三井住友VISAゴールドカードのメリットとデメリットを徹底解説

三井住友VISAカードは、大手クレジットカード会社「三井住友カード」が発行するVISAブランドのプロパーカードです。

VISAの決済システムを提供されているクレジットカードは数多くありますが、日本国内でVISAカードといえば、一般的にはプロパーカードである三井住友VISAカードのことを指します。

ちなみにVISAの加盟店の多さや取引額は世界シェア1位で、世界中どこに行っても使うことができます。

この三井住友VISAカードには、上級ステータスの三井住友VISAゴールドカードがあります。

この記事では三井住友VISAゴールドカードに焦点を当てて、どのようなサービスがあって、持っているとどのようなメリットがあるのかを中心にお話ししていきます。

三井住友VISAカード(ゴールド)

Thumbnail smbc gold

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~200万円 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

↑新規入会で最大10,000円分キャッシュバックのチャンス!↑

この記事を最後まで読めば、きっと三井住友VISAゴールドカードが自分に合っているかどうかが分かるはずです。

ぜひ最後まで読んで申込むべきか、持ち続けるべきかの判断材料にしてください。

三井住友VISAゴールドカードの概要

VISA クレジットカード

まずは、三井住友VISAゴールドカードがどういった特徴を持っているクレジットカードなのかを見ていきましょう。

この章では、年会費、付帯されている保険、ポイント制度といったまずは知っておきたい基本情報を詳しくお伝えしていきます。

三井住友VISAゴールドカードの年会費

三井住友VISAゴールドカードの年会費は1万円(税抜)です。

インターネット上で手続きを完了すると、初年度年会費が無料になるので、可能であれば申し込みはインターネットからすることをおすすめします。

また、以下の要件を満たせば翌年度の年会費が割引になります。

  • WEB明細書サービスの利用で翌年度年会費最大1,000円(税抜)割引
  • マイ・ペイすリボ(リボ払いサービス)の申し込み+利用で、年会費半額
  • 前年度100万円以上300万円未満の利用で、翌年度年会費が20%割引。前年度300万円以上の利用で、翌年度年会費が半額

三井住友VISAゴールドカードは、原則として30歳以上の安定継続収入がある人を申し込み対象にしています。20代でこのカードが欲しい人は残念ながら入会資格はありません

ただし、20代には20代専用のゴールドカード「プライムゴールドカード」を用意しています。

三井住友VISAカード(プライムゴールド)

Thumbnail smbc prime gold

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 5,000円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~200万円 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

いずれゴールドカードを持ちたい人は、まずはプライムゴールドカードを利用しつつ30歳になるのを待ちましょう。

三井住友VISAゴールドカードに付帯されている旅行保険など

三井住友VISAゴールドカードには、国内・海外ともに旅行傷害保険が自動付帯されています。それぞれ、どのような内容なのか見ていきましょう。

▼ 海外旅行傷害保険

保険の種類 保険金額
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療費用 最高300万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 最高300万円(1疾病の限度額)
賠償責任 最高5,000万円(1事故の限度額)
携行品損害 最高50万円(1旅行中かつ1年間の限度額)
救援者費用 最高500万円(1年間の限度額)
家族特約 あり

▼ 国内旅行傷害保険

保険の種類 保険金額
死亡・後遺障害 最高5,000万円
通院保険金日額 5,000円
手術費用 最高20万円

また、三井住友VISAゴールドカードで買った商品が、破損・盗難にあった場合の保険も付帯されています。概要は以下の通りです。

▼ お買い物安心保険(動産総合保険)

補償限度額 年間300万円
(自己負担額1事故につき3,000円)
対象期間 購入日および購入日の翌日から90日

いざトラブルに遭った場合に落ち着いて対応できるように、カード発行時からこのような補償については理解しておきたいですよね。

三井住友VISAカード(ゴールド)

Thumbnail smbc gold

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~200万円 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

↑新規入会で最大10,000円分キャッシュバックのチャンス!↑

三井住友VISAゴールドカードのポイント制度

三井住友VISAカードのポイント制度は「ワールドプレゼント」という名称です。1,000円ごとの利用で1ポイントが付与されます。

三井住友カードのキャッシュバックサービス「iDバリュー」やギフト券「VJAギフトカード」に交換した場合、1ポイント=5円相当の価値があります。

このように1,000円で5円の価値のポイントが付与されるということで、還元率は0.5%という計算になります。

なおポイントの交換方法は200種類以上ありますので、自分に一番合った交換先を見つけることがとても重要です。

ここまで、三井住友VISAゴールドカードの概要や基本情報をまとめてきました。三井住友VISAゴールドカードがどういった特徴を持ったクレジットカードか大体分かったところではないでしょうか。

次に、三井住友VISAゴールドカードの優れている点、持っていることのメリットを見ていきましょう。

充実した優待内容!三井住友VISAゴールドカードのメリット

3枚のVISAクレジットカード

この章では、三井住友VISAゴールドカードのメリット面に焦点を当てていきます。筆者が考える三井住友VISAゴールドカードの代表的なメリットは以下の通りです。

  • 充実したサポートサービス
  • カードラウンジが使える
  • 写真入りICカードが選べる
  • ボーナスポイントが通常カードの2倍
  • 世界中のほとんどの国と地域で使える

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

三井住友VISAカード(ゴールド)

Thumbnail smbc gold

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~200万円 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

↑新規入会で最大10,000円分キャッシュバックのチャンス!↑

充実したサポートサービス

三井住友VISAゴールドカードの大きなメリットのひとつに、サポートサービスが充実しているという点があります。

クレジットカードを使う上で一番怖いのが、クレジットカードの紛失や盗難です。

この対応が遅くなってしまうと不正利用につながってしまいます。三井住友VISAゴールドカードでは、紛失・盗難の連絡を24時間365日受け付けています。

真夜中になくしてしまっても翌朝まで待つ必要がありません。

カードラウンジが使える

三井住友VISAカードでは、全国28の空港にラウンジを用意していて、ゴールドカード会員は無料で使うことができます。

どのようなサービスが提供されているかは各空港によって違いがありますので、ここでは羽田空港に7ヵ所あるラウンジのうちエアポートラウンジ(中央)の、サービス内容を紹介します。

所在地 第1旅客ターミナル1階 中央付近
営業時間 6時~20時(年中無休)
主なサービス ソフトドリンク、アルコール(有料)、シャワー(有料)
インターネット環境 無線LAN(FLET’S SPOT、HOT SPOT、Mzone、BBモバイルポイント、BizPortal)、
有線LAN(ケーブルあり)、コイン式パソコン(有料)
同伴者料金 1名につき1,030円
(4歳以上13歳未満520円、4歳未満無料)

飛行機搭乗までに無料でドリンクを飲みながら寛げる空間があるのは、大きなメリットといえるでしょう。

写真入りICカードが選べる

三井住友VISAゴールドカードでは、通常のクレジットカードのほかに、写真入りICカードを選ぶことができます

写真入りICカードにすることで、不正利用のリスクが大幅に下がります

写真入りICカードを希望する場合には、写真なしカード入会後に写真取替申込書による申し込みが必要です。

インターネット手続きでは申込むことができませんので注意してください。

ボーナスポイントが通常カードの2倍

三井住友VISAカードは、前年度の利用額に応じて設定されたステージに応じて、今年度の買い物累計金額にボーナスポイントが付与されます。

プライムゴールドカード以上だと下の表のように、付与されるボーナスポイントが通常カードの2倍になります。

前年度支払いの買い物累計金額 プラチナ・ゴールド・プライムゴールドカード会員 左記以外のカード会員
300万円以上 50万円で300ポイント、以降10万円ごとに60ポイント 50万円で150ポイント、以降10万円ごとに30ポイント
100万円~300万円 50万円で150ポイント、以降10万円ごとに30ポイント 50万円で75ポイント、以降10万円ごとに15ポイント
50万円~100万円 50万円で100ポイント、以降10万円ごとに20ポイント 50万円で50ポイント、以降10万円ごとに10ポイント

この章では、三井住友VISAゴールドカードのメリットや良い面だけを抽出してお伝えしてきました。

三井住友VISAカード(ゴールド)

Thumbnail smbc gold

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~200万円 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

↑新規入会で最大10,000円分キャッシュバックのチャンス!↑

メリットを知ることと同じように重要なのが、デメリットや注意点をきちんと把握しておくことです。

次の章では三井住友VISAゴールドカードのデメリット面に目を向けていきましょう。

先に知っておこう!三井住友VISAゴールドカードのデメリット

ゴールドカード

先ほどの章で、三井住友VISAゴールドカードのメリットをお伝えしました。

メリットと同じくらい重要なのがデメリットや注意しなければならないポイントを知っておくことです。

この章で、デメリット面を詳しくお伝えしていきます。

三井住友VISAゴールドカードの代表的なデメリットは以下の通りです。

  • 基本のポイント還元率が低い
  • 他のゴールドカードに比べてユニークな優待が少ない

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

注意:基本のポイント還元率が低い

三井住友VISAゴールドカードのデメリットのひとつに、基本のポイント還元率が低いということがあります。

三井住友カードのポイント還元率は通常利用で0.5%です。この数字は極端に低いものではないものの、特別高いものでもありません。

他のクレジットカードの中には、ポイント還元率が1%を超えるものも多くあります。

ポイント還元率の高さだけを求めてクレジットカードを選びたい人には向いていません。

注意:他のゴールドカードに比べてユニークな優待が少ない

三井住友VISAゴールドカードには、他のゴールドカードと比べてユニークで希少価値の高い優待が少ないというデメリットがあります。

ユニークで珍しい優待が少ないという弱点は、三井住友VISAカードに限った話ではなく、プロパーカードに共通するデメリットでもあります。

優待目的でクレジットカードを選びたい人は、三井住友VISAゴールドカード以外のものから選んだ方が選択肢が広がります。

ここまで、三井住友VISAゴールドカードのデメリット面に目を向けてきました。これでメリット・デメリット両面から三井住友VISAゴールドカードを知ることができたのではないでしょうか。

これを踏まえて次の章では、三井住友VISAゴールドカードに向いている人はどんな人なのかを紹介していきます。

三井住友VISAゴールドカード はこんな人におすすめ

ゴールドカードを差し出す人

ここまでの記事で、三井住友VISAゴールドカードの概要、メリット・デメリットを見てきました。

これまでの情報を踏まえると三井住友VISAゴールドカードをおすすめするのは以下のようなタイプの人です。

  • 充実したサポートを受けたい人
  • VISAブランドでゴールドカードが欲しい人
  • いつか三井住友プラチナカードが欲しい人
  • 海外によく行く人

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

三井住友VISAカード(ゴールド)

Thumbnail smbc gold

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~200万円 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

↑新規入会で最大10,000円分キャッシュバックのチャンス!↑

充実したサポートを受けたい人

充実したサポートを受けたい人は三井住友VISAゴールドカードをおすすめします。

クレジットカードをなくした場合や盗難にあった際に頼りになるのが、サポートサービスです。紛失や盗難の連絡は24時間365日受け付けてくれます。

また、不正利用の可能性を事前に発見できる体制も整えているのも特徴的です。

加えて「安心の健康相談 ドクターコール24」というサービスも提供しています。このサービスは、医師への健康相談電話が24時間365日無料でできるというサービスです。

VISAブランドでゴールドカードが欲しい人

VISAブランドのプロパーカードは、日本では三井住友VISAカードのみです。必然的にVISAのプロパーゴールドカードは、三井住友ゴールドカードだけということになります。

一般的に提携カードよりプロパーカードの方が審査が厳しく、持っていることのステータスが高いと言われています。

VISAブランドのステータス感が欲しい人は三井住友VISAゴールドカードを申し込みましょう。

いつか三井住友プラチナカードが欲しい人

三井住友ゴールドカードの上位カードに「三井住友プラチナカード」があります。プラチナカードは三井住友カードの中で最高グレードのカードです。

多くのプラチナカードは、誰でも自由に申込めるものではなく、クレジットカード会社からのインビテーション(招待状)が必要です。

しかし、三井住友VISAプラチナは、プラチナカードに珍しくインビテーションなしで入会することができます。

とは言え、審査は厳しいですので事前にゴールドカードで実績を作っておくことをおすすめします。

一般的に実績として認められるのは、年間100万円以上を2年間以上と言われています。

海外によく行く人

海外によく行く人は三井住友VISAゴールドカードを持っておいた方が良いでしょう。

先述のように、VISAカードはクレジットカードの国際ブランドの中でもダントツのシェア率No.1です。

アメリカのクレジット決済専門誌「Nilsson Report」によると全世界のクレジットカード決済の取引の約6割をVISAが担っています。

全世界的に普及しているVISAカードは、使えない店舗を探す方が難しいとも言われています。海外に行く際に、1枚VISAブランドのカードを持っておくと安心です。

三井住友VISAカード(ゴールド)

Thumbnail smbc gold

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~200万円 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

↑新規入会で最大10,000円分キャッシュバックのチャンス!↑

三井住友VISAゴールドカードの口コミと満足度

総合満足度

4.0

口コミ3

評価項目 評価平均
満足度

4.0

ポイント還元

3.7

付帯サービス

3.7

デザイン

4.0

ステータス

4.7

会員専用サイト

4.7

申込み手続き

4.3

男性

37歳/男性/会社員

年収:500~700万円未満

  • 三井住友VISAカード(ゴールド)
  • 月の使用額:10~20万円未満
満足度

4

ポイント還元

4

付帯サービス

2

デザイン

5

ステータス

5

会員専用サイト

5

申込み手続き

5

発行した理由
プロパーカードであり、ゴールドであることにステータス性があると思い、試しに申し込んでみたら簡単に発行されたので使っています。ポイント還元率も割と高めなのも決め手になりました。
主に利用する場面
ネットショッピングに、携帯代、水道代、ガス代、電気代のような固定費、後は家電などの大きな買い物で利用します。
気に入ってる点
やはり天下の三井住友のプロパーカードのゴールドなので、持っている満足感はあります。さらに年会費がWEB明細やマイ・ペイすリボを申し込むだけで半額になるのでお得です。使えば使うほどランクが上がり、ポイント還元率も高くなるのがとても良いです。
こうだったらもっといいのに!と思う点
付帯の特典がたくさんあるのですが、特に普段使わないものが多くて、海外旅行などによく行くならいいのですが、普段の生活ではあまり役に立ちません。ですので、もっと普段からお得になるような特典が増えるといいのですが。
その他
三井住友VISAカードの隠れた魅力として、ウェブサイトがとても使いやすくて見やすいですね。

口コミを更に見る

男性

42歳/男性/自営業

年収:700~1,000万円未満

  • 三井住友VISAカード(ゴールド)
  • 月の使用額:10~20万円未満
満足度

4

ポイント還元

2

付帯サービス

4

デザイン

4

ステータス

4

会員専用サイト

5

申込み手続き

5

発行した理由
もともと、三井住友銀行が自分のメインバンクなので、馴染みのある金融機関グループでカードを作った方が色々と安心感があるので選択しました。
主に利用する場面
アマゾンや楽天で購入する時に、カード決済が多いです。 あとは、公共料金の支払いです。
気に入ってる点
私は仕事柄、出張が非常に多く、よく飛行機に乗りますが、三井住友VISAゴールドカードを所有していると、国内の空港のラウンジを無料で利用することが出来て、本当に助かっています。お陰で、空港での待ち時間が億劫でなくなりました。
こうだったらもっといいのに!と思う点
他社のクレジットカードと比較すると、基本のポイント還元率(0.5%)が低い点が改善されれば良いなと思います。
その他
特にありません

口コミを更に見る

男性

33歳/男性/会社員

年収:400~500万円未満

  • 三井住友VISAカード(ゴールド)
  • 月の使用額:1~3万円未満
満足度

4

ポイント還元

5

付帯サービス

5

デザイン

3

ステータス

5

会員専用サイト

4

申込み手続き

3

発行した理由
以前は通常のクラシックカードでしたがゴールドカードの方が保障内容が充実していました。通常カードの2倍のボーナスポイントが貰えるのが魅力的でしたのでゴールドカードに変更しました。
主に利用する場面
宿泊予約、ショッピング
気に入ってる点
クレジットカードで買物した場合に通常のクラシックカードの2倍のポイントがもらえるので、とてもお得です。ゴールドカード会員限定で宿泊予約サービスReluxから3千円の割引サービスも受ける事ができ宿泊費の節約もできました。
こうだったらもっといいのに!と思う点
年会費が1万円なので、少し高額でした。満30歳以上でないと入会資格がないので20代の方でも入会できるようにしていいと思います。
その他
インターネットで入会した場合は初年度の年会費が無料になります。

口コミを更に見る

まとめ

この記事は三井住友VISAゴールドカードの概要、メリット・デメリット、おすすめするタイプを詳しく見てきました。

ここで、この記事のポイントをまとめましたので、あらためてチェックしてみてください。

  • 年会費は1万円(税抜)。ただし、インターネットで入会すると初年度の年会費は無料
  • 海外、国内ともに旅行傷害保険が自動付帯されている
  • 三井住友VISAゴールドカードのポイント制度は「ワールドプレゼント」という名称。1,000円ごとに1ポイント付与され、還元率は通常0.5%
  • 三井住友VISAゴールドカードのメリットは、充実したサポートサービス、カードラウンジが使える、写真入りICカードが選べる、ボーナスポイントが通常カードの2倍、世界中のほとんどの国と地域で使えるの5点
  • 三井住友VISAゴールドカードのデメリットは、基本のポイント還元率が低い、他のゴールドカードに比べてユニークな優待が少ないの2点
  • 三井住友VISAゴールドカードに向いているのは、充実したサポートを受けたい人、VISAブランドでゴールドカードが欲しい人、いつか三井住友プラチナカードが欲しい人、海外によく行く人

この記事を参考に、自分に三井住友VISAゴールドカードが合っているかどうか、しっかりと判断してください。

三井住友VISAカード(ゴールド)

Thumbnail smbc gold

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~200万円 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

↑新規入会で最大10,000円分キャッシュバックのチャンス!↑

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら