ディズニーリゾートでお得にクレジットカードを使う!割引や特典などを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おでかけカバンの中身

東京ディズニーリゾート(TDL)ではクレジットカードが使えるかどうか?あるいはオフィシャルスポンサーとなっているJCBのクレジットカードしか使えないのでは?などと心配になる方もいるかもしれません。

けれども実際には、 日本で使われているほとんどのクレジットカードが園内で使えるので、安心してください。

今回は、東京ディズニーリゾート内でクレジットカードが使える場所はどこかという基本的な情報から、ディズニーファンなら誰もが知りたいディズニーリゾートでの各種優待や特典があるお得なカードの情報、またファン必見のディズニーデザイン仕様各社クレジットカードまで色々とご紹介します。

ショッピングをする女性

東京ディズニーリゾートでは、オフィシャルスポンサーとなっているJCBをはじめとする国際ブランドをはじめ、基本的にどのクレジットカードも利用可能です。

しかし、一部の売店や商品購入で使えない場合もあるので、注意する必要があります。

ここでは、東京ディズニーリゾート内で利用できるクレジットカードや、カードを使える場合、逆に利用できない場合などについて説明します。

東京ディズニーリゾートでは、パークチケットの購入、レストラン、お土産を売る店などでクレジットカード払いができます。

また、5大国際ブランド(JCB、VISA、MasterCard、Amex、Diners Club)をはじめとするほとんどのカードが使えますが、MasterCardに限り、日本以外の国で発行されているものが使えないケースもあります。

なおクレジットカード以外にも、JCBやVISAなど国際ブランドマークがついている、 デビットカードやプリペイドカードが使えます。

東京ディズニーリゾート内のほとんどの施設でクレジットカードが使えますが、場所によりカードが使えない可能性もあります。

利用できない場所

  • バルーンベンダー(パーク内の風船販売)
  • ワゴンスタイルの飲食施設(ポップコーン販売など)

 

カード払いできないもの

  • 切手
  • ギフトカード、食事券など

詳しくは近くの売店などでお問い合わせください。

東京ディズニーリゾート内でクレジットカードを利用する場合、基本的にはサインや暗証番号は必要ありません(サインレスOK)。

ただ金額や支払い方法によっては、サインや暗証番号が求められるケースもあります。

■サインレスOK

  • 翌月一括払いで3万円未満の支払い

 

■サインや暗証番号が必要

  • 3万円以上の支払い
  • リボ払い(専用カードのみ)
  • 分割払い
  • ボーナス一括払い

ちょっとした買い物ならサインレスでOKなので便利ですね。

ここまではディズニーリゾートで使える、カードや支払い方法について説明しました。

次は、 ディズニーリゾートで利用すると特典があるクレジットカードを紹介します。

ポイント二重取り

ディズニーファンならやはりチェックしておきたいのが、東京ディズニーリゾートやディズニーストアなどでお得な特典のあるクレジットカードです。

オフィシャルスポンサーとなっているJCBには、ディズニーに特化したポイント還元やメンバー限定の特典など、ファンの心をわしづかみにするメリット満載のカードを発行しています。

ディズニー★JCBカードはウォルト・ディズニー・ジャパンと提携している、ディズニーファン必携のクレジットカードです。

東京ディズニーリゾートでの割引や優待はもちろん、ディズニーストアや各種イベントにおける優待など、様々な特典があります。

その概要や、ディズニーリゾートを満喫したい人がよりお得に利用でき、満足度も高い各種特典について詳しく解説します。

ディズニー★JCBカードには一般カードとゴールドカードの2種類があります。

その基本的なスペックは次の通りです。

  • 一般カード

    本会員:初年度無料、次年度以降2,000円(税別)

    家族会員:初年度無料、次年度以降400円(税別)
  • ・ゴールドカード

    本会員:初年度無料、次年度以降13,000円(税別)

    家族会員:1名無料、2人目より1名につき1,000円(税別)

  • 一般カード:0.5%
  • ゴールドカード:1%

※ディズニーポイントとは、全国のディズニー傘下の施設や売店で使えるポイントです。

ディズニー★JCBカードの大きな魅力の一つとして挙げられるのが、ディズニーデザインのカードを持てるということです。

特に家族カードを作る場合、家族全員が違うデザインのカードを持つことも可能です。

現在発行されているカードのデザインは、一般カードが8種類、ゴールドカードが3種類です。

また、定期的に記念カードなど期間限定デザインのカードが発行されますので、ディズニーファンは要チェックです。

ディズニー★JCBカードは東京ディズニーリゾートや全国のディズニーストア、各種イベントなどでお得なメンバー限定の特典がたくさん用意されています。

ここでは主な特典について簡単に説明します。

  • 東京ディズニーリゾートのキャラクターグリーティングに1日50組招待
  • ディズニー関連の各種イベント優待
  • ディズニーリゾート内の宿泊料金割引
  • カード継続時に非売品のオリジナルグッズプレゼント(一般・ゴールドで内容は別です)

他にも特典の対象となる割引やイベント優待、時期限定の特典などもありますので、JCBのHPをチェックしてみて下さい。

ディズニー★JCBカードには、各種イベントのチケットやホテル宿泊料割引などの特典はありますが、残念ながら東京ディズニーリゾートのパークチケットやディズニーストアの割引特典はありません。

ただ、カード利用でたまったディズニーポイントをパークチケットなどの購入に使うことはできます。

例えば東京ディズニーリゾートに何回も行く方がディズニー★JCBカードを利用すれば、たまったポイント分は実質割引として使えるので結局はお得です。

JCBザクラス

JCBザ・クラスは、JCB発行のクレジットカードの中でも最上級です。JCB独自の判断により優良な顧客であると判断された場合にのみ、カード会員へ勧誘の案内状が届きます。

選ばれた人だけが持てる特別なカードだと言えるでしょう。

そのJCBザ・クラスの詳細についてはほとんど公表されていませんが、JCBがオフィシャルスポンサーとなっている関係から、東京ディズニーリゾートでVIP待遇ともいえる特典を受けられる事が知られています。

招待制のJCBザ・クラスは、一般の人にとっては大変ハードルが高いカードです。けれども、東京ディズニーリゾートで大変な好待遇を受けられるという特典があるため、ディズニーファンなら誰もが憧れるカードだと言えるでしょう。

現在わかっている情報によれば、年会費50,000円で、カード会員専用コンシェルジュデスクが365日24時間対応などの各種サービスを受けられます。

「JCBザ・クラス」には、カード会員だけが利用できる専用ラウンジ(予約制、年1回のみ利用可)がある他、アトラクションに優先的に乗れるという特典もついています。

専用ラウンジのあるアトラクションはディズニーランドの「スターツアーズ:ザ・アドベンチャーズコンティ

ニュー」です(※1)。

カード会員はそれらのアトラクションに混雑時も優先的に乗れるというメリットがあります。

また、カード会員は東京ディズニーランドにある会員制のレストラン「クラブ33」を利用することもできます(※2)。ディズニーファン憧れのこのレストランを利用できるとは、夢のような話ですね。

※1 ディズニーシーの「ストームライダー」に併設されていたJCB専用ラウンジは、2016年アトラクションの閉鎖と同時に閉鎖されました。

※2 2016年よりクラブ33の利用特典は抽選制(大人2名限定)となりました。

JCBザ・クラスの会員には、毎年1回2万円相当のカタログギフトがプレゼントされますが、その中には東京ディズニーリゾートのパスポート4枚組」や「東京ディズニーランドペアランチお食事券とパスポート(2枚組)セット」が含まれています。

通常パスポート4枚組の金額は2万円を超えますので、ディズニーファンの会員には大変お得な特典となっています。

JCBには上記のようなディズニーファン対象のクレジットカードが存在していますが、他のカードはどうでしょうか?それについては次で説明します。

チケットを見つめる女性

「ディズニー★JCBカード」や「JCBザ・クラス」を持っていなくても、それ以外の JCBのカードの利用で所定のポイントが貯まればパークチケットと交換できます。それが Oki Dokiポイントです。

ここでは、Oki Dokiポイントとの交換でもらえるパークチケットがどのようなものか、あるいはチケット交換できるOki Dokiポイントを貯めるためにはいくら買い物をする必要があるかなどについて、解説します。

Oki Dokiポイントは現金の代わりとして買い物にも使える他、ポイント数によって各種商品と交換することができます。

その中の1つが「東京ディズニーリゾートパークチケット」です。詳細は次の通りです。

  • 必要なポイント数:1,400ポイント(1名分)
  • 有効期限:発送日から9か月
  • 入園保証付き
  • どちらか1園のみ入園可
  • 日付指定券限定入園日、土日祝日の入園可
  • チケット料金変更後でも追加料金支払い不要

上記の通り、普通に現地でパークチケットを買うよりも優遇された内容となっています。1,400ポイントを貯めるには時間がかかりますが、それだけの価値があると言えるでしょう。

JCBカードでいくら買うとチケットと交換できる「1,400 Oki Dokiポイント」が貯まるでしょうか?

Oki Dokiポイントは 「1000円(税込み)の利用につき、1ポイント」です。

それを元に計算すると、 1,400ポイントが貯まるまでには140万円分の買い物が必要だということになります。

ちなみに、ディズニーリゾートの1デーパスポート料金(定価)が7,400円ですので、それだけを目的にポイントを貯めることを考えれば、 ポイント還元率は実質0.528%となります。

ただ、Oki Dokiポイントは100円単位で切り捨てられる他のカードとは違い、カード利用金額は1円単位の端数まで全て加算されるというメリットがあります。ですから、長い目で見るとむしろお得だと言えます。

また、カードの種類によってはOki Dokiポイントが貯まりやすいものもあります。

JCBカードには、Oki Dokiポイントが通常の倍の速度で貯まるカードがあります。それがリボ払い専用カード「JCB EIT」です。

年会費は永久的に無料、ポイント還元率は「通常の倍」で貯まります。(1,000円で2ポイント)

ポイント還元率だけ考えれば他のカードよりもお得です。

ただし、これはリボ払い専用カードなので、利用時にはリボ払い手数料がかかります。また、リボ払いの回数によってはポイント還元分より高い手数料を払うことになるため、よく考慮しながら利用する必要があります。

ここまではオフィシャルスポンサーのJCBカードを中心にご紹介してきました。ここからは他社カードにもあるディズニーデザインクレジットカードをご紹介します。

海外プリペイドカード

ディズニーデザインのクレジットカードといえば、ディズニーオフィシャルスポンサーのJCBカードがその筆頭格です。しかし、他社が発行するクレジットカードにもディズニーデザインものがいくつかあります。

ここではJBCの他にはどんなカード会社がディズニーデザインのクレジットカードを発行しているかについてや、それらのカードの基本情報、カード会員向けの各種特典についてご紹介します。

数あるクレジットカードの中で複数のディズニーデザインがあるカードはJCBブランド(ディズニー★JCB)のみです。

他のカードにもディズニーデザインがついているものはありますが、ディズニーファンならやはりディズニー関連の特典が盛りだくさんのディズニー★JCBがおすすめです。

けれどもそれ以外でも、ワンポイントでディズニーデザインを取り入れているカード会社が複数あるということをご存知でしょうか?

ここからは、その中からいくつかのクレジットカードをご紹介します。

イオンカード(ディズニー・デザイン)にはイオンカード、イオンカードセレクト、イオンゴールドカードの3種類があります。切手風のイラストがかわいいカードです。

無料(3カード共通)

0.5%(3カード共通)

3カード共通

  • イオン系列店舗利用でポイント2倍
  • 毎月20日、30日の「お客様感謝デー」はお買い物代金5%オフ

イオンカードセレクト

  • イオン銀行のキャッシュカードとしても使える
  • 公共料金支払いや給与口座指定でWAONポイント付与

イオンゴールドカード(招待制)

  • 各種保険無料付帯
  • 全国のイオンラウンジ、羽田空港のラウンジを利用可

ディズニーデザインが選べてお得なカード
★★イオンカードの詳細を見る★★

MUFGカード(ディズニー・デザイン)は、赤のチェックにミッキーのイラストのクレジットカードです。

  • 学生1,250円(在学中は無料)
  • 一般1,250円(初年度無料)

  • 0.4%

  • 入会後3か月はポイント3倍
  • 利用金額に応じてポイント加算
  • ネットショッピングでポイント加算
  • 各種保険無料付帯

ポイント還元率は若干低めですが、総合的に見れば十分メリットがあるカードです。

ミッキーの機長姿がキュートなJALカード(ディズニー・デザイン)には、4つのランクがあります。

  • 本人会員2,160~33,480円
  • 家族会員1,080~16,740円

  • 0.5%~1%

  • 各種保険が付帯されている
  • 機内販売、免税店などの割引がある(CLUB-Aカード以上)
  • ビジネスクラスチェックインカウンターを利用できる。(CLUB-Aゴールドカード以上)
  • 空港ラウンジサービスが使える(プラチナ)
  • 提携ブランドJCBの特典が受けられる

ポイントはマイルとして使えますので、飛行機での移動が多い方にはお勧めです。

JTBでは世界一周旅行をイメージさせる、ディズニーデザインのカードを発行しています。

  • 本人会員2,000円(税別)
  • 家族会員1,000円(税別)

  • 通常 1%
  • JTBグループ利用 1.5%
  • JTBホームページ事前決済利用 1.5%~2%
  • トラベルポイント加盟店利用 5%

  • 各種保険やロードサービスなど旅行関連のサービス

ポイント「JTB旅カード JMB」は、特にJTBのパッケージツアーをよく利用する人にお得なカードです。

首都圏や近畿圏を中心に出店している、スーパーのライフが発行するLC JCBカード(ディズニーデザイン)は、ポイント面での特典があります。

  • 無料

  • 0.5%

  • 毎月7のつく日はポイントが5倍(還元率2.5%)

このカードの他にはないメリットは、月に3回ポイント5倍の日があることです。

ポイントを貯めたい人は要チェックです。

この記事で紹介した内容をまとめてみます。

  • 東京ディズニーリゾートではどのクレジットカードでも使える
  • ディズニーリゾート内では原則どこでもカード利用できるが、一部使えないケースもある
  • JCBにはディズニーリゾート内でお得に使えるクレジットカードがある
  • ディズニーデザインのクレジットカードはJCBをはじめ複数のカード会社が発行している

ディズニーファンなら、ディズニーリゾートで使えて特典も多いクレジットカードがおすすめです。

また、カードのデザインもディズニーなら完璧。夢の国ですてきなひと時を過ごせること間違いなし!です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加