新社会人おすすめのクレジットカードはコレ!必見のクレカ常識とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
若い社会人

就職をきっかけにクレジットカードを持とうと考えるとき、「どのカードを持てばいいのか分からない」「新社会人におすすめのカードが知りたい」という悩みが生じるかもしれません。

また、初めてクレカを持つにあたって、「正しい使い方が分からず不安」という方も多いでしょう。

今回は、社会人になりたての人におすすめのカードや、クレカ初心者に知ってほしい常識を分かりやく解説します。この記事を読んで、クレカについての知識を身に付け、自分にピッタリのカードを見つけてください。

解説する女性

ここでは、新社会人がクレジットカードを選ぶ際に注目したいポイントを説明します。

新社会人がクレジットカード選びの際に注意すべきポイントは以下の3つです。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 国際ブランド

では、順に見ていきましょう。

年会費が安い(無料)のものを選びましょう。年会費とは、クレジットカードを所持することで発生する費用です。

一般的には、年会費は1年につき2,000~3,000円のものが多いです。

ただし、カードによって費用や年会費の要件はさまざまです。例えば、「年会費無料」にも複数の種類があります。

  • 年会費無料:発行にも、維持にも料金が発生しない
  • 初年度年会費無料:カードを作成して1年分は会費が発生しないが、翌年度からは請求される
  • 条件付き年会費無料:「1年間に1回以上(使用」等の条件をクリアすることで、年会費が無料となる

この中で選ぶべきは、「年会費無料」のカードです。

中でも、一番おすすめなのは「年会費無料」のクレジットカードです。低コストで管理するためにも、年会費無料は最初の1枚としては必須のポイントです。

カードの利用頻度や特典と同様に、年会費の記載も注目してください。

年会費が同じなら、クレジットカードを使うことで、効率的にポイントが貯まる=還元率が高いカードを選びましょう。

クレジットカードは、利用額に応じてポイントやマイルが付与されるものが大半です。クレジットカードで支払うことでポイントが貯まり、現金同様に使ったり、商品券や商品・航空券に交換したりと「お金」同様の価値を持ちます。

利用金額に対して、何円相当のポイントが返ってくるかを示すのが「ポイント還元率」です。例えば、100円の利用で1円分のポイントが貯まるカードであれば、還元率は1%となります。

還元率の高さを判断する基準としては、

  • 還元率は0.5%が主流
  • 1%以上であれば優秀

これらを覚えておきましょう。以下、詳細を説明します。

カードによりポイント還元率に差がありますが、一般的にはポイント還元率0.5%のカードが主流です。0.5%以上あれば、合格点です。

ポイント還元率が1.0%を超えるカードであれば、お得さという観点からすると優秀です。中には、条件を満たせばポイント還元率がさらに上がるカードもあります。

VISAやMastercardといった決済ブランドを、国際ブランドといいます。国際ブランドの選び方は、以下のとおりです。

国際ブランドの中でも新社会人にオススメなのは、VISA、Mastercard、JCBです。

VISA、Mastercardは世界で大きなシェアを持っているカードです。

JCBは、日本で生まれた国際ブランドカード。全世界での発行枚数はVISA、Mastercardに比べると少ないですが、国内での加盟店数は多いです。

社会人5年目以降に持つのがオススメなのは、アメックスカード・ダイナースカードです。特徴は、「年会費は高いが、その分サービスが充実している」ということ。空港ラウンジの利用や、ホテル・レストランでの優待など魅力的な特典が充実しています。

また、料金の限度額が高いので、出費が多くなっても安心です。

ただ、先述の通り年会費が高いので(アメックスカードは12,000円+税)、社会人1年目にはハードルが高いです。社会人5年目以降の目標として考えておくほうがいいでしょう。

通勤する男性

ここからは、新社会人におすすめのクレジットカードをご紹介します。

今回おすすめするのは

  • 楽天カード
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • JCB CARD EXTAGE
  • エポスカード

これらの4種類です。

クレジットカードを選ぶ際に注意するポイントふまえて比較し、自分にピッタリのカードを見つけてください。

まずおすすめしたいのは、 楽天カード。以下、楽天カードのメリットを紹介します。

楽天Edyと楽天スーパーポイント

楽天カードのポイントは、
  • 低コスト・高還元率
  • 楽天ユーザーは使いやすい(ポイント2重取りも可能)

この2つです。

楽天カードの魅力は、何と言っても低コスト(年会費無料)で、ポイント還元率も高い(通常でも1%)ところ。

また、加盟店舗で決済をすればポイント還元率は3%とさらに高くなります。

楽天市場や楽天トラベルを使っている人であれば、よりお得なカードです。なぜなら、楽天市場での楽天カード利用でポイント還元率が4%に跳ね上がるからです。

楽天市場・楽天トラベルは、利用するだけでも(楽天カードを利用しなくても)楽天ポイントが付与されますが、楽天カードと合わせて使うことで「ポイントの2重取り」も可能なのです!

より効率的に楽天ポイントを貯めるために、楽天ユーザーなら必須のカードと言えますね。

楽天カード

Medium rakuten normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

三井住友VISAデビュープラスカードは、25歳以下の若者=新社会人にこそおすすめのカードです。

三井住友カードデビュープラス

以下、三井住友VISAデビュープラスカードの特徴やメリットを紹介します。

三井住友VISAデビュープラスカードのポイントは、

  • 25歳以下限定カード
  • 年会費が年1回以上の利用で無料
  • ポイントが貯まりやすい

これらの3つです。

このカードを持つためには18歳~25歳以下でなければなりません。

また、デビューにピッタリのカードにふさわしく、年会費やポイント還元率がお得に設定されています。

年会費は初年度無料。翌年度以降も、年に1回以上利用していれば無料になります。

年1回の利用でいいので、実質無料に近いです。

万一年会費が発生する場合も、1年あたり1,250円+税なので年会費は安めです。

通常の三井住友VISAカードよりも、ポイント還元率が1%と高く設定されています(2倍)。

さらに、入会後3ヶ月間は還元率が2.5%と通常の5倍に設定されています。

貯まったら、1ポイントあたり

  • 3マイルへの交換
  • 5楽天ポイント・5ヨドバシポイントに交換
  • 1ポイント→4.5Tポイントに交換

などができます。 他にも、ポイントを貯めて商品券や商品に交換することもできます。

18歳から25歳までの限定特典がたくさん!
デビュープラスカードの詳細はこちら

29歳以下の若手社会人の間にお得に使えるのが、「JCB CARD EXTAGE」です。

JCBカードEXTAGE

以下、JCB CARD EXTAGEの特徴やメリットを紹介します。

JCB CARD EXTAGEのポイントは、

  • 29歳以下限定カード
  • 年会費が無料
  • ポイントが貯まりやすい
  • 海外旅行傷害保険がついている

これらの4つです。

カードを利用できるのは、29歳以下の人のみ。若者向けのカードでも、20代の間はずっと使い続けられるカードです。

JCB CARD EXTAGEの年会費は無料です。また、自分だけでなく家族会員の年会費も無料ですから、結婚したら配偶者のカードもお得に作ることができます。

JCB CARD EXTAGEは、通常のJCBカードよりもポイント還元率が高い点が魅力(還元率:0.75%~1.5%)です。

通常のJCBカードの利用では、1,000円あたり1ポイントが付与されますが、JCB CARD EXTAGEなら入会から3ヶ月はポイント3倍!4ヶ月目以降も、ポイントは1.5倍付与されます。

※1ポイントは5円相当なので、ポイント還元率は0.75%~1.5%となるわけです。

また、このカードには海外旅行損害保険が付帯されています。年会費無料で保険が付帯されているので、お得ですね。

★★29歳までの人だけにお得なカード★★
JCB CARD EXTAGEの詳細はこちら

マルイでよく買い物をする人や、無料の海外旅行保険が欲しいと思っている人には、エポスカードが良いです。

エポスカード

以下、 エポスカードの特徴やメリットを紹介します。

エポスカードのポイントは、
  • ポイントアップや利用料金オフの特典を全国5,000店舗で受けられる
  • 年会費が無料
  • 利用実績に合わせて、ゴールドカードの招待がある
  • 海外旅行傷害保険がついている

これらの4つです。

エポスカードには、さまざまな優待特典があります。なんと、全国5,000の店舗や施設にてポイントアップや利用料金オフになるのです。

例えば…

  • マルイの「マルコとマルオの7日間」で買い物が10%オフ
  • カラオケシダックスのルーム料金30%オフ
  • ロイヤルホストやぼてじゅうでお会計10%オフ

などです。このように、割引特典が受けられるお店が多いのはエポスカードならではの魅力です。

ポイント還元率自体はあまり高くありませんが、カードを使いながら、節約もしたいと考えている欲張りな方にはうってつけの一枚でしょう。

もちろん、年会費は無料です。初めてのカードに必須の条件ですよね。

エポスカードには、海外旅行傷害保険が自動で付帯されています。旅行出発前の手続きは必要ありません。

また、カードの利用実績を重ねると(年間50万以上)、ゴールドカードへの招待が届くこともあるそうです。

しかも、ゴールドカードの年会費は無料!若くしてゴールドカードが持てる可能性があるのは、他にはない魅力です。

エポスカードの詳細はこちら

判断する男性

新社会人向けのカードをご紹介してきましたが、申し込みにあたっては審査をクリアする必要があります。ここからは、新社会人がクレカ審査で気をつけるべきことを解説します。

大切なポイントは、「正しい情報を入力する」ということです。

クレジットカード会社は、「この人は信頼できる人で、しっかり支払いをしてくれるだろうか?」ということを確認するために審査を行います。信用できない相手であれば、クレジットカードを発行しないこともあります。

不安に思われるかもしれませんが、基本的なポイントを間違わなければ大丈夫です。

新社会人がカードの審査を申し込む際に注意すべきなのは「正しい情報を記載する」ことです。

特に、

  • 名前や住所等
  • 年収

を正しく記載するという2点を守れば、就職したてでも問題なくカードを作ることができます。

名前、住所、勤務先などの情報は間違いなく入力しましょう。虚偽の申請は、クレカの審査に落ちてしまう要因の1つです。

また、勤務先の情報も重要です。というのも、審査の段階で勤務先へ「在籍確認」が行われる可能性があるからです。過去にトラブルがない場合は在籍確認が行われない場合もあります。

新社会人の場合、年収欄は、見込みの年収を記載すれば大丈夫です。

見込み年収=給与1ヶ月※✕12ヶ月分+見込みボーナス

※”総支給額”を12倍するようにしましょう。手取りは、保険料や住民税などが天引き後の額なので、見込み年収を低く見積もることになってしまうからです。

クレジットカード決済をする女性

最後に、クレジットカードを適切に利用するための注意点・支払いの際の注意点を4つご紹介します。

  • 給料口座を引き落とし口座に設定する
  • クレヒスに傷がつくので支払い遅延は厳禁
  • 分割払い等の選択肢を知っておく
  • リボ払いはなるべく避ける

以下、詳細を解説します。

クレジットカード利用料金の引き落とし口座(支払口座)は、給与振込口座に設定してください。

仮に、別の口座を設定していると「毎月、利用料金分を支払口座に移動」という手間が発生します。もし資金準備を忘れていたら、引き落としができないという事態に…。支払いに失敗した履歴が残ると、将来別のカードを作るときや、キャッシングを行う際に不利になるかもしれません。

リスクを減らすために、支払い口座は、給与支払い口座に設定してください。

クレジットヒストリーに傷がつくので、支払い遅延は厳禁です。

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、カードやキャッシングの利用履歴のこと。クレヒスに悪い情報が残ると、別のカードの申込みや、キャッシングの申込みが通らない可能性があります。

そのため、

  • 給与支払い口座から引き落とされるように設定するなど、口座残高には注意する
  • 支払える範囲でしか買い物をしない

ということに気を付けてください。

支払いに不安がある時は、「分割払い」や「ボーナス払い」などを選べるということを知っておきましょう。上手に支払いを分けることで、一時的に高額な利用料金になっても、計画的な支払いができます。

カードによって、可能な支払い方法は異なりますから、あらかじめ規約を確認しておきましょう。

分割方法の1つとして「リボ払い」というものがありますが、これは手数料が高いためオススメしません。リボ払いとは、20万の買い物をしても、翌月に50万分の買い物をしても、毎月の支払額を2万円におさえることができるという仕組みです。

これだけ聞くと、「毎月しっかり払えるから、便利!」と思われるかもしれません。しかし、リボ払いには年間約15%ほどの手数料が加算され、実質的には借金と同じこと。

よって、分割払いが必要なときも、「リボ払い」は避けるようにしましょう。

今回は、新社会人向けのクレカの選び方・注意点について解説しました。

ポイントをおさらいすると、以下のとおりです。

  • 新社会人は、「年会費」「ポイント還元率」「国際ブランド」に注目してカードを選ぶべき
  • 新社会人には、 楽天カード・三井住友VISAデビュープラスカード・JCB CARD EXTAGE・ エポスカードがおすすめ
  • クレジットカードの審査の際は、正しい情報を入力すること
  • クレジットカードの支払遅延が起こらないように注意すること
  • リボ払いは選択しないこと

この記事を読んで、クレカについての知識を身に付け、自分にピッタリのカードを見つけていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加