セブンカード・プラスでnanacoが貯まる!メリットデメリットを解説

セブン&アイホールディングスの株式会社セブン・カードサービスが発行する、セブンカード・プラス

電子マネーのnanaco機能がついているだけでなく、セブン&アイグループの対象店でポイントが2~3倍貯まったり、8のつく日が5%オフになったりと日常生活でお得感を感じることのできるカードです。

そんなセブンカード・プラスをこれから作るべきか、それとも持ち続けるべきかどうかを知りたいと思いませんか?

この記事ではセブンカード・プラスの概要やメリット、デメリットについてだけでなく、旅行保険に関することまで幅広く解説していきます。

セブンカード・プラスの概要

カードを持っている父親と座る家族

セブンカード・プラスの概要として、

  • 年会費
  • ポイント制度
  • 付帯されている保険

の3つをお伝えしていきます。

セブンカード・プラス

Thumbnail seven card plus

国際ブランド

VISA JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 463円(税別)※ 0.5% nanacoポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短2週間 10万〜80万 - 無料
  • 家族カード
  • 分割払い

セブンカード・プラスの年会費

セブンカード・プラスの年会費は、下記のように定められています。

  • 初年度無料
  • 2年目以降は税込500円

また家族カードの年会費はこちらです。

  • 初年度無料
  • 2年目以降は1名ごとに税込200円

ただし本会員と家族会員合わせて、年間利用金額が5万円以上になると翌年度の年会費は無料になります。

以下に年会費を表でまとめました。

初年度 2年目以降
前年度利用金額5万円未満 前年度利用金額5万円以上
本会員 無料 税込500円 無料
家族会員(1名ごと) 無料 税込200円 無料

年間5万円というと、月間で4,200円以上を利用していれば年会費が無料となります。

「セブンイレブンで1週間に600円くらいは買い物をする」という方ならすぐに満たせるような、そこまで厳しくない条件だといえますよね。

セブンカード・プラスのポイント制度

セブンカード・プラスで貯めることのできるポイントはnanacoポイントです。

セブンカード・プラスの基本ポイント還元率は0.5%(200円につき1ポイント)となっています。

しかし、イトーヨーカドーやセブンイレブン、デニーズならポイント還元率が1.5%(200円につき3ポイント)になります。

ポイントについては、セブンカード・プラスのメリットの中で詳しく解説していきますので、そちらでご確認ください。

セブンカード・プラスに付帯されている保険

セブンカード・プラスに付帯されている保険は、海外利用時のショッピングガード保険です。

海外利用時のショッピングガード保険とは、海外でセブンカード・プラスを使って購入した商品が、破損したり盗難にあったりした場合に補償される保険です。

ショッピングガード保険の補償額は、下記のようになっています。

  • 年間最高100万円まで
  • 1回の事故につき自己負担額1万円

海外での物品購入から90日以内の損害に対して補償され、事前に手続きする必要はありません。

一般的に付帯されている国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険は付帯されていないので、注意が必要です。

旅行保険については、セブンカード・プラスのデメリットで詳しく解説していきます。

セブンカード・プラスの概要を確認することができたら、次にセブンカード・プラスのメリットについて具体的な内容を解説していきます。

ポイントがザクザク貯まる!セブンカード・プラスのメリット

スーパーマーケットのレジで支払う女性

セブンカード・プラスのメリットには、

  • 対象店でポイントが2~3倍貯まる!
  • nanacoへのチャージが可能
  • 8のつく日はイトーヨーカドーで5%オフ
  • ETCカードが無料

という4つがあります。それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

対象店でポイントが2~3倍貯まる!

セブンカード・プラスは対象店でポイントが2~3倍貯まるメリットがあります。

200円につき2nanacoポイント貯まる店舗

  • 西武
  • そごう
  • アリオ
  • セブンネットショッピング

200円につき3nanacoポイント貯まる店舗

  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート
  • セブンイレブン
  • デニーズ

そのため、ポイントが3倍になる対象店を利用するほど、ポイントをお得に貯めることができるようになります。

nanacoへのチャージが可能

セブンカード・プラスはnanacoへのチャージが可能です。セブンカード・プラス以外のクレジットカードでもnanacoチャージに対応しているものもあります。

しかし、セブンカード・プラスだけが持っているメリットとして、オートチャージ機能に対応しているというものがあります。

nanacoのオートチャージ機能とは、nanacoの残高が設定した金額未満になると、設定した金額が自動でチャージされる機能のことをいいます。

セブンカード・プラスがあればオートチャージを設定することができるので、残高を気にすることなくnanacoでの支払いが可能となります。

発行料無料でnanacoが持てる

セブンカード・プラス(一体型)なら発行手数料無料でnanacoを持つことができます。
セブンカード・プラスには、

  • 電子マネーnanacoとクレジットカードが1つになった「一体型」
  • 電子マネーnanacoとクレジットカードを別々に持つための「紐付け型」

の2種類があります。

セブンカード・プラス(一体型)を申し込めばnanacoが自動で付いてきますから、実質発行手数料無料でnanacoを持つことができるようになります。

セブンカード・プラス(紐付け型)を申し込んでしまうと、発行手数料300円を支払ってnanacoカードを発行しなければなりません。

他にも発行手数料無料でnanacoを持つには、nanacoモバイルをダウンロードする方法があります。

しかしnanacoモバイルは、FeliCaに対応していない機種やOSによってはnanacoモバイルをインストールできないこともあります。

お持ちの端末がnanacoモバイルに対応していない場合は、セブンカード・プラス(一体型)を申込むことでnanacoカードを無料で持つことができるようになります。

チャージでポイントが貯まる

セブンカード・プラスからnanacoへチャージすれば、チャージした金額に応じて200円につき1nanacoポイントが貯まります。

もちろんnanaco利用時にも100円につきnanacoポイント1ポイントが貯まるので、ポイントをダブルで貯めることができるようになります。

セブンイレブンでの税金支払で間接的にポイントが貯まる

セブンカード・プラスがあれば、セブンイレブンでの税金支払で間接的にポイントを貯めることができます。

公共料金や税金をコンビニで支払う場合は、払込票を使って現金で支払うのが一般的です。

しかし、セブンイレブンであればnanacoで公共料金や税金を支払うことができるため、クレジットカードからnanacoへチャージすれば、実質的にはクレジットカードで払ったのと同じことになります。

結果として、公共料金や税金支払いでも間接的にポイントを貯めることができるのです。

チャージは同じ名義でないといけない

クレジットカードからチャージしたnanacoで公共料金や税金を支払うためには、同一名義であることが条件となります。

たとえば、下記のようなパターンならクレジットカードからnanacoチャージすることができます。

  • クレジットカードの名義:本人
  • nanacoカードの名義:本人

しかし、下記のようなパターンはクレジットカードからnanacoチャージすることができません。

  • クレジットカードの名義:夫
  • nanacoカードの名義:妻

上記のような場合は、夫の持っているセブンカード・プラスの家族カードを発行すれば、妻名義のクレジットカードを持ち、nanacoチャージすることが可能となります。

税金についての解説は、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

2017.02.08

クレジットカードで税金を支払うメリットとデメリットを解説!

これまで現金で納めることに限定されていた税金納付。2017年1月から、国税や一部地域の固定資産税など、所定の税金をクレジットカードで納付することが可能になりました。クレジットカード支払いだと0.8%前後の手数料がかかってしまいますが、還元率の高いクレジットカード利用によってはポイントが貯まるためにお得です。また、納付する時間を節約できたり、カードによる納付時から実際の引き落としまで一ヶ月の支払い猶予ができたりすることもメリットです。クレジットカード納付の手続きとともに、メリットとデメリットを考えます。

8のつく日はイトーヨーカドーで5%オフ

セブンカード・プラスのカード特典として、8のつくハッピーデー(8日、18日、28日)イトーヨーカドーで5%オフが適用されます。

お会計時にセブンカード・プラスで支払えば、その場で5%オフになります。

ただし、下記のような注意点もあります。

  • 一部割引対象外商品がある
  • ネットスーパーは5%オフ対象外

割引対象外の商品は、ギフト・書籍・CD・タバコ・金券類などです。

ETCカードが無料

セブンカード・プラスなら、ETCカードを年会費無料で持つことができます。

年会費無料のクレジットカードは、ETCカードの年会費がかかることがあるのですが、セブンカード・プラスについてはETCカードを年会費無料でを持つことができるメリットがあります。

もちろん、ETC通行料金200円ごとに1nanacoポイントを貯めることができるのも嬉しいポイントです。

セブンカード・プラス

Thumbnail seven card plus

国際ブランド

VISA JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 463円(税別)※ 0.5% nanacoポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短2週間 10万〜80万 - 無料
  • 家族カード
  • 分割払い

ここまでセブンカード・プラスの概要とメリットについてお伝えしてきました。

次に、セブンカード・プラスのデメリットについて確認しておきましょう。

先に知っておこう!セブンカード・プラスのデメリット

クレジットカードを持ちながら悔しがる女性

セブンカード・プラスのデメリットには、

  • 基本のポイント還元率が0.5%で低い
  • 旅行の付帯保険がない
  • 年間5万円以上を利用しないと翌年度の年会費がかかる

という3つがあります。それぞれのデメリットについて具体的な内容をお伝えしていきます。

基本のポイント還元率が低い

セブンカード・プラスのデメリットの1つに、基本ポイント還元率が低いというものがあります。

対象店利用によってポイント還元率が1.0~1.5%になりますが、対象店以外の基本ポイント還元率は0.5%と低くなっています。

旅行の付帯保険がない

セブンカード・プラスには旅行の付帯保険がついていないというデメリットがあります。

海外利用時のショッピングガード保険は付帯されていますが、旅行時に病院へ行くことになったなどのトラブルについては補償されません。

セブンカード・プラスに国内外の旅行保険がついていないデメリットを解消する方法として、旅行の付帯保険がついているカードを別に作ることが挙げられます。

海外旅行へ行く親子

2017.10.17

クレジットカードの付帯保険を比較!海外でも役立つ付帯保険の全知識

クレジットカードには旅行保険やショッピング保険などの付帯保険が付いていることが多く、クレジットカードを持つ大きなメリットとなっています。 海外旅行では旅行会社から掛け捨て旅行保険の加入を勧められることが多いのですが、クレジットカードの保険で済ますことができれば、追加負担も不要です。 そのようなクレジットカードの付帯保険が気になっている方であれば クレジットカードの付帯保険が知りたい。 クレジットカードによる付帯保険の違いが知りたい。 クレジットカードの付帯保険の種類が知りたい。 クレジットカードの付帯保険で最も使われるものが知りたい。 海外で役立つ付帯保険が知りたい。 付帯保険の比較がしたい。 付帯保険の合算の可否が知りたい。 といったことを思われるのではないでしょうか。 こちらの記事を最後まで読んでいただくことで、クレジットカードの付帯保険の概要や役立つ画面を知り、自分に合ったカードを比較する際の参考にすることができます。 また実際にトラブルに遭った時にもしっかりと保険を活用することができるようになります。

セブンカード・プラスはあくまでも日常生活で使うことを目的としたサブカードとして活用すれば、旅行の付帯保険がないデメリットを解消することが可能となります。

年間5万円以上を利用しないと翌年度の年会費がかかる

セブンカード・プラスは年間利用金額が5万円以上にならないと翌年度の年会費500円(税込)がかかるというデメリットがあります。

しかし、毎月4,200円以上利用すれば年間5万円になりますし、家族会員の利用金額を合算することもできます。

セブンカード・プラスで日用品や食料品を購入すれば、年会費をかけずに持つことができると考えることができるでしょう。

セブンカード・プラスのメリットとデメリットについて理解することができたら、最後にセブンカード・プラスをおすすめしたい人をご紹介します。

セブンカード・プラス はこんな人におすすめ

食料品をキッチンで抱える女性

セブンカード・プラスをおすすめしたい人は、下記のような方が当てはまります。

  • セブン&アイグループの対象店によく行く人
  • nanacoを無料で持ちたい人
  • ポイントを無駄なく使い切りたい人

おすすめしたい人別に詳しく解説していきます。

セブン&アイグループの対象店によく行く人

セブン&アイグループの対象店によく行く人は、絶対にセブンカード・プラスをおすすめします。

セブン&アイグループの対象店はこちらです。

  • セブンイレブン(200円:3nanacoポイント)
  • イトーヨーカドー(200円:3nanacoポイント)
  • デニーズ(200円:3nanacoポイント)
  • ヨークマート(200円:3nanacoポイント)
  • 7ネットショッピング(200円:2nanacoポイント)
  • 西武、そごう(200円:2nanacoポイント)
  • アリオ(200円:2nanacoポイント) など

クレジットカードをあまり使わないけれど、セブンイレブンやヨーカドーではよく使うという人なら、ポイント還元率1.5%のセブンカード・プラスがぴったりです。

あとは、自分の生活圏内にセブン&アイグループの対象店が多いという人にもおすすめです。

というのも、筆者は先日軽井沢へ旅行に行ったのですが、セブンイレブンの遭遇率がとても高かったのです。

思わず気になって、長野県の主要コンビニ店舗数を調べてみると、

  • セブンイレブン:450店舗
  • ローソン:173店舗
  • ファミリーマートとサークルKサンクス:293店舗

となっており、セブンイレブンが圧倒的な店舗数を誇っていることがわかりました。

生活圏内にセブンイレブンが多く、会社の帰りに毎日利用している人は、セブンカード・プラスを持っておいて損をすることはありません。

nanacoを無料で持ちたい人

nanacoを無料で持ちたい人も、セブンカード・プラスをおすすめします。

セブンカード・プラスを作ればnanacoの発行手数料300円がかからないだけでなく、初年度年会費無料で持つことができます。

また、nanaco一体型のセブンカード・プラスがあれば、クレジットカードとnanacoカードを2枚持つ必要がなくなるので、いつでもお財布をスッキリさせることができます。

ポイントを無駄なく使い切りたい人

ポイントを無駄なく使い切りたい人に、セブンカード・プラスはおすすめです。

なぜなら、セブンカード・プラスの利用で貯まるnanacoポイントは1ポイント単位で使うことができるからです。

数ポイントでも貯まればすぐに使うことができるので、ポイントを管理する手間を省くこともできます。

貯めたポイントをどんどん気軽に使いたい人はセブンカード・プラスがぴったりです。

まとめ

「セブンカード・プラスでnanacoが貯まる!メリットデメリットを解説」はいかがでしたか?

最後にこの記事の内容を5つのポイントにまとめます。

  • セブンカード・プラスとはnanacoポイントが直接貯まるクレジットカードである
  • セブンカード・プラスの基本ポイント還元率は0.5%だが対象店舗によっては1.0~1.5%になる
  • セブンカード・プラスのメリット:「nanacoチャージでポイントが貯まる」「8のつく日はヨーカドーで5%オフになる」
  • セブンカード・プラスのデメリット:「基本ポイント還元率が低い」「旅行の付帯保険がついていない」
  • セブンカード・プラスをおすすめする人:「セブン&アイグループの対象店によく行く人」「nanacoを無料で持ちたい人」「ポイントを無駄なく使い切りたい人」

この記事を最後までお読みいただいた人なら、自分がセブンカード・プラスを作るべきか、持ち続けるべきかを判断することができるようになります。

入会キャンペーンなどを上手に活用して、セブンカード・プラスを作ってみてはいかがでしょうか?

セブンカード・プラス

Thumbnail seven card plus

国際ブランド

VISA JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 463円(税別)※ 0.5% nanacoポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短2週間 10万〜80万 - 無料
  • 家族カード
  • 分割払い

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく利用によってポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。単にクレジットカードといっても、たくさんあってわかりにくいですよね。クレジットカードの特性を知らずに、やみくもに「ただなんとなく」カードを作ったり、使ったりすることは「少しもったいないこと」といえます。クレジットカードはうまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら