【留学前必見】海外留学にクレジットカードが必須な3つの理由!学生におすすめカード3選

空港でリュックを背負い微笑む女性

これから海外留学をする学生にとって、定期的な生活資金をどう手に入れるかは大きな悩みの種です。

クレジットカードを持っておくと支払いやキャッシングに使えて便利ですが、学生なのにクレジットカードを持てるのかどうかなど、わからないことが多いでしょう。

これから海外留学をする学生なら、海外留学先で使えるクレジットカードについて知りたいとお思いではありませんか。

この記事では、留学にクレジットカードが必要な理由やおすすめのカードを紹介していきます。

記事を読むことで、海外留学にクレジットカードを持っていくべき理由を知り、自分に適したカードを申し込めるようになります。 

留学にクレジットカードが必要な3つの理由

海外留学をするのであれば、クレジットカードを持っておくと役立ちます。

この章では、なぜ留学にクレジットカードが必要なのかを解説していきます。

 詳しく見ていきましょう。

付帯サービスを利用できる

クレジットカードを持っているだけで、付帯サービスが利用できます。

クレジットカードの付帯サービスには保障や割引など、渡航先で使えるものが多いので、持っておくだけでも安心です。

とくに海外旅行傷害保険は、留学する際にとても役立ちます。

旅行傷害保険を使えると安心

海外は日本の健康保険の適用外です。
もし病気や怪我をして病院にかかってしまった場合、高額な医療費が発生してしまいます。

海外旅行傷害保険が付いているクレジットカードを選んでおくと、万が一の病気や怪我の際も補償を受けられて安心です。

ただし補償内容や補償を受けられる期間がクレジットカードごとに異なるため、よく確認して選びましょう。

海外で引き出しできる日本の銀行口座が少ない

海外での生活費は、日本と同じように毎月振り込んでもらえば良いと考えるかもしれません。

しかし、海外で引き出しできる銀行は楽天銀行、ソニー銀行など限られており、ゆうちょ銀行のように海外には対応していない金融機関も多いです。

クレジットカードなら必要に応じてキャッシングできます。

クレジットカードの国際ブランドに対応しているATMであれば使えるので利用できる金融機関が多く、すぐに資金調達しやすいです。

現地口座への送金は時間がかかる

現地で銀行口座を開設し、毎月の生活費を送金してもらう方法もあります。

高額な現金を持っておかずに済むため、安全ではあるものの、送金に少し時間がかかってしまい、不便です。

さらに毎回数千円の高額な手数料がかかってしまう銀行がほとんどです。

多くの時間と費用がかかる方法なので、あまりおすすめはできません。

この章では、なぜ留学にクレジットカードが必要なのかを解説してきました。

次の章では、留学用クレジットカードを選ぶ際の注意点を紹介していきます。

留学用クレジットカードを選ぶ際の7つの注意点

数多くのクレジットカードの中から留学に適したクレジットカードを選ぶには、いくつか注意すべきポイントがあります。

この章では、留学用クレジットカードを選ぶ際の注意点を紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

年会費が発生するかどうかを確認しておく

個人用クレジットカードの場合、カードの種類によっては年会費が発生します。

初年度は無料でも2年目以降は年会費が発生するカードは多いです。

とくに長期留学する場合には、2年目以降の年会費がどの程度発生するのかは留意すべきポイントと言えます。

年会費が高いカードはサービス内容は良いものの、収入がない留学生にとって適しているとは言い難いです。

年会費がかかっても2,000円程度までに抑えておくと負担に感じにくいでしょう。

国際ブランドによって使いやすさが異なる

海外で使えるクレジットカードには、国際ブランドが付いています。

VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、Diners Club、UnionPayが世界6大国際ブランドと言われており、これらのいずれかが付いていることで、海外で使用できます。

国によって使い勝手が良い国際ブランドは異なりますが、アメリカやヨーロッパならVISAやMastercard、中国ならUnionPayなどが使いやすいでしょう。

留学する国で使いやすい国際ブランドのクレジットカードを選び、活用するのがおすすめです。

旅行傷害保険

日本にいる場合、怪我や病気で病院にかかると健康保険が適用され、医療費の自己負担は原則3割です。

海外留学中は健康保険の適用対象外となり、医療費は全額自己負担となってしまいます。

クレジットカード付帯の旅行傷害保険が適用されることで、自己負担は少なく済みます。

ただしクレジットカードによって補償条件が異なる点には注意が必要です。

ケガや病気は補償額が合算される

複数のクレジットカードを持っている場合、カードによって補償内容や補償額が異なります。

怪我や病気をした場合には、それぞれの最大補償額を合算した金額が補償の対象です。

持っているクレジットカードの枚数が多ければ多いほど、最大補償額は増えることとなります。

自分の渡航先に合わせて、十分な補償を受けられるクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

補償日数に注意

クレジットカードによって、付帯している旅行傷害保険の補償日数が異なります。

補償日数は90日程度のカードが多く、3カ月程度は補償の対象です。

起算時期は日本出国からになっているクレジットカードもあれば、初めて現地でクレジットカードを使った時となっているカードもあります。

補償が足りないなら追加で別途保険を掛けるなどして、いざという時に備えておきましょう。

キャッシング機能があるものを選ぶ

留学先で普段はクレジットカードを使っていても、現金が必要になることも多いでしょう。

キャッシング機能があるクレジットカードを持っておくと、現地ATMで気軽に現金を調達できます

手数料も現金の送金よりは安く済むので、コストがかかりません。

留学にかかる費用をできるだけ抑えるためにも、キャッシング機能付きのクレジットカードは必須です。

複数枚持っておくと便利

海外ではクレジットカードを使える店舗であっても、使用可能な国際ブランドが店によって異なる場合は多いです。

使えないからと言って都度現金調達するのは手間がかかってしまいます。

国際ブランドが異なる複数のクレジットカードを持っておくと、買物可能な店の範囲が広がります。

できるだけ持っておく現金を減らすためにも、複数枚のクレジットカードを持っておきましょう。

事務手数料がかかる

留学先の現地通貨で決済した場合、決済額に海外事務処理手数料が上乗せされた金額が請求されます。

手数料はカード会社によって異なり、同じではありません。

お店によっては日本円での決済も可能ですが、レートがあまりよくないのが一般的です。

購入額に2~3%程度は上乗せされて請求される点を、押さえておきましょう。

国際ブランドごとにレートが異なる

留学先でのカード決済は、日本円で請求されます。

利用金額にレートを掛け、事務手数料を上乗せされた金額が決済額です。

レートは国際ブランドによって異なるうえ、毎日変動します。

国やタイミングによって有利な国際ブランドは異なるので、よく調べてクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

この章では、留学用クレジットカードを選ぶ際の注意点を紹介してきました。

次の章では、留学にクレジットカードを持っていける人はどのような人なのかを解説していきます。

要チェック!留学にクレジットカードを持っていける人

留学に行く場合クレジットカードを持っておくと便利ですが、誰もがクレジットカードを持てる訳ではありません。

この章では、留学にクレジットカードを持っていける人はどのような人なのかを解説していきます。

    詳しく見ていきましょう。

    社会人留学の場合は問題なく申込可能

    クレジットカードのほとんどは、18歳以上の社会人であれば問題なく申し込みできます。

    社会人留学をするのは多くが18歳以上なので、社会人留学であれば申し込みできることがほとんどです。

    ただし、クレジットカードによっては20歳や25歳など年齢制限が設けられている場合もあります。

    一般的なカードであればほとんどのカードに問題なく申し込みできるので、留学前にクレジットカードを作っておきましょう。

    高校生を除く18歳以上の人も申し込めるカードはある

    社会人以外は、クレジットカードを申し込むのが難しいと考える人も多いです。

    しかし、主婦や学生など収入がない人でも申し込めるクレジットカードもあります

    例えば三井住友デビュープラスカードは学生限定のクレジットカードで、満18歳以上であれば申込可能です。

    未成年の場合申し込みには親権者の同意が必要ですが、クレジットカードの種類を選べば問題なく申し込みできます。

    高校生はクレジットカードの申し込み対象外

    留学するのが高校生の場合、本人名義のクレジットカードは申し込みできません

    高校生は支払い能力がないことが理由となっています。

    高校生が留学する場合には、下記の方法がおすすめです。

     詳しく見ていきましょう。

    高校生以下はデビットカード・プリペイドカードなら申込可能

    高校生以下は本人名義のクレジットカードを申し込みできませんが、デビットカードやプリペイドカードなら申込可能な場合もあります。

    いずれも発行会社によって対象年齢が異なりますが、15歳以上なら持てるものも多いです。

    例えば、dカード プリペイドは12歳(中学生)以上なら発行でき、Mastercardが使える店で支払いに使えるプリペイドカードなので、高校生以下の留学に最適です。

    高校生以下はクレジットカードを持てなくても、支払いにはプリペイドカードが使えるので、うまく活用していきましょう。

    家族カードを持てる場合もある

    クレジットカードの家族カードも、原則として高校生には発行できません。

    しかし、一部のクレジットカード会社では、海外留学などの場合中学生を除く満15歳~18歳の子どもも家族カードに申し込みできます

    例えば三井住友カードの場合、「海外留学など海外でカードを利用する場合」に限り、15~18歳でも家族カードを申込可能です。

    カードによっては付帯サービスが限られている場合もあるなど条件が変わることもあるので、内容をよく確認して申し込むようにしましょう。

    この章では、留学にクレジットカードを持っていける人はどのような人なのかを解説してきました。

    次の章では、留学用におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

    留学用におすすめのクレジットカード3選

    旅行傷害保険が充実しているなど、留学に適したクレジットカードはいくつかあります。

    この章では、高校生を除く18歳以上の留学用におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

    詳しく見ていきましょう。

    三井住友カード

    三井住友カードは、三井住友カードが発行する最もスタンダードなカードの一つです。

    キャッシングにも対応しており、留学先で現金が必要になってもすぐに手に入れられます。

    三井住友カードの概要は下記の通りです。

    年会費 本会員 初年度無料、2年目以降1,250円(税別)
    年会費 家族カード会員 400円(税別)
    キャッシング 0~50万円
    国際ブランド Visa、Mastercard

    主な付帯サービス

    • 海外旅行傷害保険最高2,000万円利用付帯、旅行開始から3カ月間補償
    • 年間100万円までのお買物安心保険
    • 紛失・盗難への24時間対応

    1回の疾病あたりの補償額が最高300万円までなど、いざという時の補償も充実しており、補償を重視する人におすすめです。

    三井住友カード(旧:三井住友VISAクラシックカード)

    国際ブランド

    VISA MasterCard

    対応電子マネー

    WAON(ワオン) iD(アイディ)
    • 海外旅行保険
    • 家族カード
    • 分割払い
    • ETC
    年会費 ポイント還元率 ポイント名
    初年度 2年目~
    無料 永年無料※ 0.5%~2.5% ワールドプレゼント
    発行スピード 限度額 マイレージ
    還元率(最大)
    ETC年会費
    最短翌営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円

    ※2020年2月3日~4月30日の期間で新規入会された方が対象。(通常は税抜1,250円/年)

    今がチャンス!お得な入会特典
    利用金額の20%(最大12,000円)をプレゼント!

    JCB CARD W

    JCB CARD Wは18歳以上39歳以下が対象の、若年層向けクレジットカードです。

    学生も申込対象なので、留学する大学生に適しています。

    JCB CARD Wの概要は下記の通りです。

    年会費 無料
    家族カード年会費 無料

    主な付帯サービス

    • 海外旅行傷害保険最高2,000万円利用付帯、出発から3カ月
    • ショッピングガード保険海外最高100万円まで補償
    • 海外利用でポイント2倍

    年会費がずっと無料なのに留学に十分な付帯サービスがあるので、コストをできるだけ抑えたい人におすすめです。

    JCB CARD W

    国際ブランド

    JCB

    対応電子マネー

    QUICPay(クイックペイ)
    • 海外旅行保険
    • 家族カード
    • 分割払い
    • ETC
    年会費 ポイント還元率 ポイント名
    初年度 2年目~
    無料 無料 1.0%~5.5% OkiDokiポイント
    発行スピード 限度額 マイレージ
    還元率(最大)
    ETC年会費
    最短3営業日(通常1週間程度)※ 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料

    ※翌日お届け対象外

    今がチャンス!お得な入会特典
    【新規入会限定】Apple Pay・Google Pay利用で20%還元!

    JALカードnavi

    JALカードnaviは、18歳以上30歳未満の学生対象のクレジットカードです。

    国際ブランドの選択肢が多く、留学先の国に合わせて選択できます。

    JALカードnaviの概要は下記の通りです。

    年会費 在学中無料
    国際ブランド JCB、Mastercard、VISA

    ※家族カードは作成不可

    主な付帯サービス

    • 海外旅行傷害保険最高1,000万円利用付帯、出発から90日
    • 国内線スカイメイトサービス
    • 在学期間中マイルの有効期限が無期限
    • JAL搭乗時のボーナスマイル

    留学に欠かせない航空便でマイルが貯まりやすく、JAL便を留学や帰省に利用する人におすすめです。

    この章では、高校生を除く18歳以上の留学用におすすめのクレジットカードを紹介してきました。

    留学に欠かせないクレジットカードは発行までに時間がかかるものも多いので、早めに検討して申し込むようにすると良いでしょう。

    JALカード navi(JCB)

    国際ブランド

    JCB

    対応電子マネー

    nanaco(ナナコ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ) WAON(ワオン)
    • 国内旅行保険
    • 海外旅行保険
    • 家族カード
    • 分割払い
    • ETC
    年会費 ポイント還元率 ポイント名
    初年度 2年目~
    在学中無料 在学中無料 1.0~2.0% JALマイレージ
    発行スピード 限度額 マイレージ
    還元率(最大)
    ETC年会費
    約4週間 10万円 1.0~2.0% 無料

    まとめ

    この記事では、留学にクレジットカードが必要な理由やおすすめのカードを紹介してきました。

    高校生を除く18歳以上であれば、本人名義のクレジットカードを申込可能です。

    持っておくことで旅行傷害保険が付いたり、現金の調達がしやすかったりなど、留学生活におけるメリットは多いでしょう。

    また、高校生以下でも家族カードであれば持てる場合もあるので、付帯サービスを活用したい場合にはおすすめです。

    留学にクレジットカードを持っておくと便利な理由について理解できましたか。

    今回の記事を参考にして、留学で使いやすいクレジットカードを申し込んで、快適な留学ライフを送っていきましょう。

    講義室の大学生

    2020.04.03

    【学生諸君必見】学生が本当に作るべきカードはこの3つ!審査や還元率についても易しく解説

    ※損をしたくないなら読んでみて!学生が選ぶべきクレジットカード3大ポイント!その1「年会費は無料のものを選ぶべし」その2「ポイント還元率が高ければ高いほどGOOD」その3「行きつけのお店でお得に使えるものを!」当サイトでは、その3つ全てを叶えてくれる”学生にピッタリのクレジットカード”をこっそり教えちゃいます!この記事を読むだけで、あなたのハッピースクールライフは約束されるでしょう。

    編集者:ナビナビクレジットカード編集部
    ナビナビクレジットカード編集部

    「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

    そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

    クレジットカード絞込み検索

    カードの種類
    年会費
    国際ブランド
    ポイント還元率
    ポイント交換先
    対応電子マネー
    発行スピード
    利用限度額
    付帯保険
      クレジットカード診断

      クレジットカードランキング
      (自社ページアクセス・申込・口コミ調査
      調査期間:2019年9月~2020年3月)

      全ての人気ランキングはこちら

      目的別

      掲載クレジットカード

        

      全てのカード一覧はこちら

      人気の記事

      新着記事

      クレジットカードコラム

      全てのコラムはこちら

      ニュース

      全てのニュースはこちら

      クレジットカードお悩み相談室

      全ての相談はこちら