三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは法人代表者&個人事業主必見ビジネスゴールドカード

機内でゴールドカードを持つ男性

三井住友VISAカードが発行しているビジネスカードには、法人代表者や個人事業主を対象とした「三井住友ビジネスゴールドカード for Owners」があります。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersがどのようなカードなのかを知り、他のビジネスカードとの違いを知りたいと思いませんか?

この記事では、

  • 三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの概要(年会費やポイント還元率)
  • 三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのメリットとデメリット
  • 三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersと他のビジネスカードとの違い

について解説します。

これで、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersとはどのようなカードなのかを知り、自分がつくるべきかを判断できるようになります。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの概要をカンタンに解説

ゴールドカード

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのメリットとデメリットを知る前に、カードの概要について確認していきましょう。

これで三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersがどのようなカードなのかを知ることができます。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

Thumbnail smcc business gold for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜10,000円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
50万~200万円 税別500円+税

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの年会費

三井住友ビジネスカード for Ownersには、

  • クラシック(一般)
  • ゴールドカード
  • プラチナカード

これらの3種類があり、それぞれの年会費は以下のようになっています。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック(一般)) 三井住友ビジネスゴールドカード for Owners 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
本会員年会費(税抜) 1,250円 10,000円 5,000円
パートナー会員(税抜) 400円 2,000円 5,000円

ランクが上がるごとに年会費が高くなっており、その分だけ補償金額や利用枠といった面で手厚い特典を受けることができます。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのポイント還元率

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのポイント還元率は0.3~0.5%です。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの1ヶ月の利用金額1,000円ごとに1ポイントが貯まり、交換先のアイテムによってポイント還元率が変わります。

三井住友VISAプリペイドカードへのチャージの場合は1ポイント=5円として交換することができるのでポイント還元率は0.5%となります。

他のアイテムを選んだ場合の還元率は以下のようになります。

  • キャッシュバックを選んだ場合は0.3%(1ポイント=3円)
  • WAONを選んだ場合は0.3%(1ポイント=3円)
  • nanacoを選んだ場合は0.3%(1ポイント=3円)
  • Amazonギフト券を選んだ場合は0.5%(1ポイント=5円)

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのポイント有効期限は、ポイント獲得月から3年までとなっています。

キャッシングリボが利用可能

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、個人事業主に限りキャッシングリボが可能です。

利用枠は0~50万円となっており、担保や保証人不要で急な融資にも対応可能です。増枠についても最短30分以内のスピード審査で、その日のうちに現金が支払い口座へ振込まれます。

他のカードと比べると、プラチナカード for Ownersのみ利用枠が0~100万円までとなっている特徴があります。クラシックカードとゴールドカードの利用枠はどちらも0~50万円です。

限度額は50万円~200万円

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの限度額は50~200万円となっています。

クラシックとプラチナの限度額と比較してみると以下のようになります。先ほどのキャッシングリボの利用枠も加えてみました。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック(一般)) 三井住友ビジネスゴールドカード for Owners 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
カード限度額 10~80万円 50~200万円 200~500万円
キャッシングリボ利用枠 0~50万円 0~50万円 0~100万円

事業規模が大きくなりゴールドカードの利用枠が足りないと感じるようになってきたら、プラチナカードへのランクアップを検討しましょう。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの概要をつかむことができたら、次にどのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

Thumbnail smcc business gold for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜10,000円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
50万~200万円 税別500円+税

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのメリット

親指を立てて喜びながらゴールドカードを持つ男性

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersには7つのメリットがあります。

  • 審査に登記簿謄本は不要
  • 経費の管理がしやすくする
  • 締め日と支払日が2種類から選べる
  • ポイントが貯まる
  • 旅行損害保険が最高5,000万円
  • 空港ラウンジが使える
  • ビジネスカードならではのサポートや福利厚生が利用できる

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

カード申込時の書類に登記簿謄本は不要

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのカード申込みには、登記簿謄本の提出は不要です。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、

  • 個人事業主の本人確認書類
  • 引き落とし口座番号のわかるもの(キャッシュカードや通帳)

だけあれば申し込むことができます。

for Ownersではないほうのビジネスカードを作る場合は、登記簿謄本や決算書等の提出が必要です。

開業して間もない個人事業主でも、登記簿謄本提出不要の三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersなら安心して申し込むことができます。

経費の管理がしやすくする

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersがあれば経費の管理がしやすくなります。なぜなら、経費精算すべき内容がカード利用明細書にすべて集約されているからです。

もしビジネスカードがなければ、フォーマットの異なる領収書1枚1枚などから経費データをまとめなければなりません。また、仮払い精算や立替金などによる小口現金の煩雑な管理も必要です。

しかし三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersがあれば、

  • 利用明細書=経費一覧表として活用できる
  • 従業員への精算払いが必要なくなる

という運用ができるようになるため、経費精算作業を大幅に削減することが可能となります。

締め日と支払日が2種類から選べる

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、締め日と支払日を以下の2種類から選ぶことができます。

  • 15日締め翌月10日払い
  • 月末締め翌月26日払い

事業内容に合わせて選択することができるので、月末にならないと入金されないという場合は「15日締め翌月10日払い」を選びましょう。そうすれば余裕をもって支払日を迎えることができるようになります。

ポイントが貯まる

先ほどのポイント還元率のところでお伝えしましたが、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの利用でポイントを貯めることができます。

もし個人カードがあれば、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersとポイント合算できるメリットもあります。

また、for Ownersではない中小企業~大規模企業向けのビジネスカードは、有効期限が一律でポイント獲得月から2年までとなっています。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの場合は3年、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは4年と有効期限が長くなっていますから、ポイントを大きく貯められるメリットもあります。

旅行傷害保険が最高5,000万円

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの旅行傷害保険は、最高5,000万円まで補償されているメリットがあります。海外旅行と国内旅行ともに最高5,000万円の補償額となっています。

海外旅行保険の場合は、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersを持っているだけで補償される自動付帯分は1,000万円までとなっており、利用付帯分の4,000万円を合わせると補償額が5,000円になる仕組みです。

国内旅行保険の場合は自動付帯分はなく、利用付帯で最高5,000万円の補償額となっています。

三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersは、海外旅行保険のみ利用付帯分として最高2,000万円が補償されていますが、国内旅行保険は付帯されていません

ビジネスカードを旅行保険として活用したいという人であれば、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersを選ぶことをおすすめします。

空港ラウンジが使える

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersがあれば、空港ラウンジが使えます。これはゴールドカードとプラチナカードのみのカード特典となっているため、クラシックカードでは空港ラウンジを利用することはできません

全国主要28の空港ラウンジを無料で何度でも利用することができるので、出発前にゆったりとくつろぐことができるでしょう。

ビジネスカードならではのサポートや福利厚生が利用できる

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersなら、以下のようなビジネスカード限定のサポートや福利厚生サービスを利用できるメリットがあります。

▼ 追加カード

  • JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)
  • ETCカード(法人用)

▼ 海外旅行関連サービス

  • 海外キャッシュサービス
  • エアライン&ホテルデスク
  • 海外レンタカー優待サービス

▼ 国内旅行関連サービス

  • ビジネス用じゃらんnetホテル予約
  • 航空券チケットレス発券サービス

▼ ビジネスサポートサービス

  • アスクルサービス
  • DHLエクスプレス
  • 日産レンタカー/タイムズカーレンタル
  • アート引越センター

▼ その他サービス

  • Visa ビジネスオファー
  • Visa ビジネスグルメオファー
  • VJタクシーチケット
  • 福利厚生代行サービス
  • 国内ゴルフエントリーサービス

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは個人カードと異なり、ビジネスカードならではのさまざまなメリットがあることが分かりました。続いて、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのデメリットについて確認しましょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

Thumbnail smcc business gold for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜10,000円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
50万~200万円 税別500円+税

先に知っておこう!三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのデメリット

困っている男女

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのデメリットとして、

  • ポイント還元率がそこまで高くない
  • 利用明細書は領収書代わりにはならない

の2つを挙げました。

それぞれのデメリットがメリットで払拭できるかを確認していきましょう。

ポイント還元率がそこまで高くない

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのポイント還元率は0.3~0.5%とそこまで高くないというデメリットがあります。

ポイントを重視している人にとっては致命的なデメリットとなる可能性があります。せっかく支払った国民年金保険料やnanacoチャージなどはポイント対象付与対象外となっており、キャッシングリボにもポイントが付きません。

しかし、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは持っているだけで海外旅行保険が付帯されたり、空港ラウンジを無料で何度でも利用できるサービスがあります。

ポイントを貯める以外のところでメリットを感じる人なら、ポイント還元率の低さはそれほど気にせずに使うことができるでしょう。

利用明細書は請求書や領収書の代わりにはならない

経費精算が楽になるビジネスカードですが、カード会社からの利用明細書は請求書の代わりとして使うことができない点で注意が必要です。なぜなら、利用明細書はカード会社から送付されるもので、取引先が直接作成した書類ではないからです。

オンラインで商品を購入した場合などは、購入先から別途請求書や領収書を発行してもらう必要があります。利用明細書さえあれば帳簿書類の保存義務を果たしていると思い込んでいると、税務調査で指摘される可能性があります。

ビジネスカードはたしかに経費精算が楽になる面もありますが、オンラインビジネスの場合はpdfデータで請求書や領収書のデータを受領することもあるため、人によっては管理が煩雑になる可能性があります。

旅行保険の付帯サービスやビジネスカードならではのサポートやサービスを受けることが目的であれば、利用明細書のデメリットは気にせずに使うことができるでしょう。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの概要、メリットとデメリットを踏まえて、最後に三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersをおすすめしたい人をご紹介します。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

Thumbnail smcc business gold for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜10,000円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
50万~200万円 税別500円+税

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersはこんな人におすすめ

ゴールドカードを差し出す人

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersをおすすめしたい人として、

  • 法人代表や個人事業主の人
  • まずは気軽にビジネスカードを持ちたい人

を挙げました。

それぞれの人におすすめする理由をご確認ください。

法人代表や個人事業主の人

法人代表や個人事業主の人に三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersをおすすめします。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、登記簿謄本の提出が不要で法人代表者の情報だけで申込めるメリットがあるため、開業してすぐの場合でも気軽に申し込むことができるからです。

また、個人事業主用のビジネスカードでありながら、

  • 個人カードのサービスやサポート
  • 法人カードのサービスやサポート

のどちらも受けることができ、お得にカード利用できるようになります。

まずは気軽にビジネスカードを持ちたい人

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、まずは気軽にビジネスカードを持ちたい人にもおすすめです。

中小企業や大規模企業向けの法人カードを申し込む場合は、前々期と前期、当期の見込み業績を申告する必要があり、法人に対する審査が必要となるため法人の本人確認書類(=登記簿謄本)の提出が必要となります。

またオンラインから申し込むことはできず、申込書の取り寄せと返送が必要です。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersなら個人事業主の本人確認書類だけでオンラインから気軽に申し込むことができるので、最初のビジネスカードとしてぴったりのカードであると言えます。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

Thumbnail smcc business gold for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜10,000円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
50万~200万円 税別500円+税

まとめ

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、個人事業主や法人代表にぴったりのビジネスカードです。ランクとしてはクラシックカードとプラチナカードの間に位置しているため、利用枠や限度額、旅行保険付帯などがバランスよく設計されているのが特長です。

ポイント還元率が低いデメリットや、利用明細書だけでは請求書や領収書の代わりにならない注意点がありますが、これらの点さえ気をつけていれば経費精算が楽になる便利なビジネスカードとして活用することができるでしょう。

これで三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersに興味のある人が三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの概要やメリット、デメリットを知り、自分が三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersを作るべきか、持ち続けるべきかどうかが判断できるようになります。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersを作って、ビジネスをもっと拡大してみませんか?

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)

Thumbnail smcc business platinum for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
本会員 税抜50,000円+税 本会員 税抜50,000円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
200万~500万円 税別500円+税

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら