定期をクレジットカードで購入するとお得!クレカ決済可能な鉄道会社一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電車の中でクレジットカードを持つ

公共交通機関の定期券は、毎日の通勤や通学に無くてはならないものです。

会社によっては6ヶ月分の定期券代をまとめて支給することもあるため、せっかく支払うならクレジットカードで決済したほうがポイントも貯まってお得に定期券を購入することができます。

しかし鉄道会社によっては定期券をクレジットカードで支払うことができなかったり、クレジットカードで購入することで損をしてしまったりすることがあるのです。

さまざまな購入方法の中で、 一番お得なクレジットカードの支払い方法を知りたいと思いませんか?

この記事では、

  • 定期券をクレジットカードで決済するとどれくらいお得なのか
  • 各鉄道会社の定期券をクレジットカード決済できるのかどうかの一覧
  • もっとお得に定期券をクレジットカードで支払う裏ワザ

をご紹介します。

定期券をクレジットカードで支払うメリットとデメリットを理解できれば、 自分の定期券をクレジットカードで買うべきかどうか判断することができるようになります。

夫婦

定期券をクレジットカードで購入するメリットは、以下の2つがあります。

  1. クレジットカード会社のポイントが貯まる
  2. 手持ちの現金がなくても購入可能

それぞれのメリットをしっかりと理解すれば、どれくらいお得なのかが分かります。具体的にどれくらいお得なのかを確認しましょう。

定期券購入をクレジットカード決済すれば、クレジットカード会社のポイントを効率よく貯めることができます。具体的にどれくらいポイントが貯まるのかを、クレジットカードの還元率が1.0%の場合で考えてみましょう。

たとえば筆者の場合、千葉県の実家から神奈川県の大学まで片道2時間かけて通学していたので、1ヶ月分の定期券代は約20,000円ほどでした。いくら学割が適用されるとはいえ、6ヶ月分ともなると10万円を超える金額になるため普通に現金で購入するのは間違いなく損をしていることになります。

6ヶ月分の10万円の定期券を還元率1.0%のクレジットカードで購入すれば、1,000円分のポイントが還元されることになります。

また会社から支給される通勤交通費は、公共交通機関を利用した場合は1ヶ月あたり15万円まで非課税となっているため、新幹線通勤をしている人もいらっしゃるかもしれません。

もし小田原から東京まで通勤すると、1ヶ月の定期券代は72,500円、3ヶ月分は206,870円となります。この定期券を還元率1.0%のクレジットカードで購入すると 1ヶ月分の場合は725円分、3ヶ月の場合は2,068円分のポイントを貯めることができるのです。

定期券をクレジットカードで購入すれば、 手持ちの現金がなくてもすぐに購入することができます。購入するその日の口座残高が0円だったとしても、引き落とし日までに口座残高があれば問題なく購入することができます。

また、 自分名義のクレジットカードで家族の定期券を購入することもできます。家族全員の定期券を1枚のクレジットカードで購入すれば、効率よくポイントを貯めることができるのです。

裏ワザ:割安な半年定期を分割払いで払う

割安な6ヶ月分の定期券を分割払いで購入すれば、もっとお得です。1ヶ月分の定期券代は割高になっているため、1ヶ月ごとに購入するよりも6ヶ月分まとめて購入したほうがお得に購入することができます。

しかし、定期券のクレジットカード購入は一括払いが原則です。いくら6ヶ月分の定期券代をまとめて購入したほうがお得とはいえ、ある程度のまとまった金額を一括払いすることは難しいと感じる人もいらっしゃるかもしれません。

ところが、定期券をクレジットカードで一括払いしたあとで分割払いに変更する裏ワザをつかえば、毎月の支払額負担を軽くすることができるのです。

しかも分割払いにした場合は支払手数料が余分にかかりますが、その手数料を入れても6ヶ月分の定期券代のほうが安いのです。

たとえば、船橋から渋谷までの定期券代で考えてみましょう。1ヶ月分、3ヶ月、6ヶ月それぞれの定期券代は以下のようになっています。

  • 1ヶ月:18,950円
  • 3ヶ月:54,020円
  • 6ヶ月:95,370円

もし 1ヶ月分の定期券18,950円を毎月購入すると113,700円(=18,950円×6ヶ月)になります。6ヶ月分の定期券95,370円を6回の分割払いにすると、 4,844円の年利18.00%の支払手数料が加わっても100,214円にしかなりません。差額は13,486円となり 約14,000円もお得に定期券を購入することができるのです。

定期券をクレジットカードで購入するメリットと分割払いの裏技を確認したら、クレジットカード決済できる鉄道会社を確認していきましょう。

改札イメージ

クレジットカードで定期券を購入できる代表的な鉄道会社を一覧にしてまとめてみました。

鉄道会社 決済可能なカード 備考
JR東日本 ビューカード、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners ・自社発行のビューカードで定期券を購入するとビューサンクスポイントが3倍
・ビューカードに定期券機能を搭載することも可能
東京メトロ To Me CARD、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners ・自社発行のTo Me CARDでPASMO定期券を購入すると
メトロポイントとカード会社のポイントがダブルで貯まる
・一部の定期券売り場ではクレジットカード決済不可
東急 TOKYU CARD、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners ・電車とバスで貯まるTOKYU POINTに登録したTOKYU CARDで
定期券を購入すると購入代金の1.0%分のポイントが貯まる
・東急百貨店や東急ストアの商品券で定期券を購入可能
小田急 TOKYU CARD、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners ・電車とバスで貯まるTOKYU POINTに登録したTOKYU CARDで
定期券を購入すると購入代金の1.0%分のポイントが貯まる
・東急百貨店や東急ストアの商品券で定期券を購入可能
京王 OPクレジット、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners 自社発行のOPクレジットで定期券を購入すると小田急ポイントが貯まる
京急 京急カード、京急カードPASMOのみ 京急カード、京急カードPASMOで定期券を購入すると
200円につき京急プレミアポイント1ポイントが貯まる
東部 東武カード、VISA、MasterCard、JCB 自社発行の東京スカイツリー東武カードPASMOで
定期券を購入すると1.5%のポイントが貯まる
西武 セゾンカード、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners 自社発行のセゾンカードで定期券を購入すると
プリンスポイントと永久不滅ポイントがダブルで貯まる
近鉄 KIPSクレジットカード、VISA、MasterCard、JCB 自社発行のKIPSクレジットカードで定期券を購入すると
200円につきKIPSポイント1ポイントが貯まる
阪急 STACIA PiTaPaカード、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、デビットカード STACIA PiTaPaカードで定期券を購入すると
200円につきSポイント2ポイントが貯まる
阪神 STACIA PiTaPaカード、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners STACIA PiTaPaカードで定期券を購入すると
200円につきSポイント2ポイントが貯まる
京阪 e-kenet VISAカードのみ e-kenet VISAカードで定期券を購入すると
1%のおけいはんポイントが貯まる
南海 minapitaカード、JCB、VISA、Master、AMEX、Diners、セディナ、アプラス minapitaカードで定期券を購入すると200円につき
minapitaポイント2ポイントが貯まる
名鉄 MEITETSU μ’s Cardとメディアカードのみ ・自社発行のMEITETSU μ’s Cardで定期券を購入すると
200円につきミュースターポイント1ポイントが貯まる
・自社発行のメディアカードで定期券を購入すると
200円につきわくわくポイント1ポイントが貯まる
京成 京成カード(オリコ)のみ 自社発行の京成カード(オリコ)で定期券を購入すると
200円につき京成グループポイント1ポイントが貯まる
つくばエクスプレス VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、MUFG、DC、UFJ、NICOS ※自社発行カードなし

(2017年4月12日現在)

VISA、MasterCard、JCBのクレジットカードであれば、ほとんどの鉄道会社の定期券を購入することができます。しかし自社発行のクレジットカードでしか定期券を購入できない鉄道会社もあります。

もし自社発行のクレジットカードがない場合は、現金で購入することになります。

また、

  • 取扱時間
  • 取扱窓口
  • 取扱できる駅

をあらかじめ確認しておくようにしましょう。せっかく帰りに定期券を買おうと思っていたのに、取扱時間を過ぎてしまい「買うことができなかった…」ということになってしまうからです。

定期券を現金でしか購入できない鉄道会社は、以下のような鉄道会社があることがわかりました。

  • ゆりかもめ
  • 東葉高速鉄道
  • 多摩都市モノレール
  • 千葉都市モノレール

ゆりかもめは汐留や豊洲、台場などを結ぶ路線です。もっとも高額な通勤定期券は61,350円となっていますが、現金でしか購入できないのが残念です。

定期券は鉄道会社が発行しているクレジットカードで購入すれば、もっとポイントを貯めることができるのをご存じですか?最後に鉄道会社が発行しているクレジットカードの特典について解説していきます。

クレジットカードを持つ女性

鉄道会社が発行しているクレジットカードで定期券を購入すると、ポイントをざくざく貯めることができます。今回は主要都市の鉄道会社から発行している、

  • JR東日本の「ビューカード」
  • 東京メトロの「ToMeCard」
  • JR西日本の「J-WESTカード」

の3つをご紹介します。

JR東日本が発行しているビューカードは、JRを利用する人ならどんどんポイントを貯めることができます。なぜなら、

  • ビューカードで定期券を購入するだけでポイント3倍
  • ビューカードでSuicaチャージするだけでポイント3倍
  • ビューカードでオートチャージするだけでポイント3倍

という特典があるからです。

上記以外にも、VIEWプラス対象商品を購入すればポイントが3倍になります。VIEWプラス対象商品には、以下のようなものがあります。

  • 乗車券
  • 特急券
  • 回数券
  • 特別企画乗車券
  • えきねっとからのライナー券予約
  • JR東日本国内ツアー

など

たとえば、3万円のSuica定期券をビューカード以外の還元率1.0%のクレジットカードで購入すると300円分のポイントがつきます。しかしビューカードで3万円の定期券を購入すると450円分のポイントが加算されるため、ポイント還元率は実質1.5%として考えることができます。

「ビュー・スイカ」カード

Medium view suica

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ) PASMO(パスモ) nanaco(ナナコ) Smartplus(スマートプラス)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
477円(税別) 477円(税別) 0.5%〜1.9% ビューサンクスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10日程度 10〜60万円 カード送付時に案内 477円
付帯保険:
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

貯まったポイントは400ポイントからSuicaに交換することができるため、コンビニや自動販売機、駅構内のお買い物などで無駄なく使い切ることができます。

ちなみに、Suicaにオートチャージを設定するときに使用できるクレジットカードは、ビューカードのみとなっています。そのため、Suica定期券やMy Suicaへオートチャージを設定するためには、ビューカードの作成が必要になります。

オートチャージを設定するためだけにビューカードを作るのは、人によってはメンドウだと感じることがあるかもしれません。しかし定期券購入で実質1.5%の還元率があることを考えれば、JRの定期券を購入している人はビューカードを使ったほうが効率よくポイントを貯めることができるのです。

東京メトロが発行しているToMeCARDには、以下のようなポイント加算の仕組みがあります。

  • 土休日はポイント2倍
  • メトロポイントとカード会社のポイントをダブルGET

それぞれの内容を詳しく解説していきます。

土休日はポイント2倍

東京メトロに乗車するとメトロポイントを貯めることができます。1回の乗車につき平日は10ポイントの加算ですが、土休日は2倍の20ポイントを手に入れることができます。そのため、

  • 中野から乗車して大手町で待ち合わせ
  • お茶をしてから明治神宮前まで乗車

という場合は2回乗車することになるため、40ポイントを貯めることができます。

メトロポイントとカード会社のポイントをダブルGET

ToMeCARDで定期券を購入すれば、メトロポイントだけでなくカード会社のポイントも一緒に貯めることができます。

メトロポイントは1,000円につき5ポイントで、カード会社のポイントは1,000円につき1ポイントとなっています。たとえば、3万円の定期券を購入した場合は、以下のようにポイントが加算されます。

  • メトロポイント150ポイント(30,000円÷1,000円×5ポイント)
  • カード会社のポイント30ポイント(30,000円÷1,000円×1ポイント)

カード会社のポイントはメトロポイントに交換できるだけでなく、

  • JCBのOkiDokiポイント
  • Nicosゴールドポイント
  • わいわいプレゼント
  • UC永久不滅ポイント

などで使うことができます。

JR西日本が発行するJ-WESTカードには、以下のような豊富な特典があります。

  • 山陽新幹線や北陸新幹線利用でJ-WEST会員限定のJ-WESTプレミア・プログラムを受けることができる
  • 西日本や北陸を中心としたJ-WEST優待加盟店を利用するとポイント倍率が2~3倍に増える
  • SMART ICOCAのチャージと乗車利用でポイントを貯めることができる

J-WESTカードは、西日本を中心に生活している人や西日本への出張が多い人におすすめしたいカードです。

【定期をクレジットカードで購入するお得!クレカ決済可能な鉄道会社一覧】はいかがでしたか?これまでの内容を、3つのポイントにまとめます。

  1. 定期券は距離や期間によって大きな買い物となるためクレジットカードならお得に購入することができる
  2. 6ヶ月分の定期券を一括払いしたあとで分割払いにする裏技を活用すればもっとお得に定期券を購入することができる
  3. 定期券をクレジットカードで購入できない鉄道会社もあるため注意が必要

定期券をクレジットカードで購入するメリットや注意点を理解することができれば、自分が定期券をクレジットカードで支払うべきかを判断することができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新着記事