ソフトバンクの料金はソフトバンクカードで支払うのが得?メリット・デメリットについて解説

タブレットを片手にカードを持つ人

ソフトバンクが発行しているソフトバンクカードは、プリペイドカードなので審査が不要で、Tポイントが貯まるカードです。

発行元のソフトバンクは日本のIT大手企業で、携帯電話やインターネット、Yahoo!ショッピング、ヤフオクなど、日常生活にかかわりのあるいくつかのサービスを提供しています。

そんなソフトバンクカードの特徴や、どのような付帯サービスがあるのかについて知りたくありませんか?

今回の記事では、ソフトバンクカードの概要やメリット・デメリットについて解説していきます。

ソフトバンクカードのメリットやデメリットを知ることで、自分が入会するべきかどうかが判断できるようになります。

ソフトバンクカードの特徴

白い柴犬

ソフトバンクカードは、ソフトバンクが発行しているプリペイド式カードです。

ソフトバンクの携帯電話を持っている人であればソフトバンクの店頭で申し込み可能です。未成年は親権者の同意書が必要ですが、12歳以上であれば申し込むことができます

基本的には事前にチャージした金額を利用することができますが、申込をすることでクレジットカードとしても利用可能です。そんなソフトバンクカードの特徴をご紹介していきます。

VISAブランドのプリペイドカード

ソフトバンクカードは、VISAブランドのプリペイドカードなので、クレジットカードと同じようにVISA加盟店で利用可能です。

支払い回数は1回払いのみで、あらかじめチャージしておいたバリューの範囲内で利用可能です。

銀行経由でチャージしたバリューに限り、海外ATMのキャッシングでも利用可能なので、海外留学中のお子様の生活資金口座としてもおすすめです。

このように、ソフトバンクカードはプリペイドカードですが、クレジットカードと同じような使い方が可能です。

入会審査がある

プリペイド式カードの中には審査不要なものもありますが、ソフトバンクカードは審査があります。簡単な審査と言われているので、問題がなければその日のうちに店頭で受け取ることができます。

似たようなカードにドコモが発行しているdカードプリペイドがあります。ドコモユーザーでなくても申込可能なMastercardブランドのプリペイドカードですが、発行までに1週間程度かかります。

ソフトバンクカードのメリットは、審査はあるもののほとんどの場合その日のうちに使えるようになる点です。

年会費は永年無料

ソフトバンクカードの年会費はずっと無料です。有料の追加機能はないので、ソフトバンクカードを使うことで費用は発生しません。

ポイント還元率は基本0.5%

ソフトバンクカードを使うことによって貯まるTポイントの還元率は、基本的には0.5%ですが、クレジットカード機能を付けると、ポイント付与率が上がることによって、還元率が上がります。

具体的には下記の表のように利用した金額に応じてポイントが貯まります。

プリペイドカード利用 買い物 200円(税込)ごとに1ポイント
クレジット機能を付けた場合
(おまかせチャージ)
買い物 100円(税込)ごとに1ポイント

1ポイントは1円相当なので、ソフトバンクカードの通常ポイント還元率は0.5%ですが、クレジットカード機能を付けると1.0%になります。

Yahoo!ショッピングのポイント付与率がアップ

Yahoo!ショッピングでの支払いをソフトバンクカードで行うことで、ポイント付与率が上がります。

スマートログインと合わせて最大5%アップ

ソフトバンクのスマホを使っている人であれば、Yahoo!ショッピングのスマートログインのボーナスポイントで+5倍のポイントをもらえます。例えば1,000円利用の場合、下記のようなポイントがもらえます。

  • 通常獲得ポイント 0.5%
  • ソフトバンクカードのクレジット機能で決済することで 1.5%に
  • Yahoo!ショッピングのポイントアップで +1.0%
  • スマートログインの利用で +2.5%

普段のお買い物でプリペイドカードを利用すると0.5%のポイント付与率が、Yahoo!ショッピングをスマートログインを使ってログインしてクレジット決済すると5.5%になり、通常獲得ポイントと比較すると5%アップします。

このように、ソフトバンクのスマートログインやクレジット機能と併用すると、さらにポイント付与率が上がるのでお得にYahoo!ショッピングを利用できます。

TカードとしてTポイントを使える

ソフトバンクカードはTカードとして使えるので、Tポイントを貯めたり使ったりすることが可能です。

TポイントはYahoo!ショッピングの他に

  • ファミリーマート
  • TSUTAYA
  • マルエツ
  • ガスト

など、日本全国たくさんの提携店で使うことができます。

すでにTカードを持っている場合も合算が可能なので、Tカード機能が付いたクレジットカードを複数持っていても、使う店で有利なものを使い分けることも可能です。

ソフトバンクまとめて支払いチャージならポイント二重取りが可能

ソフトバンクカードへ「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」でチャージを行うことでポイントの二重取りが可能な場合があります。

どのような仕組みで二重取りが可能になるのかをご説明します。

チャージ料金を携帯料金と合算して支払える

ソフトバンクまとめて支払いチャージを利用したソフトバンクカードへのチャージ料金は、携帯料金と合算しての支払いとなります。

ただし請求書払いの人など、利用できない場合もあります。

まとめ払いができることで、チャージごとに支払いをする手間が省略されるので便利です。

携帯料金の支払方法がクレジットカードならポイント二重取りが可能

ソフトバンクまとめて支払いチャージの支払いに利用した携帯料金をクレジットカード払いにすると、

  • ショッピングでの付与ポイント
  • クレジットカードの毎月の決済額に応じたポイント

が付与されます。

ポイント付与率は使用するクレジットカードによって異なりますが、口座振替で支払うより、たくさんポイントがもらえるのでお得です。

おまかせチャージを申し込むとクレジットカードとしても使える

ソフトバンクカードで、おまかせチャージを申し込むと、クレジットカードとして利用できます。

ポイント還元率や審査などの内容でプリペイド機能と少し内容が異なり、高校生を除く18歳以上であれば申し込み可能です。

クレジットカードとして使うための機能

おまかせチャージとは、ソフトバンクカードにクレジット機能を付けるものです。

設定することで、事前チャージなく自動的に必要な金額がチャージされるようになり、チャージの手間が省略できるようになります。

ポイント還元率は1%にアップ

ソフトバンクカードをプリペイドカードとして使っていた時0.5%だったポイント還元率が、おまかせチャージを設定することで、2倍の1.0%になります。

100円ごとにTポイントが付くので、コンビニで130円のジュースを買った時でもポイントが付与されるなど、細かくポイント付与されるため、プリペイドカードに比べてポイントが付きやすくなります。

申し込み時に審査が行われる

おまかせチャージを設定するときは、ソフトバンク系列のクレジットカードであるワイジェイカードの審査が行われます。

審査に通過するとSMSで結果が届き、後日カードが配送されます。

ソフトバンクの料金の支払いにも使える

おまかせチャージを設定することで、ソフトバンクカードをソフトバンクの料金の支払いにも使えるようになります。

設定することで

  • ショッピング利用100円ごとに1ポイント
  • ソフトバンクの毎月の利用料金 1,000円ごとに5ポイント

このように携帯電話の支払いに関するTポイントが貯まりやすくなります。

ここまで、ソフトバンクカードの特徴を解説してきました。

チャージ機能とクレジット機能があり少し複雑ですが、使い方を工夫すると利便性の高いTポイントをお得に貯められます。次の章では、ソフトバンクカードのメリットを解説していきます。

ソフトバンクカードのメリット

カードを持ちながらスマホを触る女性"

ソフトバンクカードは、基本的にはプリペイドカードなので、使い過ぎを防ぎながら利用することができます。

さらにソフトバンクグループならではのお得な付帯サービスがありますので、ご紹介していきます。

クレジットカードからのチャージでポイント二重取りが可能

ソフトバンクカードへのチャージをクレジットカードで行うことで、ポイントの二重取りが可能です。

直接クレジットカードからチャージはできませんが、ソフトバンクまとめて支払いチャージでチャージを行い、その携帯電話の料金をクレジットカード払いにすることで、ポイントの二重取りが可能です。

  • ソフトバンクカードへのショッピング利用 200円ごとに1ポイント
  • クレジットカードの毎月の利用額に応じて付与されるポイント

この2種類のポイントが付与されるため、ポイントの二重取りが可能になり、クレジットカードで同じようにショッピングをするよりお得になります。

クレジットカードのポイント還元率を0.5%上乗せ

ソフトバンクカードへクレジットカードでチャージすると、クレジットカードのポイントと、ソフトバンクカードのポイントが付与されます。

ソフトバンクカードのポイント還元率は0.5%なので、クレジットカードのポイント還元率に0.5%上乗せされることになります。

おまかせチャージならクレジットカードとして使える

ソフトバンクカードにおまかせチャージを設定すると、クレジットカードとしても使えます。

高校生を除く18歳以上という制限はありますが、用途に応じてプリペイドカードとクレジットカードを選べるので便利です。

ソフトバンクの携帯料金も支払える

おまかせチャージを設定することで、ソフトバンクカードでソフトバンクの携帯電話料金の支払いも可能になります。

ソフトバンクの請求料金とカードの利用料金に対してTポイントが付くので、特にTポイントをメインで貯めたい人にとってメリットが大きいです。

このように、ソフトバンクカードには、クレジットカードを使ってチャージしたりクレジット機能を付けることによって、ポイントが貯まりやすくなるというメリットがあります。

次の章では、デメリットを解説していきますので、メリットと併せてみていきましょう。

ソフトバンクカードのデメリット

困っている男女

ソフトバンクカードはプリペイド・クレジットを選べて便利な反面、チャージやポイントに関して、プリペイドカードならではの不便さがあります。

どのように不便なのかを解説します。

チャージ方法が複雑

ソフトバンクカードは、チャージ方法が何種類かありますが、複雑である点はデメリットです。

  • チャージ方法が複数(携帯料金と合算、銀行経由、Tポイント、おまかせチャージ)
  • チャージ方法によって金額の上限・下限が異なる
  • チャージ方法によって反映される時間が異なる
  • ポイント付与率も様々

このように、かなり複雑でわかりづらいのですが、使い方によってはポイントをたくさんもらえるカードともいえます。

Tポイントでチャージすると目減りする

ソフトバンクカードへのチャージをTポイントで行うことも可能ですが、換算率が良くない点はデメリットです。

Tポイントは、ショッピングで利用すると1ポイント=1円として利用可能ですが、チャージで使うと100ポイント=85円となるため、ポイントとして使うより換算率がよくありません。

ポイントはポイントとして支払って残額をソフトバンクカードで支払うのがおすすめです。

携帯料金の支払いとポイント二重取りの両立は不可能

ソフトバンクカードをプリペイドカード機能で利用する場合、携帯料金の引き落としには利用できないので、ポイントの二重取りができません

クレジット機能を付けた場合のチャージは口座振替なので、チャージと携帯料金支払いでのポイントの二重取りもできません。二重取りが不可能である以上、携帯料金はもっと還元率の高いカードを利用するのがおすすめです。

このように、ソフトバンクカードはソフトバンクの携帯電話がお得になる訳ではありません。Tポイントでのチャージは避けたほうがいいですが、使い方を研究することでTポイントの還元率は上がります。

次の章では、ソフトバンクの料金を支払うのにおすすめのクレジットカードをご紹介します。

ソフトバンクの料金はどのクレジットカードで支払うのがお得?

クレジッとカードを3枚持つ女性

ソフトバンクの料金は、ソフトバンクカードではチャージでのポイントの二重取りが不可能なので、他のカードですることがおすすめです。

P-one Wizなどの高還元率クレジットカードがおすすめ

P-one Wizは、高還元率のカードなので、ソフトバンクの料金を支払うのにおすすめです。

  • 自動1%OFF
  • ポイント還元率0.5%Tポイントに交換可能

結果的に還元率が1.5%になるので、還元率0.5~1.0%のソフトバンクカードよりお得だからです。

ソフトバンクカードはまとめて支払いチャージで使い分けるのがベスト

ソフトバンクカードは、クレジットカード機能を付けるより、プリペイド機能でまとめて支払いチャージを利用するのがおすすめです。高還元率カードのポイントとの二重取りをしたほうがお得だからです。

特にYahoo!ショッピングなどの付帯サービスで利用するとポイント付与率が上がるので、利用シーンによって使い分けるのがいいでしょう。

このように、ソフトバンクカードは、付帯サービスでメリットのある部分に集中して使うのがおすすめです。

まとめ

今回は、ソフトバンクカードについて解説してきました。ポイントをおさらいします。

  • ソフトバンクカードはVISAブランドのプリペイドカードで12歳以上なら申込可能
  • ソフトバンクの携帯電話を持っていれば申し込み可能
  • 18歳以上ならクレジット機能を付けられる
  • 年会費無料
  • ポイント付与率0.5%だがクレジット機能をつけると1.0%
  • Tポイントカード機能あり
  • クレジット機能をつけるとソフトバンクの支払いに利用可能
  • Yahoo!ショッピングをスマートログインで利用するとポイント最大5%アップ
  • ソフトバンクまとめて支払いチャージで支払いを還元率の高いカードにするのが一番お得

このように、ソフトバンクカードは基本的にはプリペイドカードです。

ソフトバンクの支払いは他のカードでしたほうがお得ですが、ソフトバンクユーザーなら無料で持てて付帯サービスも多いので、持っていて損はしないのではないでしょうか。

今回の記事を読んでソフトバンクカードを持つメリットが大きいと判断した人は、是非申し込んでみてください。

パソコンをしながらクレジットカードを持つ女性

2017.09.11

ソフトバンクの料金はどのクレジットカードで支払うのが得?ソフトバンクカードのメリット・デメリットについて解説

ここではソフトバンクが発行しているソフトバンクカードと、ソフトバンクの携帯料金をお得に支払う方法について解説します。現在発行されているソフトバンクカードは厳密にはクレジットカードではなく、VISAプリペイドカードの一種です。以前は4種類の国際ブランドに対応するクレジットカードのSoftBankカードを発行していましたが、現在は新規受付を停止しています。現行のソフトバンクカードではVISA以外の国際ブランドは選べません。またプリペイドカードなので、基本的には事前にチャージした残高分だけ決済が可能です。ソフトバンクカードはau WALLETカードのように支払額の0.5%がTポイントで還元されます。チャージ方法はいろいろあって複雑ですが、ソフトバンクまとめて支払いチャージなら間接的にクレジットカードからチャージしてポイント二重取りが可能です。例えばP-one Wizでチャージですれば合計2%も還元されます。他にもYahoo!ショッピングのポイント付与率がアップするといった特典も付帯されています。そんなソフトバンクカードについて解説します。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    スポンサーリンク

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら