新幹線のチケットをクレジットカードで支払う方法!お得に利用する知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新幹線の切符は乗車券の他に特急券が加算されるため、長距離の移動になるほど高くなる特徴があります。

高額になりやすい新幹線の切符を普通に現金で購入するより、もっとお得に買う方法が知りたいと思いませんか?クレジットカードで新幹線の切符を購入できれば、現金の持ち合わせがなくても新幹線に乗車できるうえに、クレジットカードのポイントも貯まってお得です。

今回の記事では、

  • 新幹線の切符をクレジットカードで決済するメリットとデメリット
  • 新幹線の切符を券売機もしくはみどりの窓口にてクレジットカードで購入する方法
  • 新幹線の切符をお得に購入する方法と注意点

などについて解説します。また、新幹線を年に4~5回以上使う方におすすめの 「プラスEX」というネット予約サービスについてもご紹介します。 新幹線の切符をクレジットカードで購入する方法がわかれば、自分に合ったもっともお得な方法で新幹線の切符を購入することができるようになります。

また、新幹線の切符をクレジットカードで購入するときに、迷うことなくスムーズに手続きすることができるようになります。

電車を待つ女性

新幹線のチケットをクレジットカードで購入すると、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まず始めにメリットからご紹介していきましょう。

新幹線のチケットはクレジットカード決済が可能なため、 現金を用意していなくても購入できるメリットがあります。

たとえば、突然新幹線を利用しなければならない以下のような状況になったとしても、クレジットカード決済でスマートに新幹線に乗車することができます。

  • 冠婚葬祭などで突然実家に帰らなくてはならなくなった
  • 業務上のトラブルですぐに本社に行かなければならない

もし現金でしか購入できないとしたら、ATMで現金を用意するなどの必要があります。ATMでの利用時間や曜日、金額によって手数料がかかることが考えられます。

そのうえ、急がなければならないときにかぎってATMが混雑していることもあるでしょう。しかしクレジットカードなら、

  • ATMを探す時間を省くことができる
  • ATMの混雑に巻き込まれずに済む
  • ATM手数料をとられずに済む

というメリットがあるため、突然のハプニングにも時間を無駄にすることなくスムーズに対応することが可能となります。

新幹線のチケットをクレジットカードで購入すれば、 カード会社のポイントが貯まります。現金で購入した場合に比べて、お得に購入することができるメリットがあるといえるでしょう。

特に新幹線のチケットは、距離によって金額が高額になる特徴があります。高額になりやすい新幹線のチケットをクレジットカードで購入すれば、効率よくポイントを貯めることができます。

新幹線のチケットをクレジットカードで購入するデメリットは特にありません。注意点として、利用明細を確認するなどの 後日チェックを忘れずにするようにしましょう。

万が一残高不足で引き落とせないようなことがあれば、クレジットカードの利用が制限されてしまう恐れがあるからです。

新幹線のチケットをクレジットカード決済するメリットとデメリットが理解できたら、次にクレジットカードで新幹線のチケットを購入する方法をご紹介します。

出張のサラリーマン

それでは、新幹線のチケットをクレジットカードで購入する流れを確認していきましょう。購入方法は、以下の2通りがあります。

(1)券売機で購入する場合
(2)みどりの窓口で購入する場合

それぞれの購入方法を詳しく見ていきましょう。

券売機で新幹線のチケットを購入する手順は以下のとおりです。今回はJR東日本の券売機を例にしています。

  1. 指定席券売機のある駅に行く
  2. 指定席券売機のメニューボタンから「指定席」もしくは「自由席」をタッチする
  3. きっぷの種類を選択する
  4. 乗車する新幹線を選択する
  5. 乗車駅を選択する
  6. 降車駅を選択する
  7. 乗車日と時間帯を選択する
  8. 利用人数を選択する
  9. 希望の号車と座席を選択する※空席状況はここで確認できます。
  10. 内容を確認し、クレジットカードで決済する

券売機で新幹線のチケットを購入するためには、 暗証番号が必要になります。自分がクレジットカードの暗証番号をどの数字で設定したのかを、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

もし暗証番号が分からなければ、券売機で新幹線のチケットを購入することができないので「みどりの窓口」で購入してください。

券売機のある駅はこちらから検索することができます。

JR東日本券売機

JR東海券売機

JR西日本券売機

JR九州券売機

JR北海道券売機

JR四国券売機

みどりの窓口で新幹線のチケットを購入する場合は、以下の流れで手続きしましょう。

  1. みどりの窓口のある駅にいく
  2. みどりの窓口で新幹線のチケットを購入することを伝える
  3. 係員から聞かれたことに答える
  4. クレジットカードで決済する

みどりの窓口で新幹線のチケットを購入する注意点は、 暗証番号かサインのどちらかが必要になるという点です。

基本的には券売機でタッチしていく内容を係員に伝えれば、新幹線のチケットを購入することができます。

もちろん行きと帰りで経路が異なる場合や在来線を組み合わせる場合であったとしても券売機で新幹線のチケットを購入することができますが、機械操作が不安な人はみどりの窓口で対応してもらえば、安心して新幹線のチケットを購入することができます。

みどりの窓口がある駅はこちらから検索することができます。

JR東日本みどりの窓口

JR東海きっぷ売り場

JR西日本みどりの窓口

JR九州みどりの窓口

JR北海道みどりの窓口

JR四国みどりの窓口

新幹線のチケットを購入する2つの方法を知っておけば、すぐに新幹線のチケットを購入しなければならない状況になっても、落ち着いて対応することができるようになります。

次に、新幹線代がお得になるプラスEXについてご紹介します。東海道新幹線を利用する人は必見です!

財布からカードを取り出す

新幹線のチケット購入代金がお得になる、 「プラスEX」というサービスをご存じですか?プラスEXはJR東海が提供する会員制のサービスとなっており、東海道新幹線をよく利用する人にとっては以下のお得なサービスを受けることができます。

  • 会員価格で乗車できる
  • 乗車直前まで予約変更が無料
  • 手持ちのクレジットカードで利用できる

それではこれらのメリットについて、具体的に解説していきます。

プラスEXは会員制のサービスとなっており、いつでも 会員価格で乗車することができます。365 日いつでも会員価格で新幹線に乗ることができるため、年末年始やゴールデンウィークなどの期間もお得に新幹線のチケットを購入することができるのです。

プラスEXの年会費は税込540円となっていますが、年会費をあっという間に相殺するだけの魅力的な会員価格が用意されています。

たとえばIC早特(プラス)を利用すれば、東京⇔新大阪間の片道指定席料金14,450円から 2,110円が割引きされて12,340円になります。

しかも、 のぞみ ・ひかり ・こだま もすべてプラスEXの会員価格は変わらないうえに、乗車日当日でもプラスEXの会員価格が適用されるメリットもあります。

プラスEXは、発車直前まで無料で予約変更することができるようになっています。 たとえば行き先が変更になった場合、通常の新幹線のチケットは2回目以降の変更から手数料がかかってしまいます。

しかしプラスEXなら 手数料無料で何度でも変更することが可能です。 また、チケットを購入したあとにキャンセルしたい場合は、いつでも310円の手数料で済みます。

通常の新幹線のチケットを払い戻す場合は、前日・当日払戻手数料は特急料金の30%と乗車券220円がかかるので、急な直前のキャンセルでも損をすることがないのです。

プラスEXは手持ちのクレジットカードでサービスを利用することができるので、新たにクレジットカードを作成する必要はありません。

ただし、プラスEXの対象ではないクレジットカードの場合は、プラスEXサービスを申し込むことができない場合があるためよく確認するようにしましょう。

手持ちのクレジットカードがプラスEXサービスを利用できるかどうかは、プラスEXカードナビ(外部サイト)から確認することができます。

会員制のプラスEXを利用すれば、東海道新幹線のチケットをお得に購入することができることが分かりました。 しかし、東海道新幹線以外の新幹線に乗車したい場合は、お得に購入する方法がないのでしょうか?

プラスEX以外の、お得に新幹線チケットを購入できる方法がないかを調査してみました。

話をする女性

新幹線のチケットをお得に購入する方法には、

  • 回数券を買う
  • ぷらっとこだまを利用する
  • 往復割引を利用する
  • 金券ショップを利用する

の4つの方法があります。それぞれの購入方法の概要と注意点をまとめました。自分が利用したい新幹線をイメージしながら読み進めると、どの方法が一番お得なのかを判断しやすくなります。

回数券を買えば、新幹線のチケットをお得に購入することができます。新幹線の回数券は設定された区間の 普通車指定席券が6枚セットになっているため、何度も利用したい人にとっておすすめの購入方法です。

注意点としては、

  • ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始の期間は利用できない
  • 3ヶ月の有効期限がある
  • 途中下車をした場合は、残りの区間は無効となる
  • 払い戻しをする場合は、220円の手数料がかかる
  • あらかじめ設定されている区間から選ぶ必要がある

といったことに気をつける必要があります。

ぷらっとこだまは、 こだま号の指定席に1ドリンク引換券がついたお得な新幹線のチケットです。東海道新幹線のこだま号を利用したい人におすすめの購入方法です。

ぷらっとこだまは、以下のような注意点があります。

  • きっぷではないので前日までに購入しておく必要があり当日に購入することができない
  • すべてのこだま号ではなく指定されたこだま号でのみ利用することができる
  • 予約後にキャンセルする場合は、取消し手数料がかかる

ぷらっとこだまを利用した東京⇔新大阪の指定席料金は、 通常期:10,500円 、繁忙期(4/27~5/6、8/11~20):12,000円 となっているため、お得に新幹線に乗車することができます。

ぷらっとこだまは、計画的にこだま号を利用する人におすすめします。

片道が601km以上ある場合は、 往復割引乗車券を購入することができます。片道が601km以上ある場合は、

  • 東京⇔西明石(612.3km)
  • 新大阪⇔熊谷(617.3km)
  • 名古屋⇔長岡(636.6km)

などがあります。上記区間の片道運賃は本州3社内の幹線の普通運賃表に当てはめると601km~640kmの9,610円に該当し、10%割引を適用すると8,649円≒8,640円となります。

そして8,640円×2=17,280円が往復割引乗車券の金額となります。

※東京⇔新大阪は片道552.6kmであるため、往復割引を適用することができません。

金券ショップで新幹線のチケットを購入すると、お得に乗車することができます。実際の価格は金券ショップにより異なりますが、 普通に購入するよりも安く購入できるのが一般的です。

たとえば、東京⇔新大阪ののぞみ指定席料金を普通に購入すると14,450円ですが、金券ショップでは13,000円台で購入することができます。

ただし、金券ショップでは クレジットカードを使うことができないデメリットがあります。クレジットカードのポイント還元を狙わずに確実に安く買いたい人におすすめの購入方法です。

新幹線のチケットをクレジットカードで支払う方法!お得に利用する知識はいかがでしたか?すべての内容を以下4ポイントにまとめました。

  • 高額になりやすい新幹線の切符をクレジットカードで決済すれば、カード会社のポイントをお得に貯めることができる
  • 新幹線の切符を券売機もしくはみどりの窓口クレジットカードで購入するには、暗証番号を把握しておく
  • 東海道新幹線を利用する場合はプラスEXでお得に新幹線のチケットを購入することができる
  • お得に新幹線のチケットを購入する方法は、回数券・ぷらっとこだま・往復割引・金券ショップがある

新幹線を利用する人がクレジットカードでの支払い方法を知ることができれば、自分がクレジットカードで新幹線のチケットを買うべきかどうかを即座に判断することができます。

また購入する際には、迷わずスムーズに手続きすることができるようになります。是非これらの知識を活かしてお得に新幹線のチケットを購入してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加