Tポイントをクレジットカードで!国内最大共通ポイントの活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内最大の共通ポイントであるTポイント。TSUTAYA以外に、ファミリーマートやマツモトキヨシなど、様々なお店でポイントが貯まりますよね。

「TカードはTSUTAYAでしか出さない」、「ポイントがいくら貯まっているかわからない」という人も、自分の生活圏でTポイントが貯まる場面をおさらいしてみると、その提携先の多くに驚くかもしれません。

さらに、今実際に貯めていると言う方も、クレジットカードやその他様々なキャンペーンや仕組みを理解すれば、今よりもっともっとポイントを貯められます。

そんなTポイントを、もっとお得に貯められるクレジットカードをこの記事で紹介します。特におすすめのクレジット機能を持つTカードを4種類、こちらの記事で紹介します。

ポイントで節約する

「Tカードは国内最大規模のポイントカードである」と言うのは、まずその対応可能店舗数を見ることからわかります。

Tポイント加盟店は6万5千店舗以上と言われており、その業種も様々、超有名チェーン店から町の小さな商店まで、本当に様々なところでTポイントは利用できるのです。

「使えるところが多い」ということは、「ポイントが貯まりやすい」事とイコールになります。この章ではいかに対応店舗数が多いか、ということを紹介していきたいと思います。

Tポイントは非常に多くの店舗で使用可能です。「Tカードと言えばツタヤのポイント」という時代はとっくの昔に終わり、今ではポイントカードの代表格にまでなりました。

それだけに使える店舗は非常に多く、どれもメジャー企業ばかりです。以下その一部をご紹介いたします。

・TSUTAYA・新星堂・カメラのキタムラ・ファミリーマート

・スリーエフ・東武ストア・三越・伊勢丹

・ドラッグイレブン・ドラックユタカ・エディオン

・ガスト・バーミアン・夢庵・ジョナサン

・ドトール・吉野家・牛角・ロッテリア

・洋服の青山・ニッセン・メガネ市場

・ENEOS・オートバックス

一部と言っても、ここまで各分野の大企業の名前が並んでおりますが、それでもまだこれはほんの一握りにすぎません。使える店舗数が多いということは使う機会が多くなり、つまりポイントが貯まりやすいカードということになります。

「普段買い物に出かけない」、「私はオンライン派」という方でもTカードは非常にポイントが貯めやすいカードです。

・TSUTAYA オンラインショッピング・GYAO!ストア・ネットオフ

・Yahoo!ショッピング・Yahooオークション

・Ameba・食べログ・LOHACO(ロハコ)・Expedia

このように、リアル店舗に引けを取らないメジャーサービスのオンパレード。逆に貯まらない方が難しいのです!

さらに、ホテルやレジャーを通して楽しみながらTポイントを貯めることができます。

・東急ホテルズ・Yahoo!トラベル・Tトラベル

などでもTポイントを貯めることができます。旅行しながらTポイントを貯められるので、節約にももってこいですね!

クレジットカードを見つめる若い女性

「Tポイントがお得なのはわかった。結局どのカードを作って、どういう風にポイントを貯めていくのがお得かまだわからない」と思われるかもしれません。

それもそのはずで、全国に加盟店6万5千店舗以上誇る日本最大級のポイントカードであるので、その分Tカード付きのクレジットカードもたくさんあり、選択肢は山のようにあります。

だからこそシステムが複雑化し「どれが自分にとって最適か」というものがわかりにくい、というのも一方で理解できます。そのような状況の中でも、今回は特に4つのポイントが貯まりやすいオススメのクレジットカードを紹介していきたいと思います。

コンビニでクレジットカード決済する

ファミマTカードプラスは、ファミマでよく買い物するという方には非常にお得なカードとなります。

年会費:初年度無料、翌年から年500円も年1回のカード利用で無料。この翌年後というのはカード発行月から数えて1年という意味になりますので注意しましょう。

通常の買い物では200円につき1ポイントで、還元率0.5%です。

0.5%というとあまりお得感はありませんが、ファミリーマートでの買い物では「100円につき1ポイント」で還元率1.0%となり、非常にお得にポイントを貯めることができます。

ファミリーマートでの特典が豊富で、ファミリーマートで通常のTカードでも特定の商品を割引で買うことができるのですが、さらにファミマTカードなら商品によって通常Tカードよりもさらに割引価格で商品を購入することも可能となります。

加えてファミマTカードは、「カードの日の火(カー)、土(ド)曜日: 最大ポイントが5倍」となります。

ただしクレジットカードの場合に限りますので注意しましょう。このようにファミマをよく利用する方ならば是非欲しい一枚となります。

Yahoo!JAPANが発行する、Yahoo!ショッピングを利用する人ならば必見の、還元率の高いクレジットカードです。

年会費無料のTポイントカード付帯クレジットカードです。還元率は全てのTポイントカードの中で一番割の良いカードと言われており、還元率1.0%: 100円につき1ポイントとなります。

Yahoo!ショッピングでは「毎月5・15・25日」の買い物がお得となり、対象商品購入でポイントが5倍になるキャンペーンが有名です。

このYahoo!JAPANカードの特筆すべき点は、キャンペーンでなくてもYahoo!ショッピングやLOHACOで、いつでもポイント3倍となることです。

「クレジットカードに会員費は一切かけたくない」という方は、これできまりでしょう。

TSUTAYAをよく利用する人におすすめの、クレジットカードです。

●年会費

TSUTAYATカードプラスは年会費無料、そしてTSUTAYAのレンタル会員の更新手続きが不要になるので、TSUTAYAユーザーには嬉しい特典となります。

還元率0.5% : クレジット払い200円につき1ポイント

となりますがTSUTAYAで利用する際は、Tカードプラス提示によって100円につき1ポイントがさらに加算されるので還元率1.5%となります。

TSUTAYA店舗での利用で、いつでもどれでもポイント3倍となるのも嬉しい特典と言えるでしょう。

さらにTSUTAYA独自でランクアップサービスを実施しており月1回のTSUTAYAの利用でブロンズ、3回でシルバー、5回でゴールドとなり、それぞれ現金払いなら3・4・5倍、クレジットなら4・5・6倍Tポイントがお得にもらえます。

TSUTAYAで頻繁にビデオやCDを借りる方は、是非入手しておきたいカードです。

クレカマニアの間で、「すごいカードが出てきた」と話題のクレジットカードです。

年会費無料で、このカードの還元率は1.5%とかなりの高還元率のクレジットカードなのです。それにはある秘密があります。

このカードのすごいところは、ポイントだけではなくて請求時に1%の値引きが自動的に、しかも無条件でなされる点です。

ただただ何気なく使うだけで、とてもお得なカードなのです。(それぞれの買い物に対して、100円以下は切り捨て)

例えば、月に10,000円使ったとしたら支払いは9,900円ですみます。入会後6ヶ月はポイント3倍(還元率1.5%)となります。

P-one Wizのポイントであるポケットポイントは、1,000円の利用ごとに1ポイント付与されます。このポケットポイントは1ポイントでTポイント5ポイントと交換することができます。この際還元率は0.5%となります。

このカードは特に、Tカードの変換をするのが他のポイントと比べてお得で、他のP-oneカードが還元率0.3%なのを考えると、かなり改善されていることが見て取れます。

これを請求額1%offと組み合わせて考えると、還元率1.5%とかなりのお得になることがわかります。このことを合計して考えると、特別な条件がなくても年会費無料の高還元カードということになります。

Tポイントをこれから貯めるという方は、是非とも作っておきたい一枚なのです!

カードで買い物をする女性

「今ほかのポイントを貯めている最中なのだけど・・・」という方も、そのついでにTポイントを集めることができます。その方法はほかのクレジットで支払いをして、他ポイントを貯めつつ、Tカードを提示してTポイントをゲットという方法です。

Tカードクレジットカード一体型でないとしても、Tポイント対応店舗でほかのクレジットカードとともにTカードを提示することができ、Tポイントを貯めることができます。

このようにすることで他のポイントを貯めながら、Tポイントも貯めるという欲張りな貯め方もできるのです。

そのような気がなくても、Tポイント自体が本当に応用範囲の広いカードなので、サブとしてためておいてもお得なポイントで、どのような方であってもためておいて損はないポイントとなります!

例えば、他のポイントからTポイントに、Tポイントから他のポイントに移行も対応しているので、様々なポイントワークも可能です。是非損をしないようにTポイントを貯めておきましょう。

OKサインをする女性

ここまでは主に店舗やクレジットについて紹介してきましたが、ここからはその実際の活用法について紹介していきたいと思います。

Tポイントは加盟店の数クレジットの数、その対応サービスの数が大規模であるので、運用方法が山のようにあります。ここでは、特に効果のあるTポイントの貯め方について見ていきたいと思います。

ファミリーマートでは独自にファミランクという制度を採用しおり、これによりさらにポイントをお得に貯めることができます。

ファミリーマートの月間利用金額によって、貯まるポイントの割合が変わってくる制度となります。ランクは以下の3つになります

  • ゴールド
  • シルバー
  • ブロンズ

ブロンズは月間5,000円未満の金額です。ゴールドが15,000円以上、シルバーがその間となります。

そしてブロンズ、シルバー、ゴールドとTポイントは「200円につきそれぞれ1pt、2pt、3pt」となります。

つまり、使えば使っただけどんどんポイントがたまりやすくなるというシステムですので、是非活用していきましょう。

ソフトバンクユーザーは、さらにお得にポイントを貯めることができます。ソフトバンクユーザーがソフトバンク取り扱い店か、My SoftBankでTカード番号の登録をするとTポイントの基本ポイントがデフォルトで3倍になります。注意したいのは、iPadやモバイルルーターでは対象外となることです。

これは上で説明したファミマのランクアップにも効力を発揮します。ソフトバンクに登録した時点でブロンズクラスが3ptとなるので、シルバー、ゴールドとランクアップするにつれ4pt、5ptと上がっていきます。

Tメールは、クリックするだけでTポイントを貯めることができます。クリックしたその途端もらえるので、非常に楽です。

その際にアンケートに答えれば、3~5ポイントほどが貰えることもあるので、時間があるときにちょくちょくとやっておくとTポイントが意外と貯まります。

自動販売機でもTカード対応のものが続々と増えてきています。

飲み物が急に欲しくて、近くにお店がない場合自販機で飲み物を購入する場合も多いかと思いますが、そんなときでも無駄なく、Tポイントを貯めることができます。

このような、ちょっとしたところでコツコツと貯められるのがTポイントのメリットの一つと言えるでしょう。

新生銀行に口座を持っている方は、キャンペーンページでエントリーすることによってATM入出金で1回10ポイント、一ヶ月最大30ポイント貯めることができます。

「そんなこと言っても入出金手数料があっては合計してマイナスになるのでは」と思われるかもしれませんが、新生銀行では入出金手数料も無料なので安心です。

さらに新生銀行の銀行口座「新生総合口座パワーフレックス」でTポイントプログラムがあり、取引ごとにTポイントが貯まるようなサービスを展開しています。

  • 10万円以上の振込入金
  • 自動引落新規登録・住宅ローン
  • 新規口座開設キャンペーン

そのほかにも、青森銀行で給与振込口座の指定やローン契約からTポイントを貯めることが可能で、それぞれ

  • 毎月の給与振込で10ポイント
  • 新規に給与振込口座に指定で250ポイント
  • 住宅ローンの借入で1,000ポイント
  • その住宅ローンの継続契約で50ポイント
  • カードローンの口座開設で500 ポイント

となります。

Tカードは、使う際にもまるで現金のように使うことができるくらい、色々なところで使用可能です。さらに、最近ではTポイントでふるさと納税ができたりと、さらにTポイント周りのサービスが充実してきた印象です。

このように非常に便利なTポイントは家計を楽に、お得に、生活をより豊かにできるそんなポイントであるのです。

Tカード自体の規模が大きくなり、制度が複雑化していく中で日頃Tカードを使っている方も、お得な方法というものがイマイチ見えにくいポイントでしたが、上記のことを参考にして今よりもっともっとポイントを貯めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加