楽天ゴールドカードは楽天ユーザー最強?楽天カードとの違いも徹底解説!

赤ちゃんとお母さんがPCでショッピング中

楽天ゴールドカードは、楽天カードマンでお馴染みのテレビCMでも頻繁に目にする、楽天カードが発行するクレジットカードです。

楽天カードの上位ランクのカードで、楽天市場でのポイント付与率アップなど、楽天ユーザーにとって大変魅力的なカードです。

楽天ゴールドカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 公式サイト参照 無料

そんな楽天ゴールドカードとは何なのか、特典やスペックの詳細について知りたくありませんか?

こちらの記事では、楽天ゴールドカードの

  • 楽天ゴールドカードの概要とスペック
  • メリットとデメリット
  • 楽天カード(普通カード)との違い

上記について徹底解説していきます。

記事を理解することで、自分が楽天ゴールドカードを作るべきかどうかをスムーズに判断できるようになります。

楽天ゴールドカードとは

ゴールドカードを持つ人

楽天ゴールドカードは楽天カードの上位のカードです。楽天市場利用時にポイントアップするのはもちろん

  • 楽天市場での商品未着あんしん制度
  • ネット不正あんしん制度

など、楽天市場やネットショップでのお買い物が便利になる付帯サービスが充実しています。

楽天市場などのネットショップでお買い物をする機会がある人にとって、メリットが大きいカードです。

楽天カードと楽天プレミアカードの間を埋める1枚

楽天ゴールドカードは、年会費・サービス内容ともに年会費無料の楽天カードと年会費10,000円(税別)の楽天プレミアカードの中間のサービスを提供しているクレジットカードです。

例えば空港ラウンジの利用条件を比較すると下記のようになります。

楽天カード 利用不可
楽天ゴールドカード 国内主要空港、仁川、ハワイ /ダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを使用可能
楽天プレミアムカード 楽天ゴールドカードで利用可能なラウンジ+プライオリティ・パス申込可能

このように、楽天カードと楽天プレミアムカードの中間のサービスを提供しているのが楽天ゴールドカードです。

楽天カード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 500円(税別)

楽天ゴールドカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 公式サイト参照 無料

楽天プレミアムカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 無料

2019.12.10

CMでおなじみの「楽天カードマン」!その楽天カードの魅力を一挙公開!

はないでしょうか。みなさんおなじみの楽天カード。ここ数年で利用者を伸ばしていて知名度もかなり高いですよね。そんな楽天カードってなんとなくお得なイメージだけど、「楽天カードの何がそんなにお得なの?」「普段楽天のサービスを使うけど、楽天カードにすると本当にお得なの?」「あんまり楽天のサービスを使わない私はお得ではないのかな?」「楽天カードを使っているけどポイントの良い活用方法はないかな?」このような疑問を持っていませんか?楽天市場などの楽天のサービスは、楽天カードを使うことでポイント還元率がプラスされるためポイントがどんどん貯まります。そして貯まったポイントは普段使っている楽天のサービスで1ポイント1円で使えるので楽天サービスのユーザーにとって便利でお得です。では、楽天のサービスを利用しない方にとってはどうでしょう?実は、楽天ポイントは楽天Edyに交換することで、コンビニや自動販売機などで使えるかなり使いやすいポイントになります。楽天カードの通常のポイント還元率は1.0%と高いため、楽天サービスのユーザーでなくてもお得に使うことができることがわかりましたね。この記事では、楽天カードの基本的な知識から、ポイントの活用方法などを解説していきます。普段楽天のサービスを使う方も、使わない方もこの記事を読んでいただき、楽天カードについて知ってもらえたらと思います。

ラウンジの案内板

2019.09.03

楽天プレミアムカードでプライオリティ・パスGET!ラウンジの魅力を紹介

顧客満足度調査No.1を8年連続受賞している大人気の楽天カード。そんな楽天カードの中でも、ラウンジサービスに特化したカードが「楽天プレミアムカード」です。「プライオリティ・パス」と呼ばれる、年会費だけで約4万円かかるラウンジの会員権が、楽天プレミアムカードならば年会費たった1万円で利用することができるのです。国内外の空港で、搭乗前にゆったりとラウンジで寛ぐことができれば、ワンランク上の上質で快適な旅や出張となること間違いありません。ラウンジサービスをお得に楽しむことのできる楽天プレミアムカードに、自分が入会するべきかどうかの判断基準を知りたいと思いませんか?今回ご紹介する以下の内容について知ることができれば、自分が楽天プレミアムカードのカードに入会するべきかどうかの判断をつけることができるようになるでしょう。楽天プレミアムカードの概要楽天プレミアムカードのメリットデメリット楽天プレミアムカードのお得な使い方楽天プレミアムカードのコースの違い楽天プレミアムカードとプライオリティ・パスの魅力や注意点についてご紹介します。

次の章では楽天ゴールドカードのサービス内容について、詳しくご紹介していきます。

楽天カードとの違いを徹底比較!

ゴールドカード

楽天ゴールドカードと楽天カードには、年会費やサービス内容において、様々な違いがあります。どのような違いがあるのかを解説していきます。

ゴールドカードなのに年会費はたったの2,000円(税別)

楽天ゴールドカードはゴールドカードにも関わらず、年会費は下記のようになります。

本カード会員 2,000円(税別)
家族カード会員 500円(税別)

他のゴールドカードでは、年会費が1万円程度のものが多いので、年会費2,000円(税別)で持てる楽天ゴールドカードはお得なカードです。

楽天市場の利用で楽天スーパーポイントが5%付与される

楽天ゴールドカード使用時の楽天スーパーポイントのポイント付与率は下記のようになります。

通常利用 1%
楽天市場利用時 5%(楽天プレミアムカードと同率)

他にも

  • 楽天トラベルでポイント 2%
  • 楽天ポイント加盟店でポイント 3%

などのポイントの優遇があるため、楽天のサービスや提携サービスでお得に利用できるカードです。

貯まったポイントは、1ポイント=1円として楽天市場や楽天ポイント加盟店でのショッピングや、楽天Payで使用できます。

また、他のポイントへの交換などに使うことができます。

楽天市場を使う時は100円使うと楽天スーパーポイント5円相当が付与されるため、還元率が5%になります。

そのため、楽天ゴールドカードは楽天市場を利用する人にとってメリットが大きいカードです。

国内主要空港・ホノルル空港・仁川空港のラウンジを無料利用できる

楽天ゴールドカードの本カード会員と家族カード会員は、国内主要空港と韓国の仁川空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港を無料で利用可能です。

年会費が似たような他のゴールドカードのラウンジ利用は下記のようになっています。

年会費 ラウンジ利用
オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD 1,806円(税別) 不可
MUFGカード ゴールド 1,905円(税別) 新千歳の一部、成田、羽田国際線、中部国際、関西国際、福岡、ダニエル・K・イノウエ国際のみ
※国際線利用時のみ
楽天ゴールドカード 2,000円(税別) 国内主要28空港、仁川、ダニエル・K・イノウエ国際
※国内線利用時でも可能

年会費が同程度のゴールドカードで、国内主要空港ほぼ全部のラウンジを利用できるカードは他にありません。「国際線搭乗時のみ」などの限定もありません。

またLCCを利用していても、カードラウンジが利用できます。例えばエアアジアで格安で購入した「羽田⇔新千歳」の便を利用するときなどでも、往復カードラウンジでゆっくりと寛げます。

セントレア(中部国際空港)にあるプレミアムラウンジ セントレアでは、生ビールなどのアルコールも無料で何杯でも楽しむことができます。到着時も利用可能です。

このように空港ラウンジサービスが充実している点は楽天ゴールドカードの大きなメリットです。

注意!2018年9月より、楽天ゴールドカードのラウンジ利用が改悪となりました。ラウンジサービスの回数制限がなかったところから、1年で2回までに変更となりました。

ラウンジと空港

2018.06.08

楽天ゴールドカード、国内空港ラウンジサービスが改悪!

クレジットカードの専門家、菊地崇仁さんがクレジットカードの”気になるニュース”をお伝えします。今回は、楽天ゴールドカードのラウンジサービスが9月1日より制限されるお話です。

ETCカードの年会費が無料

楽天ゴールドカードを持っていると、ETCカードの年会費が無料です。

楽天カードの場合、楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員かプラチナ会員でなければ、ETCカードの年会費500円(税別)が必要です。

ETCカードの年会費が無料なのは、ETCカードが必要な人にとってのメリットです。

2020.01.15

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード

「たくさん種類があってどのクレジットカードを作ったら良いかわからない」そんなあなたにおすすめのクレジットカードを紹介!専門家からカード選びのポイントも解説します。「ポイント還元率が高いカードが良い」「マイルを貯めたい」「年会費無料が良い」あなたにぴったりのクレジットカードを見つけましょう。

紙ベースの利用明細が無料発行できる

楽天ゴールドカードは、毎月の利用明細を紙で発行するのが無料です。楽天カードであれば紙明細の発行に毎月82円(税込)、年間合計で984円かかります。

紙明細が必要な人であれば、年会費の実質的な差が1,176円まで下がります。

紙明細が必要な人にとって、無料で発行できる点はメリットです。

楽天カードとの比較表

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを表にして比較すると下記のようになります。

楽天カード 楽天ゴールドカード
年会費
(本会員・家族会員・ETCカード)
本会員 無料
家族会員 無料
ETCカード500円(税別)
本会員 2,000円(税別)
家族会員 500円(税別)/人
ETCカード無料
ポイント還元率
(通常・楽天市場利用時)
通常 1.0%
楽天市場利用時 3.0%
楽天トラベル利用時 2.0%
通常 1.0%
楽天市場利用時 5.0%
楽天トラベル利用時 2.0%
利用限度額 一人一人異なる 一人一人異なる
空港ラウンジ × 国内主要28空港
仁川空港
ダニエル・K・イノウエ国際空港
家族会員も使用可能
紙利用明細手数料 毎月82円(税込)
年間合計984円
無料
海外旅行保険の有無 最高2,000万円補償利用付帯 最高2,000万円補償利用付帯
国内旅行保険の有無 × ×

このように、楽天ゴールドカードは年会費2,000円(税別)で楽天市場利用時のポイント還元率優遇やラウンジ利用などのサービスを受けられるクレジットカードです。

ETCカードの年会費や紙明細も無料になるため、ETCカードが複数枚必要な場合など、使い方によっては楽天カードより少ない負担で持つことができる場合もあります。

楽天ゴールドカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 公式サイト参照 無料

次の章では、楽天ゴールドカードの審査基準を解説していきます。

楽天ゴールドカードの審査基準

虫眼鏡で見るカード

楽天ゴールドカードの審査基準は公表されているわけではありません。

入会資格は

  • 楽天ゴールドカード:20歳以上の安定した収入のある方
  • 楽天カード:18歳以上(高校生除く)

なので、楽天カードと比べると入会資格自体は制限されているため、厳しめです。

しかし、楽天カード自体が作りやすいカードとして知られているため、楽天カードと比べただけでは審査が厳しいのかどうかは判断できません。

他のゴールドカードと比較した入会資格

クレジットカードの審査基準は、それぞれのクレジットカード会社が独自の基準を設けていて公表されていない場合が多いです。

その中でも、公表されている入会資格をJCBゴールド、三井住友VISAゴールドカードと比較すると、下記のようになります。

年会費 入会資格
楽天ゴールドカード 2,000円(税別) 20歳以上の安定した収入のある人
JCBゴールドカード 10,000円(税別)
  • 20歳以上で、本人に安定継続収入のある人
  • 学生不可
  • ゴールドカード独自の審査基準あり
三井住友VISAゴールドカード 10,000円(税別)
  • 30歳以上で、本人に安定継続収入のある人
  • ゴールドカード独自の審査基準あり

他のゴールドカードは学生が制限されていたり、「本人」に安定継続した収入があることを求めていたり、年齢制限が高めだったりしています。

それに対して楽天ゴールドカードは20歳以上で安定した収入があれば申込可能なうえに学生不可とは記載されていません。

楽天カードの審査についてはこちらの記事も参考にしてくださいね。

翻訳する女性

2019.11.28

楽天カードの審査難易度を検証!審査基準や入手までの流れを徹底解説

楽天カードマンのテレビCMでもお馴染みの楽天カード。基本還元率が1.0%と高還元率のうえに、楽天市場での利用でポイント還元率は4.0%、更に年会費は無料と非常にコスパに優れたクレジットカードです。「楽天カードは審査が甘いのか?」「無職でも通るのか?」などなど、楽天カードの審査に関する様々な噂が飛び交っていますが、「実際のところはどうなの?」と思われている方は多いのではないでしょうか?楽天カードの審査基準や作り方を知って、自分が楽天カードの審査に通るかどうかを知りたいと思いませんか?この記事では、そんな楽天カードの審査に関するホントのところを徹底解説します。「これから楽天カードを作りたいと思っているけれど審査が不安…」そのように思っている方でも楽天カードの審査や作り方に関わる事柄を理解し、自分が楽天カードの審査に通るかをある程度まで判断できるようになります。

次の章では、楽天ゴールドカードがどのような人におすすめなのかをご紹介していきます。

楽天ゴールドカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 公式サイト参照 無料

楽天ゴールドカードはこんな人におすすめ

親指を立てて喜びながらゴールドカードを持つ男性

ここまでご紹介してきた楽天ゴールドカードの特徴や楽天カードとの違いを踏まえると、楽天ゴールドカードはこのような人におすすめのカードです。

楽天市場で月に20,000円以上の買い物をする人

楽天ゴールドカードは、楽天市場で月に20,000円以上の買い物をする人におすすめです。楽天市場で月に20,000円の買い物をする場合、下記のようなポイントが付きます。

毎月のポイント 年間のポイント
楽天ゴールドカード 20,000円×5%=1,000ポイント 12,000ポイント
楽天カード 20,000円×3%=600ポイント 7,200ポイント
ポイント差:4,800ポイント(1ポイント=1円相当)

毎月20,000円程度楽天市場で買い物をする人であれば、年会費2,000円以上のポイントがもらえます。

日用品や趣味のものなどで、毎月コンスタントに楽天市場で20,000円以上買い物をする人であれば、楽天カードより楽天ゴールドカードを作る方がポイントを多くもらえます。

そのポイント分で年会費分がまかなえてしまうため、メリットが大きくおすすめです。

手軽にゴールドカードを持ちたい人

楽天ゴールドカードは、手軽にゴールドカードを持ちたい人におすすめです。

年会費2,000円(税別)と少ない負担で持てるうえに、同程度の年会費のゴールドカードと比べてポイント付与率や利用可能な空港ラウンジの数など、優れている点が多いからです。

楽天ゴールドカードは、少ない負担でゴールドカードを持ちたい人におすすめです。

国内旅行や出張の多い人

楽天ゴールドカードは、国内旅行や国内出張が多い人におすすめです。

  • 楽天トラベルポイント還元率2%
  • 国内主要空港で空港ラウンジが利用可能
  • ETCカード年会費無料

など、国内旅行をする時に使うとメリットが大きい付帯サービスが充実しているからです。

また、楽天ゴールドカードの利用で貯まったポイントを手数料無料でANAのマイルに交換することもできるので、旅行が好きでANAのマイルを貯めている人にもおすすめできます。

このような理由から、楽天ゴールドカードは、国内旅行や国内出張が多い人におすすめのカードです。

この章でご紹介してきたように、楽天ゴールドカードは、

  • 楽天市場で毎月コンスタントに20,000円以上の買い物をする人
  • 旅行の際、楽天トラベルを使う人
  • 手軽にゴールドカードを持ちたい人
  • 空港ラウンジの利用など、付帯サービスを利用したい人

上記の人におすすめのカードです。

楽天ゴールドカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 公式サイト参照 無料

まとめ

今回の記事では、楽天ゴールドカードについて解説してきました。ポイントをおさらいしていきます。

  • 楽天ゴールドカードは楽天カードと楽天プレミアカードの中間のサービスを提供するカード
  • 年会費2,000円(税別)、家族カード会員500円(税別)
  • 基本のポイント付与率1%、楽天市場利用時は5%
  • 国内主要28空港・ダニエル・K・イノウエ国際空港・仁川空港のラウンジを利用できる
  • ETCカード年会費が無料
  • 紙の利用明細発行が無料(楽天カードは82円(税込)/月)
  • 海外旅行傷害保険最高2,000万円利用付帯

このように、楽天ゴールドカードは、楽天を頻繁に利用する人はもちろん、楽天カードに比べて無料で利用できる付帯サービスが多いカードです。

今回の記事を参考にして、自身が楽天カードを作るべきかどうかの判断材料にしてみてくださいね。

2019.12.10

CMでおなじみの「楽天カードマン」!その楽天カードの魅力を一挙公開!

はないでしょうか。みなさんおなじみの楽天カード。ここ数年で利用者を伸ばしていて知名度もかなり高いですよね。そんな楽天カードってなんとなくお得なイメージだけど、「楽天カードの何がそんなにお得なの?」「普段楽天のサービスを使うけど、楽天カードにすると本当にお得なの?」「あんまり楽天のサービスを使わない私はお得ではないのかな?」「楽天カードを使っているけどポイントの良い活用方法はないかな?」このような疑問を持っていませんか?楽天市場などの楽天のサービスは、楽天カードを使うことでポイント還元率がプラスされるためポイントがどんどん貯まります。そして貯まったポイントは普段使っている楽天のサービスで1ポイント1円で使えるので楽天サービスのユーザーにとって便利でお得です。では、楽天のサービスを利用しない方にとってはどうでしょう?実は、楽天ポイントは楽天Edyに交換することで、コンビニや自動販売機などで使えるかなり使いやすいポイントになります。楽天カードの通常のポイント還元率は1.0%と高いため、楽天サービスのユーザーでなくてもお得に使うことができることがわかりましたね。この記事では、楽天カードの基本的な知識から、ポイントの活用方法などを解説していきます。普段楽天のサービスを使う方も、使わない方もこの記事を読んでいただき、楽天カードについて知ってもらえたらと思います。

ラウンジの案内板

2019.09.03

楽天プレミアムカードでプライオリティ・パスGET!ラウンジの魅力を紹介

顧客満足度調査No.1を8年連続受賞している大人気の楽天カード。そんな楽天カードの中でも、ラウンジサービスに特化したカードが「楽天プレミアムカード」です。「プライオリティ・パス」と呼ばれる、年会費だけで約4万円かかるラウンジの会員権が、楽天プレミアムカードならば年会費たった1万円で利用することができるのです。国内外の空港で、搭乗前にゆったりとラウンジで寛ぐことができれば、ワンランク上の上質で快適な旅や出張となること間違いありません。ラウンジサービスをお得に楽しむことのできる楽天プレミアムカードに、自分が入会するべきかどうかの判断基準を知りたいと思いませんか?今回ご紹介する以下の内容について知ることができれば、自分が楽天プレミアムカードのカードに入会するべきかどうかの判断をつけることができるようになるでしょう。楽天プレミアムカードの概要楽天プレミアムカードのメリットデメリット楽天プレミアムカードのお得な使い方楽天プレミアムカードのコースの違い楽天プレミアムカードとプライオリティ・パスの魅力や注意点についてご紹介します。

監修者

北村 滋郎/ M&M企画

知らなかったばっかりに人生で大きな損失を被むることがないように、金融機関では教えてくれないお金と心のホントの話をお伝えし、皆様に安心を提供できれば幸いです。

【専門家の解説】

カード選びの際の王道は、カードを発行する会社で買い物をするかどうかです。

いくら特典が素晴らしくても、楽天で買い物をしないのであれば、カードを作ってもそれは本末転倒。毎月、定期的に楽天で買い物をするのであれば、次はレベルの問題です。

楽天のスタンダードカードとゴールドカードのメインの違いはその還元率です。スタンダードなら1%、ゴールドならば5%。その差は4%で年会費は2000円です。つまり、年で50000円以上買い物をするあなたなら、ゴールドカードは即おすすめです。

楽天カードの素晴らしさは、ポイントが貯まりやすいということと、いろんなお店で使えるという点です。楽天は様々なアプリのサービスが充実しています。

ローソンなどに入店するだけでポイント貯まる「楽天チェック」やクリックするだけでポイント貯まる「ポイントスクリーン」など楽天ポイントクラブというアプリを中心にポイント貯めるアプリがたくさんあります。これだけでもコツコツとやれば毎月200ポイント(年間で2500ポイント程度)以上貯めることができるのです。

また、いろんなお店でも使えるという点では、マクドナルド、くら寿司、串屋物語などという飲食店で使えるのも便利です。 ご自身のショッピングスタイルを振り返ってみて、楽天で買い物するタイプであれば、買い物とアプリでポイントを貯めて、家族のお食事を楽しむという生活も楽しいのではないでしょうか。

監修者:M&M企画 北村滋郎
監修者:M&M企画 北村滋郎

知らなかったばっかりに人生で大きな損失を被むることがないように、金融機関では教えてくれないお金と心のホントの話をお伝えし、皆様に安心を提供できれば幸いです。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス・申込・口コミ調査
    調査期間:2019年1~9月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら