スタバはスターバックスカードで支払うのがお得!チャージにおすすめのクレジットカードや使い方を解説

「スタバ」の愛称で親しまれているスターバックスコーヒーはクレジットカード決済に対応しています。スタバでは基本的にサインレスで決済可能なので、現金払いよりもスムーズに支払いを済ませることが可能です。

またクレジットカードは利用額に応じてポイントやマイルを貯められるのでお得でもあります。 しかしスタバではクレジットカードよりもお得な支払方法が存在します。それは独自のプリペイドカード「スターバックスカード」です。

スターバックスカードはチャージ式のスタバ専用プリペイドカードです。あらかじめ現金やクレジットカードなどからチャージしておくことで、コーヒーなどの支払いに使えるようになります。

スマートフォン用のアプリはおサイフケータイとしてかざして決済するだけでなく、バーコード決済にも対応しているので、おサイフケータイに対応していないiPhoneでも利用可能です。

ここではスターバックスカードの活用方法と、組み合わせて使うとお得なクレジットカードについて解説します。

スタバの支払方法について

クレジットカードとスマホ

まずはスタバが対応している支払方法から、確認しましょう。

クレジットカード

スタバは全店舗がクレジットカード決済に対応しています。 VISAやMastercard、JCBといった国際ブランドが搭載されているクレジットカードなら、基本的に大丈夫です。

しかしスタバでは、クレジットカードよりも スターバックスカードで支払うほうがお得です。

スターバックスカード

スターバックスカードはスタバ専用のプリペイドカードです。おサイフケータイ用のアプリも提供されており、電子マネーとも言えます。

実はスターバックスカードで支払ってもポイントが貯まるなどの特典はありません。しかし、 スターバックスカードのチャージでポイントがたくさん貯まるクレジットカードがあるのです。

つまりスターバックスカードは、 対象のクレジットカードとセットで使うことによってその真価を発揮します。

スターバックスカードの入手方法

スターバックスカードは全国のスターバックス店舗で入手することが可能です。 レジで店員さんにスターバックスカードが欲しい旨を伝えれば、手続きなしですぐに発行してくれます。

またチャージしたその日から、すぐに利用することが可能です。

モバイルスターバックスカードについて

クレジットカードで支払う

おサイフケータイに対応している携帯電話をお持ちの方は、モバイルスターバックスカードを利用できます。

モバイルスターバックスを設定すれば、プラスチックカードを発行してもらわなくてもスターバックスカードが使えるようになるのでおすすめです。

おサイフケータイで支払える

おサイフケータイに対応している機種に公式アプリをインストールしてモバイルスターバックスカードを設定すると、レジカウンターに設置されている読み取り機にかざすだけで決済が可能です。

小銭やカードを店員さんと受け渡しする必要がないので、非常にスムーズに決済が完了します。 ところでスマートフォンのアプリによる支払方法はもう1つあります。

アプリ自体はすべてのスマホで利用可能

モバイルスターバックスカードは、スマートフォンの画面に表示したバーコードを読み取ってもらうことでも決済が可能です。

バーコードを表示するだけなので、おサイフケータイに対応していないiPhoneやSIMフリースマートフォンなどでも利用できます。しかも同一アカウントでログインすれば、複数の端末で同時に利用することも可能です。

ただしモバイルスターバックスカードを発行するためにはおサイフケータイに対応している端末が必要になります。

対応端末を持っていない場合はプラスチックカードを発行して、そのカード情報をアプリに登録することでバーコード決済が可能になるので注意してください。

スターバックスカードのチャージ方法

カフェのカウンター

スターバックスカードのチャージ(入金)方法は、いくつかあります。

スタバ店頭のレジ

店頭のレジでは1,000円以上、1円単位でチャージすることが可能です。 しかしスターバックスカードは、現金でチャージしても大したメリットがありません。

WEBのマイページやアプリ

クレジットカードからチャージするためには、My Starbucksに登録するする必要があります。 My Starbucksは無料の会員サービスです。

登録すると新商品の情報が届いたり、お得な会員限定サービスを利用できるようになります。 My Starbucksのマイページにアクセスすると、最大2枚のクレジットカード情報を登録することが可能です。

登録後はマイページにアクセスしなくても、アプリから簡単な操作でチャージが可能になります。またオートチャージの設定も可能です。

チャージ金額に応じてクーポンが貰えることも

スターバックス自体がポイントシステムなどを用意していないので、現金でチャージしたスターバックスカードで支払ってもまったく得しません。

しかしまったくメリットがないわけでもなく、 定期的に5,000円チャージするごとにドリンクの引換券が貰えるキャンペーンなどが行われることがあります。

何かとメリットがあるので、スタバを定期的に利用するならぜひスターバックカードや公式アプリを利用することをおすすめします。

便利でお得な公式アプリの利用をおすすめ

スマホを触る女性

おサイフケータイに対応している端末を持っている方もそうでない方でも、スターバックス公式アプリを利用すると、スターバックスカードの管理が簡単になるのでおすすめです。

アプリで利用できるサービスには、下記のようなものがあります。

  • モバイルスターバックスカードの発行、スターバックスカードの登録
  • 登録済みスターバックスカードの残高確認
  • 登録済みクレジットカードからスターバックスカードのチャージ
  • おサイフケータイやバーコード表示で決済

あらかじめ必要な登録作業を済ませておけば、スタバではスマートフォンさえあればお得に支払うことが可能になります。今まで現金で支払っていた方や、プラスチックのスターバックスカードを使っていたという方も、ぜひスマートフォンのアプリを使ってみてください。

クレジットカードからチャージすればお得ですし、とにかく便利ですよ。 それでは次に、スターバックスカードのチャージがお得なクレジットカードを紹介します。

スターバックスカードのチャージがお得なクレジットカード

カフェの会計

スターバックスカードのチャージでポイントやマイルをお得に貯められるクレジットカードはいくつかあります。 それぞれ特徴があるので。自分にぴったりのクレジットカードを選んでお得にチャージしましょう。

dカード

dカードはNTTドコモが発行しているクレジットカードです。ドコモと言えば携帯電話会社ですが、dカードはauやソフトバンクのユーザーでも作ることができます。

dカードのポイント還元率は1%です。年会費は初年度無料、2年目以降は1,250円+税ですが、前年に1回以上利用していれば2年目以降も無料になります。

実は スタバはdカードの特約店なので通常付与されるdポイントとは別で、チャージ金額100円ごとに3ポイントが付与されます。つまり ポイント還元率は4%です。

スタバ以外ではローソンやマクドナルドで利用すると5%が還元されて非常にお得なクレジットカードです。ドコモユーザーでなくても作れますし、1番おすすめのクレジットカードです。

au WALLET クレジットカード

au WALLET クレジットカードは名前の通り、KDDIが発行しているクレジットカードです。dカードとは異なり、auユーザーのみが持てます。

通常のポイント還元率は1%。auのサービスを契約している方は年会費無料です。auを解約したり、au IDが無効になった場合は1,250円+税がかかります。 スタバはau WALLETの ポイントアップ店なので、au WALLET クレジットカードでチャージすると特約店ポイントが貯まります。

通常ポイントと特約店ポイントを合わせると、 還元率はdカードと同じ4%です。 しかしauユーザーなら、au WALLET クレジットカードよりもお得なカードがあります。それはau WALLET プリペイドカードです。

au WALLET プリペイドカード

au WALLET プリペイドカードはMastercard加盟店で利用可能なプリペイドカードです。厳密にはクレジットカードではありませんが、国際ブランドが搭載されているのでクレジットカードと同じように使うことができます。

またクレジットカードとは異なり年会費などの費用は一切かかりません。 こちらもau WALLETなのでスターバックスカードのチャージで、 特約店ポイントが貯まります。

ただしクレジットカードよりも付与されるポイントは少なく、200円ごとに7ポイント、つまり 3.5%しか還元されません。

しかしスターバックスカードがクレジットカードからチャージ可能であるように、au WALLET プリペイドカードも、他の高還元のクレジットカードからチャージすることが可能です。

またチャージでポイントを貯められるのも同じです。au WALLET プリペイドカードはポイント二重取りによって最大で5%還元となります。

DCカード ジザイルとの併用で最大5%還元

au WALLEY プリペイドカードのチャージでポイントを貯められクレジットカードはいろいろありますが、もっともお得なのはDCカード Jizile(ジザイル)です。

DCカード ジザイルは年会費永年無料、また月間利用総額1,000円につき3ポイントが付与されます。このポイントは1ポイントで4~5円相当の電子マネーや他社ポイントに交換することが可能なので、 ポイント還元率は1.5%と見ることができます。

したがって 3.5%と1.5%のポイント二重取りで、最大5%となります。au WALLET クレジットカードよりも1%もお得なのですね。

DCカード ジザイルなどのクレジットカードがさらに必要になってしまいますが、auユーザーならau WALLET プリペイドカードを利用して、ポイント二重取りするのが1番おすすめです。

DCカード Jizile(ジザイル)

Thumbnail dc jizile

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ) nanaco(ナナコ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.2~1.5% DCハッピープレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
3週間程度 100万円 無料
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

エポスカード

エポスカードは年会費永年無料、ポイント還元率は0.5%です。 通常のポイント還元率は低めですが、エポスカードはスターバックスカードの チャージでポイント付与率がアップするキャンペーンを不定期で開催しています。

過去の例ではエポスカードなら10倍、エポスゴールドカードやエポスプラチナカードは15倍のエポスポイントが付与されました。年会費がかかるゴールドカードやプラチナカードは例外としても、単独で5%も還元されるエポスカードは非常にお得です。

ただし常にキャンペーンが行われているわけではありません。スターバックスカードのチャージだけが目的なら、dカードのほうが使いやすいのではないでしょうか。

エポスカード自体に魅力がないわけではなく、対象のレストランやレジャー施設で提示すると10%以上の割引が受けられるなど、様々な特典が付帯されています。

スタバ以外でも恩恵を受けられそうなら、サブとして持っておくと良いかもしれませんね。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC

ANAカード

スタバはANAカードの マイル特約店でもあります。 ANAカードでチャージすると、通常貯まるポイントやマイルとは別で、100円ごとに1マイルが貯まります。

例えばANA VISAカードなら普通に貯められるマイルと合わせて 100円ごとに2マイル貯められるということになります。 ANAマイルを貯めたい方はANAカードからスターバックスカードへチャージしましょう。

ANA VISAカード 一般

Thumbnail ana visa normal

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 1% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

まとめ

スタバはクレジットカード決済に対応していますが、もっともおすすめの支払方法はスターバックスカードです。

対象のクレジットカードからスターバックカードをチャージすると、特約店ポイントなどが貯まって最大で5%もお得になります。

またおサイフケータイに対応しているスマートフォンを持っている方もそうでない方も、チャージから支払いまで可能な公式アプリの利用がおすすめです。

この記事を書いた著者::GARNET

スマートフォンや格安SIMなどの話題が好きなブロガーです。 自分にとってベストなクレジットカードを模索中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事