学生におすすめのクレジットカードを比較!カードのメリットや注意点を解説

講義室の大学生

ネットでの買い物が簡単にできて、普段の買い物でもポイントが貯まる便利でお得なクレジットカード。「なんとなく怖い」という理由でクレジットカードを持っていない人もいるのではないでしょうか?

クレジットカードを使えば、使った分だけポイントがもらえてお得だし、ネットでのお買い物で代引き手数料が取られたり、コンビニまで支払いに行く手間がかかったりもしないです。

ポイントをもらえてお得と言いましたが、クレジットカードを使わないことでどれだけ損をしているのかを説明します。

年間60万円(月5万円)の現金を使っている場合、ポイント還元率1%のクレジットカードで支払っていれば本来もらえた6,000円(60万円×1%)分の損をしています。6,000円あれば、おいしいものを食べに行ったり、服やカバンを買うこともできますよね。

お得そうなことはわかってもらえたと思いますが、それでも「学生でクレジットカードって持てるの?」「お金を使いすぎてしまいそうで怖い」など疑問や不安がありますよね。

この記事では学生のクレジットカードの選び方や、学生におすすめのクレジットカードを紹介し、クレジットカードの不安をなくすためにクレジットカードの注意点や審査についても解説していきます。

おすすめのクレジットカードが早く知りたい!という方はこちらから見てください。

クレジットカードの選び方

番号を選ぶ

クレジットカードを作ろうと思っても、「どんなクレジットカードが自分に合っているの?」「どのクレジットカードがお得なの?」と選び方がわからないですよね。

学生がクレジットカードを作る時に注目したいポイントは3つです。

  • 年会費が無料
  • ポイント還元率が高い
  • よく使うお店やサービスの特典がある

それぞれについて簡単に解説していきます。

年会費が無料

初めてクレジットカードを作る人は特に、気軽に作れる年会費無料のカードを選ぶことをおすすめします。

学生限定のクレジットカードや、若者向けのクレジットカードでは、期間限定で「学生の間」や「○歳まで」年会費が無料のクレジットカードもありますよ。

初年度だけが年会費無料で、2年目以降は「年間○万円以上の利用で翌年度無料」など条件を満たさないと年会費がかかるクレジットカードもあるので注意が必要です。もちろん、条件に合った利用をする場合は、条件付き無料のカードを選んでも問題ないですよ。

ポイント還元率が高い

クレジットカードを使う金額に合わせてポイントが貯まるので、ポイント還元率が高ければ高いほどお得にポイントが貯まります。

ポイント還元率の考え方は以下のようになっています。

  • 200円で1円相当のポイントが貯まる=ポイント還元率0.5%
  • 100円で1円相当のポイントが貯まる=ポイント還元率1.0%

還元率はいくつならいいの?と疑問があると思いますが、還元率の高さの基準としては以下です。

  • 0.5%は標準(合格点)
  • 1.0%以上は優秀

平均的なポイント還元率は0.5%で、1.0%を超えると還元率が高いと言えます。

よく使うお店やサービスの特典がある

よく使うお店やサービスで特典があるかも見ると良いです。ポイントの還元率が高くなったり、サービスの割引や無料の海外旅行保険がつくこともあります。

例えば、以下のような特典があります。

  • 楽天市場は楽天カードでの支払いをするとポイントが3倍(3%)
  • エポスカードカラオケのシダックスやビッグエコーで提示すれば室料が30%
    海外旅行保険が無料でついている

これだけ見てもとてもお得ですよね。

クレジットカードの特典については、下記の記事も参考にしてみてください。

パソコンを見ながらカードを持つ人

2016.11.15

自分にぴったりの特典付きクレジットカードを見つける!得するクレカ術

クレジットカードを作る上で大きなメリット、特典やサービス。入会するタイミングももちろんですが、利用するごとにポイントやマイルが貯まったり、持っているだけでラウンジが使えたりする特典は、クレジットカードを使う楽しみですよね。自分にとって一番メリットのある特典付きクレジットカードを選ぶことができたら、毎日がもっとお得に、潤いあふれることは間違いないでしょう。今回の記事では、たくさんあるクレジットカードの中から、特典を重視して自分にぴったりのクレジットカードを正しく選ぶ方法をご紹介します。

学生におすすめのクレジットカード

ここでは学生のおすすめのクレジットカードを様々な視点から紹介していきます。

  • 学生しか持つことができないクレジットカード
  • 20代限定のクレッジットカード
  • お得なクレジットカード

学生限定のクレジットカードや、ずっと使えるお得なクレッジットカードがありますので、自分にあったクレジットカードを見つけてください。

学生ならではの特権がたくさん!学生限定クレジットカード

学生とクレジットカードの文字

クレジットカード中には、学生にしか持つことのできない学生限定のカードがいくつか存在します。

ここでは、そんな学生限定カードの中でも代表的な、

  • 三井住友VISAクラシックカードA(学生用)
  • JALカードnavi
  • ANAカード(学生用)

の3枚についてご紹介していきます。

三井住友VISAクラシックカードA(学生)

三井住友カードが発行している学生限定カードです。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

旅行保険の自動付帯やショッピング補償など、旅行や買い物好きな学生には嬉しい特典が魅力のカードとなっています。

また、「三井住友VISAクラシックカード(学生)」という非常によく似た名前の年会費無料カードもありますが、三井住友VISAクラシックカードA(学生)の方が年会費がかかる分、保険の額などが高額に設定されています。

JALカードnavi

大手航空会社のJALが発行しているクレジットカードです。

JALカード navi(VISA・MasterCard)

Thumbnail jal visamaster navi

国際ブランド

MasterCard VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ) WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
在学中無料 在学中無料 1% JALマイレージ
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約4週間 10万円 1.0% 無料

航空会社ならではのマイルサービスがあるのはもちろん、機内販売や空港店鋪の商品が割引になるため、よくJALを利用する人におすすめです。

ANAカード(学生用)

JALと同じく日本の大手航空会社ANAが発行しているクレジットカードです。JALとANA、どちらを利用する機会が多いのかで判断してみるとよいでしょう。

ANA JCB カード(学生用)

Thumbnail ana jcb student

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ) 楽天Edy
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
在学中無料 在学中無料 0.3%~1.0% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度) 公式サイト参照 1.0% 無料

このようにクレジットカードの中には、学生ならではの特典が付帯しているものがいくつかあります。また学生のときだけしか利用できないサービスもあるのです。

次の項からは、学生はもちろん20代までであれば利用できるカードを紹介していきます。

20代までの特権!学生におすすめのクレジットカード

クレジットカードを見つめる若い女性

先ほどは学生限定のカードを紹介しましたが、ここからは「学生〜20代限定」のカードである、

  • JCB EXTAGE
  • 三井住友デビュープラス
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス

これらの3枚について解説していきます。

学生はもちろん、社会人の若年層をターゲットにしているので、「もうすぐ学生期間が終了する」という人もぜひ参考にしてみてください。

JCB EXTAGE

JCB EXTAGEは、JCBが20代限定で発行しているカードです。

JCB CARD EXTAGE

Thumbnail jcb extage black

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度) 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
今なら最大11,000円分の特典プレゼント!

専用モールを経由するとポイントが貯まりやすくなっているので、ショッピング好きな人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

なお29歳で申し込んだ場合は、初回更新までの5年間は利用できます。 年会費無料にもかかわらず旅行保険が自動付帯しているため、旅行によく行く人におすすめです。

三井住友デビュープラス

三井住友グループが「初めての1枚におすすめのカード」として発行しているカードです。

三井住友VISAカード(デビュープラス)

Thumbnail smbc debutplus

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 1.0%~2.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.6%~1.5% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

旅行保険は付帯していませんが、同じ三井住友が発行している他のカードに比べポイントが2倍貯まるため、ショッピングのポイントを重視する人におすすめです。

年会費 初年度無料、2年目以降1,250円(税抜)
(ただし、1年のうち1回でも利用すれば、翌年度は無料)
申込対象 満18歳以上の25歳未満
保険 ショッピング補償最高100万円
利用可能枠 総利用枠:10万〜80万(学生は10万〜30万円)
国際ブランド VISA
主な特典 ワールドプレゼント
(1,000円につき2ポイント、ポイントを貯めて景品や他社のポイントに移行可能)

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード(以下「セゾンブルーアメックスカード」)は、クレジットカードのランクとしては、普通カードとゴールドカードの中間に位置する、いわゆる「ミドルクラス」カードです。

このミドルクラスのカードが、26歳までは年会費無料で持ち続けることができます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail saison blue amex

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 3,000円(税別)※ 0.5% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 30〜150万円 0.30% 無料
概要
  • 年会費:26歳まで年会費無料(26歳を超えると年会費3,000円)
  • ポイント還元率:0.5~1%
  • 申込資格:18歳以上で電話連絡できる方

セゾンブルーアメックスカードは、ゴールドカード並みの各種特典が受けられますが、年会費は26歳まで無料です。また、審査のハードルもそれほど高くありません。

メリット

セゾンブルーアメックスカードは、アメックスブランドならではの下記の特典があります。

〇主な特典とサービス

  • 国内、海外旅行保険最高3,000万円
  • 空港から自宅まで手荷物無料配送(年間何度でも)
  • 海外アシスタンスデスク
  • ショッピング補償年間最高100万円
  • 西友・LIVIN優待(毎月5日&20日に5%オフ
  • ロフト優待(毎月末の金土日で5%オフ
  • スタジオヨギー優待
  • ハーツレンタカーの料金優待

中でも国内、海外旅行保険の補償額3,000万円は、このランクのカードではあまり見当たらない充実度です。また空港から自宅までのスーツケースを1つ、年間何度でも宅配送料が無料なのはとてもラクです。

筆者もこのセゾンブルーを年会費を払って所有しているのですが、年間2~3回海外に行くことを考えれば手荷物無料配送で十分に元がとれるので、そのためにカードを作成したくらいです。

それが26歳まで年会費がかからないというのは、大きなメリットですよね。

海外旅行や留学に行く予定のある人には、とてもおすすめのクレジットカードです。

学生〜20代限定のカードは、年会費が無料もしくは無料になる条件が低いため、学生時代に作っておき、そのまま社会人になっても使い続けるというのもよいでしょう。

次の項からは学生はもちろん、社会人になってからも年齢制限なくずっと使い続けられるカードを紹介していきます。

卒業しても使える!お得なクレジットカード

カードを持つ女性達

学生限定や20代まで限定のカードもいいですが、こうしたカードは卒業したり年齢制限を超えたりすると使えなくなってしまいます。

ここからは、卒業後も年齢制限なく使い続けられることはもちろん、還元率や年会費などの面からみてもコスパ抜群な、以下3つのカードについて紹介します。

  • JCB CARD W 
  • オリコカード・ザ・ポイント
  • 楽天カード

JCB CARD W 

国際ブランドのひとつ、JCBが発行するオリジナルのプロパーカードから2017年10月に新しく登場した「お得すぎるカード」といえるのが、JCB CARD Wです。

JCB CARD W

Thumbnail medium 1122001400 f

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】ポイント4倍キャンペーン実施中!

39歳以下限定のクレジットカードで、年会費無料&ポイント高還元を実現しています。

OkiDokiポイントという独自のポイントが貯まり、基本のポイント還元率はいつでも1.0%です。

オリコカード・ザ・ポイント

このカードの魅力は、年会費が永年無料かつ還元率が常に1%以上というコスパの良さです。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

学生はもちろん、一般の社会人の方もメインのカードとして十分に使えるでしょう。 「とにかく還元率を重視」という人におすすめです。

また、amazon(アマゾン)の買い物時に利用するとポイント還元率を常時2.0%にアップさせることができ、amazonのヘビーユーザーにはとてもおすすめの一枚となっています。

オリコカード・ザ・ポイントがamazonでおすすめな理由について更に詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

Amazonを利用する

2017.05.30

Amazonで1番お得なクレジットカードが判明!最強カード3種を比較

大手通販サイト「Amazon」でクレジットカード決済を利用すると、普通のショッピングと同じようにクレジットカードのポイントが貯まります。一部の商品を購入すると独自のAmazonポイントが付与されることもありますが、ほとんどの商品はAmazonポイントが付与されません。なのでAmazonでお得に買い物するためには、クレジットカードのポイント還元率が重要になります。しかし単純に還元率が高いクレジットカードがお得になるわけでもありません。実はAmazonで利用する場合に限りポイント還元率がアップするクレジットカードがいくつか存在するのです。ここではAmazonをよく利用する方におすすめのクレジットカードを3種類ご紹介します。

楽天カード

サービス産業生産性協議会の調査で、8年連続顧客満足度1位に輝いている楽天カードもおすすめです。

楽天カード

Thumbnail rakutenn

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~14% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円

楽天グループで利用すると、通常の利用でも還元率1%、楽天グループの利用でポイント3~4倍とかなり高還元です。

さらに、アプリなども充実しているため管理も簡単におこなえます。 楽天系のサービスをよく使っている人、海外旅行によく行く人におすすめのカードです。

エポスカード

優待特典や割引が豊富なエポスカードもおすすめです。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料

持っているだけで海外旅行保険がついていたり、カラオケのシダックスやビッグエコー、ファミリーレストランのロイヤルホストなど提携している店舗で割引を受けることができます。

メインバンクで決めたい人は銀行系クレジットカードも!

「自分がメインバンクとして使っている銀行のクレジットカードが欲しい」という学生も多いと思いますが、メガバンクであればほとんどの銀行がクレジットカードを発行しています。

銀行系のクレジットカードにはATM手数料が無料になったり、キャッシュカード一体型のクレジットカードを作れたり、銀行の窓口サポートを受けられたりとのメリットが存在します。

銀行系クレジットカード全般のメリットやデメリットについて詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

2017.07.27

銀行系クレジットカードは持つべき?メリット&デメリットを徹底解説

銀行系のクレジットカードは格調高い印象で庶民には手が届かないのではないか? と思う方もいるかもしれませんがそんなことはありません。銀行系クレジットカードの中には一般の人が問題なく作れてセキュリティ面でも安全なおすすめカードが数多くあります。今回の記事では、銀行系クレジットカードの概要やメリット、デメリット、ポイント還元率の実情だけでなく、銀行系クレジットカードだからこそ作れる、キャッシュカード一体型クレジットカードについても解説します。

主なメガバンク系のクレジットカードについて詳細に知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

学生でもクレジットカードは作れる!審査に通る3つの条件

両手を上げる学生達

学生はクレジットカードの審査に通らないのでは?と不安に思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

大前提として学生でもクレジットカードは作れます。ただし、学生といっても中学生や高校生は作ることができません。ではどのような条件に当てはまればクレジットカードを作ることができるのでしょうか。

クレジットカードを持てる条件はカードによって異なりますが、以下の3つの条件が一般的です。

  • 年齢が18歳以上(高校生を除く)であること
  • 本人もしくは親権者に安定した収入があること
  • 未成年の場合、申込時の親の同意書があること

「奨学金の有無が審査に影響するのでは?」と心配の方もいるかも知れませんが、返済の延滞をしなければ審査に影響はしないので安心してください。

クレジットカードを持てる条件について詳しく解説していきます。

年齢が18歳以上(高校生を除く)であること

まず、年齢はほとんどのカードが18歳以上をひとつの目安としています。なお、高校生以下はクレジットカードを持つことはできません。

年齢の基準は20歳の場合もありますし、ゴールドカードなどのステータス性の高いカードであれば25歳以上、30歳以上と年齢が制限されている場合もあるのでカード選びの際に確認しましょう。

本人もしくは親権者に安定した収入があること

学生の場合、本人については「そもそも収入がないのが当たり前」のため、そこまで気にする必要はありません。申し込み時に記載する年収も、0円であれば0円と正直に記載しましょう。

また、親に何千万もの莫大な収入を求めることはなく、本人が大学や専門学校に通えているということが親権者も一定以上の収入があるということの裏付けとなるので、特に親権者の収入状況に大きな問題がなければ、本人が学生である以上大方審査は通るといえるでしょう。

未成年の場合、申込時の親の同意書があること

大学生・専門学生でもカードは作れますが、未成年の場合は親の同意書が必須です。

ただ、20歳以上であっても同意書がない場合は、利用限度額が10万円(同意書があれば30万円)などかなり低めに設定されてしまいます。

同意書なしで作ろうとした場合は、クレジットカード会社から親へ連絡がいく

仮に20歳以上で親の同意書なしでクレジットカードを作ろうとした場合は、クレジットカード会社から親へ連絡がいきます。

しかしそれほど細かい点については聞かれることはなく、確認されるのは親が子供に対してクレジットカードを作ることを承諾しているかどうか、という点です。

承諾している場合はそれ以上の確認はなく、後は本人との申込書の記載内容の確認だけて終わることが多いです。

奨学金の有無は審査に影響しない

奨学金を借りている学生はたくさんいるとは思いますが、奨学金の有無はクレジットカードの審査に影響することはありません。

申込み時の申込み欄にも奨学金で借りているお金を記載する必要はありません。

しかし、卒業してから3ヶ月以上奨学金の返済は滞らせてしまうと個人の信用情報に悪影響を及ぼしてしまうので注意しましょう。

ここまで学生がクレジットカードの審査に通る条件を説明してきましたが、反対に審査が通らないのはどのような時かを次の章で解説していきます。

学生がクレジットカードの審査に通らない理由

その中で学生が審査に通らないのは、学生本人に何らかの料金の滞納履歴がある場合です。

学生の滞納で特に多いのが携帯電話料金の滞納です。たかが携帯電話の支払いと安易に考えてしまうかもしれないですが、しっかり期限通りに支払わないと、クレジットカードが作れないだけではなく、後に住宅ローンや自動車ローンが組めないという事態を引き起こしてしまいます。

支払いの滞納は絶対に起こさないようにしましょう。

限度額は10万円~30万円と少なく設定されている

クレジットカードの利用限度額は一般カードの場合50万〜100万円ほどですが、学生に発行されるクレジットカードは利用限度額が10万〜30万円とかなり少額に設定されています。

これはいくら親の同意書があったとしても、本人自体にしっかりとした収入がないため、社会人に比べると返済能力がないと見なされるからです。

社会人と同じように大きな金額を使えるわけでない、ということは頭に入れておきましょう。

学生が限度額の上限を上げる方法

結論から言うと、学生が利用限度額の上限を引き上げることは社会人と違いかなり難しいです。

海外旅行などで一時的に上限の引き上げに対応してくれるケースもありますが、金額としては10万円程度の上限アップが一般的なようです。

上限の引き上げが必要な場合はまずクレジットカード会社へ連絡してみましょう。

審査にかかる期間は即日~3週間

クレジットカードの審査にかかる期間は学生でも社会人でも差はなく、即日から3週間とクレジットカードによって様々です。

例えばエポスカードセゾンカードは最短で即日に手に入れられますが、三井住友VISAカードは到着まで1週間ほどかかります。

クレジットカードの審査にかかる期間については以下の記事で詳しく説明しています。

    クレジットカードを使うメリット

    ショッピングをする女性

    学生向けのクレジットカードについて紹介してきましたが、そもそもクレジットカードを使うことによってどんなメリットがあるのでしょうか?

    ここからは、クレジットカードの主なメリットである、

    • キャッシュレス決済
    • ポイントや割引などの優待
    • 保険機能

    の3つについて、それぞれ解説していきます。

    キャッシュレスで決済できる

    もちろん、まだカード未対応の店鋪はあるものの、近年はクレジットカード対応のお店が増えてきており、カードさえ持っていれば現金を持つ必要がほぼなくなります。

    現金だと銀行やATMでお金をおろし、手持ちがなくなったらまたお金をおろしにいかなくてはいけないため、カードでのキャッシュレス決済に比べると手間が増えてしまいます。

    このように「カード一枚で身軽に行動できる」のはクレジットカードの大きなメリットのひとつです。

    ポイントや割引の優待がある

    クレジットカード払いには、現金払いにはないポイントの還元サービスがあります。

    まったく同じ金額の商品・サービスを購入した場合でも、クレジットカードにだけポイントがつくのは大きなメリットです。

    またクレジットカードは持っているだけで提携施設やサービスが割引になるなど、現金にはない優待サービスも魅力のひとつと言えるでしょう。

    海外旅行などで役立つ付帯保険がついている

    海外で怪我や病気をした場合、保険に加入していなければすべて自己負担になります。

    国によってはちょっとした怪我で数百万円単位の請求をされることがあるため、海外旅行に行く際は保険加入が必須です。

    クレジットカードでは、カードによってこうした旅行による怪我や病気に対する保険が自動付帯しているものがあり、万が一のときも安心です。

    学生のうちからクレジットカードに慣れておくことができる

    大学生のうちにクレジットカードに使い慣れておくと、社会人になってからもカードを上手に使うことができるでしょう。

    カードの利用経験は「クレジットヒストリー」として記録されていくので、社会人になってからステータスの高いカードを作りやすくなります。

    そのためにも、クレジットカードは計画的に利用することが大切です。学生時代から滞納をしないで、確実に支払いしていきましょう。

    このようにさまざまなメリットのあるクレジットカードですが、利用に当たって注意すべき点もあります。

    次の項からはクレジットカードを利用するうえでの注意点についてみていきましょう。

    クレジットカードの注意点

    頭を抱える女性

    クレジットカードにはメリットだけでなく、

    • 支払いを計画的に行わないといけない
    • 分割払いやリボ払いはなるべく避ける

    といった注意点もあります。

    ここからはそれらの注意点について、それぞれ解説していきます。

    支払いは計画的に

    クレジットカードは支払いの際に目に見えてお金がなくならないため、頭では理解しているつもりでも、どこか「お金を使わずに商品・サービスが購入できた」と錯覚してしまいがちです。

    そのため手元にある分しか使えない現金払いと違い、自分が返済できる以上の額を利用してしまい遅延や延滞といった事故を起こしてしまうリスクがあります。

    こうしたリスクは現金払いにはないので、クレジットカードを利用する際は必ず計画的に利用するようにしてください。

    3回以上の分割払いやリボ払いは避ける

    もうひとつの注意点が、支払いにかかる手数料です。

    一括払いであれば手数料はかからず、クレジットカードのポイントや優待といったメリットだけを受けることができます。

    しかし、3回以上の分割払いやリボ払いでは1回あたりの支払い負担は減るものの、実際は「手数料がプラスされ、気づかない間に借金がどんどん膨れ上がっている状態」です。

    クレジットカードを利用するときは一括払いが原則、ということは必ず覚えておきましょう。

    学生でもクレジットカードのキャッシングは利用できる?

    クレジットカードには買い物に使うショッピング機能とは別に、お金を借りることができるキャッシング機能を付帯させることができます。

    キャッシング=借金となる中で、返済能力が高いとは言えない学生にキャッシング枠を付帯させることができるのでしょうか?

    結論から言うと、学生でもクレジットカードにキャッシング枠を付帯させることは可能です。

    ただし、学生本人にアルバイト等での収入があることが前提となり、親の仕送りだけで生活している学生はこれに該当しません。

    また、キャッシング枠の上限も学生であれば5万円までと少額であることがケースが多いです。

    クレジットカードのキャッシング枠については以下の記事で詳しく説明しています。

    2017.06.01

    クレジットカードのキャッシング枠とは?確認&変更方法や注意点

    クレジットカードの明細で、利用可能枠の欄に記載されているのが、「キャッシング枠」という表記。このキャッシング枠とは、クレジットカードの、キャッシング(=お金を借りる)可能限度額を示します。キャッシング枠について馴染みのない方にとっては、よくわからない側面もあるかと思われます。 キャッシング枠について、また注意点やキャッシング枠を0円にする方法等について詳しく知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。 クレジットカードのキャッシング機能はとても手軽で便利なもので、コンビニのATMや銀行のATMにカードを入れて暗証番号を入力するだけで、簡単にお金を借りることができます。 この記事では、キャッシング枠の確認方法や、全く使う予定のない人が「0円」にする方法、負担を少なく返済する方法など、いざキャッシングを利用する場合の注意点などを解説します。 記事を読み進めればキャッシングについての正しい知識が身につき、キャッシングをするべきかどうかの判断がつき、また必要に応じて適切にキャッシングを扱うことができるようになります。 キャッシングについての知識に馴染みのない方は、是非参考にしてみてください。

    就職して社会人になったらカードの登録情報を変更しよう!

    学校を卒業して社会人になると、職業などの登録情報は変更しなければならないのか?

    結論からいうと、別に変更しなくてもそのまま使い続けることができるし、カードの利用に不都合が起きることはありません。

    ただ、社会人になった以上、マナーとして登録情報は変更すべきだと筆者は思います。

    また、利用限度額が上がったり、振込先を給与口座にしておくことで支払いの延滞を防ぐというメリットもありますので、積極的に登録情報を変更するようにしてください。

    カード会社に連絡して変更するべき登録情報は「職業」と「引き落とし口座」、また就職して一人暮らしなど住所が変更される場合は「住所」を変更しましょう。

    住所を変更しないとカード会社からの郵便物を受け取れなくなります。

    まとめ

    それではここまでの内容を振り返ってみましょう。

    クレジットカードは学生でも作れる

    • 18歳以上(高校生を除く)であれば、クレジットカードは作れる
    • 実際に約4割の学生がクレジットカードを所持している
    • ただし、利用枠は少額に設定される
    • 未成年の場合は親の同意書が必要

    学生限定、20代限定のカードがある

    • 学生ならでは特典が付帯されたクレジットカードがある
    • 卒業後を見すえて、楽天カードなど、年齢制限がないカードに入会しておくのもひとつの手

    クレジットカードのメリットと注意点

    • メリットは、キャッシュレス決済、ポイントなどの優待、保険機能などの付帯サービス
    • 注意点は、支払いを計画的に行うこと、支払いは一括にしないと手数料がかかる

    学生のうちからクレジットカードを作っておくと、お金に対する知識を身につけられるだけでなく、自分の信用情報の履歴をつくることができます。

    ここで紹介したカードなどを参考にして、自分に合ったカードを申し込んでみてはいかがでしょうか?

    学生にしぼらず、おすすめのクレジットカードを紹介している記事もありますので、参考にしてみてください。

    2018年最新おすすめクレジットカードや選び方のコツを解説

    2017.05.30

    【2018年最新】おすすめクレジットカードを厳選!自分にぴったりのベストなクレカを比較しよう

    キャッシュレスでポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。数百種類の中からあなたにぴったりのクレジットカードを比較して導き出します。おすすめのクレジットカードや、クレジットカードを利用する上で気をつけたい基礎知識も合わせてご紹介します。

    クレジットカード絞込み検索

    カードの種類
    年会費
    国際ブランド
    ポイント還元率
    ポイント交換先
    対応電子マネー
    発行スピード
    利用限度額
    付帯保険

    該当18

    クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

    クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

     
     

    利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら