ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は東京メトロ&ANA利用者必見

電車のホームで電話する女性

航空会社大手・全日空(ANA)と東京メトロが提携したカードに「ANA To Me CARD PASMO JCBソラチカカード)」があります。

ANAと東京メトロが提携したカードだけに、ANAや東京メトロの利用者に大きなメリットがあるカードとして知られています。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

Thumbnail tome ana

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

PASMO(パスモ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別)
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日 公式サイト参照 ①0.3%~1.0% ②公式サイト参照 無料

この記事を読んでいるあなたは、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)に興味があって、どんなカードなのかを詳しく知りたい方ではありませんか?そんなあなたは今、

  • ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード) とは何か知りたい
  • ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード) を作るべきか知りたい
  • ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード) のメリットやデメリットが知りたい

上記のように思っていませんか?

この記事を読んで頂ければ、他のページは見なくともANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のすべてを知ることができます。

またこのカードを作るべきか持ち続けるべきかどうかの判断ができるようになります。

ぜひ最後まで読んで、あなたのクレジットカード選びの参考にしてください。

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の概要をカンタンに解説

地下鉄を行き交う人々

まずは、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード) がどのような特徴を持ったカードなのかを知るために基本情報を見ていきましょう。

この章でお伝えするのは

  • ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の年会費
  • ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のポイント還元率
  • ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の国際ブランド

これらの3点です。早速、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

Thumbnail tome ana

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

PASMO(パスモ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別)
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日 公式サイト参照 ①0.3%~1.0% ②公式サイト参照 無料

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード) の年会費

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の年会費は以下の通りです。

会員種別 年会費
本会員 2,000円(税抜)
家族会員 1,000円(税抜)

また、入会資格は18歳以上で

  • 本人あるいは配偶者に継続して安定した収入がある人
  • 高校生を除く学生

上記の条件のいずれかを満たす人になります。

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のポイント還元率

次に、誰もが気になるポイント還元率およびポイント制度について見ていきましょう。

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)を利用すると、毎月の利用合計額1,000円につきJCBのポイント「Oki Dokiポイント」が1ポイント付与されます。

Oki Dokiポイントをメトロポイントに変換した場合、1Oki Dokiポイントは5円相当です。還元率は0.5%となります。

また、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)は、Oki Dokiポイントのほかに、ANAのマイレージプログラム「ANAマイル」を貯めることができます。

国際ブランドはJCBのみ

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の国際ブランドはJCBのみです。

海外の色々な国に旅行に行く人で、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)をメインカードとして使いたい人は、VISAブランドかMastercardブランドのクレジットカードをサブカードとして持っておくことをおすすめします。

そうすることでJCBが使えない店舗でも、VISAかMastercardのカードで決済することができますよね。

この章では、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の基本情報をお伝えしてきました。

どういったカードかの概要が分かったところで、次の章ではANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のメリット面を見ていきましょう。

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード) のメリット

カードを見せる女性

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)は数多くのメリットがあるカードですが、筆者が特に強調したいポイントは以下の通りです。

  • 3つのポイントがお得に貯まる
  • マイルへの還元率が高い
  • PASMOを一体にできる

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

3つのポイントがお得に貯まる

先ほども少し触れましたが、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)は以下の3つのポイントを貯めることができます。

  • Oki Dokiポイント
  • ANAマイル
  • メトロポイント

少しややこしいので整理して説明します。

クレジットカード利用分:Oki Dokiポイント

通常のクレジットカード利用分は、JCBのOki Dokiポイントが貯まります。1,000円で1Oki Dokiポイント(5円相当)を貯めることができます。

還元率は0.5%です。公共料金などの支払でも0.5%分のOki Dokiポイントが貯まります。

ANAの搭乗やANA提携店舗:ANAマイル

ANA航空機への搭乗やANA提携先店舗での利用で貯めることができるのは、ANAマイルです。

貯まるマイルはどれだけの距離を飛んだかや、航空券の割引率、座席のクラスなどによっても変わります。

ANAマイルはANAの航空券や電子マネーギフトカードなどと交換することができるほか、メトロポイントへも移行することができます。

また、Oki DokiポイントからANAマイルに移行することも可能です。

東京メトロの乗車やメトロ内の店舗:メトロポイント

東京メトロへの乗車や東京メトロ内の店舗・自動販売機で貯めることができるのが、東京メトロのポイント「メトロポイント」です。

東京メトロ内の自動販売機では100円で1ポイント店舗では200円で1ポイント貯まります。(どちらも税込)

また、1乗車につき平日5ポイント休日15ポイントが付与されます。なお、これらのメトロポイントが付与されるには事前に「メトロポイントPlus」の登録が必要です。

■東京メトロの定期券を購入すればポイント二重取り!

加えて、東京メトロの定期券をANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)で支払うとメトロポイントとOki Dokiポイントが二重取りできます。

貯めたメトロポイントは、電子マネー「PASMO」へのチャージに使うことができるほか、ANAマイルへ移行することもできます。

このように、東京メトロとANAを日常的に使っている人にとっては、効率的にポイントやマイルを貯めることができるクレジットカードです。

他のポイント還元率の高いカードと併用することで最強になる

通常利用分をポイント還元率の高い他のクレジットカードで支払うと、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)はより魅力的なカードになります。

その理由は、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のANAマイルへの移行率の良さです。

■他の高還元カードで貯めたポイントをメトロポイントに移行することで叶う

ソラチカカードの還元率は0.5%程度ですが、他の1.0%など還元率の高いカードでポイントを貯めてから、ポイントサイト経由でメトロポイントに交換します。

そしてメトロポイント経由でANAマイルに交換した場合、ソラチカカードを保有していればポイント移行移行率は0.9倍になります。100メトロポイントで90マイルがもらえるのです。

ANAマイルへのポイント移行率が0.9倍というクレジットカードは、現在のところANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)だけです。

ちなみに、ソラチカカード以外のTo MeカードのANAマイルへのポイント移行率は0.6倍に設定されていますので注意してください。

このように、ANAマイルやメトロポイントを効率的に貯めることができるANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)ですが、ショッピングや食事代金などの通常利用分のポイント還元率があまり高くない(0.5%)のがネックです。

先述したように、クレジットカードの通常利用分で貯まるOki Dokiポイントのポイント還元率は0.5%です。

ポイント還元率0.5%は数あるクレジットカードの中で、決して高い還元率とは言えません。クレジットカードの中には還元率が1.0%を大きく超えるようなクレジットカードも珍しくありません。

効率良くポイントを貯めるためには、

  • 通常利用分を高還元率の他のクレジットカードで支払う
  • ANA航空機搭乗分、東京メトロの運賃はANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)で支払う

という方法をおすすめします。

マイルへの還元率が高い

ANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード)は、マイルへの還元率が高いことで知られています。ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)は、コースによってマイル付与率が下記のように異なります。

コース名 マイル移行手数料 マイル付与率
5マイルコース 無料 0.5%
10マイルコース 5,000円(税別) 1.0%

より具体的に言うと、1,000円の利用につき5マイルコースは5マイル、10マイルコースは10マイルを貯めることができます。

5マイルコースのマイル移行手数料が無料なのも魅力ですが、年間で30万円弱利用するという方は10マイルコースでも十分元が取れる計算になります。

PASMOを一体にできる

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)は、PASMO機能を搭載できます。PASMOは、東京メトロはもちろん、JR、バスなどで使える交通系ICカードです。

また、各地方の鉄道事業者と相互提携を結んでいるため、全国の鉄道やバスで事前に切符を買うことなく乗車することができます。

もちろん、定期券機能を付けることも可能です。東京メトロを利用している人で、あまりカードを増やしたくないというには打ってつけのカードです。

以上この章では、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のメリット面に焦点を当ててお伝えしてきました。

メリットだけを見て、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)に魅力を感じた方も多いのではないでしょうか。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

Thumbnail tome ana

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

PASMO(パスモ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別)
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日 公式サイト参照 ①0.3%~1.0% ②公式サイト参照 無料

しかし、クレジットカードを作る際にはデメリット面や注意しなければならないポイントも十分把握しておく必要があります。

そこで、次の章でANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のデメリットについてお伝えしていきます。

先に知っておこう!ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード) のデメリット

クレジットカードを持ちながらへこむ女性

ここまで見てきたように、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)は数多くのメリットがあるカードです。

しかし、メリットがあればデメリットや注意しなければならないポイントも存在します。筆者が考えるANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の主なデメリットは以下の2点です。

  • 1枚単体で使うにはお得度に欠ける
  • ポイント制度がわかりにくい

それぞれのデメリット面の詳細を紹介していきます。

1枚単体で使うにはお得度に欠ける

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)は、1枚だけで使うにはお得度にかけてしまうことがデメリットです。

先述したように、クレジットカードの通常利用分に貯まるOki Dokiポイントの還元率が0.5%とあまり高くありません。

とはいえ、ANAマイルやメトロポイントはお得に貯めることができるので、通常利用分を他の高還元率のカードで支払うことをおすすめします。

ポイント制度がわかりにくい

ポイント制度が分かりにくいのもANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のデメリットのひとつです。

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)は利用の仕方によって、Oki Dokiポイント、ANAマイル、メトロポイントの3つのポイントが貯まります。

一見お得なように思えますが、うまく活用しないと、不利な条件でポイント交換してしまうなどの損をしてしまいます。

3つのポイント制度をうまく活用する自信がない人は他のカードを検討することをおすすめします。

この章では、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のデメリット面をお伝えしてきました。これでメリットとデメリットの両方が把握できたのではないでしょうか。

クレジットカードを決める際には、ぜひメリットと同様にデメリットも重視して決めてください。

次の章では、メリットとデメリットを複合的に考慮すると見えてくる、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の利用をおすすめしたい人についてお話ししていきます。

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)はこんな人におすすめ

タブレットとカードを持つ女性

この章では、これまでお伝えしてきた情報を踏まえて、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の利用におすすめの人のタイプを紹介していきます。

筆者が考えるANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)に向いているのは以下のタイプの人です。

  • 東京メトロ沿線に住んでいる人
  • 還元率の高い他のカードと組み合わせることができる人

それぞれ、詳細を見ていきましょう。

東京メトロ沿線に住んでいる人

東京メトロ沿線に住んでいる人は、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の入会をおすすめします。

乗車券を買って東京メトロに乗るだけで平日は5ポイント土日祝日は15ポイントのメトロポイントが付与されます。

また、東京メトロ駅構内の自動販売機は100円の利用につき1ポイント、店舗は200円の利用につき1ポイントが付与されます。

貯まったポイントは、PASMOへのチャージに使えるほか、100メトロポイント=90ANAマイルに変換することができます。

東京メトロ沿線に住んでいたり営業の仕事をしているなど、日常的に東京メトロを使うという人は、持っておいて損はない1枚です。

還元率の高い他のカードと組み合わせることができる人

還元率の高い他のカードと組み合わせることができる人にもANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)は向いています。

先述したように、通常クレジットカード利用分のポイント還元率が低いのがANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)の大きな弱点ですが、この弱点も還元率の高いカードと組み合わせることで解消できます。

すでに還元率の高いカードを持っていて、新たに東京メトロ用ANA用のクレジットカードを探している人にとってはぴったりの1枚です。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

Thumbnail tome ana

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

PASMO(パスモ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別)
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日 公式サイト参照 ①0.3%~1.0% ②公式サイト参照 無料

まとめ

今回の記事では、東京メトロと全日空(ANA)が提携して発行しているクレジットカード「ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)」を詳しく紹介してきました。

ここまで読んで頂いたあなたはもうすでに、自分にとってANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)が合っているかどうかの判断がついているのではないでしょうか。

最後に、申し込みを本格的に検討している方に向けて、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)のメリットとデメリットをおさらいしていきます。

▼ メリット

  • 3つのポイントがお得に貯まる
  • マイルへの還元率が高い
  • PASMOを一体にできる

▼ デメリット

  • 1枚単体で使うにはお得度に欠ける
  • ポイント制度がわかりにくい

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)に興味を持った人は実際に申し込む前に、ぜひ上記のメリット・デメリットを思い出してください。

この記事が、あなたの暮らしをより豊かにするための一助になれば幸いです。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

Thumbnail tome ana

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

PASMO(パスモ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別)
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日 公式サイト参照 ①0.3%~1.0% ②公式サイト参照 無料

2018年最新おすすめクレジットカードを徹底比較

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

ネットショッピングやお店の決済が便利で、ポイントも貯まる便利でお得なクレジットカード。「たくさん種類があってどれを作ったら良いかわからない」そんなあなたにおすすめのクレジットカードや専門家からのカード選びのポイントを解説します。あなたにぴったりのクレジットカードを見つけましょう。

2017.06.06

PASMOのチャージはクレジットカードで!自分に合うカードを選ぶ基準

日頃何気なくPASMOを利用しているけれど、PASMOはただ電車に乗るため以外にもお得な利用方法がたくさんある・・・こう聞くと、その方法を簡単に知りたいと思う方が多いのではないでしょうか。 PASMOを便利にするためには、PASMOとクレジットカードの一体型カードを利用することがポイントとなります。 以上の点をふまえて、今回はPASMOのより便利な利用方法と、自分に合ったカードの選び方をご説明します。 この記事を読めば、自分にぴったり合ったクレジットカードを選ぶことができますよ。もっとお得なPASMOとクレジットカードの活用術を理解しましょう。

飛行機を持つ少女

2017.04.03

ANAカードを徹底解剖!マイルが貯まるおすすめANAカード

ANAのクレジットカードは、1年に1度も自分で航空券を買わなくても、ショッピングなどの日常利用でマイルがどんどん貯まっていくのでとてもお得です。ポイント移行などもしやすいのがANAマイルのメリットですが、実はその仕組みが少し複雑です。ANAカードといっても種類が本当にたくさんあるので、どれが一番お得かというのがイマイチ掴みにくいのが一つの理由といえるでしょう。知らず知らずのうちに、マイルを損してしまっているかもしれないのがANAマイルです。それに加えJALのマイルもあるため、まずどちらを作ればいいかということもあるため、マイルはより複雑なテーマとなっています。そんなすべての疑問にお答えすべく、ANAのマイル攻略方法をクレジットカードの活用術から徹底解説します!「ANAのクレジットカードとJALカード、どちらを作ればいいのか迷っている!」という悩みにもこの記事でお答えします。

ANA飛行機

2017.10.18

ANAマイレージのマイルを貯める&使う!マイルをムダにしない活用法

ANAの飛行機に乗るともらうことのできるANAマイル。ANA便に乗る機会がありANAマイレージクラブに入会したものの、貯めたマイルをどのように活用すればいいのか分からない人は意外と多いのではないでしょうか? ANAマイレージクラブで貯めたマイルを何に交換できるのか知りたいと思いませんか? 他にも、 ANAマイルを効率的に貯められるクレジットカード ANAマイレージとJALマイレージとの違い ANAのマイルが貯まるスターアライアンスとは何か? についてご紹介していきます。 ANAのマイルがいくらか貯まっているのは知っているけれど、活用できないまま有効期限を迎えてしまった!ということにならないようにするためにも、今回は、ANAマイレージの貯め方と使い方、1マイルでもムダにしない賢い活用方法を紹介します。 これで、ANAマイレージクラブで貯めることのできるANAマイルの貯め方と使い方を知ることができるようになります。

空港から旅立つ人

2017.06.05

旅行好きなら貯めなきゃ損?クレジットカードを賢く使ってマイルを貯めよう

クレジットカードを使うと「マイルが貯まる」というのは有名な話ですが、「マイルとポイントの違いがわからない」「貯め方も使い方もわからない」という人も多いです。まさにマイルは航空会社からの特別招待チケット。自分の持っているマイルに気がつかず、もらえるはずの無料の航空券を交換し損ねていませんか?特に旅行が好きな人にとって、無料で北海道や沖縄、ハワイやヨーロッパに無料で行けるチャンスがあれば、活用したいもの。今回は賢いマイルの貯め方と使い方、ポイントとの違いについて解説します。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

    クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

     
     

    利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら