楽天プレミアムカードでプライオリティ・パスGET!ラウンジの魅力を紹介

ラウンジの案内板

顧客満足度調査No.1を8年連続受賞している大人気の楽天カード。そんな楽天カードの中でも、ラウンジサービスに特化したカードが「楽天プレミアムカード」です。

楽天プレミアムカード

Thumbnail img rakuten premium edy

国際ブランド

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 300万円 無料

「プライオリティ・パス」と呼ばれる、年会費だけで約4万円かかるラウンジの会員権が、楽天プレミアムカードならば年会費たった1万円で利用することができるのです。国内外の空港で、搭乗前にゆったりとラウンジで寛ぐことができれば、ワンランク上の上質で快適な旅や出張となること間違いありません。

ラウンジサービスをお得に楽しむことのできる楽天プレミアムカードに、自分が入会するべきかどうかの判断基準を知りたいと思いませんか?

今回ご紹介する以下の内容について知ることができれば、自分が楽天プレミアムカードのカードに入会するべきかどうかの判断をつけることができるようになるでしょう。

  • 楽天プレミアムカードの概要
  • 楽天プレミアムカードのメリットデメリット
  • 楽天プレミアムカードのお得な使い方
  • 楽天プレミアムカードのコースの違い

楽天プレミアムカードとプライオリティ・パスの魅力や注意点についてご紹介します。

楽天プレミアムカードの概要を整理

プレミアム

まず始めに、楽天プレミアムカードの概要を整理していきましょう。

年会費やポイント還元率

楽天プレミアムカードの年会費は税込10,800円で、基本のポイント還元率は1.0%となっています。

ポイント還元率だけにフォーカスすると特別大きなメリットがあるように感じられませんが、楽天プレミアムカード会員なら、楽天市場のお買い物がいつでもポイント5倍になる特典があります。つまり、楽天市場のお買い物を楽天プレミアムカードで決済すれば、100円につき5ポイントが付与されて還元率5.0%のカードになるのです。

楽天市場の年間利用額が216,000円以上なら、実質年会費0円で楽天プレミアムカードを持つことができます。筆者としては年会費無料キャンペーン実施を狙う方法をおすすめします。

最大の魅力はプライオリティ・パス

楽天プレミアムカードの最大の魅力は、プライオリティ・パスを使ってVIPの空港ラウンジを無料で利用できることです。

空港ラウンジ

通常、プライオリティ・パスはプラチナクラス以上のクレジットカードでなければ使うことができません。プラチナクラスのクレジットカードは、年会費が2万円以上することが普通です。

他のプラチナカードに比べてもプライオリティ・パスがお得なクレジットカード

例えば三井住友プラチナカードは年会費5万円(税別)となっており、メンバーズセレクションとしてプライオリティ・パスを受け取ることができるようになっています。

またアメリカン・エキスプレス ゴールド・カードも年会費29,000円(税別)でプライオリティ・パスを利用することができますが、無料で利用できるのは2回までで3回目以降は27米ドルの利用料金を支払わなければなりません。

他のプラチナカードに比べてもプライオリティ・パスがお得なクレジットカード

しかし楽天プレミアムカードの年会費はたった1万円(税別)です。

しかもアメックスですら利用回数制限がある中で無制限にVIPラウンジを利用することができるのは、最大の魅力であるといえるでしょう。

ポイント還元率も高く、海外ラウンジを無料で使える「プライオリティ・パス」も無料で申し込みができるのが 楽天プレミアムカードのメリットです。

楽天プレミアムカード

Thumbnail img rakuten premium edy

国際ブランド

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 300万円 無料

それでは次に、プライオリティ・パスの魅力について迫ってみましょう。

プライオリティ・パスの魅力

プライオリティ・パスの魅力

それではプライオリティ・パスがどういうものかを知らない人のために、プライオリティ・パスの魅力をお伝えしていきます。

プライオリティ・パスの実力を知ることができれば、楽天プレミアムカードのお得さをさらに実感することができるでしょう。

国内外のラウンジが好きなだけ使える

プライオリティ・パスとは、プライオリティ・パス社が提供している空港ラウンジサービスのことで、会員になることで世界1,000か所以上の空港ラウンジを好きなだけ利用することができるようになります。

もちろん利用する航空会社は問いませんので、LCC利用でもプライオリティ・パスの空港ラウンジを利用することが可能です。

3つの種別がある

プライオリティ・パスには、以下3つの種類があります。

  • スタンダード会員:年会費99米ドル+都度利用27米ドル
  • スタンダード・プラス会員:年会費249米ドル、10回まで無料
  • プレステージ会員:年会費399米ドル、回数制限なし

スタンダード会員は年会費99米ドルで、27米ドルの利用料金が必要です。同伴者も一緒に利用する場合は、同じく27米ドルの支払いが必要です。

スタンダード・プラス会員は年会費249米ドルで、10回まで無料で利用することができます。11回以降は27米ドルの利用料金が必要で、同伴者には無料回数は設定されていません。スタンダード会員と同じく27米ドルの利用料金が必要です。

最低10回以上利用することが確実なのであれば、スタンダード会員よりスタンダード・プラス会員のほうがお得です。

プレステージ会員は年会費399米ドルで、回数の制限なく空港ラウンジを無料で利用することが可能です。同伴者は無料になることはなく、1回につき27米ドルの料金が必要となります。

楽天プレミアムカードのプライオリティ・パスは、回数無制限でラウンジ利用することができます。

つまり、年会費1万円(税別)を支払って楽天プレミアムカードに入会すれば、年会費399米ドルのプレステージ会員になれる、ということです。

ラウンジでできること

世界500都市にある1,000か所以上のラウンジでは、搭乗前の待ち時間を快適に過ごすことができます。

無料Wi-Fi環境があるのはもちろんのこと、電子機器の充電や会議室の利用も可能なので、隙間時間を有効活用することができます。

またリクライニングチェアやソファが完備されており、シャワーも使えて、自宅感覚でくつろぐことができます。一部ラウンジにはスパ施設もあります。

通常のゴールドカードのラウンジとは違うVIPラウンジ

通常のゴールドカードに付帯されているラウンジ利用とは異なり、プライオリティ・パスではVIPラウンジを利用することができます。

ゴールドカードで利用できるのはいわゆる「カードラウンジ」と呼ばれており、ソフトドリンクは無料だけれどもアルコールについては別料金が設定されていることがあります。

さらにラウンジが出国前エリアに設置されていることが多く、搭乗手続き後はゆっくり過ごすことができないということもあるかもしれません。

しかしプライオリティ・パスのラウンジはワインや日本酒、ビールなどのアルコールが基本的には無料で、出国後エリアや到着エリアに設置されているラウンジを利用することができます。

ラウンジによっては、ホテルのブッフェのような食事を無料でとることもできます。

空港によってプライオリティ・パスで利用できるラウンジが異なるため、あらかじめどのラウンジを利用できるのかを確認しておくと安心です。

2017.07.31

プライオリティ・パス付きクレジットカード、お得に使えるのはどれ?

海外への旅行や出張の際、空港の中にあるラウンジを利用できる方法としては、 プライオリティ・パスの会員権を得る(有料) ビジネスクラスやファーストクラスを利用する ダイナースクラブカードを作る 等が代表的です。 クレジットカードの中には、カードの年会費を負担するだけでプライオリティ・パスの無料利用枠が付いているものがいくつかあります。年会費や利用料金を抑えて持てるプライオリティ・パスについて、知りたいと思いませんか? 年会費や利用料金を抑えて持てるプライオリティ・パスには、 世界中の空港でラウンジを無料で利用できる 海外旅行傷害保険などクレジットカードの付帯サービスも利用できる 学生や主婦でも最短発行できるのか? 最短発行が可能な時間帯とは? といったメリットがあります。 年に数回海外へ行く方にとっては、持っておくと大変便利でお得と言えます。 今回は、 プライオリティ・パスとは何か プライオリティ・パスの無料利用枠がついているおすすめのクレジットカードとその特徴 についてご紹介していきます。 プライオリティ・パスの会員種別や、クレジットカードごとに異なる特徴を理解できれば、自分に合ったものがどれなのか選ぶことができます。

プライオリティ・パスについての詳細は、上記の記事も合わせて参考にしてくださいね。

ここからは、プライオリティ・パスの魅力に続いて、楽天プレミアムカードで選べる3つのコースについてご紹介します。

楽天プレミアムカード3つのコース

3つのコース

楽天プレミアムカードには以下3つのコースが用意されており、ライフスタイルに合わせてポイントの貯め方を選ぶことができます。

  • トラベルコース
  • 楽天市場コース
  • エンタメコース

それぞれのコースについて詳しく解説していきます。

トラベルコース

最もおすすめしたいのが、トラベルコースです。なぜなら、プライオリティ・パスでVIPラウンジを利用する人は旅行や出張の機会がもともと多いからです。

トラベルコースを選択すれば、楽天トラベル利用でポイントが1%加算される特典を受けることができます。

また手荷物宅配サービス国内宿泊優待サービスを利用することができ、今までよりもっとスマートに旅行を楽しむことができるようになります。

楽天市場コース

楽天市場コースは、楽天市場のお買い物でポイントを貯めたい人におすすめします。毎週火曜日と木曜日はプレミアムカードデーとなっているため、ポイント還元率が6.0%になるからです。

通常の楽天カードは還元率1.0%ですが、プレミアムカードで決済するとプラス4.0%となり、楽天市場コースでさらにプラス1.0%となるため、毎週火曜日と木曜日はポイント還元率6.0%でお買い物を楽しむことができるようになります。

エンタメコース

エンタメコースは、映画や音楽、読書、ゲームを楽しみたい人におすすめです。その理由は、楽天SHOWTIMEと楽天ブックスの利用ポイントが1.0%加算されるからです。

ただし楽天市場でも楽天ブックスで販売している雑誌などを購入することができるため、楽天市場コースにしておいたほうがお得です。

エンタメコースは楽天SHOWTIMEの動画配信サービスを利用する人に、お得なメリットがあると言えそうです。

プライオリティ・パス&高還元率でお得!
 楽天プレミアムカードの詳細を見る

それでは最後に、楽天プレミアムカードの注意点について確認しましょう。前もって注意点を知っておけば、ぜったいに損をすることはありません。

楽天プレミアムカードの注意点

楽天プレミアムカード注意点

楽天プレミアムカードには、以下のような注意点があります。楽天プレミアムカードに入会する前に、必ず確認するようにしましょう。

プライオリティ・パスは申請する必要がある

まず、プライオリティ・パスは申請しないと受け取ることができないという注意点があります。プライオリティ・パスを受け取るまでの流れは以下のとおりです。

  1. 楽天プレミアムカードを申し込む
  2. 楽天プレミアムカード到着後、「楽天e-NAVI」からプライオリティ・パスを申し込む
  3. 約2週間後に簡易書留で手元に届く

楽天e-NAVIとは楽天カード会員専用のオンラインサービスで、ユーザー情報を登録する必要があります。楽天プレミアムカードと同時にプライオリティ・パスが郵送されるわけではないので、カードが到着したら、早めに申請するようにしましょう。

また「楽天e-NAVI」経由ではなくプライオリティパス社へ直接請求すると楽天プレミアムカードとは別に年会費がかかるので十分に気をつけるようにしましょう。

ラウンジを利用しない人には向かない

当たり前のことですが、ラウンジを利用しない人にとって楽天プレミアムカードのメリットはそれほど大きくありません。

プライオリティ・パスでVIPラウンジを使う以外のメリットには、

  • 楽天市場での買い物がいつでもポイント5.0%
  • 楽天市場で毎週火曜日木曜日に1%ポイントアップ(合計6.0%、楽天市場コース選択)
  • お誕生月に1%ポイントアップ(合計6.0%)

などがあります。

年会費をポイント分で相殺するためには、

  • ポイント還元率5.0%の場合は年間216,000円以上(毎月18,000円以上)の利用
  • ポイント還元率6.0%の場合は年間180,000円以上(毎月15,000円以上)の利用

が基準となります。

プライオリティ・パスのプレステージ会員年間399米ドルを年会費1万円(税別)で利用するのに比べると、これらのメリットはそれほど大きいとは言えないでしょう。

ラウンジ同伴者はお金がかかる

ラウンジ同伴者は、別途利用料金3,000円(税別)がかかる点で注意が必要です。

また、空港ラウンジによっては同伴者人数やドレスコードの制限があるため、あらかじめラウンジの情報を確認するようにしましょう。利用料金さえ支払えば、VIPラウンジを利用できるとは限らないからです。

楽天プレミアムカードの家族カード会員(年会費500円税別)であったとしても、プライオリティ・パスを手に入れることができるのは本カード会員だけとなっています。

国内空港ラウンジは魅力が半減

国内空港ラウンジは、プライオリティ・パスの魅力を存分に発揮しきれていないのが現状です。

現在国内空港で利用できるプライオリティ・パスのラウンジは、9か所のみです。

  • TEIラウンジ(成田第1ターミナル)
  • KALビジネスクラスラウンジ(成田第1ターミナル)
  • IASSエグゼクティブラウンジ(成田第1ターミナル)
  • TEIラウンジ(成田第2ターミナル)
  • IASSエグゼクティブラウンジ(成田第1ターミナル)
  • スターアライアンスラウンジ(中部国際空港)
  • KALラウンジ(中部国際空港)
  • KALビジネスクラスラウンジ(関西国際空港)
  • KALラウンジ(福岡空港)

羽田空港は対象外となっているため、楽天プレミアムカード会員はカードラウンジを利用することになります。せっかくプライオリティ・パスを持っていたとしても羽田空港を利用する場合は、ゴールド会員と同じラウンジを利用せざるを得ません。

さらに上記のラウンジは出発前エリアに設置されていることが多く、搭乗手続き後は時間を持て余すことになりがちです。プライオリティ・パスは海外で使ってこそ価値があると言えるでしょう。

楽天プレミアムカード

Thumbnail img rakuten premium edy

国際ブランド

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 300万円 無料

楽天プレミアムカードの口コミと満足度

総合満足度

4.0

口コミ1

評価項目 評価平均
満足度

4.0

ポイント還元

4.0

付帯サービス

3.0

デザイン

3.0

ステータス

3.0

会員専用サイト

5.0

申込み手続き

5.0

男性

45歳/男性/自営業

年収:200~300万円未満

  • 楽天プレミアムカード
  • 月の使用額:3~10万円未満
満足度

4

ポイント還元

4

付帯サービス

3

デザイン

3

ステータス

3

会員専用サイト

5

申込み手続き

5

発行した理由
はじめは通常の楽天カード(Visa)を使用していました。楽天市場と楽天ブックスを中心に楽天グループで買い物をすることがだんだん増えてきた頃に「プレミアムカードにすれば5,000ポイントがもらえる」という内容のメールを楽天カードから受け取ったので、これに魅力を感じ、楽天カードのサイトで切り替えの手続きをしました。
主に利用する場面
ネットショッピング(楽天グループ外でのショッピングを含む)、ドラッグストア、調剤薬局、コンビニ、靴屋、眼鏡屋、国民健康保険料
気に入ってる点
楽天市場での買い物によるポイントが通常の楽天カードよりも高くなることです。「選べるサービス」で「楽天市場コース」を選択した上で「特定日プレミアムカードデー」(具体的には火曜日と木曜日)に楽天プレミアムカードを使って楽天市場で買い物をすると、ポイントがさらに加算されます。会員サイトの「楽天e-NAVI」が使いやすいのも気に入っている点です。利用額の確認が簡単だし、くじや「クリックしてポイント!」などのポイントサービスでポイントがためられます。
こうだったらもっといいのに!と思う点
楽天プレミアムカードの主な特典の一つに「プライオリティ・パス」というものがありますが、ほとんど旅行をしない自分には関係ないもので、個人的にはまったく利点がないのが残念です。年会費を無料にしてもらった方が助かります。
その他
楽天プレミアムカードは年会費が10,800円となっていて高めです。これを取り返すため、せっせとポイント稼ぎにいそしむことになってしまいました。「通常の楽天カードのままで良かったかな」という思いが頭をよぎることがたまにあります。

口コミを更に見る

まとめ

楽天プレミアムカードのプライオリティ・パスは、確かに年会費1万円(税別)でプライオリティ・パスのVIPラウンジを利用することはでき、最も低価格でプライオリティ・パスを手にする方法といえます。

しかし、同伴者にはお金がかかるなど、さまざまな制約を受けることがある点で注意が必要です。

これまでご紹介した情報を参考にして、自分が楽天プレミアムカードを作るべきかどうかぜひ検討してみてくださいね。

2017.07.31

プライオリティ・パス付きクレジットカード、お得に使えるのはどれ?

海外への旅行や出張の際、空港の中にあるラウンジを利用できる方法としては、 プライオリティ・パスの会員権を得る(有料) ビジネスクラスやファーストクラスを利用する ダイナースクラブカードを作る 等が代表的です。 クレジットカードの中には、カードの年会費を負担するだけでプライオリティ・パスの無料利用枠が付いているものがいくつかあります。年会費や利用料金を抑えて持てるプライオリティ・パスについて、知りたいと思いませんか? 年会費や利用料金を抑えて持てるプライオリティ・パスには、 世界中の空港でラウンジを無料で利用できる 海外旅行傷害保険などクレジットカードの付帯サービスも利用できる 学生や主婦でも最短発行できるのか? 最短発行が可能な時間帯とは? といったメリットがあります。 年に数回海外へ行く方にとっては、持っておくと大変便利でお得と言えます。 今回は、 プライオリティ・パスとは何か プライオリティ・パスの無料利用枠がついているおすすめのクレジットカードとその特徴 についてご紹介していきます。 プライオリティ・パスの会員種別や、クレジットカードごとに異なる特徴を理解できれば、自分に合ったものがどれなのか選ぶことができます。

プライオリティ・パスについての詳細は、上記の記事も合わせて参考にしてくださいね。

2018年最新おすすめクレジットカードや選び方のコツを解説

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを厳選!自分にぴったりのベストなクレカを比較しよう

キャッシュレスでポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。数百種類の中からあなたにぴったりのクレジットカードを比較して導き出します。おすすめのクレジットカードや、クレジットカードを利用する上で気をつけたい基礎知識も合わせてご紹介します。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら