がなければ家族で検討してみるといいでしょう。

利用可能枠が低い

一般的なプラチナカードは、利用可能枠が数百万円はあるのが一般的です。

TRUST CLUB プラチナマスターカードの利用可能枠は30万円~100万円となっています。

限度額としては一般カードからゴールドカード程度となっており、高額な支払いには不向きです。

海外旅行などでたくさん買物をしたくても100万円までしか使えず、不便です。

ポイント還元率がイマイチ

TRUST CLUB プラチナマスターカードのポイント還元率は、通常0.5%です。

還元率としては一般カードと同程度で、あまりメリットはありません。

他社のプラチナカードの中にはアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのように、ポイント還元率が1.0%を超えるカードもあります。

年会費が抑えられている分、ポイント還元率がイマイチなので、メインカードには不向きです。

この章では、TRUST CLUB プラチナマスターカードを持つ3つのデメリットを紹介してきました。

次の章では、どんな人にTRUST CLUB プラチナマスターカードがおすすめなのかを紹介していきます。

TRUST CLUB プラチナマスターカードは
こんな人におすすめ

TRUST CLUB プラチナマスターカードにはいくつかのデメリットがあるものの、年会費の安さなどメリットも多く、使う人によってはおすすめです。

この章では、どんな人にTRUST CLUB プラチナマスターカードがおすすめなのかを紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

プラチナカードの年会費を抑えたい人

TRUST CLUB プラチナマスターカードの年会費は3,000円(税別)で、家族カードやETCカードは無料です。

他社のプラチナカードの年会費は2万円台〜10万円超が一般的なので、プラチナカードとしてはダントツに年会費が安いと言えます。

ステータスが高いプラチナカードが、他社では数万円なのに、わずか数千円です。

年会費の負担を少なくしてプラチナカードを持ちたい人に、とてもおすすめできます。

付帯サービスが充実したクレジットカードを持ちたい人

TRUST CLUB プラチナマスターカードは付帯サービスが充実しています。

Mastercard Taste of Premiumなどのラグジュアリーなサービスが付いており、ここぞという時に活用できます。

カーシェアリングの優待や国内ゴルフ予約優待など、日常生活から趣味・ビジネスまで活用できるサービスも多いです。

プラチナカードとしての付帯サービスもそろっている点は、TRUST CLUB プラチナマスターカードのメリットと言えます。

国内空港ラウンジを使いたい人

TRUST CLUB プラチナマスターカードを提示すると国内空港ラウンジを無料で使えます。

一部対象外のラウンジはあるものの、ほとんどのラウンジが対象です。

無料の家族カードを作っておけば、家族も無料で使用できます。

家族カードも作っておけば家族旅行で活用できる点は大きなメリットです。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

年会費
初年度:3,000円(税抜) 2年目以降:3,000円(税抜)
ポイント還元率
0.5%
国際ブランド
MasterCard
電子マネー
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント

この章では、どんな人にTRUST CLUB プラチナマスターカードがおすすめなのかを紹介してきました。

TRUST CLUB プラチナマスターカードを申し込むかどうかの参考にしてください。

まとめ

この記事では、TRUST CLUB プラチナマスターカードについて解説してきました。

最大のポイントは、年会費3,000円(税別)に家族カードやETCカードは無料というコストの少なさにあります。

さらに、付帯サービスも充実しているので、少ないコストでプラチナカードのサービスを利用したい人におすすめです。

TRUST CLUB プラチナマスターカードについて理解できましたか。

今回の記事を参考に、TRUST CLUB プラチナマスターカードのメリット・デメリットを比較し、自分に合うと思った人は、是非申し込んでください。

2020.12.01

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!還元率・年会費・ステータス性・サポート面などの観点から、おすすめクレジットカードをナビクレことナビナビクレ…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年8月~2020年9月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ