JTB旅カードはJTB好き必見クレジットカード!各種類も紹介

海外旅行へ行く空港

日本の旅行代理店で、おなじみのJTB。旅行をするとき、JTBを通して旅行を申し込む人は少なくないのではないでしょうか。

JTBで旅行を申し込む機会が多い人におすすめなのが、JTB旅カードです。

旅行に関するサービスが充実しているのはもちろん、うまく利用することでお得にポイントを貯められます。

旅行をする機会があるなら、JTBで便利に利用できるJTB旅カードの種類や、特徴を知りたくはありませんか?

もしかしたらこれまでに知らなかったJTBがお得になる方法を、知ることができるかもしれません。

今回の記事では、JTB旅カードの特徴や、種類による違い、メリット・デメリットなどをご紹介していきます。

JTB旅カードの特徴を理解することで、自分がJTB旅カードを作るべきかを判断できるようになります。

JTB旅カードの概要

海外旅行の準備とカード

JTB旅カードとは、旅行代理店のJTBが発行しているクレジットカードです。

旅行に便利な付帯サービスが充実しています。また、ショッピングや旅行代金の支払いで利用することで、JTBトラベルポイントが貯まります。

そんな旅行に便利なJTB旅カードについてご紹介していきます。

各カード一覧

JTB旅カードには、5種類あります。それぞれの特徴をまとめます。

本人会員
(税別)
家族会員
(税別)
家族カード
限度枚数
国際ブランド  その他の特徴
JTB旅カード 1,600円 500円 3枚 VISA
Master
JTB旅カード JMB 2,000円 1,000円 8枚 JCB 特定の条件で
JALツアーマイルがもらえる
JALのマイルを貯められる
JTB旅カード
スーパーロード
2,000円 1,000円 3枚 VISA
Master
無料ロードサービス
JTB旅カード
VISA
ゴールド
15,000円 家族会員
1名無料
2人目から
2,000円/人
規定なし VISA 空港ラウンジサービスなど、
VISAカードのゴールドカード特典を利用可
旅行取消料補償
国内航空機欠航補償
お買物安心保険
JTB旅カード
JCB GOLD
15,000円 家族会員
1名無料
2人目から
2,000円/人
8枚 JCB 空港ラウンジサービスなど、
JCBカードのゴールドカード特典を利用可
旅行取消料補償
国内航空機欠航補償
ショッピングガード保険

航空会社のマイルや車の運転に便利なカードもあるので、どんなスタイルの旅をすることが多いのかで、どのカードを選ぶかを決めるのがおすすめです。

JTB旅カードのポイント制度について

JTB旅カードを利用すると、JTBトラベルポイントが貯まります。

貯まったポイントは、JTB公式サイトやJTBグループのお店で、旅行代金や旅行用品の支払に利用することができます。

ポイントの利用単位は、

JTB公式サイト 100ポイント単位(100円相当)
JTBグループのお店 1,000ポイント単位(1,000円相当)

として利用できます。

有効期限はポイント積算日の翌年末(12/31)までなので、1年に1回以上JTBで申し込んで旅行をする人であれば無駄なく使い切ることができます。

ただし、旅行券等の商品券に交換することはできません。

JTB旅カードのポイント還元率

JTB旅カードに貯まるJTBトラベルポイントは、還元率は1.0~1.5%です。カードの種類によってポイント付与率が異なるため、還元率に幅があります。

具体的には、下記の還元率です。

JTB旅カード
JTB旅カードJMB
JTB旅カードスーパーロード
(以下通常カード)
1.0%
JTB旅カードVISA ゴールド
JTB旅カードJCB GOLD
(以下ゴールドカード)
1.5%

例えば1年間に120万円クレジットカード決済を利用する人であれば、

通常カード:12,000円分還元
ゴールドカード:18,000円分還元

還元された分を旅行費用から差し引くことができると考えると、旅行をする人にとってはとてもお得です。

ポイント付与のルール

JTB旅カードのポイントは、100円利用ごとに付与されます。

同じ還元率1.0%でも、1,000円ごとに付与されるのと100円ごとに付与されるのを比較すると、100円ごとに付与される方が、端数までポイントが付くためお得です。

例:4.900円の商品を購入した場合
100円ごとにポイントが付与される場合:49円分還元
1,000円ごとにポイントが付与される場合:40円分還元

と、還元額がかなり違っています。

JTB旅カードは、全部で5種類ありますが、いずれもショッピング等の支払いで、100円ごとにポイントを貯められます。ポイント還元率も1.0~1.5%と高いのがメリットです。

ポイントは、JTBの店舗や公式サイトで利用することで、さらにお得になる点です。

また、旅行代理店のクレジットカードなので、旅行に便利な付帯サービスが充実しています。次の章で詳しくご紹介していきます。

JTB旅カードのメリット

パソコンにtripの文字

JTB旅カードのメリットは、旅に役立つ付帯サービスが豊富である点です。

特に、JTBの店舗や公式サイトで利用すると、クレジットカードの利用額に応じたポイント以外にも、JTBのサービスを利用したことに対するポイントが貯まるのでとてもお得です。

こちらの章では、旅に役立つサービスを詳しくご紹介していきます。

JTBで利用するとポイントが高還元

JTB旅カードはJTBの店舗や公式サイトで利用すると、クレジットの利用によるJTBトラベルポイント1.0~1.5%以外にも、JTBのサービスを利用したことに対するJTBトラベルポイントが付与されます。

JTBグループの店舗での決済 10,000円ごとに50ポイント(ポイント還元率0.5%)
国内宿泊をJTB公式サイトから事前決済 1%
国内ツアー、海外ツアー、海外航空券、海外ホテル決済など
※旅物語・世界の旅情など、一部対象外のツアーがあります
0.5%

上記に加えて、クレジットカード決済によるポイントも付与されます。

<例>
108,000円の国内旅行をJTB公式サイトから申し込んでJTB旅カードJMBで事前決済を行った場合
クレジット決済によるポイント:1,080ポイント
JTB公式サイトでの事前決済によるポイント:540ポイント
合計1,620ポイント

同じ108,000円の旅行をJTBの店舗で申し込んで事前決済を行った場合

クレジット決済によるポイント:1,080ポイント
JTB公式サイトでの事前決済によるポイント:500ポイント
合計1,580ポイント

少しでポイントをたくさん貯めたい場合は、事前決済ポイントの付与率がやや高い公式サイトから手配するのがおすすめです。

店頭からでも、公式サイトからでも、JTBを利用する時は、ポイントが1.5~2.5%となるため、とてもお得にJTBトラベルポイントを貯められます。

JTBトラベルポイント加盟店・旅プリカ特約店でさらに高還元

JTBの店舗や公式サイトの利用の他にも、JTBトラベルポイント加盟店旅プリカ特約店での決済が、さらに高還元で利用できます。

JTBトラベルポイント加盟店では100円利用ごとに1~5ポイント旅プリカ特約店では利用額の3~10%のポイントが貯められます。

対象店舗は日本全国にあり、ジャンルも

  • レストラン
  • カラオケ
  • ショッピング
  • 旅行用品
  • 美容
  • 空港駐車場

など、多岐にわたっています。利用できるお店は、JTB公式サイト内のJTBトラベルポイント加盟店ページで検索することができます。

日常生活でも利用できますし、旅先の食事をJTBトラベルポイント加盟店ですることで、さらにお得にポイントを貯められます。

JTBトラベルポイント加盟店でJCB旅カードで支払いをすることで、クレジットカードの利用ポイント(1.0%~1.5%)も同時に貯められるので、合計で2.0%~7.5%の高還元で利用できるので、大変お得です。

旅行のサポートが充実している

JTB旅カードは、旅行代理店が発行するクレジットカードとだけあって、旅行のサポート体制が充実しています。

具体的に利用できるサービスは、

  • 海外55都市にJiデスク(JTB旅カードデスク)を設置
  • 旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • JTB旅カードページの利用
  • レジャー施設会員割引サービス「えらべる倶楽部」

などがあります。

特に、JTB旅カードページでは、

  • JTBトラベルポイントが貯まる加盟店の情報
  • 現地スタッフからの最新の情報

など、旅とJTB旅カードの利用に役立つ情報を見ることができる、会員限定のサービスです。これから旅行を考えている人なら、大変便利に利用することができます。

海外旅行傷害保険

JTB旅カードの旅行傷害保険の概要は、下記の通りです。

JTB旅カード
JTB旅カードJMB
JTB旅カードスーパーロード
本会員・家族会員最高2,000万円補償
JTB旅カードVISAゴールド
JTB旅カード JCB GOLD
本会員・家族会員最高1億円補償
家族特約対象者最高5,000万円補償

事前に申込をしなくても対象となる、自動付帯です。

ゴールドカードは、同居の親族や未成年で生計を共にする別居の家族も対象になります。

同居の家族で海外旅行をする機会がある場合は、一人一人に家族カードを作るよりも、ゴールドカードを1枚作っておいた方が、管理がしやすく補償内容もより充実しておりおすすめです。

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険は、公共交通乗用具の料金、宿泊施設の料金、宿泊を伴う募集型企画旅行の料金を支払うことが条件で付帯(利用付帯)されます。

対象は本会員・家族会員のみです。補償内容の概要は下記のとおりです。

JTB旅カード
JTB旅カードJMB
JTB旅カードスーパーロード
傷害死亡/後遺障害のみ 最高1,000万円補償
JTB旅カードVISAゴールド
JTB旅カード JCB GOLD
傷害死亡/後遺障害・入院・手術・通院
最高5,000万円補償

JTB旅カードのどの種類でも、旅行代金の支払いが付帯条件であることを覚えておきましょう。

JTBえらべる倶楽部の優待が受けられる

JTB旅カードを持っているだけで、JTBえらべる倶楽部の優待が受けられます。

具体的には、カード券面裏側の「えらべる倶楽部レジャー」マークを提示することで、割引を受けることができます。

提携施設は全国に約3,000ヵ所あり、

  • ゴルフ場
  • キャンプ場
  • マリンスポーツ
  • 博物館・美術館
  • 観光農園・牧場
  • 温泉・スパ
  • 遊園地

など、たくさんの種類の施設があります。詳しくは、会員サイト「MyJTB」にログインすることで検索ができます。

このように、JTB旅カードには、JTBでの利用が有利なのはもちろん、海外・国内の旅行傷害保険や、レジャー施設の割引など、旅をお得に利用できるサービスが満載です。

JTB旅カードは、旅行をする人にとってとてもお得なクレジットカードですが、おすすめできないタイプの人もいるので、次の章で詳しく見ていきます。

こんな人にはおすすめしません!JTB旅カードの注意点

クレジットカード制限

JTB旅カードは、JTBを利用して旅行をする人に便利に作られたクレジットカードなので、それに当てはまらない人にはあまりおすすめできません。

また、年会費も必ず発生することも、人によってはデメリットです。具体的に見ていきます。

年会費を払いたくない人

JTB旅カードは初年度でも必ず年会費が発生するため、年会費を払いたくない人にはおすすめできません。

しかしJTB旅カードは、ポイントの還元率が比較的高いため、一定額以上の利用があれば、年会費相当分以上のポイントで還元されます。

年会費税別 年会費相当分がポイント還元される年間利用額の目安 月額利用額の目安 おすすめのタイプ
JTB旅カード 1,600円 168,000円 14,000円 年に数回小旅行をする人
JTB旅カードJMB
JTB旅カードスーパーロード
2,000円 216,000円 18,000円 年に数回JALの飛行機や車を利用した小旅行をする人
JTB旅カードVISA ゴールド
JTB旅カードJCB GOLD
15,000円 1,080,000円 90,000円 家族単位で年に数回旅行をする人

毎月平均で「月額利用額の目安」以上の額を利用するようであれば、年会費相当分以上のポイントが還元されるので、年会費を支払ってクレジットカード払いをした方が、現金で支払うよりもお得です。

しかし、それでも年会費を払いたくない、という人にはJTB旅カードをおすすめできません。

JTBをあまり利用しない人

旅行は頻繁にするが、JTBをあまり利用しない人には、JTB旅カードはメリットが少ないのでおすすめできません。

理由は、

  • ポイントがJTBでしか利用できない
  • 他の旅行代理店を利用する機会が多い場合は他にメリットが多いカードがある
     HIS:スカイウォーカーカード
      楽天トラベル:楽天カード など
  • ポイントを商品券へ交換ができないため換金する手段もない

という点です。

ポイントを利用する方法がないのではメリットがないので、JTBを利用しない人にJTB旅カードはおすすめできません。

マイルを貯めたい人

クレジットカード決済で航空会社のマイルを貯めて航空券や旅行商品に変えたい人にも、JTB旅カードはおすすめできません。

JTBトラベルポイントは、航空会社のマイルへの交換に対応していないからです。

ショッピングで航空会社のマイルを貯めたい人は、

  • ANAカード
  • JALカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード(ポイントを16の航空会社のマイルに移行可能)

などがおすすめです。

このように、旅行のしかたや年会費を払いたくない等の理由で、旅行をする習慣がある人でも、JTB旅カードをおすすめできない場合もあります。

まとめ

今回の記事では、JTB旅カードの特徴について、ご紹介してきました。ポイントをおさらいします。

  • 年会費はカードの種類によって、1,600円~15,000円(税別)
  • 100円利用ごとにポイントが付与され、還元率は1.0%(ゴールド1.5%)
  • JTBの店舗や公式サイト、JTBトラベルポイント加盟店や旅プリカ特約店で利用するとさらにポイントが貯まる
  • 貯まったポイントはJTBの店舗や公式サイトでの支払いに利用できるが商品券や航空会社のマイルには交換できない
  • 有効期限はポイント積算日の翌年末(12/31)まで
  • 家族にも海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 国内旅行傷害保険は、旅行代金をカード決済することが条件で会員と家族会員に付帯
  • 海外55都市のトラベルデスクを利用できる

JTB旅カードは、JTBを利用する人にメリットのあるクレジットカードです。

逆にJTBを利用しない人や航空会社のマイルを貯めている人、年会費を払いたくない人にはメリットが少ないと言えます。

記事の中でご紹介した特徴やメリット、デメリットを知ることで、ご自身にJTB旅カードを持つメリットがあると判断された方は、是非利用してみてください。

2017.02.06

楽天カードのポイント還元率や審査を徹底解説!さらにお得に貯めるコツや入会までの流れ

ここ数年で利用者数をますます伸ばしている、人気の楽天カード。CMでもよく目にしますが、楽天を使う人にとってどのくらいお得なのでしょうか?通常利用の1%がポイント還元されるほか、実はスーパーポイントアッププログラム(SPU)が登場したおかげで、楽天市場で楽天カード決済すると最大6.0%のポイントが還元されて非常にお得です。ここでは楽天カードの特徴や、楽天のサービスで利用するメリット、楽天カードの審査基準や入手方法などについて解説します。

パソコンにtripの文字

2017.11.21

スカイウォーカーカードはH.I.S.ユーザー必見!旅行好きに嬉しい!

H.I.S.とオリコカードが発行している、スカイウォーカーカード。H.I.S.で海外旅行に年に1度は訪れる人には、とってもお得なクレジットカードです。 旅行に出かける機会がある人なら、スカイウォーカーカードの特徴やメリット、デメリットについて、知りたくありませんか? 今回の記事では、スカイウォーカーカードの特徴・メリットやデメリットに加え、スカイウォーカーカードがH.I.S.でどれくらいお得になるのか、貯まったポイントの活用方法なども合わせて解説します。 スカイウォーカーカードについて知ることで、自分がスカイウォーカーカードを作るべきか、持ち続けるべきかどうかの判断がつくようになります。

2018年最新おすすめクレジットカードや選び方のコツを解説

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを厳選!自分にぴったりのベストなクレカを比較しよう

キャッシュレスでポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。数百種類の中からあなたにぴったりのクレジットカードを比較して導き出します。おすすめのクレジットカードや、クレジットカードを利用する上で気をつけたい基礎知識も合わせてご紹介します。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

スポンサーリンク

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら