三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersは法人代表者&個人事業主必見のコスト削減ビジネスカード

パソコンにE-BUSINESSの文字とサイフの中のクレジットカードを取り出す男性

三井住友VISAカードが発行しているビジネスカードに、法人代表者や個人事業主を対象とした「三井住友ビジネスクラシックカード for Owners」があります。

ビジネスカードの作成を検討しているが、どれにしたら良いかがわからない」や「三井住友ビジネスクラシックカード for Owners の作成を検討しているが、メリット・デメリットを知りたい」と思っていませんか?

この記事では三井住友ビジネスカードと三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersの違い、クラシックカード for Ownersがゴールドカード for Ownersとプラチナカード for Ownersと、どのように違っているのかを解説します。

この記事を読むことで、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersのメリット、デメリットを知り、自分が三井住友ビジネスクラシックカード for Owners を作るべきかを判断することができるでしょう。

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners の概要をカンタンに解説

笑顔でカードを持つ男性

まず最初に、三井住友ビジネスクラシックカード for Owners の概要を簡単に解説していきます。

クラシックカード for Ownersについて、ゴールドカード for Owners、プラチナカード for Ownersと比較しながら確認していきます。

この章を読むことで、三井住友ビジネスクラシックカード for Owners の概要を理解できるでしょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners の年会費

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners の年会費は1,250円(税抜)です。

本会員とパートナー会員の年会費は下記の通りです。

三井住友ビジネスカード 三井住友ビジネスクラシックカード for Owners 三井住友ビジネスゴールドカード for Owners 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
年会費(税抜) 使用者1名 1,250円
2名から1名につき 400円
本会員 1,250円
パートナー会員1名につき 400円
※初年度年会費無料
本会員 10,000円
パートナー会員1名につき 2,000円
※初年度年会費無料
本会員 50,000円
パートナー会員1名につき 5,000円

※価格はすべて税別

また、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersと、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、初年度は年会費無料であり、翌年度以降も利用状況によって、特典があります。

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners のポイント還元率

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners のポイント還元率は0.3~0.5%です。

三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersはご利用金額の合計1,000円(含む消費税等)毎に1ポイント付与されます。

このポイントは、楽天スーパーポイントやnanacoなどの他社のポイントプログラムに移行可能です。

楽天スーパーポイントやAmazonギフトカードなどは、1ポイント5円で交換できます。nanacoや楽天Edyは1ポイント3円で交換です。

ただし、ポイントプログラムによってポイント交換単位がありますので、ご注意ください。例えば、楽天スーパーポイントは200ポイント以上100ポイント単位です。

また交換先によって還元率が変わりますので、楽天スーパーポイントやAmazonギフトカードなど、還元率が高いものを選ぶのがオススメです。

更にボーナスポイントとして、年間(2月~翌年1月)の獲得累計ポイントが1,000ポイントに達した月に、100ポイント(500円相当)がプレゼントされます。

キャッシングリボが利用可能

三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersではキャッシングリボが利用可能です。キャッシングリボは for Owners のみのサービスです。

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners のキャッシング枠は、0~50万円です。

キャッシング利用枠が50万円まであるので、少額の資金調達や、急な支払いにも利用できます。効率的な資金運用に利用できるでしょう。

三井住友ビジネスゴールドカード for Owners も0~50万円です。三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersであれば、0~100万円になります。

50万円までの枠で足りない場合は、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを検討するのが良いでしょう。

限度額は10万円~80万円

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners の利用枠は10万円~80万円です。個人事業主や、中小企業の代表であれば、経費の支払いなどに使用できる限度額でしょう。

とはいえ、高額な支払いが発生する場合があり、限度額が80万円だと心もとないのであれば、三井住友ビジネスゴールドカード for Owners、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを検討すると良いでしょう。

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの限度額は200万円、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの限度額は500万円です。経費の支払い状況などを考慮して選択しましょう。

三井住友ビジネスカード、三井住友ビジネスゴールドカード for Owners、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを含めた限度額をまとめます。

三井住友ビジネスカード 三井住友ビジネスクラシックカード for Owners 三井住友ビジネスゴールドカード for Owners 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
カード利用限度額 20万円~100万円 10~80万円 50~200万円 200~500万円

ここまでで、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersの概要を確認しました。次の章では、三井住友ビジネスカード for Owners を持つメリットを紹介します。

ポイント還元以外にも、様々なメリットがあります。ビジネスカード選択に役立つ情報を提供します。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners のメリット

カードを持つ男性

この章では、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersのメリットを紹介していきます。作成時のメリットから、使用中のメリットまで数多くあります。メリットを詳細にお伝えします。

審査に登記簿謄本や決算書は不用

最初のメリットは、三井住友ビジネスクラシックカード for Owners 作成のための審査に、登記謄本や決算書は不要ということです。インターネットから申し込みできます。

金融機関の通帳もしくはキャッシュカードと、運転免許証などを用意し、申し込み情報(10分程度)を入力するだけです。

カードを作成するために、登記謄本や決算書が不要なのは手間が減ります。これは多忙な事業主にとっては、大きなメリットになるでしょう。

また、個人事業主の方がキャッシングリボを申し込む場合、以下の2点のコピー(直近のもの)が必要なります。

  • 確定申告書B第一表(控え)
  • 以下のうちいずれか1点

    青色申告決算書(控え1ページ目)・・・青色申告されている方
    収支内訳書(控え1ページ目)

もしものときに現金引き出しを行う予定のある人は、キャッシングリボが便利です。上記の書類が必要になることを念頭に置いておきましょう。

経費の管理をしやすくする

続いてのメリットは、経費管理の効率が大幅に上がることです。

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners を導入することで、手作業でやっていたことが自動化されます。例えば、下記のような作業です。

  • 支払いや振込み口座を一つにすることで、記帳や残高確認の手間を大幅に削減できる。
  • SuicaやPASMOなどの交通系カードと連携できる交通管理システムを活用することで、交通費精算の手間を削減できる。

少しの手間も回数が多くなると負担になります。ビジネスカードを上手に利用して経費管理を賢く行いましょう。

締め日と支払日が2種類から選べる

締め日と支払い日が2種類から選べることもキャッシュフローを気にする事業主はメリットになります。

売掛金など入金時期が決まっている事業であれば、それに合わせて締め日と支払日を選ぶと良いでしょう。

三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersでは、下記の2種類から選択可能です

  • 15日締め翌月10日お支払い
  • 月末締め翌月26日お支払い

他の支払いタイミングや入金タイミングを考慮して、好きなタイミングに調整できますね。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners には、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付きます。

海外出張が多い事業主であれば、出張毎の保険費用は多額になりますので、大幅な経費削減になります。

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners の補償内容を下記にまとめます。

適用条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
疾病治療費用 50万円
疾病治療費用 50万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 15万円
救援者費用 100万円

適用条件の利用付帯とは、出国前後に航空機、電車、船舶、タクシー、バスなどの公共交通乗用具や、旅行代金を三井住友ビジネスクラシックカード for Owners で支払った旅行のみ保険が適用されるということです。

なお、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersでは、国内・海外旅行傷害保険最高1億円です。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

ポイントが貯まる

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners を使用して支払った金額に応じてポイントが 貯まります。

ポイント還元率は0.3~0.5%です。公共料金や携帯電話・インターネット、外食費やスーパー・コンビニなどの支払いにも利用可能です。

例えば、月々10万円の支払いをし、年間で120万円の支払いがあったとします。すると、1,200ポイント付与されます。これをnanacoなどの電子マネーに移行すれば、3,600円分になります。

支払い方法をカードにするだけで、他社のポイントプログラムが利用できることはメリットでしょう。

また、ポイントの有効期限は、三井住友ビジネスクラシックカード for Owners の場合はポイント獲得月から2年、三井住友ビジネスゴールドカード for Owners の場合は3年、三井住友ビジネスプラチナカード for Owners の場合は4年です。

三井住友ビジネスゴールドカード for Owners、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersにすれば、大きくポイントを 貯めることができるでしょう。

ビジネスカードならではのサポートや福利厚生が利用できる

ビジネスシーンで良く使うサービスや、福利厚生が特別価格で利用できます。

例えば、

  • オフィス必需品をスピーディに届けてくれる「アスクルサービス」が利用可能
  • 書類から貨物まで郵送してくれる「DHLエクスプレス」を優待価格で利用可能
  • 日産レンタカー・タイムズカーレンタル」を特別価格で利用可能
  • アート引越センター」を特別価格で利用可能
  • 福利厚生サービス「ベネフィット・ワン」を低コスト(月会費320円 /1人)で導入可能

これらを上手く利用することで、スムーズにビジネスを進められますし、社員もサービスに喜んでくれるでしょう。

この章では、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersのメリットを紹介しました。

次の章では、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersのデメリットを確認していきます。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

先に知っておこう!三井住友ビジネスクラシックカード for Owners のデメリット

この章では、三井住友ビジネスクラシックカード for Owners のデメリットをお伝えします。デメリットも考慮したうえで、カードを持つか判断できると良いでしょう。

ポイント還元率がそこまで高くない

一番のデメリットは、ポイント還元率がそこまで高くないことでしょう。最大0.5%のポイント還元率はそこまで高いものではありません。

しかも、この0.5%というのは、ポイントをiDバリューや、楽天スーパーポイントに交換した時のみです。

マイルやnanaco、楽天Edyに交換した場合は、0.3%に下がってしまいます。よって、ポイントを貯めることを重視する人には、オススメできません。

ポイント還元率は高くはありませんが、海外旅行傷害保険や、ビジネスシーンのサポートを重視する方であれば、そこまで気にする必要はないでしょう。

iDが一体型でない

電子マネーのiDを利用する方にとっては、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersと一体型でないことはデメリットです。

三井住友が発行するクレジットカードには電子マネーiDと一体型のクレジットカードがありますが、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersの場合は一体型のクレジットカードが存在しません。

iDを使用するためには、専用カードを発行するか、「おサイフケータイ」対応もしくは、Apple Pay対応のスマートフォンが必要です(Apple Payで使用するために申し込みは不要ですが、「おサイフケータイ」で使用するためには、申し込みが必要です)。

iDを使用するためにカードが増えてしまうのは不便です。しかし、「おサイフケータイ」対応スマートフォンを使用したり、iD以外の電子マネーを使用するようにすれば、大きなデメリットにはならないでしょう。

この章では、三井住友ビジネスクラシックカード for Owners のデメリットについて述べました。

次の章では、メリット・デメリットを踏まえて、持つことをオススメする人について記載していきます。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners はこんな人におすすめ

カードを見せる男性

最後に、こんな人には三井住友ビジネスクラシックカード for Owners をオススメする例を紹介します。これに当てはまる方は持つことを検討してみると良いでしょう。

法人代表や個人事業主の人

法人代表や個人事業主の方には三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersはオススメです。事業主であると、経費管理の手間やコストはかなり大きいものになります。

三井住友ビジネスクラシックカード for Owners を利用することで、経費管理の事務処理を合理化し、不要な経費を削減できることは、重要なポイントでしょう。

また、登記簿謄本や決算書を用意せず、手軽にオンラインで申請できることも、事業を始めたばかりの事業主の方にオススメできるポイントです。

まずは気軽にビジネスカードを持ちたい人

事業主の中でもまずは気軽にビジネスカードを持ちたい人に、三井住友ビジネスクラシックカード for Owners は非常にオススメです。なんと言っても年会費が安いです。

まだビジネスカードを持っていない人だと、カードを作っても使わなかったら年会費だけ払うことになるのではと、気にする人もいると思います。

年会費が安い三井住友ビジネスクラシックカード for Owners をまずは使ってみて、ビジネスカードの有効性を確認してみるのも良いでしょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

まとめ

今回は三井住友ビジネスクラシックカード for Owners について紹介しました。

要点をまとめると…

  • 年会費は税込みで、本会員1,350円、パートナー会員432円
  • キャッシングリボ枠50万円、利用限度枠80万円
  • 審査に登記謄本や決算書は用意しなくても、オンラインで申し込み可能
  • ポイント還元率は最大0.5%
  • 最大2,000万円の海外傷害保険や、ビジネスシーンのサポートサービスが付与されているのがメリット
  • ポイント還元率が低いのがデメリット
  • 法人代表や個人事業主の人は最初のビジネスカードとして、気軽につくってみるのもオススメ

この記事を参考に、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersを持つべきか判断できると良いでしょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税

よりステータス性のあるビジネスカードを探しの方は、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersも検討してみてくださいね。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)

Thumbnail smcc business platinum for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
本会員 税抜50,000円+税 本会員 税抜50,000円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
200万~500万円 税別500円+税

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら