ソフトバンクの料金はどのクレジットカードで支払うのが得?ソフトバンクカードのメリット・デメリットについて解説

パソコンをしながらクレジットカードを持つ女性

ここではソフトバンクが発行しているソフトバンクカードと、ソフトバンクの携帯料金をお得に支払う方法について解説します。

現在発行されているソフトバンクカードは厳密にはクレジットカードではなく、VISAプリペイドカードの一種です。以前は4種類の国際ブランドに対応するクレジットカードのSoftBankカードを発行していましたが、現在は新規受付を停止しています。

現行のソフトバンクカードではVISA以外の国際ブランドは選べません。またプリペイドカードなので、基本的には事前にチャージした残高分だけ決済が可能です。

ソフトバンクカードはau WALLETカードのように支払額の0.5%がTポイントで還元されます。チャージ方法はいろいろあって複雑ですが、ソフトバンクまとめて支払いチャージなら間接的にクレジットカードからチャージしてポイント二重取りが可能です。

他にもYahoo!ショッピングのポイント付与率がアップするといった特典も付帯されています。そんなソフトバンクカードについて解説します。

ソフトバンクカードの特徴

クレジットカードとスマートフォン

ソフトバンクカードとは、ソフトバンクユーザー向けに提供されているプリペイドカードです。12歳以上のソフトバンクユーザーが申し込むことができます。

類似のサービスとしては、KDDIがauユーザー向けに提供しているau WALLETカードがあります。auではクレジットカードも発行していますが、ソフトバンクカードはプリペイドカードのみの提供となります。

ただし無料のオプションを申し込むことで、クレジットカードと同じように使うことは可能です。

まずはソフトバンクの主な特徴から紹介していきます。

VISAブランドのプリペイドカード

ソフトバンクカードは、VISAブランドのプリペイドカードです。クレジットカードのVISAに加盟している店舗なら、クレジットカードと同じように決済することができます。

ただし公共料金や月額課金制のサービスなど、一部支払いに利用できないものもあります。あくまでもプリペイドカードなので、その点は注意が必要です。

入会にあたって審査は不要

入会や発行にあたって審査は不要です。

ソフトバンクユーザーかつ12歳以上という条件はありますが、その2点さえ満たせば誰でも持つことができます。

年会費は永年無料

年会費は永年無料なので、ソフトバンクカードを利用することで余計な費用が発生することはありません。

ポイント還元率は基本0.5%

Tポイントイメージ

ソフトバンクカードで決済すると、通常は支払額200円につき1ポイントのTポイントが貯まります。

ただし後述するように「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」ならポイント二重取りで最大2%の高還元率を実現することが可能です。あるいは「おまかせチャージ」なら常時2倍、1%のTポイントが付与されるようになります。

これらを両立することは不可能なので、利用スタイルなどに合わせてどちらか一方を選びましょう。

Yahoo!ショッピングやロハコのポイント付与率が2%アップ

ソフトバンクグループが運営するYahoo!ショッピングやLOHACO(ロハコ)の決済でソフトバンクカードを利用すると、ポイント付与率が2%アップします。

基本の1%と合わせて最低でも3%のTポイントが貯まります。

スマートログインと合わせて最大7%アップ

またスマートログインが設定されているYahoo! JAPAN IDでログインして商品を購入すると、さらに5%のTポイントが付与されます。

スマートログインとは、ソフトバンクの携帯電話を利用して提携先のサービスに自動的にログインするサービスです。2017年4月10日現在、対応機種は以下のように定められています。

  • iPhone
  • iPad
  • スマートフォン(Xシリーズを除く)
  • タブレット
  • フィーチャーフォン(4Gケータイ、AQUOS ケータイ)

旧式のフィーチャーフォン、いわゆるガラケーはスマートログインに対応していない可能性が高いですが、スマートフォンやタブレットなら基本的に対応しています。

スマートログインとソフトバンクカードの利用特典を合わせると、Yahoo!ショッピングのポイント付与率は常時8%にアップして非常にお得です。

ソフトバンクユーザーはYahoo!プレミアム会員の特典も

さらに2017年6月1日から、スマートログインを設定したソフトバンクユーザーに対してYahoo!プレミアム会員の全特典が無料で使い放題になるキャンペーンも行われています。

これによりプレミアム会員の月額利用料462円が不要になるだけでなく、Yahoo!ショッピングとロハコのポイント付与率がさらに4%アップして常時12%となります。

  • 基本ポイント:1%
  • ソフトバンクカードで決済:+2%
  • スマートログインの設定:+5%
  • プレミアム会員特典:+4%

金券類など一部特典が適用されない商品もありますが、かなりお得であることは間違いありません。

いずれの施策も終了時期は明言されていませんが、当面の間は継続されるでしょう。

期間固定ポイントに注意

ソフトバンクカードやスマートログインなどの特典で進呈されるTポイントは期間固定ポイントとなる点には注意しましょう。

期間固定ポイントは有効期限が通常よりも短いだけでなく、ポイントごとに利用先も限定されてしまいます。定期的にYahoo!ショッピングを利用する方であれば問題ないですが、そうでない方は気をつけましょう。

ところでソフトバンクカードはソフトバンクグループ以外でもお得にTポイントを貯められます。

TカードとしてTポイントを使える

ソフトバンクカードはTカードの機能も搭載されているので、TSUTAYAなどのTポイント加盟店で提示することでTポイントを貯めたり使うことができます。

他の一般的なTカードとは異なりTマネーの機能は搭載されていませんが、Tマネー自体が特にメリットがない電子マネーなので大したデメリットではないでしょう。

Tポイントを貯めて使うだけならソフトバンクカードで十分です。

ソフトバンクまとめて支払いチャージならポイント二重取りが可能

ソフトバンクカードを最大限活用するためには「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」を利用しましょう。

ソフトバンクまとめて支払いチャージを利用すると、ソフトバンクカードのチャージ料金を携帯料金と合算して支払えます。つまり携帯料金の支払いにクレジットカードを設定しておけばポイント二重取りが可能です。

ソフトバンクカードのポイント還元率は0.5%なので、例えばポイント還元率が1%のクレジットカードでチャージすれば合計1.5%、1.5%のクレジットカードなら合計2%の還元を受けられます。

クレジット機能(おまかせチャージ)を申し込むとクレジットカードとしても使える

本来ソフトバンクカードは事前にチャージが必要な、プリペイドカードです。しかし、クレジット機能(おまかせチャージ)を申し込むと事前チャージが不要で決済可能になります。

例えばチャージ残高が0円の状態で1万円の買い物をしようとすると、決済と同時に1万円がチャージされます。チャージ料金はすぐに銀行口座から引き落とされるわけではなく、毎月末日締めで翌月27日に支払われるのでまさにクレジットカードと同じですね。

わざわざ手動でチャージするのが面倒だという方に向いているチャージ方法です。

ポイント還元率は1%にアップ

クレジット機能(おまかせチャージ)を申し込んだソフトバンクカードのポイント還元率は、通常の2倍、支払額100円につき1ポイント(還元率1%)が付与されるようになります。

申し込み時に審査が行われる

ソフトバンクカードの発行自体は審査が不要ですが、クレジット機能(おまかせチャージ)を申し込む際には審査が行われます。

このクレジット機能(おまかせチャージ)を提供しているのはYahoo! JAPANカードを発行しているワイジェイカード株式会社です。そのためYahoo! JAPANカードの入会時と同等の審査が行われると考えられます。

Yahoo! JAPANカードの発行難易度はそれほあてあmど高くありませんが、審査の結果次第ではクレジット機能(おまかせチャージ)が利用できないという場合もあるので注意しましょう。

ソフトバンクの料金の支払いにも使える

クレジット機能(おまかせチャージ)を申し込むと、ソフトバンクカードでソフトバンクの携帯料金を支払うことが可能になります。携帯料金はチャージ料金に合算されて、登録した銀行口座から引き落とされます。

チャージ料金を携帯料金と合算して他のクレジットカードで支払う「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」とは真逆のようなイメージですね。

チャージ方法によって使い方が180度変わってしまうので、理解するのが大変かもしれません。

しかし結論を述べるとクレジット機能(おまかせチャージ)を選ぶ意味はほぼないので、ソフトバンクカードを利用するなら「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」一択です。

クレジット機能(おまかせチャージ)を利用するメリットはない?

クレジット機能(おまかせチャージ)を選ぶ意味がないと書いた理由は2つあります。

まずチャージが面倒ならば、そもそもプリペイドカードではなく普通のクレジットカードを作れば良い話です。

またポイント還元率についても2倍になったところで1%です。1%以上のポイントが付与される年会費無料のクレジットカードは、楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントなど多数存在します。もっと言えば、Yahoo! JAPANカードが年会費永年無料でポイント還元率が1%です。

Yahoo! JAPANカード

Thumbnail yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短7日 最大100万円
  • 分割払い

しかもYahoo!ショッピングを利用すると付与率が2%アップする特典も付帯されているので、クレジット機能(おまかせチャージ)を適用したソフトバンクカードとほぼ同等の仕様になっています。

強いてメリットを挙げるなら、既にソフトバンクカードを持っていれば新しく作り直さなくてもクレジットカードとして使えるということくらいでしょうか。

特に理由がなければ、ソフトバンクカードでクレジット機能(おまかせチャージ)を申し込むよりも、Yahoo! JAPANカードを作ることをおすすめします。

ソフトバンクカードのメリット

カードを持ちながらスマホを触る女性"

ここまでの内容を総括して、ソフトバンクカードを利用するメリットを簡単にまとめました。

クレジットカードからのチャージでポイントを二重取りできる

ソフトバンクまとめて支払いチャージを利用すれば、間接的にクレジットカードからチャージすることが可能です。

つまりチャージと決済でポイント二重取りが可能になるので、普通にクレジットカードで決済するよりも0.5%分お得になります。

携帯料金の支払いに設定するクレジットカードも必要ですが、基本的にどのクレジットカードでもソフトバンクカードを組み合わせることで、ポイント還元率を0.5%上乗せすることが可能です。

Yahoo!ショッピングの買い物がお得になる

Yahoo!ショッピングのポイント付与率がアップするのも大きなメリットですね。スマートログインやプレミアム会員の特典を合わせると、還元率は12%にもなります。

期間固定ポイントには要注意ですが、Yahoo!ショッピングやロハコを利用する方にとっては非常にお得です。

ポイント二重取りやYahoo!ショッピングでTポイントを貯めやすいソフトバンクカードですが、デメリットや注意しないといけない点もあります。

ソフトバンクカードのデメリット

クレジットカードを見つめて口をふさぐ女性

ソフトバンクカードで注意しないといけないのは、競合サービスの存在でしょう。

おまかせチャージのメリットは薄い

ソフトバンクカードのチャージ方法として「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」と「おまかせチャージ」の2種類を紹介しましたが、この2つを同時に利用することはできません

まとめて支払いでポイント二重取りを狙うなら、手動でその都度チャージしないといけません。そのため、携帯料金の支払いのために別のクレジットカードを用意する必要があります。またソフトバンクカード自体のポイント還元率は0.5%のままです。

逆に、おまかせチャージを申し込むとポイント還元率が2倍の1%になりますが、他のクレジットカードと組み合わせてポイントを二重取りすることは不可能です。

おまかせチャージを利用するのであれば、最初から普通のクレジットカードを使うほうが良いでしょう。特にワイジェイカードが発行するYahoo! JAPANカードなら同等以上の特典が付帯されています。

例えばショッピング保険やプラチナ補償はYahoo! JAPANカードだけの特典で、ソフトバンクカードには付帯されていません。またソフトバンクカードはソフトバンクユーザー向けのプリペイドカードです。

ソフトバンクを解約してドコモやauなど他社に乗り換えると、恩恵を受けられなくなります。

ソフトバンクカードをクレジットカードとして使いたいのであれば、豊富な特典が付帯されているYahoo! JAPANカードをおすすめします。

Tポイントでチャージすると目減りする

ソフトバンクカードで貯めたTポイントの使用方法については注意が必要です。

Tポイントは1ポイント=1円で加盟店の支払いに使えますが、ソフトバンクカードのチャージに充当することも可能です。ただしチャージに使用すると100ポイントが85円相当に目減りしてしまいます。

「価値が落ちるならわざわざチャージせずに、普通にポイントのまま使えば良いのではないか」と思われるかもしれませんが、チャージだとVISA加盟店で使えるのが大きなメリットです。また決済額に応じてまたTポイントが貯まります。

TポイントのままだとTポイントの加盟店でしか使えませんし、ポイント利用分に対してはポイントが付与されません。金額にすると地味な差ではありますが、競合サービスと比較すると見劣りしてしまいます。

au WALLETやLINE Payは1ポイント=1円相当でチャージ可能

例えばライバル的存在のau WALLETカードは、WALLETポイントを100ポイントチャージするとしっかり100円分チャージされます。

またLINE PayカードはLINEポイントを1ポイント=1円からチャージに充当することが可能です。

しかもLINE Payカードは普通に現金でチャージしても支払額の2%がポイントで還元されますし、ポイント二重取りでそれ以上を狙うこともできます。

国際ブランドやチャージ料金が引き落とされるタイミングが異なるため、完全にソフトバンクカードのほうが劣っているというわけではありませんが、Tポイントに対して魅力に感じない方はLINE Payカードのほうが向いているかもしれません。

2017.07.28

LINE Payカードはクレジットカードよりもお得なプリペイドカード!作り方やチャージ方法、メリット・デメリットを解説

メッセージアプリ「LINE」をご存知の方は多いと思いますが、そのLINEを利用したモバイル決済サービス「LINE Pay」や「LINE Payカード」はご存知でしょうか。 LINE Payはオンラインショップなどの加盟店で決済したり、LINEの友だちに送金することができるサービスです。またLINE Payカードを発行すれば全国のJCB加盟店でもクレジット決済が可能になります。LINE Payカードの特筆すべき点はポイント還元率です。支払額の2%がポイントで還元されるという、ほぼすべてのクレジットカードを圧倒する高還元率を誇ります。さらにファミマTカードを組み合わせれば、限定的にではありますが3%還元を実現することも可能です。LINE Payの概要や、LINE Payカードの使い方などについて解説します。

ソフトバンクの携帯料金はどのクレジットカードで支払うのがお得?

Selectボタンと女性達

最後に、ソフトバンクの携帯料金をお得に支払う方法について説明します。

おまかせチャージを申し込めばソフトバンクカードで携帯料金を支払えることは既に説明した通りです。しかしその場合のポイント還元率は1%に過ぎません。

もしポイント還元率が1%以下のクレジットカードしか持っていないのであればソフトバンクカードで支払っても良いかもしれませんが、その場合はポイント二重取りができないというデメリットもあります。

ソフトバンクカードを活用しつつ携帯料金をお得に支払うためには、ポイント還元率が1%以上のクレジットカードで支払いましょう。

おすすめのクレジットカードは、年会費が無料のオリコカード・ザ・ポイントや楽天カード、Yahoo!JAPANカードです。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
  • 家族カード
  • 分割払い

楽天カード

Thumbnail master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

Yahoo! JAPANカード

Thumbnail yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短7日 最大100万円
  • 分割払い

ソフトバンクは携帯料金の0.5%がTポイントで還元される

ソフトバンクの携帯電話を利用すると、支払方法にかかわらず利用料金1,000円(税抜)につき5ポイントのTポイントが貯まります。

ソフトバンクカードの決済でもTポイントが貯まるので、携帯料金の支払いに設定するクレジットカードもTポイントを貯められるものにしておくとポイントが分散するのを防げます。

Tポイントを貯められて高還元率のクレジットカードと言えばP-one Wizです。

P-one Wizがおすすめの理由

P-one Wizは年会費永年無料のクレジットカードです。P-one Wizで決済すると、毎月の利用総額の1%が自動的に割引かれて、残りの0.5%に相当するポケット・ポイントが1ポイント付与されます。

ポケット・ポイントは500ポイントでTポイント500ポイントと交換することが可能です。そのため割引とポイントの付与を合わせると還元率は1.5%相当ということになります。

このP-one Wizを携帯料金の支払いに設定すれば、1%の割引と1%のTポイントが付与されて合計2%が還元されるというわけです。

ソフトバンクカードはまとめて支払いチャージで使い分けるのがベスト

またソフトバンクまとめて支払いチャージを利用すれば、ソフトバンクカードの還元率も2%になります。

ソフトバンクカードとP-one Wizの両方が使えるお店ではソフトバンクカードで決済するとお得です。しかしソフトバンクカードでは決済できないお店やサービスもあるかもしれません。そのような場合はP-one Wizで決済しましょう。

ちなみにP-one Wizの国際ブランドはVISA以外に、MastercardとJCBも選択することが可能です。ソフトバンクカードの国際ブランドと被ることを避けられます。

まとめ

今回はソフトバンクカードについて解説しました。

クレジット機能(おまかせチャージ)を申し込むとTポイントが2倍貯まって携帯料金を支払うことも可能になりますが、それでもポイント還元率は1%に過ぎません。

ソフトバンクカードを最大限生かすためには、「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」を利用しましょう。

Yahoo!ショッピングやロハコでは、スマートログインを設定することで常時12%還元になります。ただし期間固定ポイントには注意が必要です。

ポイントを消化するためにと、無駄な買い物をしてしまわないよう気をつけてくださいね。

この記事を書いた著者:GARNET

スマートフォンや格安SIMなどの話題が好きなブロガーです。 自分にとってベストなクレジットカードを模索中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら