おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

話題のスマホ決済サービスを比較!人気サービスの特徴とお得に併用できるクレジットカード3選

スマホ決済の電子決済の中でメガホンを持つ男性

キャッシュレス決済にはさまざまな選択肢がありますが、中でも利用者が増えているのがスマホ決済です。

最近では新しいスマホ決済サービスが次々に登場しているので
「違いがよくわからない」
「特徴を比較したい」
という方も案外多いのではないでしょうか。

そこで今回は、いま人気のスマホ決済サービスや、スマホ決済でお得に使えるクレジットカードを厳選してご紹介します。ご自身に合うスマホ決済サービスやクレジットカードがあるか、比較しながら検討しましょう。

まず、スマホ決済サービスの全体像を把握しよう

一口にスマホ決済と言っても、そのサービスは多岐にわたります。よく耳にするApple PayやQRコード決済もその一種ですが、スマホ決済の全体像がわからないと各サービスの位置づけも理解できないですよね。

混乱しないためにも、個別のサービスを見ていく前に、まずはスマホ決済サービスの大枠から確認していきましょう。

スマホ決済サービスには2タイプある

スマホ決済サービスは「非接触IC決済」と「QRコード決済」の2タイプに大別されます。どちらもスマホを介して支払うという点では同じですが、どこに違いがあるのでしょうか。

ApplePayやGooglePayに代表される「非接触IC決済」

非接触IC決済は、iOS端末用のApple PayやAndroid端末用のGoogle Payが有名です。

文字どおりスマホを接触させず、店頭の専用読み取り機や駅の改札にかざすだけで支払いを完了できます。

基本的な使い方は、スマホの決済アプリに電子マネーを読み込み、クレジットカード情報を登録するというもの。スマホの機種によってさまざまな電子マネーとの連携が可能です。

おサイフケータイ」もこの一種で、「タッチ式」と呼ばれることもあります。

新規参入業者が増えている「QRコード決済」

QRコード決済は、最近新規参入する業者が増えているタイプです。

大々的にテレビCMを投入していた、Pay PayやLine PayもQRコード決済の一種。スマホ決済アプリを介してスマホにQRコードやバーコードを表示させ、店頭の専用端末で読み取って支払います。場合によっては、お店側に提示されたQRコードをスマホで読み取る場合もあります。

アプリをダウンロードすれば、スマホのOSにかかわらずほとんどの機種で利用できますし、クレジットカードや銀行口座と直接連携させて決済できる利便性の高さも人気のポイントです。

決済方法はサービスによって異なる

スマホ決済サービスを使って「実際にどのように支払うか」という決済方法はサービスによって異なります。

主な決済方法は以下の4パターンです。

  • 電子マネー
  • クレジットカード
  • 銀行口座からの引き落とし
  • 携帯電話料金との合算

それぞれの方法を見ていきましょう。

SuicaやQUICPayなどの電子マネー

電子マネーは、現金の代わりに使える電子的なデータです。駅の改札で交通費の支払いができるSuicaをはじめ、有名どころでは以下のような種類があります。

  • Suica
  • WAON
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICPay

これらはApple PayやGoogle Pay、おサイフケータイで利用でき、買い物などで利用できます。登録できる電子マネーはスマホ決済サービスによって異なります。

なお、上記のうちiDとQUICPayは後払い方式(ポストペイ)。クレジットカードと紐付けて支払います。それ以外は、事前にクレジットカードや現金などで入金(チャージ)が必要な前払い方式(プリペイド)です。 

クレジットカードで後払い

QRコード決済サービスでよく用いられているのが、クレジットカード払いです。電子マネーでは最終的にクレジットカードで引き落とすものもありますが、QRコード決済では、あらかじめアプリにクレカを登録して支払いに利用することが可能です。

登録できるクレジットカードの券種は決済サービスによって違いますすべてのクレカが登録できるわけではないので注意しましょう。

銀行口座からの引き落とし

スマホ決済サービスと提携している銀行口座から、直接引き落とせるものもあります。連携方法はサービスによって異なりますが、銀行口座と紐付けると、オートチャージや口座からの即時引き落としが可能になります。

この支払い方法を選べるスマホ決済サービスは多くないものの、銀行口座と直結できるので使いすぎを防ぐ効果が期待できます。

携帯電話料金との合算払い

毎月の携帯電話料金と合算して支払えるパターンもあります。NTTドコモの「d払い」が代表的です。

対象はドコモの携帯電話ユーザーのみですが、携帯電話代金と、お店での買い物やネット通販の支払いをひとまとめにできるのは便利です。スマホ決済用に、新たにクレジットカードなどを登録する必要もありません。

ここまで、スマホ決済サービスの概要をご説明しました。次章では、人気スマホ決済サービスの特徴をご紹介していきましょう。

どう違う?いま人気のスマホ決済サービスを比較

いま、特に人気のあるスマホ決済サービスを5つピックアップしました。

それぞれの特徴を比較しましょう。なお、決済方法はすべてQRコード決済です。

PayPay

ヤフーとソフトバンクの共同出資により設立されたPayPay。2018年10月にスタートした比較的新しいサービスですが、テレビCMやキャンペーンが話題となり、一気に認知度がアップしました。

あらかじめ銀行口座からチャージした「Pay Pay残高」のほか、Yahoo!マネーとクレジットカードによる支払いが可能です。

なお、連携できるクレジットカードはVISA、MasterCardとに付帯したJCBのみとなっています。

お店での支払いだけではなく、PayPayを使っている人同士でお金をやりとりすることも可能です。携帯電話で手軽に操作でき、食事の割り勘などにも便利。

また、コンビニや家電量販店など幅広いお店で利用できます。

楽天ペイ

楽天が手がけている楽天ペイは、楽天銀行や楽天カードのユーザーにメリットが多い仕様となっています。

楽天カードを登録すれば、ポイントの二重取りや期間限定ポイントを使うことも可能なので、ポイントを効率的に貯めて活用したい方におすすめ。通常200円で1ポイントのところ、楽天カード会員なら100円で1ポイント付与されます。

支払い方法は、登録したクレジットカードによる後払いです。VISA、MasterCardのほか、楽天カードに付帯するJCBとアメックスで支払えます。

LINE Pay

無料通話アプリLINEが提供するのがLINE Payです。家族に送金したり、友達と割り勘したりできる便利機能が大きな特徴。銀行口座を教え合わなくても、LINEを使って手軽にお金をやりとりすることができます。

支払いは、LINE Pay残高にあらかじめチャージする方法です。Origami Pay

スマホ決済サービスの先駆者とも言えるのがOrigami Payです。後払い方式で、銀行口座もしくはクレジットカードをアプリに登録して支払います。銀行口座と連携させれば、ショッピング後にすぐに預金口座から引き落としが完了します。

他のサービスのようにポイント還元はありませんが、利用時にその場で割引してもらえるキャンペーンを随時おこなっています。

また、いち早くスタートしたサービスだけあって、利用できるお店が多いところも魅力です。

LINE PayユーザーならLINEクレカがおすすめ!

Visa LINE Payクレジットカード

年会費
初年度:無料 2年目以降:1,375円(税込)※年1回の利用で無料
ポイント還元率
1~3%
国際ブランド
VISA
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
  • ETC
注目ポイント
  • ラインポイントがおトクに貯まる!
  • 2021年4月迄!3%還元!
  • LINE Pay決済できる!

※正式名称:Visa LINE Payクレジットカード

「Visa LINE Payクレジットカード」の解説はこちら!

2020.09.17

スマホでクレジットカードをかざす女性

LINEにはこの一枚!Visa LINE Payカードを徹底解説!

Visa LINE Payカードを徹底解説!LINEにはこの一枚 2020年4月23日から一般ユーザーの申込み受付を開始したVisa LINE Pay…

d払い

d払いはNTTドコモによるスマホ決済サービスです。前章でも触れましたが、ドコモの携帯電話料金とまとめて支払えるところが大きな特徴です。

d払いでdポイントも貯められるので、ドコモユーザーにお得な仕様となっています。ドコモの携帯電話のユーザーでなくても、「dアカウント」に登録すればd払いを使うことができます。 

2020.11.13

カードを持ちながらスマホを触る女性"

dカードは他社ユーザーでもお得!ドコモのクレジットカードについて特徴やメリットを解説

dカード(旧DCMXカード)はNTTドコモが発行しているクレジットカードです。 ドコモのクレジットカードと聞くとau・ソフトバンクのユーザーには関係な…

一覧表で基本的な特徴をまとめてチェック

では、ご紹介した5種類のスマホ決済サービス(QRコード決済型)の基本情報を一覧表で確認しましょう。

支払い方法 付与ポイントポイント還元 オンライン決済 個人間の
送金
PayPay 前払い:銀行口座からチャージ
後払い:クレジットカード、
Yahoo!マネー
PayPayボーナス0.5%
楽天ペイ 後払い:クレジットカード 楽天ポイント0.5%
LINE Pay 前払い:銀行口座、現金 LINEポイント
0.5〜2.0%
Origami Pay 後払い:クレジットカード、
銀行口座
なし × ×
d払い

後払い:携帯電話料金と合算、クレジットカード

dポイント
0.5%

※ドコモユーザーのみ

PayPayはオンライン決済未対応でしたが、2019年6月から「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」「LOHACO」で使えるようになりました。

なお、スマホ決済サービスのサービス内容は随時更新されていますし、ポイント還元率はキャンペーン時に5〜20%にアップする場合も。最新情報は、公式サイトで随時確認するようにしましょう。

最後の章では、スマホ決済サービスとの連携に便利なおすすめのクレジットカードをご紹介します。

スマホ決済でお得に使えるクレジットカード3選

人気のスマホ決済サービスとの相性が良いクレジットカードを、以下に3枚ピックアップしました。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

楽天カード

同じ楽天ブランドということで、楽天カードは楽天ペイとの連携性が非常に高いです。

通常、楽天ペイのポイントは200円単位で1ポイント(還元率0.5%)貯まりますが、支払いに楽天カードを使えば、100円単位で1ポイントもらえるようになります。つまり、200円で3ポイントとなり、還元率は1.5%にアップします。

<主な特徴>
・ 年会費無料
・ 国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB、アメックスから選択
・ 100円ごとに1ポイント付与
・ 海外旅行傷害保険が付帯
・ ETCカード、家族カードを追加可能

貯めたポイントは楽天市場や楽天トラベルなど幅広いお店・サービスで利用でき、ポイントアップサービスも充実。年会費無料なのにポイントがザクザク貯まるコスパ良好な1枚です。

楽天カード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 500円(税別)

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは、Yahoo!がソフトバンクと共同出資しているPayPayと併用しやすいです。通常、PayPay残高には銀行口座からチャージでき、クレジットカード決済は後払い用となっています。ですが、なら事前チャージにも対応しています。

<主な特徴>
・ 年会費無料
・ 国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBから選択
・ 100円ごとに1ポイント付与
・ Yahoo!ショッピングやLOHACOで利用するとTポイントが100円につき3ポイント付与に 
・ ETCカード、家族カードを追加可能

PayPayと連携できるクレカの国際ブランドはVISAとMasterCardですが、であればJCBでもOKです。

Tポイント加盟店での利用でもポイントが上乗せされるなど、ショッピング利用にお得な仕様となっています。ただし、旅行保険は付帯していないので注意しましょう。

Yahoo! JAPANカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
審査により決定 500円(税別)

ヤフーカードに興味を持った方には、還元率やメリット・デメリットについて紹介した以下の記事もおすすめです。

2020.11.12

インターネットバンキングを使う

ヤフーカードの特徴やメリット・デメリットとは?Yahoo!ショッピングを利用するなら必携のクレジットカード

Yahoo!ショッピングをよく利用する人にとっておすすめなのが、Yahoo!JAPANカード(通称:ヤフーカード、またはYJカード)です。年会費が永年…

2020.10.29

ネットショッピング

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)のポイント還元率を徹底解説!Tポイントが貯まる!

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)はポイント還元率が常に1%と、高還元で人気のカードです。ヤフーカードで貯まるポイントについてやお…

リクルートカード

リクルートカードは年会費無料にしてポイント還元率1.2%と高還元。そのため、クレジットカード払いを選択できるスマホ決済サービスにおすすめです。

一般的な年会費無料カードの還元率は0.5〜1.0%なので、積極的に利用すればポイントをしっかりと貯められるでしょう。

<主な特徴>
・ 年会費無料
・ 国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBから選択
・ 1,000円ごとに12ポイント付与
・ リクルート系のサービスで利用するとポイントアップ(1〜3%)
・ ポイントはPontaポイントに交換可能
・ ETCカード、家族カードを追加可能

「じゃらん」や「ホットペッパービューティー」などのリクルート関連サービスなら最大4.2%還元が実現します。旅行傷害保険も付帯していて、旅行にも便利です。

まとめ

この記事のポイントをおさらいしましょう。

  • スマホ決済サービスは「非接触IC決済」と「QRコード決済」に大別される
  • 最近増えているのは、PayPayや楽天ペイなどのQRコード決済サービス
  • 決済方法は主に電子マネーのほか、クレジットカード払い、銀行口座からの引き落とし、携帯電話料金との合算払いが利用可能
  • 前払い・後払いなどの支払い方法は決済サービスによって異なる

今回は主要な5種類のスマホ決済サービスをご紹介しましたが、サービスは他にも色々あります。決済方法やポイント還元などのスペックはサービスごとに異なるため、特徴を比較しながらご自身に合うサービスを選びましょう。

監修者紹介/クレジットカード専門家 菊地崇仁
【監修者】クレジットカード専門家 菊地崇仁

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 57枚のクレジットカードを保有し、約120万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年8月~2020年9月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ