おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)はポイントも付帯サービスも充実

ノートパソコン前で財布からカードを取り出す女性

海外旅行や出張に行くと、現金でもクレジットカードでも、現地通貨への交換手数料や為替手数料がかかってしまいます。

そんな人におすすめなのが11種類の通貨に対応しているSony Bank WALLET(Visaデビットカード)(以下、Sony Bank WALLET)です。

外貨預金を旅行先で引き出せたら便利だなとお思いではありませんか。

くれじい

この記事では、Sony Bank WALLETの概要を解説していきます。

ぜひ最後まで読んでいただき、Sony Bank WALLETのメリットを知り、実際に手にしてみてください。

Sony Bank WALLETとは

Sony Bank WALLETとは、ソニー銀行が発行するデビットカードです。

この章では、Sony Bank WALLETについて紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

Sony Bank WALLETは年会費無料

Sony Bank WALLETは、Visaデビットカード機能を搭載した、SONY銀行のキャッシュカードです。

親権者の同意がある未成年でも15歳以上なら作成できます。

個人の銀行口座のためのクレジットカードなので、家族カードはありません

ただしキャッシュカードは同居の親族であればファミリーカードを最大9枚まで作成できますが、1枚につき発行手数料1,000円(税別)が必要です。

一般的なキャッシュカードと同じように、年会費無料かつ1枚のみの発行となっています。

対象通貨が11種類

Sony Bank WALLETは外貨に対応しています。

外貨預金としての引き出しや、海外で円預金を現地通貨としての引き出しが可能です。

円以外に対応している通貨は下記の10種類があります。

  1. 米ドル
  2. ユーロ
  3. 英ポンド
  4. 豪ドル
  5. NZドル
  6. カナダドル
  7. スイスフラン
  8. 香港ドル
  9. 南アランド
  10. スウェーデンクローナ

たくさんの外貨に対応していることで、旅先での利用や資産運用に役立ちます。

Sony Bank WALLETのATM利用手数料

Sony Bank WALLETはコンビニや提携銀行のATMで入出金可能です。

利用内容によって、ATM利用手数料が異なります。 提携ATMとATM利用手数料は下記の通りです。

提携ATM:
セブン銀行、イオン銀行、イーネットATM、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行

手数料
預入 カードローン返済 残高照会 0円
引出 カードローン借入 月4回まで無料
月5回目以降は100円(税別)

一般的なネットバンクに比べて無料利用回数が多く、気軽に活用しやすいです。

デビットカード機能がある

Sony Bank WALLETはVisaデビット機能付きのキャッシュカードなので、VISAカードの加盟店で買い物に使用可能です。

国内だけならず海外でも使用でき、使った代金は円または外貨口座から即時引き落とされます。

デビットカード機能を活用すると、外貨口座にある現金を、海外ATMを使って現地通貨で引き出すことも可能です。

外貨の残高が不足しても円預金口座から自動両替してくれます。

海外でも使えることで両替手数料が抑えられ、海外旅行や出張の際便利です。

ANAとの提携カードもある

Sony Bank WALLETには、ソニー銀行が発行しているカードの他に、ANAが発行しているカードもあります。

どちらも基本的な機能に変わりはありませんが、下記の点が異なるので注意しましょう。

ソニー銀行発行 デビットカード利用分に対して
毎月0.5〜2.0%キャッシュバック
ANA発行 デビットカード利用分1,000円ごとに5マイル付与
ANAマイレージクラブ会員カード機能搭載
外貨、投資信託の残高に応じて毎年最大4,800マイル付与

ANAマイルを貯めている人なら、ANA発行タイプを選ぶとメリットが大きいです。

この章では、Sony Bank WALLETについて紹介してきました。

次の章ではSony Bank WALLETの付帯特典を紹介していきます。

Sony Bank WALLETの付帯特典

Sony Bank WALLETは、クレジットカードと同じような特典が付帯しているキャッシュカードです。

この章ではSony Bank WALLETの付帯特典を紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

キャッシュバック最高2.0%

Sony Bank WALLETのVisaデビット機能を使って国内で買い物した場合の特典は、毎月の利用額に応じたキャッシュバックです。

キャッシュバックは利用額の0.5〜2.0%で、優遇プログラム Club Sのステージによって異なります。

キャッシュバック率
ステージなし 0.5%
シルバー 1.0%
ゴールド 1.5%
プラチナ 2.0%
PlayStation Network、
PlayStation Storeでの利用額
2.0%

優遇プログラム Club Sのステージは、月末の総残高や外貨預金・投資信託の利用状況によって上がっていきます。

寄付、納税、公共料金などの支払いや海外利用はキャッシュバックの対象外となるので注意しましょう。

他行への振込手数料

Sony Bank WALLETを持っていれば、他の銀行への振り込みもできます。

振込手数料は下記の通りです。

振込方法 ソニー銀行宛て 他行宛て
ネットバンク
スマートフォン
モバイルバンキング
0円 月2回0円
3回目以降200円(税別)
三井住友銀行ATM 月4回まで無料、5回目以降100円(税別)

三井住友銀行所定の振込手数料

ATMを使うと費用が発生するので、インターネットやアプリを活用するのがおすすめです。

ショッピング保険

Sony Bank WALLETにはショッピング保険が付帯しています。

補償は年間50万円が限度で、購入日から60日間が補償の対象です。

ただし、自己負担額として1事故あたり5,000円を差し引いた額が補償されます。

キャッシュカードなのにクレジットカードと同じような補償が付くので、高額な買い物も安心です。

ソニーストア優遇

Sony Bank WALLETはSONY銀行のキャッシュカードなので、ソニーのサービスも優遇利用できます。

優遇されるのは下記のサービスです。

  • PlayStation Network、PlayStation Store
  • 2%キャッシュバック
  • ソニーストア
  • 3%OFF

SONY製品やプレステの製品などの身近なアイテムを割引購入できるのは、家電やゲームが好きな人なら助かります。

その他の付帯サービス

Sony Bank WALLETには他にも付帯サービスがあります。

代表的な付帯サービスは下記の通りです。

  • エクスペディア特別優待などのVisa優待特典
  • アート引越センター割引利用
  • Hulu 無料トライアル1カ月無料
  • ハーツレンタカー最大20%OFF
  • トラベレックス優遇レートで両替

日常生活や旅行で使えるサービスばかりなので、活用しやすいのが魅力です。

この章ではSony Bank WALLETの付帯特典を紹介してきました。

次の章では、Sony Bank WALLETのメリットを紹介していきます。

Sony Bank WALLETの5つのメリット

Sony Bank WALLETには持っておくことでさまざまなメリットがあります。

この章では、Sony Bank WALLETのメリットを紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

使ったお金がすぐに口座から引き落とされるからわかりやすい

Sony Bank WALLETには「VISA」のロゴが入っていますが、クレジットカードではなくデビットカードです。

使った額がソニー銀行の口座から即時引落されます。

クレジットカードでいくら使ったのかわからなくなってしまう人でも、管理しやすいです。

使った額がすぐに銀行口座から引かれるので、家計管理が簡単にできます。

利用できる通貨の種類が多い

一般的なデビットカードは、使える通貨は円のみです。

Sony Bank WALLETの場合、円を含めて11種類の通貨に対応しています。

貯めておいた通貨を現地で引き出すと、両替手数料がかかりません

さまざまな通貨を貯めて活用できるのは、Sony Bank WALLETならではのメリットです。

クレジットカードのポイント並みのキャッシュバックがある

Sony Bank WALLETはデビットカードとして世界中のVISA加盟店で買い物に使えます。

毎月の利用額に応じてキャッシュバックされ、実質的な割引と同じです。

キャッシュバック率は最低でも0.5%なので、一般的なクレジットカードのポイント付与率と変わりません

クレジットカードのポイントと変わらない率でキャッシュバックされることで、節約につながります。

海外事務手数料が無料

外貨普通預金口座に対象通貨の残高がある場合で、対象国にあるVISA加盟店で支払いに利用すると、利用額は外貨普通預金口座から引き落とされます

事務手数料や為替手数料は発生しません。

ただし、海外ATMで現金を引き出す場合には事務処理経費やATM利用手数料が発生する点には注意しておきましょう。

また、海外通貨の残高が不足したら円普通預金口座からの引き落としとなり、ソニー銀行為替コストが発生します。

出張や旅行で海外に訪れる機会があるなら、メリットが大きいです。

ATM利用手数料無料回数が多い

Sony Bank WALLETで現金を引き出す場合最低でも毎月4回までATM利用手数料が無料です。

他のネットバンクより無料利用回数が多く、気軽にATMを活用できます。

例えば楽天銀行は最高で月7回までATMを無料利用できるものの、基本は0回です。

預入残高や取引内容にかかわらず、無料利用できる回数が多く、現金が必要になっても気兼ねなく引き出せ、メインバンクとして活用しやすいでしょう。

この章では、Sony Bank WALLETのメリットを紹介してきました。

次の章ではあらかじめ押さえておきたいデメリットを紹介していきます。

Sony Bank WALLETの2つのデメリット

さまざまなメリットがあるSony Bank WALLETですが、いくつか気を付けておきたい点もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

この章では、Sony Bank WALLETのデメリットを紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

VISA加盟店でも使えない店もある

Sony Bank WALLETは、国内外のVISA加盟店で基本的には使用可能です。

しかし、一部の加盟店では使えないこともあるので注意しておきましょう。

非対応の加盟店は下記の通りです。

  • ガソリンスタンド
  • hi-hoなど一部プロバイダ
  • J:COMなど一部ケーブルテレビ
  • 有料道路
  • Y! Mobileなど一部通信会社
  • エックスサーバーなど一部webサービス など

月額サービスの利用料支払など毎月発生する費用に使えない場合もあり、不便です。

預金残高に左右される

Sony Bank WALLETをVISA加盟店で支払いに使うと、利用代金は円普通預金口座からすぐに引き落とされます。

1日の利用限度額が設定されているので、使いすぎる心配もすくないです。

しかし、普通預金残高が不足していると、利用できません

預金残高の範囲内で使えるカードなので、給料日前など残高が不足しがちな時期には不便です。

この章では、Sony Bank WALLETのデメリットを紹介してきました。

次の章では、Sony Bank WALLETはどんな人なら使いやすいのかを紹介していきます。

Sony Bank WALLETはこんな人におすすめ

Sony Bank WALLETにはクレジットカードとは異なるさまざまな特徴があり、使い方によってはメリットにもデメリットにもなることがあるカードです。

ここまで紹介してきたメリット・デメリットを踏まえて、Sony Bank WALLETはどんな人にならおすすめできるのかを紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

海外に行く機会がある人

Sony Bank WALLETは、外貨普通預金口座への預入可能です。

海外でのSony Bank WALLETを使った支払い対象の外貨普通預金口座からの引き落としとなり、為替手数料はかかりません。

海外旅行で必要となる両替手数料やクレジットカードの為替手数料などのコストを抑えられます。

海外に行く機会がある人なら申し込んでおき、コツコツ外貨預金をしておくと便利です。

外貨預金したい人

Sony Bank WALLETはソニー銀行のキャッシュカードなので、持っておくとソニー銀行のさまざまなサービスを活用できます。

外貨普通預金だけでなく外貨定期預金にも対応しており、さまざまな通貨での預金が可能です。

外貨預金に対応しているのは、全12通貨あります。

日本の普通預金より金利が高い預金も多く、外貨預金で資産運用したい人におすすめです。

ANAマイルを貯めたい人

Sony Bank WALLETには、ANAマイレージクラブ機能が搭載されているタイプもあります。

キャッシュバックがない代わりに毎月の支払利用額に応じてANAマイルが付与されるのが最大の違いです。

外貨、投資信託の残高に応じてもらえるANAマイルもあります

買い物や資産運用でANAマイルがたまるので、ANAマイルを貯めたい人にメリットが大きいです。

この章では、Sony Bank WALLETはどんな人にならおすすめできるのかを紹介してきました。

自分にメリットがあると判断したなら、ぜひ検討してみてください。

まとめ

Sony Bank WALLETは、Visaデビットカード機能が搭載された、ソニー銀行のキャッシュカードです。

日本円も外貨も貯められ海外での買い物の引き落としに使えることから、旅行や出張で海外に行く機会があるならメリットがあります。

また、クレジットカードのような付帯サービスが付いていたり、ANAマイレージカード機能搭載タイプがあったりなど、クレジットカードと同じような機能を活用できる点もおすすめのポイントです。

Sony Bank WALLETは無料で持てるカード。

くれじい

この記事で紹介してきた特徴をよく検討して、少しでも興味があったなら、試しに使ってみるのもいいでしょう。

2020.10.14

クレジットカードを徹底比較!クレジットカード・キャッシュレスの情報メディア|ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

クレジットカード・キャッシュレスの情報メディア「ナビクレ」では、様々な切り口からクレジットカードを徹底比較!ポイント還元率・年会費・発行スピード・…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

スポンサーリンク

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

スポンサーリンク
ページトップ