ヤフーカードの特徴やメリット・デメリットとは?Yahoo!ショッピングを利用するなら必携のクレジットカード

インターネットバンキングを使う

Yahoo!ショッピングをよく利用する人にとっておすすめなのが、Yahoo!JAPANカード(通称:ヤフーカード、またはYJカード)です。

年会費が永年無料で、基本の還元率が1%のお得なカードですが、もっとヤフーカードの特徴や注意点を知り、お得に利用してみたいと思いませんか?

今回はヤフーカードの特徴や注意点について説明します、Yahoo!ショッピングの利用料金をヤフーカードで支払って、お得にTポイントを貯めることができますよ。

ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)の特徴

パソコンしながらカードを持つ女性

Yahoo!JAPANカードの年会費は永年無料

Yahoo!JAPANカードの年会費無料です。入会時も次年度以降も一切かかりません。

Yahoo! JAPANカード

Thumbnail yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短7日 最大100万円
  • 分割払い

持っているだけでコストがかかるクレジットカードではないので、気軽に持てるカードのひとつです。

国際ブランドは3つの種類から選べる

決済する国際ブランドは、Visa、Mastercard、JCBの3ブランドから選べます。

世界中で使える加盟店が多いのはVisa、Mastercardですが、もうすでにどちらかを持っているならば、JCBブランドで作るといいでしょう。

JCBブランドのみ、nanacoチャージでポイントが貯まります。

Yahoo!JAPANカードのポイント還元率は1%

Yahoo!JAPANカードのポイント還元率は1%です。カード100円の利用でTポイントが1ポイント貯まります。

公共料金や税金での支払いでも1%のポイントが貯まるのは、生活費を節約することにもつながりますよね。

Tポイントが貯まる店舗で使えば、ポイントを2重取りすることができます。

Yahoo!ショッピングとLOHACOは3倍のポイントが貯まる

Yahoo! ショッピングとLOHACOは、3倍Tポイントが貯まります。100円の利用につき、Tポイントが3ポイント貯まるため高還元カードといえます。

Yahoo! ショッピングとLOHACOをよく利用する人にとって、最もお得なカードがYahoo!JAPANカードといえますよね。

TカードとしてTポイントやTマネーを使える

TSUTAYAのみならず、ファミリーマートやガストなどのTポイントが貯まる店舗でTポイントやTマネーを使うことができます。

もう現在他のTカードを持っていたとしても、ポイントを合算することもできます。

ショッピング保険(動産総合保険)を付帯

Yahoo! JAPANカードで購入した商品に対し、ショッピングガード保険が適用されます。

購入日より90日間補償が続き、Yahoo!ショッピングやヤフオク!以外でも、街中の店舗で購入したものも対象となります。

対象となるのは商品価格が税込10,000円以上するものとなり、支払金は年間で100万円が限度です。1事故につき、自己負担額が3,000円かかります。

Yahoo! JAPANカード

Thumbnail yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短7日 最大100万円
  • 分割払い

プラチナ補償に加入すると様々なトラブルに対して補償される

Yahoo! JAPANカードのユニークな特典として、「プラチナ補償」があげられます。

年間ではなく月額で490円(税抜)かかるのですが、ありとあらゆる18種類のトラブルに対応しているのは類をみないトラブル補償です。

  • 携帯電話水濡れ・全損補償
  • 電子デバイス災害補償
  • お悔やみ帰省お見舞い
  • 海外旅行持ちもの損害補償
  • 車上荒らし被害補償
  • 旅行・イベントキャンセル補償

など、クレジットカードの補償にしては十分すぎるくらいのサポートが、「プラチナ補償」には付帯されています。

月額で490円(税抜)かかるとはいえ、検討してみる価値は大いにありそうです。

ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)の注意点

疑問

年会費無料でポイント還元1%、ショッピングガード保険も入っているYahoo!JAPANカードですが、注意点も少なからずあります。

Yahoo!JAPANカードには海外旅行保険が付帯されていない

先ほど紹介したようにYahoo!JAPANカードで支払った商品に対して、ショッピングガード保険が適用されます。

しかし、海外旅行保険が付帯されていないため、Yahoo!JAPANカードで旅行代金を支払ったとしても、トラブルに巻き込まれた際の補償がありません。

カードそのものが盗難や紛失に遭った場合には、カードで不正利用された分は手続きをすれば補償されますが、病気やケガなどの医療費は賄われません。

海外旅行を予定している人は、月額490円のプラチナ補償を検討してみましょう。

まとめ

Yahoo!ショッピングやLOHACOをよく利用する人にとっておすすめなのが、Yahoo!JAPANカードです。

基本のポイント還元率も1%と高還元なのですが、Yahoo!ショッピングやLOHACOではいつでもポイントが3倍で100円につき3ポイントが貯まります。

また日常のあらゆるトラブルを補償してくれる「プラチナ補償」も、オプションの月額490円(税込)で付帯させることができます。

貯まるポイントもTポイントと、汎用性が高いポイントで使い道に困ることもなく、おすすめのクレジットカードといえますね!

Yahoo! JAPANカード

Thumbnail yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短7日 最大100万円
  • 分割払い

2017.04.06

Tポイントをクレジットカードで!国内最大共通ポイントの活用方法

国内最大の共通ポイントであるTポイント。TSUTAYA以外に、ファミリーマートやマツモトキヨシなど、様々なお店でポイントが貯まりますよね。「TカードはTSUTAYAでしか出さない」、「ポイントがいくら貯まっているかわからない」という人も、自分の生活圏でTポイントが貯まる場面をおさらいしてみると、その提携先の多くに驚くかもしれません。さらに、今実際に貯めていると言う方も、クレジットカードやその他様々なキャンペーンや仕組みを理解すれば、今よりもっともっとポイントを貯められます。そんなTポイントを、もっとお得に貯められるクレジットカードをこの記事で紹介します。特におすすめのクレジット機能を持つTカードを4種類、こちらの記事で紹介します。

2017.08.16

ファミリーマートで断然お得なクレジットカード!ファミマTカードでお得にポイントを貯める方法

ファミマTカードでお得にポイントを貯める方法を解説!LINE Payカードと組み合わせると3%還元のクレジットカードに! ファミリーマートが発行しているファミマTカードは下記の3種類が存在します。 ファミマTカード(クレジットカード) ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード) ファミマTカード(ポイントカード) この中でファミリーマートの支払い1番お得になるのは、クレジットカードのファミマTカード(クレジットカード)です。ポイント還元率は基本0.5%ですが、ファミリーマートの利用では2倍の1%、さらにカードの日(火曜日や土曜日)なら5倍の2.5%のTポイントが貯まります。 他にも会員限定割引など、ファミリーマートでは様々な特典を受けられるクレジットカードです。 ここではファミリーマートのお得な支払方法と、ファミマTカード(クレジットカード)について解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら