おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

ステータスの高いゴールドカードはコレ!年会費や特典を比較

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
ゴールドカードを持ちながらパソコンをする女性

ゴールドカードを持つ理由の一つに、「ステータスが高いから」と答える人も多いでしょう。しかし、ひとくちにゴールドカードといっても、カードの種類によって審査基準も年会費も違い、ステータス性も変わります。

そこで、以下のようにお考えではありませんか。

  • ゴールドカードはステータス性があるのかどうか知りたい。
  • ステータス性のあるゴールドカードが知りたい。
  • ゴールドカードを比較したい。
  • ゴールドカードのメリットが知りたい。

この記事では代表的なゴールドカードを、ステータスが高いといわれているものから順番に比較してご紹介します。

記事を読むことで、ゴールドカードに入会しようと検討している人が、ゴールドカードのステータス性を知り、自分がどのゴールドカードを選ぶべきかどうか判断することができるようになります。

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁 監修者

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

ゴールドカードには年会費1万円程度のカードと、3,000円前後のものがあります。楽天ゴールドカードやMUFGカード ゴールドなどは格安ゴールド、三井住友カード ゴールドやJCBゴールドは通常のゴールドカードです。

同じゴールドであれば格安ゴールドを選びたくなりますが、やはり格安ゴールドにはデメリットもあります。楽天ゴールドカードの場合、空港ラウンジを利用できるのは年2回まで。1回の旅行で往復利用するとそれで終了です。

MUFGカード ゴールドの場合は使えるラウンジが限定されます。MUFGカードには一般的なゴールドカードのMUFGカード ゴールドプレステージがありますが、利用できる空港ラウンジは国内32空港。

一方、MUFGカード ゴールドの場合は国内7空港です。同様に、楽天カードの通常のゴールドカードである楽天プレミアムカードは年間の利用回数制限はありません。格安ゴールドには格安である理由がある事だけを覚えておきましょう。

ゴールドカードステータスランキング2018!

2018と書かれたゴールド色の数字

この章では、人気のある下記のゴールドカードをステータスの高い順にご紹介していきます。

具体的には、以下のクレジットカードについて、それぞれの特徴をご紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

最もステータスが高いゴールドカードといわれているのが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

年収の目安は500万円ほどなので、審査基準は世間のイメージほど高くはありません。クレジットカードの国際ブランドの中でも最高峰とされていてブランドイメージがとても高く、特典内容はプラチナカードクラスです。

年会費  29,000円(税別)
家族カード  1枚目無料、2枚目以降12,000円(税別)
付帯サービス
    • ゴールド・ダイニング by 招待日和
    • プライオリティ・パス(年2回まで無料)
    • 国内外の空港ラウンジが本人と同伴の1名無料
    • 旅行の優待
    • 海外の有名ゴルフ場でのプレーが1名無料
    • キャンセル・プロテクション
    • 旅行保険最高1億円

年会費が高額ですが、付帯サービスが充実していることやブランドイメージの高さから、海外旅行によく行く人や高級レストランや一流ホテルなどのステータスが高いサービスを頻繁に利用する人にとっては年会費以上の価値があるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
29,000円(税別) 29,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

三井住友ゴールドカード

銀行系のゴールドカードの中で最も高いステータスがあるのが、三井住友ゴールドカードで、三井住友フィナンシャルグループの傘下にある三井住友カード株式会社が発行しています。

年会費 初年度無料
2年目以降10,000円(税別)
(WEB明細書+マイ・ペイすリボコースの申込・手数料支払いで4000円(税別))
家族カード 1枚目無料、2枚目以降1,000円(税別)
付帯サービス
    • 空港ラウンジ(国内主要空港)
    • ゴールドデスク
    • 医師への24時間・年中無休の無料電話
    • 一流ホテル・旅館宿泊

ステータスが高いうえにVISAブランドなので、国内外ほとんどの店で使える利便性が高いゴールドカードです。

三井住友カード ゴールド

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~2.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 50万~200万円 0.5% 500円

※マイ・ペイすリボ登録+年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで翌年度以降は半額(カードご利用代金WEBサービスご加入でさらに1,000円引)

今がチャンス!お得な入会特典
最大12,000円をプレゼント!&抽選で利用額分ポイントプレゼント!

JCBゴールド

日本で唯一のクレジットカードの国際ブランドであるJCBが発行しているゴールドカードが、JCBゴールドです。

100万円以上を2年間利用すれば、実質同じ年会費の負担で持てるJCBザ・プレミアへの招待が届くので、将来的にJCBザ・クラスやJCBプラチナを持ちたい人に人気があります。

年会費 2年目以降10,000円(税別)
家族カード 1枚目無料、2枚目以降1,000円(税別)
付帯サービス
  • 海外旅行保険最高1億円(5,000万円までは自動付帯
  • ゴールド会員専用デスク
  • 空港ラウンジ(国内主要空港とダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル))
  • グルメ優待サービス

将来的にJCBザ・クラスを使いたい人に特におすすめのゴールドカードです。

JCBゴールド

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料※1 10,000円(税別) 0.3%~1.25% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日※2 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

今がチャンス!お得な入会特典
\新規入会限定/Amazon.co.jp利用でポイント最大8倍!

MUFGカードゴールド

銀行系の三菱UFJフィナンシャルグループが発行しているゴールドカードなのに年会費が低いことで知られています。ラウンジを使えるので、ラウンジの利用を目的にゴールドカードを持ちたい人におすすめです。

年会費 初年度無料
2年目以降1,905円(税別)
家族カード 1枚目無料、2枚目以降400円(税別)
付帯サービス
    • 空港ラウンジ(国内主要空港とダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル))
    • 旅行保険最高2,000万円補償(海外:自動付帯、国内:利用付帯)
    • スーパー普通預金(メインバンク プラス)とあわせて利用すると三菱東京UFJ銀行や提携コンビニATM利用手数料無料などの優遇をうけられる

三菱東京UFJ銀行のサービスも充実しているので、三菱東京UFJ銀行をメインバンクとして使っている人に特におすすめです。

MUFGカード ゴールド

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ) Smartplus(スマートプラス)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,905円(税別) 0.3%~1.1% グローバルポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 200万円 1.0% 無料

楽天ゴールドカード

楽天市場の発行しているゴールドカードで、年会費の負担が少ないのにラウンジが使えるのが特徴です。年会費無料の楽天カードは楽天市場の利用時のポイント還元率が3%ですが、楽天ゴールドカードは5%なので、楽天市場を頻繁に使う人に特にメリットがあります。

年会費 初年度無料
2年目以降2,000円(税別)
家族カード 1枚目無料、2枚目以降500円(税別)
付帯サービス
    • 空港ラウンジ(国内主要空港、ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川国際)
    • 楽天市場でのポイント優遇
    • 海外旅行保険最高2,000万円補償利用付帯
    • ネット不正あんしん制度

ラウンジを使いたい人や、楽天市場での利用頻度が高い人にとてもメリットが大きいゴールドカードです。

楽天ゴールドカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 公式サイト参照 無料

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド

年会費が安いことで注目を集めているゴールドカードの一つに、オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドがあります。

ラウンジは使えないですが、ポイントや保険などショッピング関連の付帯サービスが充実しているので、ショッピング利用が多い人に人気があります。

年会費 初年度無料
2年目以降1,805円(税別)
家族カード 3枚まで無料
付帯サービス
    • 海外旅行保険最高2,000万円補償利用付帯(家族カードにも適用)
    • 入会後6カ月間はポイント還元率が2.0%、通常1.0%
    • オリコモール経由でのネットショッピングでさらにポイント優遇
    • 国内外の宿泊施設や飲食店などを優待価格で利用できる

家族カードが3枚まで無料なのは他のゴールドカードにないメリットです。家族で使ってポイントを貯めたい人や、年会費1,950円の負担で家族分の旅行保険をカバーしたい人におすすめです。

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
1,805円(税別) 1,805円(税別) 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万円〜300万円 0.6% 無料

この章では、ゴールドカードをステータスの高い順にご紹介してきました。

充実したサービスやステータスを求めるのであれば、年会費1万円以上のカードは内容が充実していますが、一部のサービスのみあれば十分な場合は、年会費2千円前後のゴールドカードでも十分です。

次の章では、ゴールドカードのステータスが現れる場面をご紹介していきます。

ゴールドカードのステータスはこんな場面で表れる

機内でゴールドカードを持つ男性

ゴールドカードのステータスは、下記のような場合に表れます。

  • 空港のラウンジを使える
  • ホテルのチェックインなど

それぞれを詳しく見ていきましょう。

空港のラウンジを利用可能

ほとんどのゴールドカードは、国内を中心に空港のラウンジを利用できます。ゴールドカードを見せれば利用手数料は無料なので、あわただしい空港のロビーと離れた空間でゆったり過ごすことができます。

ゴールドカードの種類によって使えるラウンジは異なります。例えば楽天ゴールドカードの場合、国内主要空港、仁川、ダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジを利用できます。

どのラウンジが使えるかは、カード会社によって多少異なります。ゴールドカードを見せることでラウンジを利用でき空港の待ち時間を快適に過ごせる時、ゴールドカードのステータスを実感できます。

ホテルのチェックインなどでもしかしたら待遇が変わるかも?

ゴールドカードを持っていることで、ホテルへのチェックイン時に待遇が変わる場合もあります。

海外のホテルに泊まる時、場合によってはデポジットとしてクレジットカードが必要になることもあります。その時にゴールドカードを提示すると、お部屋のアップグレードなどの優遇をうけられることがあります。

アップグレードの理由としては、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのように、カードの付帯特典として特定のホテルでのアップグレードサービスが付いているものもあれば、ホテルスタッフの裁量でアップグレードされる場合もあります。

このように、チェックインでゴールドカードを提示することで待遇がよくなると、ゴールドカードのステータスを実感できます。

この章では、ゴールドカードのステータスが表れる場面をご紹介してきました。ステータスを感じられる場面は、日常を離れた高額なショッピングや旅に関わる場面が多いようです。

次の章では、ゴールドカードのステータス以外のメリットをご紹介していきます。

ゴールドカードのメリットはステータスだけではない

ゴールドカードを持つ女性

ゴールドカードには、ステータス以外にも下記のようなメリットがあります。

メリット
  • 旅行保険などの付帯特典
  • 割引やボーナスポイント

具体的にどのような内容なのかを見ていきましょう。

旅行保険などの特典

ほとんどのゴールドカードには、旅行保険などの特典が付いています。特典の内容はカードの種類によって異なります。

例えば、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの付帯サービスは旅行保険以外に空港ラウンジの利用権・海外旅行時の空港手荷物無料宅配サービス・キャンセル補償などがあります。

このように、持っているだけで特典が利用できるのはゴールドカードならではのメリットです。

割引優待やボーナスポイントなど、各カード確認を

ゴールドカードを持っていると、ホテルやツアー・レストランなどでの割引優待をうけられたり、提携店で利用する時ボーナスポイントが付いたりします。

どのような優待があるかはカードの種類によって異なります。例えば三井住友ゴールドカードでは、一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」を通常よりさらに3,000円割引になるなどの優待があります。

ゴールドカードを持っていることで割引優待やボーナスポイントなどをもらえるので、メリットを活用するためにもチェックしておきましょう。

このように、ゴールドカードを持っていることで、ステータス以外にも旅行保険などの付帯特典、割引やボーナスポイントなどの優待があります。次の章では、ゴールドカードの審査基準について解説していきます。

ゴールドカードの審査基準

3枚のゴールドカードと鍵

ゴールドカードの審査基準には下記のような項目があります。

  • 仕事関連の情報(年収・職業・勤続年数など)
  • 個人の属性(年齢・住居など)
  • クレジットヒストリー(個人信用情報)

どのように審査に関わるのかを、詳しく見ていきましょう。

年収・職業・勤続年数など仕事関連の情報

年収・職業・勤続年数など仕事関連の情報は、ゴールドカードの審査において重要です。安定継続した収入があるかどうかは、支払い能力に大きく関わることだからです。

職業であれば、会社員・公務員・自営業などが審査に有利ですが、配偶者に収入のある専業主婦・主夫や世帯主に収入がある学生、年金や不動産所得がある人も申込可能な場合があります。

支払い能力に直接関係がある仕事関連の情報は、審査基準の中でも重要な項目です。

年齢・住居など仕事以外の情報

仕事以外の情報では、年齢・住居なども審査に関わりがあります。カード会社によって、審査に用いる項目は多少異なります。

特に、どのカード会社でも申込時に申告が必要な

  • 年齢
  • 持ち家か賃貸か
  • ローンの有無

などは支払い能力があるかどうかを判断するうえで特に重要です。

このような年齢・住居などに関わる項目はゴールドカードの審査において重要なので、正しく申告しましょう。

クレジットヒストリー(個人信用情報)

個人のクレジットヒストリーもゴールドカードの審査のうえで重要です。

ゴールドカードを作る人には、これまでクレジットカードを持ったことがある人も多いことから、ゴールドカードを手にするまでのクレジットヒストリーが審査のうえで重要です。

特に、延滞や滞納、自己破産などの金融事故があるとゴールドカードの審査には通らないこともあります。

クレジットヒストリーは一般のクレジットカードを作るより大きく関わってきます。クレジットヒストリーがきれいな方が審査には有利です。

このように、ゴールドカードの審査基準には、仕事関連の情報や個人の属性、クレジットヒストリーなどが関わってきます。自分が審査に通過できそうかどうか考えたい時は、判断基準にするといいでしょう。

まとめ

今回の記事では、ゴールドカードのステータスについて解説してきました。ゴールドカードのステータスはホテルや空港・ショッピングなど、日常を離れた場面で感じられることが多いです。

ゴールドカードを持つメリットはステータスだけでなく、旅行保険などの付帯特典や割引優待などをうけられることにもあります。

一般のクレジットカードと比べるとゴールドカードは審査が厳しい傾向にありますが、審査基準には、

  • 仕事関連の情報
  • 個人の属性
  • クレジットヒストリー

などが特に重要です。

ゴールドカードのステータスはどのようなものなのか、理解できましたか?

今回の記事を読んで、自身がどのゴールドカードを選ぶべきなのかの判断材料にしてみてください。

おすすめのゴールドカードを紹介している記事もあるので参考にしてみてください。

2020.10.05

おすすめのゴールドカード5枚を比較!専門家がカード選びのポイントを解説

おすすめのゴールドカード5枚!専門家によるカード選びのポイントも紹介:2020年最新版

【当サイトは、ご自身に最適なゴールドカードを探すお手伝いをします。】金色で目を引くデザインのゴールドカードは持っているだけでかっこいいもの。そ…

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ