【最強法人カードはこれだ!!】最強になるための法人カードの選び方や種類をまとめて紹介!

最強法人カードはどれ!?法人カードの選び方や種類をまとめて紹介

法人カードとは、会社や個人事業主向けに発行されるビジネス用のクレジットカードです。

法人カードを導入するポイントとして、以下の3点を重視される方は多いのではないでしょうか。

  • 経費精算
  • キャッシュフロー
  • 付帯サービス

上記の3点を考慮して法人カードを選ぶとき、数ある法人カードの中で結局どれがおすすめなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

どの法人カードが自社に合っているか悩んでいるあなたに、ここでは下記の内容について詳しく説明いたします。

もちろん人によって最強の定義は違うので、この記事では「導入しやすい一般カード」「ステータスになる法人カード」「魅力的なサービスが用意されている法人カード」という3つの観点から、最強の法人カードを紹介しています。

サービス徹底比較をして、ぜひ、自社に合う最強の法人カードを検討するときの参考にしてみてください。  

法人カードの種類と選び方

クレジットカードをネットで使う男性

法人カードとは、会社や個人事業主を対象に発行されるクレジットカードです。

カードの種類によりさまざまな優待が受けられることは分かりましたが、そもそも法人カードには3つのランクがあります。

ここでは、それぞれのランクの特徴をご紹介します。

コストを抑えるなら「一般カード」

毎年の年会費を抑えたい場合や比較的審査に通りやすい法人カードを探している場合は、「一般カード」を選びましょう。

年会費は10,000円以下であることが多く、社員が多くても手軽に導入できます

また、一般カードであっても福利厚生サービスや海外旅行傷害保険、マイルやポイントサービスを利用できる場合がほとんどなので、最低限の機能はしっかりと網羅されているところがポイントです。

しかし、法人カードの利用限度額や損害保険での補償限度額はゴールドカードに比べると低く設定されているので、使い方によっては物足りないかもしれません。

手厚いサービスが受けたいなら「ゴールドカード」

一般カードよりも手厚いサービスを受けたい場合には、「ゴールドカード」がおすすめです。

年会費は10,000円~30,000円程度であることが多く一般カードよりも高くなりますが、その分ワンランク上のおもてなしが充実。

福利厚生サービスやラウンジ利用、レストランのコンセルジュサービスなど、法人カード会社がそれぞれビジネスシーンを彩るラインナップを用意しています。

限度利用金額も一般カードに比べると大幅にアップしますし、法人カード会社によってはポイントやマイルの還元率も高くなる場合があります。

また、営業などで社用車利用の多い企業の場合、ゴールドカードはガソリン代がお得になるものも多数ありますので、下記記事で一度チェックしてみてください。

ガソリンの給油中

2019.10.11

ガソリンがお得な法人カードを徹底比較!審査やETC割引、ポイント制度も確認

「ガソリン代がお得になる法人カードはある?」「ガソリンカードと一般的な法人カードのメリットやデメリットを比較したい」石油会社が出しているガソリンカードは、ガソリン代がお得になる法人カードです。ガソリン代の割引率は、一般的な法人カードのポイント還元と比べるとお得になっていますが、トータルで比較したとき、ビジネスで有用に使えるカードはどちらでしょうか。そこで今回は、石油会社系のガソリンカードと一般的な法人カードを徹底比較しました。本記事を読むと、以下のことが分かります。・石油系ガソリンカードと一般的な法人カードの違い・石油系ガソリンカードと一般的な法人カードのメリット・デメリットの比較・おすすめの石油系ガソリンカードと一般的な法人カードぜひ最後まで確認して、自分の事業に合った法人カードを見つけてくださいね。

ステータスの高いカードが欲しいなら「プラチナカード」

法人ゴールドカードの上位ランクとなるのが「プラチナカード」です。プラチナカードは、法人カード会社の公式サイトを見ても、記載されていないことがほとんど。

招待制のプレミアムなカードとなり、一定の収入や信用が保証される段階でないと持てる権限が与えられません。

そのため、持っているだけでもステータスとなり、ゴールドカード以上の優遇が受けられます。

続いて、法人カードを導入する4つのメリットをご紹介します。ぜひ、法人カードを検討するときの参考にしてみてください。

法人カードを利用する4つのメリット

特典が多いクレジットカード

カードの種類やグレードによりさまざまな優待が受けられることは分かりましたが、実際にビジネス向けにどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、法人カードを利用する4つのメリットをご紹介します。

経費管理が楽になり作業効率がアップ

法人カードは会社経営者のカード以外に、社員や役員用の追加会員のカードが作成できます。

そのため、旅券の発行や出張費をカードで精算できるようになり、現金でのやり取りが必然的に減ります。

経費の締め切りを何度も設ける必要がなくなり、経費処理が楽になることがメリットです。

また法人カードの引き落としは法人口座となり、ビジネス経費の管理が1本化できるようになります。経費の動きが分かりやすくなり、作業効率がアップします。

キャッシュフローにゆとりができる

法人カード会社によっては、引き落とし日を3ヶ月後に設定することも可能です。
現在現金がなくても引き落とし日までに用意すればいいので、キャッシュフローにゆとりができます。

そのため、長期的な資金計画を視野に入れた計画を立てられるようになるところがメリット 。

また、法人カードによっては経費管理システムの導入サポートをしてもらえる場合も多く、過去のデータや現在の収支状態をすぐに確認できるようになります。

マイルやポイントが貯められる

消耗品の購入や旅費を現金で精算してしまうと貯まらないポイントですが、法人カードを利用することでマイルやポイントが貯まるようになることも特長です。

社員それぞれが好きなように利用できるのはもちろんのこと、法人カード会社によっては全員のポイントを合算して代表者の意図を汲んで利用することも可能です。

とくに出張が多い場合は、意外と早くポイントやマイルが貯まります。
中でも、ANAとJALそれぞれの航空会社でマイル還元率がお得なカードがあります。

例えば、ANAマイルの還元率は0.5%ですが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードであれば、ポイントプログラムのメンバーシップ・リワードを利用することで、マイル還元率は倍の1%になります。

またJALマイルの場合も、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードであれば1,000円あたり10マイルのため、こちらもマイル還元率は1%になります。

貯まったマイルは旅行代金への活用や特典航空券への充当に活用することで、経費削減につなげることができます。

下記記事に詳細を掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

福利厚生サービスや出張サービスが受けられることも

法人カードを導入することで、社員のやる気や満足度の向上に繋がるサポートが受けられるところも大きなポイントです。

カードのグレードによっては、レジャー施設やホテル、レストランなどの福利厚生サービスや出張フォローサービスが受けられます。

わざわざコストをかけなくても社員の満足度を高めることができるため、会社側としても嬉しいメリットではないでしょうか。

最後に、実際に自社に合う法人カードを選ぶときに注目したい3つのポイントをまとめてご紹介します。

法人カードを選択するときの3つのポイント

カードを持ちながら概要をPCで調べる女性

導入することでさまざまなメリットのある法人カードですが、自社に合う法人カード会社を選ぶときには、どのような点に注目したらいいのでしょうか?

最後に、自社に合う法人カードを選ぶときのポイントを紹介します。

年会費と追加カード枚数をチェックする

今までご紹介してきたように、法人カードはランクや種類によって年会費が必要となります。

そのため、毎年支払える予算に合わせて年会費を確認しておきましょう。

年会費を抑えるとポイントやマイルが貯まらなくなる場合や手厚いサービスが受けられなくなる場合もあるので、重視したいポイントと照らし合わせてみることも必要です。

また、必要となる枚数の追加カードの発行が可能かどうかも確認しておくといいでしょう。追加カードの発行枚数は、法人カードにより大きく異なる部分です。

今後社員が増える予定がある会社は、将来を見据えた枚数設定がおすすめです。

経費管理サポートが充実しているか

法人カードを導入することで、どのように経費管理が簡略化するのかも知っておきたいポイントです。

会計ソフトの導入サポートや法人カードの使用履歴の閲覧など、経費管理に活かせるようなサポートがあると導入後もスムーズです。

法人カード会社によっては、毎月の利用明細書を個別に送付してくれる場合もあり、利用明細が手元に残るようになっています。

重視したいサービスに特化しているかも重要!

法人カードを導入することで「どのようなサービスを利用したいのか」「どのようなシーンで活かしたいのか」を明確にしておきましょう。

ポイントやマイルの活用、出張サービスや旅券発行サービスに保証制度など、重視したいサービスはそれぞれ異なるもの。

例えば出張一つをとっても、飛行機、社用車など最も利用するものに特化したサービスを提供している法人カードを選ぶことで(下記記事参照)、無駄なく効率的にサービスを利用することができます。

ETC差込機器

2019.12.05

ETCカードを法人で作るならコレ!おすすめの法人向けカード10選

起業をするにあたって高速道路の利用が多くなるため、法人用のETCカードを作りたいとお考えではないでしょうか。法人向けのETCカードにはいくつかの種類があり、どのように利用するかによって最適なカードは異なります。本記事では、法人用のETCカードについて以下のことが理解できる情報をまとめました。法人向けのETCカードにはどのような種類があるか法人用にETCカードを作ることのメリット自分の事業形態に最適な法人用のETCカードはどれか法人用のETCカードを法人向けに作る場合のチェックポイントと、それぞれのチェックポイントに応じたおすすめの法人用のETCカードを10枚ピックアップしています。一読することで、自分に向いた法人用のETCカードが絞り込めますので、どの法人用ETCカードを作ればよいかが理解できてくるでしょう。自分の事業形態に最適な法人用のETCカードをぜひ見つけて、経費の管理や節約に役立ててください。

誰でも導入しやすい最強カードはこれ!おすすめの一般法人カード3選

硬貨とクレジットカード

まずは、法人カードを使ったことがない会社でも導入しやすい最強カードを、一般法人カードの中から厳選してご紹介します。

どの一般法人カードも異なる魅力があるので、ぜひ参考にしてみてください。

出張サービスが充実!アメックス「グリーンカード」

アメックスの「グリーンカード」は、国内外での出張が多い人におすすめの一般法人カードです。

カード会員専用の「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」を用意しており、オンライン上でレストランや航空券の予約をすることが可能

手続き不要で最5,000万円までの海外旅行傷害保険に加入することもでき、わざわざ旅行会社に出向く必要がありません。

また、空港ラウンジの使用や無料ポーターサービスなどもあり、一般法人カードでありながらゴールドカード並みの手厚いサービスが受けられるところも魅力です。

他にも、経費処理を簡略化するためのサービスも充実しており、会社側にも法人カードを導入するメリットがあります。

低コストで最低限の機能が使える!オリコ「ビジネスカードスタンダード」

オリコの「ビジネスカードスタンダード」は、導入コストを削減しながらも経費管理を楽にできる一般法人カードです。

年会費は1,250円(税別)となっており、無料でETC機能をプラスすることが可能。社用車を利用する企業にとって嬉しいサービスです。

また、追加カードは最大20枚まで作成可能で、利用者ごとに利用上限金額を設定できるところもポイント。
営業や事務、役員など役職ごとに設定することも可能なので、より安心して使えます。

さらに、福利厚生サービスである「ベネフィット・ステーション」を特別価格で導入できるので、社員の満足度を高めることも可能です。

OkiDokiポイントが貯まる!JCB「一般法人カード」

ポイントやマイルを貯めたい人におすすめなのがJCBの「一般法人カード」です。こちらの法人カードも年会費は1,250円(税別)

無料ETC機能をプラスすることができる、1,000円の利用でOki Dokiポイントが1ポイント貯まる等の特徴があります。

ネットショッピングや海外での利用はポイント還元率がアップするので、法人カードの利用用途によってはお得にポイントが貯められます。

他にも、スマートフォンやパソコンからいつでも予約ができる「エクスプレス予約」や、航空券の「法人向け出張サービス」と連携しているので、チケットレスで効率よく出張手続きができるところもポイントです。

また、期間限定でJCBギフトカードをプレゼントするキャンペーン(※)も展開しているため、費用に充てることもできるでしょう。

※2019年4月1日~9月30日のお申し込み分でJCBギフトカード最大7,000円分をプレゼント(2019年8月現在)

ここまでは手軽に導入できる一般法人カードをご紹介しましたが、続いてはステータスとなる最強法人カードをご紹介します。

最強ステータス!つい自慢したくなる法人カード3選はコレ!

ラウンジ

「手厚いサービスを受けたい」「ステータスとして導入したい」という理由で、法人カードを検討している人もいるはず。

そこでここからは年会費(※)や維持費はかかりますが、持っているだけでステータスになるワンランク上の法人カードを厳選してご紹介します。

※年会費については、本サイト等「オンライン入会のお申し込み」や「入会キャンペーン」などをうまく活用することで、初年度年会費無料になるものも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

ラウンジ利用にポーターサービスまで手厚い!アメックス「法人ゴールドカード」

一般法人カードよりも充実したサービスを受けたい人におすすめなのが「アメックス ビジネスゴールドカード」です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

付帯保険内容が充実しており、カードで海外旅行や海外出張の手続きをすることで、最大1億円の海外旅行傷害保険(国内旅行傷害保険の場合、最大5,000万円)が自動付帯されます。

ラウンジ利用はもちろんのこと、無料ポーターサービスや手荷物ホテル当日宅配サービスなど手厚いサービスが受けられるので、快適な旅になること間違いなしです。

また、カード会員限定イベントやゴルフやワイン関連サービス、国ホテル東京にある専用のミーティングエリアを利用など、ワンランク上のおもてなしを体感できるところも魅力的です。

ただ今、上記からお申し込みいただくと年会費【31,000円(税別)】が初年度無料になります。

他にもお得な入会特典やキャンペーン、ボーナスポイント(新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント)などもあります。詳細については、下記記事でぜひチェックしてみてください。

ビジネスサポートが充実!オリコ「EX Gold for Biz」

幅広いビジネスサポートを手軽に求めるなら「オリコEX Gold for Biz」が向いています。

年会費が2,000円(税別)と格安なうえ、審査基準も(1)入会申込書と(2)本人確認資料(運転免許証や健康保険証)の2点のみのため、設立1年未満でも通りやすいカードといえます

出張等で空港利用が多い企業向けで、指定ラウンジが無料利用できるのはもちろんのこと、国際線手荷物宅配 優待サービスなど出張を快適にするビジネスサービスが豊富です。

また、福利厚生を検討している経営者は、140万件以上の施設をお得に利用できる「ベネフィット・ステーション」を優待価格で契約することができます。

さらに、このカードは経理管理のサポートや資金調達の優遇制度など、会社運営を円滑に進めるためのサポートも充実

ポイント還元率も年間利用額によってはビジネスカードで最高水準になる最大ポイント還元率1.2%程度にもなるなど費用面でのサポートも期待できます。

ビジネスラウンジが利用できるダイナーズクラブ「ビジネスカード」

仕事の幅を広げたい人に向いているのがダイナーズクラブの「ダイナースクラブ ビジネスカード」です。

商談に利用できる会員専用のビジネスラウンジ「ダイナースクラブ ・ビジネス・ラウンジ」の利用や、専門家にビジネスの相談ができる「プライベートアドバイザー」の利用が可能に。
より良い環境で仕事に取り組めるようになります。

また、レストランやゴルフ、レジャー施設の優待や国内外のホテルの優待宿泊など、ワンランク上のおもてなしが多く用意されているところも特徴です。

続いては、こだわりのサービスが光るおすすめの法人カードを厳選してご紹介します。

サービスが最強!こだわりの法人カード3選

親指を立てて喜びながらゴールドカードを持つ男性

最後に、特化したサービスが光る魅力的な法人カードをご紹介します。

海外出張が多いなら!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

海外出張が多く、快適に出張ができるようにしたい場合はアメックスの「ビジネスゴールドカード」がおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」を使えば、24時間オンライン上で航空券やホテルの予約が可能。急な出張にも対応できます。

また、空港ラウンジの利用や手荷物ホテル当日宅配サービスを利用できるのはもちろんのこと、手厚い海外旅行傷害保険も簡単に付帯できるので、安心して海外に向かえます。

他にも、仕事のキャンセルや体調不良で旅券が利用できなかったときのための「キャンセル・プロテクション」も用意。年間最高10万円までキャンセル費用損害を負担してくれます。

幅広い優待が魅力!「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」

幅広い優遇を受けたい場合は、クレディセゾンの「プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」が向いています。

ビジネスの効率化をサポートする「ビジネス・アドバンテージ」は、事務用品購入やレンタカー手配などを効率よく優待価格で利用できます。

また、特別感のあるサービスとして以下のようなサービスを受けることができます。

  • グレードの高い旅館やホテルへの優待招待
  • 世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」への無料登録
  • 会員専用サービス「Dramatic Time!」によるラグジュアリーなイベントへの優待招待

便利な電子マネー機能も法人プラチナカードで唯一付いているため、カードで払いにくい少額の買い物にも利用でき経費処理を集約することができます

ポイントやマイルは永久不滅ポイントなので自分のペースで利用可能。幅広いお得なサービスを目的に合わせて利用できるところが大きな魅力です。

年会費が永久無料!ビジネクスト「法人クレジットカード」

ランニングコストを抑えたい場合には、ビジネクストの「法人クレジットカード」がおすすめです。

年会費とETC機能が無料なので、金銭的な負担なく導入できるところが特徴です。

また、2,000円利用ごとに1ポイント貯まる「LIFEサンクスプレゼント」や保養所や医療サービスが優待価格で利用できる「福利厚生サービス」など、お得なサービスも受けられます。
必要最小限の機能を低コストで利用したい人におすすめです。

ここまでは、最強法人カードの種類についてご紹介しました。

次に、法人カードの3つのランクについて詳しくご紹介します。

まとめ

今回は、「導入しやすい一般カード」「ステータスになる法人カード」「魅力的なサービスが用意されている法人カード」という3つの観点から、最強の法人カードを紹介しました。

法人カードは種類によって年会費が異なるのはもちろんのこと、受けられるサービスが大きく異なります。

だからこそ、自社に合う法人カードを選ぶことが大切
重視したいサービスやサポートなど比較ポイントを絞り込み、そこを重点的に徹底比較してみてください。

そして、法人カードの選び方や法人カードを導入するメリットを参考にしながら、お得に使える法人カードを検討することで、使いやすい自社にとっての最強の法人カードに出会えるはずです。

【法人カードとは】経営者や個人事業主に本当におすすめのカードを厳選比較!

2020.01.16

【最適が見つかる!】本当におすすめの法人カードを厳選比較!2020年最新版

経営者や個人事業主の方にとって、法人カードは事業資金の管理などを楽にしてくれる必須アイテムです。今や、事業をスムーズに行う上で必須のアイテムと言っても過言ではないでしょう。しかしいざ法人カードの導入を決めても、「どのカードを選べば良いのかよくわからない」「どのカードがうちの会社に1番合っているの?」と、お悩みの方も多くいらっしゃると思います。自分や会社に1番合った法人カードを選ぶためには、「利用目的」に着目して比較することが大切です。というのも、カードそれぞれに得意な分野が異なっているのです。本記事では、法人カードの選び方や特徴別のおすすめ法人カードをご紹介していきますので、読みながらあなたやあなたの会社が求めるニーズに沿ったカードを見つけてみてくださいね。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    法人カードランキング

    目的別

    掲載法人カード

    人気の記事

    新着記事