クレジットカードの審査が通らない理由と再審査を通過するための秘訣

困った顔でパソコンを見る男性

クレジットカードを作ろうと意気揚々と申し込んだのに、審査に落ちてしまった……。このような「審査に通らない」という経験をした人は少なくはないはずです。

このページを読んでいるあなたは、クレジットカードの審査に落ちてしまった人、あるいはクレジットカードの審査に通るか不安な人ではありませんか?

そんなあなたは今、

  • 自分がクレジットカードの審査に通らない理由が知りたい
  • どうしたらクレジットカードの審査に通りやすくなるかを知りたい
  • クレジットカードの審査に落ちて、再度トライする時の注意点が知りたい
  • 審査に通りやすいクレジットカードを知りたい

このように思っていませんか?

この記事を読んでいただければ、上記の疑問点がすべて解決します。

クレジットカードの審査が通らなくて悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由は様々

頭を抱える女性

一口に「クレジットカードの審査が通らない」と言っても、その理由は人ぞれぞれです。

ただし、クレジットカードの審査に落ちてしまう人に共通する大きな理由があることは確かです。

  • 信用情報機関にブラックリスト登録されている
  • 同時に2枚以上のカードを申し込んでいる
  • 安定した収入がない、もしくは住所不定

一般的にクレジットカードの審査に落ちてしまう理由は、上記の3つに集約されます。

この章では、上記の項目に当てはまるとどうして審査に落ちてしまうのか、さらにその解決策をお伝えしていきます。

信用情報機関にブラックリスト登録されている

信用情報機関にブラックリスト登録されている人は、基本的にはクレジットカードの審査には通らないものと考えておいてください。

信用情報機関は、国内には割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)や全国銀行個人信用情報センターなどがあります。

こうした機関には、個人個人の申し込み状況、や借入状況、返済状況などが登録されています。

各銀行やクレジッドカード会社は登録されている情報を照会して、申込者に返済能力がどれくらいあるかを判断します。

信用情報機関にはクレジットカードの申込情報、登録内容、利用記録などが記録されます。この登録情報に遅延や金融事故情報がある人のことを俗に「ブラックリスト登録される」と言います。

なお一般的に金融事故とは、返済の重度な延滞(61日以上の延滞)、債務整理などを指します。

一度ブラックリスト登録されてしまうと重度な延滞の場合は5年間、自己破産の場合は最長10年間抹消されることはありません。

過去に金融事故を起こしてしまった経験がある人は、新たなカードを申込む際には情報が抹消されるまで待つ必要があります。

返済の遅延でブラックリストに登録される

重度な延滞とまではいかなくても、数日単位での支払いの遅延を繰り返している場合も、ブラックリストへ登録される危険性が高いと考えてください。

信用情報機関には、金融取引に対するさまざまな情報が登録されています。

数日程度の返済の遅延で、即新規カードの申し込みができなくなるというケースはあまりありませんが、これが繰り返されるとブラックリストに登録される可能性が高くなってしまいます。

また、特に審査が厳しいカード会社は、一度の延滞でも新規カードの発行を見送るケースもあります。くれぐれも「数日程度返済が遅れても問題ない」とは思わないでください。

返済遅れに陥らないためには、毎月の利用明細書やオンラインでの利用明細をこまめにチェックして、返済日と返済金額をきちんと把握するようにしましょう。

同時に2枚以上のカードを申し込んでいる

同時に2枚以上のカードを申込むのはやめた方が良いでしょう。

先ほど紹介した信用情報機関には、支払い状況や金融事故情報のほかに、他社への申し込み情報も記載されます。

クレジットカード会社が申込者の情報を信用情報機関に照会した時、同時に複数のクレジットカードへの申し込みがされている場合、利用用途や返済能力に疑問をつけざるをえません。

要は「複数のクレジットカードへの申し込みをしているのは、生活が苦しいからではないか」と、クレジットカード会社が感じてしまうというわけです。

一般的に申し込む数が多ければ多いほど、審査に落ちやすくなってしまいますので、注意が必要です。

申込情報は基本的に6ヶ月間保管されますので、どうしても複数枚のカードが欲しい人は新たなカードの申し込みを半年間待った方が賢明でしょう。

安定した収入が無い、住所不定など

安定した収入がない、もしくは住所不定などの場合は、クレジットカードの審査には通らないものと考えてください。

大多数のクレジットカードでは、安定した収入かつ住所が定まっていることを入会の条件として定めています。

アルバイトやパートでも申込むことができるクレジットカードもありますが、そういったカードの場合でも毎月の収入、定まった住所は必ず求められます。

現在安定した収入がなく、住所も漫画喫茶を転々としているという人は、まずはアルバイトで結構ですので、継続して安定した収入を得るようにしましょう

この章では、クレジットカードの審査に通らない人の大きな理由について見てきました。どのような属性の人がクレジットカードの審査に通らないかが分かったのではないでしょうか。

次の章では、一度クレジットカードの審査に落ちてしまった人が、再度審査にトライする場合に気を付けたいポイントについてお話ししていきます。

審査にリトライするときに注意すべきポイント

クレジットカードを持つ女性

この章では、一度クレジットカードの審査に落ちてしまった人が再び審査にトライする際に注意しておきたいポイントについてお伝えしていきます。

一度審査に落ちてしまって、それでもどうしてもクレジットカードが必要という人は、下記の3つのポイントに注意しながら再審査の申し込みをしてみてください。

  • キャッシング枠の申し込みはしない
  • 他社からの借り入れがある場合は返済する
  • 不必要なクレジットカードは解約する

上記3つのポイントについて、なぜ審査が有利になる可能性があるのかを詳しく見ていきましょう。

キャッシング枠の申込みはしない

クレジットカードの申し込みの際に、キャッシング枠を0円に設定して申し込むことをおすすめします。

クレジットカードには買い物の商品代金や各種支払いに使うことができるショッピング枠と、現金を借り入れることができるキャッシング枠があります。

キャッシングとは一言で言えば、借金のことです。このキャッシング枠を0円に設定して申込むことで、審査が有利に進む場合があります

キャッシング枠を申し込んでしまうと、各クレジットカード会社は、通常のショッピング枠の審査に加えて借金の返済能力の有無も審査しなければなりません。

その分、審査も長引き、厳しくなる傾向にあります。一度審査に落ちてしまって収入や雇用形態、勤続年数といった属性に不安がある人は、キャッシング枠を0円で申し込んでみることをおすすめします。

他社からの借り入れがある場合は返済する

クレジットカードの再審査を申し込む場合、他社からの借り入れがある人は返済したうえで申し込んでください

先述したように、クレジットカードを申込むと各クレジットカード会社は信用情報機関を通して、申込者の申込情報から他社借入状況まで調査します。

たとえ他社からであったとしても、申込者がどれだけ借り入れをしているかはすぐに分かってしまいます

また、借り入れがある場合は、カード会社に返済のために新たなクレジットカードを申し込んでいると捉えられる可能性があります。

少しでも審査を有利に進めるためには、借り入れを返済してからクレジットカードを申し込みましょう。

不必要なクレジットカードは解約する

不必要なクレジットカードがある場合は、思い切って解約してしまいましょう。

クレジットカードの審査には、信用情報機関の情報が利用されることは先ほどから何度もお話ししていますが、信用情報機関には申込者がクレジットカードをいつ申し込んで何枚所持しているのかの情報も登録されています。

各クレジットカード会社は、この情報も審査の際に閲覧することができます。

1枚や2枚クレジットカードを持っている場合には問題になることは少ないですが、例えば10数枚持っているという人の場合、クレジットカード会社は支払い能力に疑問を感じざるを得ません。

申し込みたいクレジットカードがあり、なおかつ不必要なクレジットカードがある人は解約しましょう。

ただし、この場合は解約するクレジットカードにローンや借金が残っていない場合に限ります。

ローンや借金が残っている状態で解約してしまうと残額を一括で返済しなければならないため、注意してください。

この章では、クレジットカードの再審査に臨む際に注意したいポイントについてお話ししてきました。

一度、審査に落ちてしまった場合でも、この章で紹介したポイントに注意すれば審査が有利になる可能性が高くなる場合もありますので、ぜひ参考にしてください。

次の章では、数あるクレジットカードの中でも比較的審査に通りやすいとされているクレジットカードを紹介していきます。

審査に比較的通りやすいクレジットカード

ダブルピースで喜ぶ女性

この章では、筆者がおすすめする審査に比較的通りやすいクレジットカードを紹介していきます。

数あるクレジットカードの中で、筆者が比較的審査に通りやすいカードとして紹介するのは、以下の3枚のカードです。

  • Yahoo! JAPANカード
  • イオンカード

それぞれのクレジットカードのおすすめの理由を、その特徴と合わせてお伝えしていきます。

年会費は永年無料でポイント付与率も◎なYahoo! JAPANカード

まずおすすめするクレジットカードは「Yahoo! JAPANカード」です。

Yahoo! JAPANカードのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 年会費永年無料
  • Yahoo!以外の利用でも1%のTポイントが付与される
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOの買い物でいつでもポイント3倍付与

Yahoo! JAPANカードは高校生を除く18歳以上ということ以外に、特に審査基準を厳しく設定していません。

収入の面で不安がある人やTポイントをよく利用するという人は、ぜひ持っておきたい1枚です。

Yahoo! JAPANカード

Thumbnail yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
審査により決定

特定店舗でのポイント付与率が高く、年会費も永年無料のイオンカード

イオンカードは大手スーパーマーケット「イオン」のグループ企業である「イオン銀行」が発行するクレジットカードです。イオンカードの強みは以下の通りです。

  • 年会費永年無料
  • 主婦でも申し込み可能
  • イオンをはじめ、イオングループなどの特定店舗でのポイント付与率が高い

イオンカードは、スーパーマーケットであるイオングループが発行しているクレジットカードだけに、主な利用者層である主婦でも作りやすいカードとして知られています。

イオンカードが入会に際して求めている条件は、「18歳以上であること(高校生は不可)」と「電話連絡がつくこと」の2点です。

他のクレジットカードの入会条件によくある、「安定して継続した収入」という項目は必須項目とされていません。

過去に収入の面から他のクレジットカードの審査に落ちてしまった、あるいは入会条件を満たすことができなかったという人は、イオンカードにチャレンジしてみることをおすすめします。

まとめ

今回の記事では、「クレジットカードの審査になかなか通らない」と悩んでいる人や「クレジットカードの審査に通るかどうか不安」、「審査に通りやすいクレジットカードを知りたい」といった人に向けて作成しました。

具体的に、クレジットカードの審査に通りづらい人の特徴、審査に通るためにはどのようなことに気をつけたら良いかなどをお伝えしてきました。

この記事を参考に、まずは自分がなぜクレジットカードに通らないのか、審査に臨む際にはどのようなポイントを注意しなければならないのかを、まずは把握することをおすすめします。

この記事が、少しでもあなたの参考になって、クレジットカードの審査に通ることの役に立てば幸いです。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら