ロフトカードなら毎月最後の週末は10%オフ!お得なロフトカード活用術

ショッピングをする女性

生活のありとあらゆる雑貨を販売している、チェーンストアの「ロフト」。

たくさんの商品を揃えている便利なロフト、誰でも一度は利用したことがあるのではないでしょうか。日本国内で100店舗以上を展開しています。

そんなロフトでは、毎月限定の「ある3日間」が店頭価格から10%オフになります。そして10%オフを適用するためには、ロフトカードで支払うことが条件となります。

せっかくロフトカードを作るなら、

  • ロフトのお買い物以外でもメリットがあるのか
  • ロフトカードのポイント還元率や割引特典

なども知りたいと思いませんか?

今回はそのロフトカードのメリットをお伝えするだけでなく、「こんな人にはロフトカードは向いていない!」というデメリットもあわせて紹介します。

これでロフトカードに興味のある人がロフトカードの概要やメリット、デメリットを知り、自分がロフトカードを作るべきか、持ち続けるべきかどうかを判断できるようになります。

ロフトカードは年会費無料&10%オフになるお得なクレジットカード

ショッピングをする女性

ロフトカードは年会費無料で限定期間は10%オフが適用されるとってもお得なクレジットカードですが、いくつか注意したいポイントがあります。

カードを作る前に知っておきたい注意点と、まだあるお得なメリットをまとめて解説していきます。

毎月末の金土日が10%オフになる

ロフトカードの最大のメリットは、月末の金・土・日の3日間が10%オフになることです。

月末はお給料日の企業が多く、なんとなくウキウキしてしまう人も多いのではないでしょうか。

また月末は業務が集中することもあり、1ヶ月最後の週末は自分へのご褒美に何か買いたくなってしまう人もいらっしゃると思います。

そんなときロフトの月末10%オフを活用すれば、欲しかった生活雑貨を思いっきり購入することができるでしょう。

例えば1万円のお買い物なら10%割引適用で9,000円になるため、1,000円も割引されることになります。

ロフトでスキンケア商品やコスメグッズなどを10%オフ期間にまとめ買いをすれば、お得にお買い物をすることができるようになります。

セール品は適用外&他にも割引除外商品がある

ただしセール品は割引除外となるため、セール価格からさらに10%オフにはなりません。そして、セール品以外にも以下の商品は割引除外となっています。

  • 加工修理
  • 箱代
  • 各種
  • 金券
  • 飲料
  • 送料
  • 税金
  • CDや書籍

上記以外にも割引除外となる指定商品があるため、利用店舗にてご確認ください。

カード保有者向けの優待期間がある

月末の週末3日間だけでなく、年に数回あるロフトカード会員限定の優待会が実施されるのも見逃せないメリットです。

優待期間は約2週間程度が設定されているため、月末に忙しくてロフトに行けなかった人もロフトカードがあれば優待期間を利用してお得にお買い物をすることができます。

ロフトカードは年会費無料

ロフトカードは年会費無料というメリットがあるため、ロフト専用のサブカードとして所有することも可能です。

ただし注意したいポイントとして、国際ブランドをアメリカン・エキスプレスにした場合は年会費3,000円(税抜)がかかるという点です。

アメリカン・エキスプレス以外の3つの国際ブランド(VISA、マスターカード、JCB)を選んだ場合については、年会費無料で持ち続けることができます。

永久不滅ポイントが貯まる

ロフトカードは毎月の利用合計金額1,000円につき永久不滅ポイントが1ポイント貯まる仕組みになっています。

貯めた1ポイントは5円に交換することができるため、ポイント還元率は0.5%となります。

1回の利用が1,000円に満たなかった場合でも、月間の合計金額に対してポイント加算されるため、端数も無駄なくポイント付与の対象にすることができるようになります。

永久不滅ポイントは期限切れの心配がない

そしてなんといっても「永久不滅ポイント」という名のとおり、ポイントに有効期限がないメリットがあります。せっかく貯めたポイントが、期限切れで無駄になってしまうということはありません。

ロフトカードのポイント還元率0.5%は、高還元率カード1.0%以上と比べるとやや見劣りする部分があることは否めません。

しかし筆者としてはポイントを無駄なくお得に貯めることができ、その上有効期限がないというメリットは、高還元率カードにはない魅力があると感じます。

西友やリヴィンで請求時に割引あり

ロフトカードがあれば、全国の西友とリヴィンで毎月5日と20日に5%オフになるメリットがあります。

食料品はもちろんのこと、衣料品も5%オフになるため、まとめ買いをするのにぴったりのカードです。

この西友とリヴィンの5%オフは、利用時ではなく請求時に割引されます。

お会計時には割引前の金額で決済しても、口座から引き落とされる請求時に5%割引が適用される仕組みになっています。

ここまでロフトカードの魅力をお伝えしてきましたが、持っておいて損をすることはないことがお分かりいただけたと思います。

それでは次に、ロフトカードをおすすめしない人がどのような人なのか、ロフトカードの注意点について解説していきます。

こんな人にはおすすめしません!ロフトカードの注意点

電話をかける男性

ロフトカードは魅力満載のクレジットカードですが、これからお伝えする注意点は事前に確認しておくことをおすすめします。

10%オフの期間でなければお得度は低い

まず、10%オフの期間以外はお得度が低くなる点が挙げられます。

欲しい商品があったとしても月末の週末3日間まで待たなければお得にお買い物をすることができないため、生活の自由度が低くなるデメリットがあります。

もちろん今すぐに欲しい商品をロフトカードで購入してもいいのですが、「どうして月末まで待てなかったんだろう…」と後悔することになるかもしれません。

ロフトカードを持っているばかりに、10%オフの期間に振り回される可能性があるということをあらかじめ知っておくと安心です。

ロフトはあくまで定価で販売される

もしかしたら、他のドラッグストアやホームセンターのほうが安く購入できるかもしれません。

なぜなら、ロフトの販売価格はあくまでも「定価」だからです。

せっかく月末の3日間を狙って欲しかった商品をお得に購入したのに、近所のドラッグストアでもっと安く販売しているのを目にしてしまうかもしれない…という可能性があります。

このような事態を避けるために、筆者としてはドラッグストアやホームセンターでは売っていないロフトならではの商品を購入することをおすすめします。

例えば、ほぼ日刊イトイ新聞でおなじみの「ほぼ日手帳」や「ほぼ日ホワイトボードカレンダー」はいかがでしょうか?

オンラインストアでは確認することのできない、実物を確認してから購入することができるのは、ロフトならではの魅力です。

このような商品を月末3日間限定の10%オフ期間に購入すれば、ドラッグストアの激安価格を上回るメリットを受けることができるようになるのです。

年会費無料カードには旅行保険が付帯されない

年会費無料のロフトカードには、旅行保険を付帯させることができないデメリットがあります。

ロフトカードはトラベルではなく、ショッピング専用のサブカードとして賢く利用するのがおすすめです。

保険付帯のあるカードが欲しいならば、ロフトカード以外の旅行保険が充実したカードを作りましょう。下記のエポスカードは、年会が無料なのに旅行保険が自動付帯されていておすすめです。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC

ロフトカードの注意点から、以下のような人にはロフトカードをおすすめすることができません。

  • 10%オフの限定期間に縛られたくない人
  • ドラッグストアでも売っている商品をロフトで買おうと思っている人
  • 旅行保険を付帯させたいと思っている人

それでは次に、ロフトでお得にお買い物をする方法について確認しましょう。

これで自分がロフトカードを本当に作るべきか、判断することができるようになります。

ロフトでお得に買い物する方法

会話する男女

ロフトカードを利用する以外に、お得に買い物できる方法は以下の3つがあります。

  • 公式アプリで割引クーポンが配られる
  • ロフトイエローバザーを狙う
  • ルミネや西武、そごう、丸井などで購入する

それぞれの内容について具体的に解説していきます。

公式アプリで割引クーポンが配られる

公式アプリから2種類のクーポンが配布されます。

まず1つめのクーポンは、公式アプリで発行されロフトク期間に使える「5%オフクーポン」です。

ロフト公式アプリの利用者向けに年に6回「ロフトク」が実施されるのですが、このロフトク期間前に、5%オフクーポンが発行されロフトク期間に利用することができます。

2か月に1回は5%オフのクーポンが配られることになるため、年に数回程度しかロフトを利用しないという人なら、公式アプリのクーポンで十分にお得感を感じることができるかもしれません。

ただし、お買い上げ金額が税込1,080円以上でなければ5%オフクーポンを利用することができない点で注意が必要です。

2つめのクーポンは公式アプリでスタンプを貯めて得られる10%OFFの「スタンプクーポン」す。

スタンプクーポンは税込1,080円以上のお買い物でもらえるスタンプを6個集めると、10%オフのクーポンがプレゼントされるというものです。

スタンプは以下の手順で集めることができます。

  1. 税込1,080円以上をロフトで利用する
  2. 発行されるレシートにロフトスタンプ専用のバーコードがあるのでアプリからスキャンする
  3. スタンプを1つ集めることができる

たまにロフトを利用する人なら公式アプリだけでもお得にお買い物をすることができるでしょう。

ロフトイエローバザーを狙う

年に2回ある、ロフトイエローバザーを狙う方法もおすすめです。

毎年夏と冬の2回に開催されるセールで、開催時期は2週間前後となっています。

月の最終週末限定3日間よりも長く開催されているので、「忙しくて気が付いたら終わっていた…」ということにはならずに済むでしょう。

普段は安くならない定価の商品もセール価格になることがあり、お得にお買い物をすることができます。

冬はハッピーバッグやラッキーバッグなどの福袋も販売されますから、ロフトカードがなくても定価以下でお買い物をすることができます。

ルミネや丸井、アリオなどで購入する

ルミネや丸井、アリオなどに入っているロフトを利用すれば、お得にお買い物することができます。

ロフトがルミネや丸井などの駅ビルや百貨店の中に入っていれば、提携しているクレジットカードのポイントをお得に貯めることができるからです。

例えばルミネならルミネカード利用でいつでも5%オフが適用され、年に数回は10%オフになる期間もあります。

リオならnanacoカードの支払いでnanacoポイントを貯めることもできます。

ロフト単体の店舗ではなく、ららぽーとやそごう、西武にあるロフトを利用すれば、ロフトカードがなくてもお得にお買い物をすることができるようになります。

ただし、各店舗によってポイント加算の除外店舗となっていることがあります。利用予定のロフトへあらかじめ確認しておくと安心です。

まとめ

お得なロフトカード活用術について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

  • ロフトカードは月末3日間の限定期間や年に数回のカード会員限定優待会で10%オフになる
  • アメックス以外の国際ブランドにすれば年会費無料でポイントは永久不滅
  • 西友やレヴィンでも5%オフが適用される(毎月5日と20日)
  • ドラッグストアやホームセンターの低価格には負けることがあるかもしれない(ロフトならではの商品を購入すればお得!)
  • 旅行保険を付帯することができないためメインカードとして活用するには力不足(サブカードなら大活躍間違いなし!)

ロフトカードの概要やメリット、デメリットをしっかりと理解できましたか?

ロフトをよく利用するならば、是非参考にしてみてくださいね。

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく利用によってポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。単にクレジットカードといっても、たくさんあってわかりにくいですよね。クレジットカードの特性を知らずに、やみくもに「ただなんとなく」カードを作ったり、使ったりすることは「少しもったいないこと」といえます。クレジットカードはうまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

タブレットとクレジットカード

2017.08.24

MUJIカードで毎年1,500円を入手!無印良品でお得なクレジットカードを解説

シンプルかつ独特な価値観で多くのファンを抱える無印良品。そんな無印良品が発行しているクレジットカードが「MUJIカード」です。 普段から無印良品を利用している人であれば MUJI カードの概要、種類が知りたい MUJI カードのお得な使い方、ポイント制度や交換商品が知りたい MUJI カードのメリット、デメリットが知りたい 自分がMUJI カードに入会すべきかどうかの判断基準が知りたい と思われるのではないでしょうか? この記事では、そういった人のために、MUJIカードの概要や特徴、メリット、デメリットなどをまとめてみました。日頃から無印良品を利用している人はもちろん、MUJIカードを発行するかどうか悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んで「自分がMUJIカードを作るべきかどうか」の参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら