セブンイレブンでお得なクレジットカードを比較!各支払方法のメリットやデメリットを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国で19,000店以上出店している、国内コンビニ最大手のセブンイレブン。そんなセブンイレブンに、毎日のように訪れる人も多いのではないでしょうか。

ここではセブンイレブンで利用するとお得なクレジットカードと、電子マネーを組み合わせたお得な支払方法について解説します。

セブンイレブンではクレジットカードで直接支払うよりも、nanacoやau WALLET プリペイドカードなどにチャージしてから支払うほうが、よりたくさんのポイントを貯められてお得なのをご存知でしょうか。

詳しく解説していきます。

セブンイレブンが発行するセブンカード・プラス

セブンカードプラス

セブンイレブンで利用するとお得なクレジットカードとして、同じセブン&アイグループが発行するセブンカード・プラスがあります。

セブンカード・プラスの概要

  • 国際ブランドはVISAとJCB
  • 初年度の年会費は無料、2年目以降は500円(税抜)、年間5万円以上利用すると次年度無料
  • クレジット払いで200円(税込)ごとに1ポイント貯まる
  • セブンイレブンを含むセブン&アイグループの対象店では最大3倍のポイントが貯まる
  • 8のつく日はイトーヨーカドーが5%OFF
  • 電子マネー「nanaco」を搭載

セブンカード・プラスはセブン&アイグループで利用するとお得なクレジットカードです。

ポイント還元率は基本0.5%ですが、対象店舗では最大3倍のポイントが貯まったり、年間の累計利用金額に応じてボーナスnanacoポイントが付与されます。

メリット

セブンイレブンやイトーヨーカドーで決済すると3倍の1.5%がnanacoポイントで還元されます。

毎月8日・18日・28日の「8のつく日」は全国のイトーヨーカドーの買い物がほとんど全品5%OFFとなって非常にお得です。

nanacoカードは通常発行手数料がかかりますが、セブンカード・プラスなら発行手数料無料でnanacoを利用できます。

また当年4月から翌年3月までの1年間で、イトーヨーカドーとヨークマートでポイント付与の対象となる金額が100万円(税抜)を超えるとボーナスnanacoポイントが加算されます。

  • 100万円達成で3,000ポイント
  • 150万円達成で10,000ポイント
  • 150万円達成後は100万円ごと10,000ポイント

デメリット

初年度の年会費は無料ですが、年間で5万円以上利用しなければ次年度からは500円かかります。

ポイント還元率が0.5%なので、セブン&アイグループ以外で利用するメリットはありません。他の高還元率なクレジットカードで決済するのがお得です。

累計利用金額に応じたボーナスnanacoポイントは、セブンイレブンの買い物は対象外です。セブンイレブンしか利用しない方にとっては恩恵がありません。

また次章で詳しく説明しますが、nanacoは他社のクレジットカードからチャージすることで最大1.2%のポイントを貯められます。しかしセブンカード・プラスからチャージしても0.5%しか貯まりません。nanacoは他社のクレジットカードからチャージするほうがお得なのです。

セブンイレブンはセブンカード・プラスで決済すると1.5%のnanacoポイントが貯まるので、一般的なクレジットカードと比べるとお得です。確かにお得ですが、1番お得な支払方法ではありません。セブンイレブンではもっとお得な支払方法があります。

セブンイレブンの支払いがお得になる電子マネー「nanaco」について

ナナコ

nanacoはセブン&アイグループを中心に展開しているチャージ式の電子マネーです。

対象店舗では支払額に応じてnanacoポイントが貯まります。貯まったnanacoポイントはnanacoカードのチャージに使うことが可能です。

また対象のクレジットカードからチャージすれば、クレジットカードのポイントも貯めることができます。いわゆるポイント二重取りですね。

少し手間はかかりますが、クレジットカードからチャージしたnanacoを使えば、セブンカード・プラスよりもお得に支払うことが可能です。

nanacoで支払うとnanacoポイントが貯まる

nanacoで支払うとnanacoポイントが貯まります。ポイントの付与条件は対象店舗によって異なります。

セブンイレブンやイトーヨーカドーでは100円(税込)につき1ポイント貯まります。つまり1%還元ですね。

仮にセブンカード・プラスからnanacoにチャージしたとすると、0.5%のnanacoポイントが貯まります。さらに支払額の1%もnanacoポイントで還元されるので、合計1.5%のnanacoポイントが貯まることになります。セブンカード・プラスはクレジットカードとして決済しても、nanacoにチャージして支払ってもポイント還元率はまったく同じなのです。

しかしセブンカード・プラス以外のクレジットカードからチャージすれば、2%以上の還元率を実現することも不可能ではありません。

したがってnanacoでお得に支払うためには、nanacoカードとチャージ用のクレジットカードの2枚が必要になります。

nanacoカードの入手方法

nanacoを利用するためには基本的にnanacoカードを入手する必要があります。

セブンイレブン店頭では発行手数料が必要

nanacoカードはセブンイレブンやイトーヨーカドーで即日発行することが可能です。ただし発行手数料300円(税込)がかかります。

8のつく日はイトーヨーカドーで発行すると手数料無料

毎月8日・18日・28日にイトーヨーカドーで申込むと、手数料無料でnanacoカードを発行できます。近くにイトーヨーカドーがある方は「8のつく日」に作るのがおすすめです。

イトーヨーカドーへ行かなくても無料でnanacoを利用する方法はあります。

nanacoモバイルなら発行手数料が無料

おサイフケータイに対応している携帯電話を持っていればnanacoモバイルが利用できます。こちらは一切の手数料がかかりません。

nanacoモバイルは利用履歴や残高の確認、クレジットカードからのチャージなどの操作がすべてアプリから可能です。

セブンカード・プラス付帯のnanacoは年会費に注意

近くにイトーヨーカドーがなく、おサイフケータイ対応機種も持っていない方でも、セブンカード・プラスなら無料で発行できます。しかし年間5万円以上利用しないと、2年目以降は年会費がかかる点に注意が必要です。

年間5万円以上という条件は厳しくはありませんが、セブンイレブンなど以外で決済するメリットはほぼ皆無です。実質セブン&アイグループ専用カードなので、対象店舗を利用する機会が多いなら検討してみても良いでしょう。

nanacoのチャージでポイントが貯まる高還元率のクレジットカード

クレジットカードを持つ女性

nanacoのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを3種類紹介します。

リクルートカード(VISA・JCB・Mastercard)

リクルートカードは年会費永年無料で1.2%の高還元率なクレジットカードです。nanacoで支払うと合計2.2%還元となります。

国際ブランドはVISA、JCB、Mastercardの3種類が選べて、すべてnanacoのチャージでポイントが貯まります。

リクルートカードで貯まるリクルートポイントはPontaポイントと等価交換が可能です。リクルート系のサービスだけでなく、ローソンなどのPonta提携店舗でも1ポイント=1円で使えます。

セブンイレブン派には不向きかもしれませんが、ローソンのお試し引換券を利用すれば1ポイントが2~3円分の価値になって非常にお得です。普通のレジでの支払いにも使えるので、セブンイレブンだけでなくローソンも利用するという人にはリクルートカードが1番おすすめです。

楽天カード(JCB)

楽天カードも年会費永年無料です。ポイント還元率は1%なのでnanacoで支払うと合計2%還元。セブンカード・プラスよりもお得ですね。

楽天カードも3つの国際ブランドを選べますが、nanacoのチャージに対応しているのはJCBブランドのみです。nanacoを利用する場合はJCBを選択しましょう。

楽天スーパーポイントはJoshiなど楽天ポイントカードの加盟店でも使えたり、電子マネー「楽天Edy」のチャージにも使えます。楽天関係のサービスをよく利用する方におすすめです。

楽天カード

Medium master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

Yahoo! JAPANカード(JCB)

Yahoo! JAPANカードも楽天カード同様、JCBブランドならnanacoのチャージで1%のTポイントが貯まります。大手コンビニでTポイントを貯めたり使えるのはファミリーマートですね。

Yahonn!ショッピングやファミリーマートなど、Tポイントの加盟店をよく利用する方におすすめです。

Yahoo! JAPANカード

Medium yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短7日 最大100万円
付帯保険:
付帯サービス:
  • 分割払い

公式サイトへ

nanacoのお得な活用方法

クレジットカードを持つ女性

実はnanacoを利用したさらにお得な支払方法が存在します。

クオカードを購入すれば最大3%還元が実現可能

販売価格 利用可能額 還元率
3,000円券 3,000円 3,000円 -
5,000円券 5,000円 5,070円 1.4%
10,000円券 10,000円 10,180円 1.8%

 

セブンイレブンは全店でQUOカード(クオカード)を取り扱っています。

店頭で販売しているクオカードは3,000円券、5,000円券、10,000円券の3種類があるのですが、5,000円券は70円分、10,000円券は180円分のおまけが付いています。

しかもクオカードはnanaco払いで購入することが可能です。残念ながらクオカードはnanaco払いによるポイント付与の対象外ですが、クレジットカードからチャージしたポイントはしっかり付与されます。したがってリクルートカードからチャージしたnanacoで購入すれば3%還元、楽天カードやYahoo! JAPANカードなら2.8%還元となります。

セブンイレブンではnanacoで直接支払うよりも、nanacoで購入したクオカードで支払うほうがお得なのです。

クオカードはセブンイレブン以外のコンビニでも利用可能

クオカードをお得に購入できるのはセブンイレブンのnanaco払いだけですが、クオカード自体はローソンやファミリーマートなどセブンイレブン以外のコンビニでも使えます。

セブンイレブンの利用頻度が高いけれども他のコンビニも利用するという方は、クオカードを持ち歩いておけばセブンイレブン以外でもお得に買い物できますよ。

ただしこの方法はそこそこ手間がかかります。またクオカードはクレジットカードほど加盟店が多くないので、使いにくいと感じる方も多いかもしれませんね。

auユーザー限定ですが、セブンイレブンではもう1つお得な支払方法があります。

nanaco以外のお得な支払方法

食料品を持つ女性

初めに紹介したセブンカードプラスやnanaco、それにnanacoでクオカードを購入する以外にもお得な支払方法があります。

それはau WALLETです。

au WALLET プリペイドカードなら最大2.5%還元

au WALLETカードはMastercard加盟店で利用可能なプリペイドカードです。提供しているauは電子マネーと謳っていますが、どちらかと言えばクレジットカードの近い決済サービスです。店頭で利用する場合は、クレジットカード決済である旨を伝えましょう。

セブンイレブンにおいてはポイント二重取りで最大2.5%還元になります。

まずセブンイレブンはau WALLETプログラムのポイントアップ店なので、au WALLETで支払うと通常0.5%還元のところが1%還元になるのです。

さらにau WALLETは、クレジットカードからチャージすることでポイント二重取りが可能です。例えば1.5%還元のDCカード Jizile(ジザイル)でチャージすれば合計2.5%還元となります。

au WALLET プリペイドカードはauユーザーのみが持てるプリペイドカードですが、Mastercardの加盟店に対応しているのでクレジットカードと同じように使えます。クオカードよりも便利なので、auの携帯電話を利用している方はau WALLETという選択肢もおすすめです。

DCカード ジザイルのポイントプログラムについて

DCカード ジザイルは1か月の合計利用金額1,000円につき3ポイントの「DCハッピープレゼントポイント」が貯まります。貯めたポイントは商品券や、他社のポイントへ移行させることも可能です。

ただしDCカードのポイントプログラムは2017年度から交換レートが変更されてしまいました。au WALLETポイントに移行すればau WALLET プリペイドカードのチャージに使うことが可能ですが、現在の交換レートは1ポイント=4 WALLETポイントです。これではポイント還元率が1.2%に目減りしてしまいます。

ヨドバシカメラやビックカメラなどのポイントへ移行する場合は1ポイント=5円分となるので1.5%のままですが、使い勝手が良い共通ポイントは軒並み1.2%になってしまいました。

しかし1.2%でも十分高還元率ですし、au WALLETのチャージに使えるという点でも評価できます。交換レートが変更された現在でも、DCカード ジザイルはau WALLETのチャージに最適なクレジットカードです。

因みにチャージ方法は「auかんたん決済」を選択してください。三菱UFJニコス発行のクレジットカードはauかんたん決済を経由せずにチャージしてしまうとポイント付与の対象外となってしまうので注意が必要です。

各支払方法のメリット・デメリット

話し合う女性

セブンカード・プラス、nanaco、クオカード、au WALLET プリペイドカードの4つの支払方法について紹介しましたが、それぞれメリットとデメリットがあります。

利用する方によっておすすめの支払方法は変わってくるので、それぞれの特徴を把握して最適だと思う方法を選んでください。

セブンカード・プラス

セブンイレブンにおけるポイント還元率は1.5%です。これは普通のクレジットカードとして考えると高還元率の部類に入ります。またイトーヨーカドーでは8のつく日に5%OFFの特典を受けられたりもします。

VISAやJCBは電子マネーのnanacoよりも加盟店が多いので、セブンイレブン以外のお店でも使いやすいのもメリットです。

ただし利用額が少ないと年会費がかかってしまうのがデメリットです。またセブンイレブンではもっとお得な支払方法があります。

クレジットカードなのでチャージ不要で簡単に使えますが、セブンイレブンにおけるポイント還元率は今一つです。

nanaco

リクルートカードや楽天カードからチャージしたnanacoで支払うと2~2.2%還元となります。さらにクオカードを経由すれば最大で3%還元が実現可能です。

クレジットカード決済と比べると、チャージしないと使えないのがややネックですね。またポイント還元率の合計は高いですが、nanacoポイントとそれ以外のポイントに分散してしまうのもデメリットでしょう。

またnanacoでクオカードを購入すればさらにお得に支払えますが、nanacoもクオカードも加盟店はそれほど多くありません。セブンイレブンでの支払方法としては1番お得ですが、使いやすさの面では劣ります。

au WALLET

au WALLET プリペイドカードを利用すれば最大2.5%還元となります。

DCカード ジザイルで貯めたポイントをWALLETポイントに交換すると2.2%に目減りしてしまいますが、WALLETポイントはau WALLETのチャージに使えるので無駄なく効率的に消化することが可能です。

nanaco同様にチャージ操作が必要ですが、Mastercardに加盟している店舗なら基本的にどこでも利用可能なので使い勝手は良いですし、クオカードほどではありませんがポイント還元率も優れています。

まとめ

セブンカード・プラスなら面倒なチャージなどの手続きは不要で、普通にクレジットカードとして決済するだけで1.5%のnanacoポイントが貯まります。他の支払方法と比べるとポイント還元率は微妙ですが、もっとも簡単です。

リクルートカードなどのクレジットカードからチャージしたnanacoを使えば、少し手間はかかりますがセブンカード・プラスよりもお得に支払うことが可能です。さらにクオカードを経由して支払えば、最大3%の高還元率になります。

au WALLET プリペイドカードはauユーザーだけが使えるプリペイドカードですが、クオカードよりは少ない手間で、セブンカード・プラスやnanacoよりもお得に支払うことが可能です。

この記事を書いた著者::GARNET

スマートフォンや格安SIMなどの話題が好きなブロガーです。 自分にとってベストなクレジットカードを模索中。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事