学生におすすめのクレジットカードを比較!カードのメリットや注意点を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
話す学生たち

何かと便利なクレジットカードは、学生のうちから持っておきたいアイテムのひとつ。しかし中には、「クレジットカードは社会人になって信用ができてから」と考える人もいます。

しかし、カードの所持歴が長いとそのデータが専門機関に蓄積され、「支払いがしっかりできる人」との社会的信用にもつながるため、学生時代から持っておくのがおすすめです。

現在学生で、これからクレジットカードを作ろうとしている人からすると、

  • 学生におすすめなクレジットカード、学生しか持てないクレジットカードが知りたい
  • 学生がクレジットカードを持つメリット、注意点を知りたい
  • 学生でもカードの審査が通過するのかどうか知りたい

と思われるのではないでしょうか?

この記事では、学生向けのクレジットカードや、そのメリット、注意点、そして審査に関する情報をまとめてみました。

記事を読むことによって、学生時代にクレジットカードを持っておくべき理由や、自分に合ったクレジットカードがどれかを判断できるようになるでしょう。

18歳以上(高校生以外)ならクレジットカードが作れる!

両手を上げる学生達

まず、大前提として学生でもクレジットカードは作れます。

ただし、学生といっても中学生や高校生でも作れるかと言われると、そうではありません。

ここからは、

  • クレジットカードを持てる年齢や条件
  • 多くの大学生・専門学生がカードを利用している
  • 未成年は申し込み時に親の同意書が必要
  • 限度額は少なく設定されている

といった、学生とクレジットカードに関する基本的な情報についてそれぞれ解説していきます。

クレジットカードを持てる年齢や条件

クレジットカードを持てる条件は各カードによって異なりますが、年齢や条件としては、

  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 本人もしくは親権者に安定した収入がある

これらのふたつが一般的です。

まず、年齢はほとんどのカードが18歳以上をひとつの目安としています。なお、学生といっても高校生以下だといくら親の許可があってもクレジットカードを持つことはできません。

年齢の基準は20歳の場合もありますし、ゴールドカードなどのステータス性の高いカードであれば25歳以上、30歳以上と年齢が制限されている場合もあります。

また、収入については学生の場合「そもそも収入がないのが当たり前」のため、そこまで気にする必要はありません。ただ、その分利用額がかなり小さめに設定されているのが学生カードの特徴です。

多くの大学生・専門学生がカードを利用している

「クレジットカードは社会人になってから」と考える人もいるようですが、実際に学生でもクレジットカードを持っている人は大勢います。

一般社団法人日本クレジット協会の「大学生に対するクレジットカードに関するアンケート(平成28年度)結果報告書」によると、アンケートに回答した768名のうち、約5割がクレジットカードを持っていることがわかっています。

また、学年別の所持率では、1年生が17.5%、3年生以上が50%超えと、高学年になるにつれ、カード所持率も上がる傾向にあります。 このように、学生でクレジットカードを持っていることは何も珍しくありません。

未成年は申し込み時に、親の同意書が必要

大学生・専門学生でもカードは作れますが、未成年の場合は親の同意書が必須です。
学生でも、20歳以上であれば同意書は必要ありません。

ただ、20歳以上であっても同意書がない場合は、利用限度額が10万円(同意書があれば30万円)などかなり低めに設定されてしまいます。そのため、たとえ20歳以上であったとしても学生のうちは親の同意書をもらっておくのが得策です。

限度額は少なく設定されている

クレジットカードの利用限度額は一般カードの場合おおむね50万〜100万円ほどですが、学生に発行されるクレジットカードは利用限度額が10万〜30万円とかなり少額に設定されています。

これは、いくら親の同意書があったとしても、本人自体にしっかりとした収入がないため、社会人に比べると返済能力がないと見なされるからです。 学生のうちからクレジットカードが作れるといっても、社会人と同じように大きな金額を使えるわけでない、ということは頭に入れておきましょう。

このように、18歳以上の学生であれば、クレジットカードは問題なく作れます。ただ、親の同意書が必須、利用限度額が少額などそれなりの制限はあるので、その点はしっかり把握しておきましょう。 次の項からは、学生ならではの特権が盛り沢山の学生限定クレジットカードを紹介していきます。

学生ならではの特権がたくさん!学生限定クレジットカード

学生とクレジットカードの文字

クレジットカード中には、学生にしか持つことのできない学生限定のカードがいくつか存在します。

ここでは、そんな学生限定カードの中でも代表的な、

  • 三井住友VISAクラシックカードA(学生用)
  • JALカードnavi
  • ANAカード(学生用)

の3枚についてご紹介していきます。

三井住友VISAクラシックカードA(学生)

三井住友カードが発行している学生限定カードです。

旅行保険の自動付帯やショッピング補償など、旅行や買い物好きな学生には嬉しい特典が魅力のカードとなっています。

また、「三井住友VISAクラシックカード(学生)」という非常によく似た名前の年会費無料カードもありますが、三井住友VISAクラシックカードA(学生)の方が年会費がかかる分、保険の額などが高額に設定されています。

年会費 250円(税抜)※初年度無料
申込対象 満18歳以上の学生
保険 ・海外、国内旅行傷害保険最高2,500万円
・自転車保険最高100万円(任意)
・ショッピング補償最高100万円
利用可能枠 総利用枠:10万〜30万円
国際ブランド VISA、Mastercard
主な特典 ワールドプレゼント:1,000円(税込)につき1ポイント
(ポイントを貯めて景品や他社のポイントに移行可能)

JALカードnavi

大手航空会社のJALが発行しているクレジットカードです。

JALカード navi(VISA・MasterCard)

Medium jal visamaster navi

国際ブランド

MasterCard VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ) WAON(ワオン)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
在学中無料 在学中無料 1% JALマイレージ
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約4週間 10万円 1.0% 無料
付帯保険:
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

航空会社ならではのマイルサービスがあるのはもちろん、機内販売や空港店鋪の商品が割引になるため、よくJALを利用する人におすすめです。

年会費 在学中無料
申込対象 満18歳以上30歳未満の学生
保険 海外、国内旅行傷害保険最高1,000万円
利用可能枠 総利用枠:10万円
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
主な特典 ・マイル(ショッピング100円で1マイル、フライトマイルはプラス10%など)
・オリジナルボーナスマイル
(語学検定合格で500マイル、卒業後継続で2,000マイルなど)
・サカイ引越センター、日本通運の優待利用
・国内線で空席がある場合お得になるスカイメイトサービス
・機内販売、空港店の割引

ANAカード(学生用)

JALと同じく日本の大手航空会社ANAが発行しているクレジットカードです。JALとANA、どちらを利用する機会が多いのかで判断してみるとよいでしょう。

年会費 1,242円(税込)
(年会費が在学中無料になる申込キャンペーンは2018年3月31日消印有効まで)
申込対象 満18歳以上の学生
保険 海外、国内旅行傷害保険最高1,000万円
利用可能枠 総利用枠:10万〜30万円
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
主な特典 ・マイル(フライトマイルはプラス10%など)
・学生カード専用ボーナスマイル (卒業後継続で2,000マイルなど)
・パッケージツアーの学割適用
・提携ホテルの優待利用

このように、クレジットカードの中には学生ならではの特典が付帯しているものがいくつかあります。

また、学生のときだけしか利用できないサービスもあるのです。 次の項からは、学生はもちろん20代までであれば利用できるカードを紹介していきます。

20代までの特権!学生におすすめのクレジットカード

クレジットカードを見つめる若い女性

先ほどは学生限定のカードを紹介しましたが、ここからは「学生〜20代限定」のカードである、

  • JCB EXTAGE
  • 三井住友デビュープラス

の2枚について解説していきます。

学生はもちろん、社会人の若年層をターゲットにしているので、「もうすぐ学生期間が終了する」という人もぜひ参考にしてみてください。

JCB EXTAGE

JCB EXTAGEは、JCBが20代限定で発行しているカードです。

JCB CARD EXTAGE

Medium jcb extage black

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

専用モールを経由するとポイントが貯まりやすくなっているので、ショッピング好きな人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

なお29歳で申し込んだ場合は、初回更新までの5年間は利用できます。 年会費無料にもかかわらず旅行保険が自動付帯しているため、旅行によく行く人におすすめです。

年会費 無料
申込対象 満18歳以上の29歳未満
保険 ・海外、国内旅行傷害保険最高2,000万円
・ショッピング補償最高100万円
利用可能枠 総利用枠:20万〜100万(学生は10万〜30万円)
国際ブランド JCB
主な特典 ・Oki Dokiポイント
(1,000円につき1ポイント、貯めると商品交換や他社ポイントへ交換可能)
・専用ネットモールを経由するとポイント20倍

三井住友デビュープラス

三井住友グループが「初めての1枚におすすめのカード」として発行しているカードです。

三井住友VISAカード(デビュープラス)

Medium smbc debutplus

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 1.0%~2.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.6%~1.5% 500円
付帯保険:
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い

旅行保険は付帯していませんが、同じ三井住友が発行している他のカードに比べポイントが2倍貯まるため、ショッピングのポイントを重視する人におすすめです。

年会費 初年度無料、2年目以降1,250円(税抜)
(ただし、1年のうち1回でも利用すれば、翌年度は無料)
申込対象 満18歳以上の25歳未満
保険 ショッピング補償最高100万円
利用可能枠 総利用枠:10万〜80万(学生は10万〜30万円)
国際ブランド VISA
主な特典 ワールドプレゼント
(1,000円につき2ポイント、ポイントを貯めて景品や他社のポイントに移行可能)

学生〜20代限定のカードは、年会費が無料もしくは無料になる条件がゆるいため、学生時代に作っておき、そのまま社会人になっても使い続けるというのもよいでしょう。

次の項からは、学生はもちろん、社会人になってからも年齢制限なくずっと使い続けられるカードを紹介していきます。

卒業しても同じ条件でずっと使える!おすすめのクレジットカード

カードを持つ女性達

学生限定、20代まで限定のカードもいいですが、こうしたカードは卒業したり年齢制限を超えたりすると使えなくなってしまいます。

ここからは、卒業後も年齢制限なく使い続けられることはもちろん、還元率や年会費などの面からみてもコスパ抜群な、

  • オリコカード・ザ・ポイント
  • 楽天カード

のふたつのカードについてみていきましょう。

オリコカード・ザ・ポイント

このカードの魅力は、年会費が永年無料かつ還元率が常に1%以上というコスパの良さです。

オリコカード THE POINT

Medium orico card the point 196x126

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
付帯保険:
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い

学生はもちろん、一般の社会人の方もメインのカードとして十分に使えるでしょう。 「とにかく還元率を重視」という人におすすめです。

年会費 無料
申込対象 満18歳以上
保険 ショッピング補償最高100万円
利用可能枠 総利用枠:10万〜300万(学生は10万〜30万円)
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
主な特典 ・オリコポイント(100円につき1ポイント)
・入会後6ヶ月間は還元率が2.0%

楽天カード

サービス産業生産性協議会の調査で、8年連続顧客満足度1位に輝いている楽天カードもおすすめです。

楽天カード

Medium master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

楽天グループで利用すると、通常の利用でも還元率1%、楽天グループの利用でポイント4倍とかなり高還元です。

さらに、アプリなども充実しているため管理も簡単におこなえます。 楽天系のサービスをよく使っている人、海外旅行によく行く人におすすめのカードです。

年会費 無料
申込対象 満18歳以上
保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円
利用可能枠 総利用枠:10〜100万(学生は10〜30万円)
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
主な特典 ・楽天ポイント(100円につき1ポイント)
・楽天市場利用で4倍、提携店鋪利用で3倍

このように、学生のときから社会人になっても長く使えるカードを選んでおくのもひとつの手です。

次の項からは、クレジットカードを使うことのメリットについて解説していきます。

クレジットカードを使うメリット

ショッピングをする女性

学生向けのクレジットカードについて紹介してきましたが、そもそもクレジットカードを使うことによってどんなメリットがあるのでしょうか? ここからは、クレジットカードの主なメリットである、

  • キャッシュレス決済
  • ポイントや割引などの優待
  • 保険機能

の3つについて、それぞれ解説していきます。

キャッシュレスで決済できる

もちろん、まだカード未対応の店鋪はあるものの、近年はクレジットカード対応のお店が増えてきており、カードさえ持っていれば現金を持つ必要がほぼなくなります。

現金だと、銀行やATMでお金をおろし、手持ちがなくなったらまたお金をおろしにいかなくてはいけないため、カードでのキャッシュレス決済に比べると手間が増えてしまいます。 このように、「カード一枚で身軽に行動できる」のはクレジットカードの大きなメリットのひとつです。

ポイントや割引の優待がある

クレジットカード払いには、現金払いにはないポイントの還元サービスがあります。まったく同じ金額の商品・サービスを購入した場合でも、クレジットカードにだけそうしたポイントがつくのは大きなメリットです。

また、クレジットカードは持っているだけで提携施設やサービスが割引になるなど、現金にはない優待サービスも魅力のひとつと言えるでしょう。

海外旅行などで役立つ付帯保険がついている

海外で怪我や病気をした場合、保険に加入していなければすべて自己負担になります。国によってはちょっとした怪我で数百万円単位の請求をされることがあるため、海外旅行に行く際は保険加入が必須です。

クレジットカードでは、カードによってこうした旅行による怪我や病気に対する保険が自動付帯しているものがあり、万が一のときも安心です。 この他にも、ショッピングや盗難など、各種保険機能が付帯しているのは、クレジットカードならではのメリットといえるでしょう。

このように、さまざまなメリットのあるクレジットカードですが、利用に当たって注意すべき点もあります。次の項からはクレジットカードを利用するうえでの注意点についてみていきましょう。

クレジットカードの注意点

頭を抱える女性

クレジットカードにはメリットだけでなく、

  • 支払いを計画的に行わないといけない
  • 分割払いやリボ払いはなるべく避ける

といった注意点もあります。

ここからは、それらの注意点について、それぞれ解説していきます。

支払いは計画的に

クレジットカードは支払いの際に目に見えてお金がなくならないため、頭では理解しているつもりでも、どこか「お金を使わずに商品・サービスが購入できた」と錯覚してしまいがちです。

そのため、手元にある分しか使えない現金払いと違い、自分が返済できる以上の額を利用してしまい、遅延や延滞といった事故を起こしてしまうリスクがあります。 こうしたリスクは現金払いにはないので、クレジットカードを利用する際は必ず計画的に利用するようにしてください。

3回以上の分割払いやリボ払いは避ける

もうひとつの注意点が、支払いにかかる手数料です。 一括払いであれば手数料はかからず、クレジットカードのポイントや優待といったメリットだけを享受することができます。

しかし、3回以上の分割払いやリボ払いでは1回あたりの支払い負担は減るものの、実際は「手数料がプラスされ、気づかない間に借金がどんどん膨れ上がっている状態」です。 クレジットカードを利用するときは一括払いが原則、ということは必ず覚えておきましょう。

まとめ

それでは、ここまでの内容を振り返ってみましょう。

クレジットカードは学生でも作れる

  • 18歳以上(高校生を除く)であれば、クレジットカードは作れる
  • 実際に約4割の学生がクレジットカードを所持している
  • ただし、利用枠は少額に設定される
  • 未成年の場合は親の同意書が必要

学生限定、20代限定のカードがある

  • 学生ならでは特典が付帯されたクレジットカードがある
  • 卒業後を見すえて、楽天カードなど、年齢制限がないカードに入会しておくのもひとつの手

クレジットカードのメリットと注意点

  • メリットは、キャッシュレス決済、ポイントなどの優待、保険機能などの付帯サービス
  • 注意点は、支払いを計画的に行うこと、支払いは一括にしないと手数料がかかる

学生のうちからクレジットカードを作っておくと、お金に対する知識を身につけられるだけでなく、自分の信用情報の履歴をつくることができます。

ここで紹介したカードなどを参考にして、自分に合ったカードを申し込んでみてはいかがでしょうか?

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく、利用によってポイントも貯まる、クレジットカード。うまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのおすすめクレジットカードを比較して、導き出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事