JCBの高還元「JCB CARD W」詳細をレビュー!年会費無料のお得すぎるスペックとは

パソコンしながらクレジットカードを見る人

クレジットカード発行だけでなく、国際ブランドとしても名声を博しているJCB。

そんなJCBのオリジナルシリーズに新しく、年会費無料&ポイント高還元のクレジットカード「JCB CARD W」が登場!

10月24日より、39歳以下を対象に新規申し込みを開始しました。

年会費無料ポイント高還元さらにJCBならではのハイスペックな特典や保険も付帯されています。

まさに「お得すぎて作らなきゃ損!」ともいえるような、『すごいカード』が登場したといえます。

JCB CARD W

こちらの記事で、JCB CARD Wの特徴やメリット、さらにデメリット(あんまりないのですが、念のため調査して…)を、限りなくわかりやすく紹介します。

同じく新登場した、女性向けの「JCB CARD W plus L」についても紹介しているので、女性の皆さんも必見ですよ!

JCB CARD W は年会費無料&ポイント高還元の待望のカード!

ピースサインをする女性

JCBオリジナルシリーズのポイントが2倍=1.0%の高還元率!

まずJCB CARD W最大の特徴である、「ポイント2倍」について解説します。

JCBオリジナルシリーズからこれまで発行されていたクレジットカードは、カード利用額1,000円につき、OkiDokiポイントと呼ばれるポイントが1ポイント加算されていました。

OkiDokiポイントは、1ポイントで5円相当の価値(※)があり、電子マネーや好きな商品と交換することができます。

※交換する商品によっては1Pにつき3円~5円相当

JCB CARD W

Thumbnail 1122001400 f cmyk

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 公式サイト参照
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

↑今なら申し込みで最大11,000円分がもらえるキャンペーン中!↑

今回新しく登場したJCB CARD Wは、そのOkiDokiポイントが2倍貯まるカードです。

JCB CARD Wポイント明細

実際に筆者がJCB CARD Wを作成し、175,000円の利用をした月のポイント明細がこちらです。

通常Oki Dokiポイントは175,000円で175ポイントのはずが、JCB CARD Wのボーナスポイントとで倍増され、合計350ポイントが付与されているのが確認できますね。

1,000円で1ポイント(5円相当)だったのが2ポイント(10円相当)となり、「175,000円の利用で350ポイント×5円相当=1,750円分が付与」ということがわかります。

還元率に換算すると1.0%の高還元率カードといえます。  

  • JCB一般カード→1,000円で1P(5円相当)=基本還元率0.5%
  • JCB CARD W1,000円で2P(10円相当)基本還元率1.0% NEW!!

年会費無料で1.0%のポイント還元率を持つクレジットカードは、人気の楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントが例に挙がります。

それらのカードに比べてJCB CARD Wには旅行保険やショッピング保険など、優れたメリットがあります。

それらについては後ほど紹介します。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーではさらに高還元!

クレジットカードを持ちながら喜ぶ女性

ポイント優待店(JCB ORIGINAL SERIESパートナー)でさらに倍増!

先ほど紹介した1%のポイント還元は、クレジットカードをどこのお店で使っても貯まる還元率です。

例えば公共料金やコンビニやスーパーで利用しても、1%が貯まります。  

しかし、JCB ORIGINAL SERIESパートナーと呼ばれるポイント優待店で利用すれば、さらにポイントが倍増されます。  

JCB ORIGINAL SERIESパートナーは、通常のポイントにボーナスポイントが加算されていくイメージです。

JCBW還元率

例えばポイントが3倍になるJCB ORIGINAL SERIESパートナーをJCB CARD Wで利用した場合、下記の表のようになります。

還元率(基本0.5%)
3倍のパートナー 0.5%×3倍=1.5%
JCB CARD W +0.5%
合計の還元率 2.0%

JCB CARD Wのボーナスポイントと、JCB ORIGINAL SERIESパートナーのボーナスポイントを合計したポイント還元率のパートナーごとの例はこちらです。

  • Amazon:ポイント4倍=2%還元
  • セブンイレブン:ポイント4倍=2%還元
  • イトーヨーカドー:ポイント4倍=2%還元
  • スターバックス:ポイント6倍=3%還元

通常のポイント倍率に、JCB CARD Wの1倍(=0.5%)が単純に追加されるイメージですね。

Amazonやセブンイレブンなどの、上記の店舗をよく利用する人にはポイントがどんどん貯まっていきます。  

注意点として、例えばスターバックスは1,000円の利用1回ごとにつき、3ポイントが貯まります。数百円の利用ではポイントが付与されないので、スタバカードへの1,000円単位でのチャージがおすすめです。

このような細かな条件が設定されている場合もあるので、事前にORIGINAL SERIESパートナーの公式サイトを確認しておくと安心ですね。

年会費はずっと無料で維持コストゼロ

OKサインをする女性

JCB CARD Wの次なる魅力は、入会も年会費も無料であるということです。  

これまでのJCBオリジナルシリーズでも類を見ない年会費無料

これまでJCBオリジナルシリーズの一般カードの年会費は、初年度が無料であっても次年度から税別1,250円がかかってしまっていました。  

ポイントが0.5%で貯まっていくとはいえ、1,250円のコストを毎年支払わなければならないのは、年会費無料のクレジットカードが他社には何種類もあることに比べると、やはり劣ってしまいますよね。  

JCB CARD EXTAGEに比べても、JCB CARD Wの方がお得!

 29歳以下限定で、年会費無料のJCB CARD EXTAGEというクレジットカードもあります。

しかし、更新時に自動的に年会費がかかるカードに切り替わってしまったり、更新前に解約をすると税別2,000円の解約手数料がかかってしまっていました。

しかしJCB CARD Wには、そのような解約手数料はありません。

さらにポイント還元率の面からみても、明らかにJCB CARD Wのほうが有利です。

既存のJCB CARD EXTAGEはポイント還元率が0.75%(一般カードの1.5倍)なのに対し、JCB CARD Wの2%(一般カードの2倍)です。  

  • JCB一般カード:次年度から1,250円で基本還元率0.5%
  • JCB CARD EXTAGE(29歳以下限定):年会費無料で基本還元率0.75%
  • JCB CARD W(39歳以下限定):年会費無料で基本還元率1%  NEW!!

繰り返しますが、このJCB CARD Wの年会費が次年度以降も無料、ポイント還元も1%(一般カードの2倍)というスペックです。

JCB CARD W

Thumbnail 1122001400 f cmyk

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 公式サイト参照
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

↑今なら申し込みで最大11,000円分がもらえるキャンペーン中!↑

まさにJCBが社運をかけて挑んだ、まさに「作らなきゃ損!」なお得なクレジットカードであるといえます。  

年会費無料なのに手厚い会員サポート

電話するコンシェルジュ

こちらでは、JCB CARD Wに付帯されている保険について紹介します。

他の「年会費無料&還元率1%」の楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントと比べても、手厚い保険が用意されているので要チェックです!

海外旅行保険は最高2,000万円

JCB CARD Wに付帯されている旅行保険は、下記の通りです。

  • 付帯条件:利用付帯
  • 海外旅行保険:最高2,000万円
  • 国内旅行保険:なし

付帯条件は「利用付帯」なので、旅行に関わるお金をJCB CARD Wで支払う必要がありますが、還元率1%ならばポイントのためにもぜひカードを利用することをおすすめします。

スペックが似ているオリコカード・ザ・ポイントには、旅行保険は付帯されていません。

たまに海外旅行に行くので保険付きのカードが欲しい!」と考えている人にとっては、オリコカード・ザ・ポイントに比べて、JCB CARD Wを選ぶほうがおすすめです。

ショッピングガード保険が最高100万円

クレジットカードで支払ったものが、もし盗難や紛失、破損などのトラブルに見舞われた場合に、その金額が保証される「ショッピングガード保険」が年会費無料のカードとしては大変珍しく付帯されています。

このようなショッピング保険は、楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントにも付帯されていません。 JCB CARD Wに付帯されているショッピングガード保険は、下記の通りです。

  • 付帯条件:利用付帯
  • 海外利用:最高100万円
  • 国内利用:なし
  • 自己負担額:1事故につき1万円
  • カードでの購入日から90日間まで補償

海外で購入したもののみが対象となりますが、購入した商品がトラブルに遭った場合に補償してくれるサービスがあるというのは心強いですよね。

万が一に備えておくことができます。

作らなきゃ損!でもデメリットはないのかを検証

疑問

年会費無料でポイントが高還元、海外旅行保険やショッピング保険も付帯されている特典が満載の高スペックであるJCB CARD W。

しかし、「本当にデメリットはないのか?」を検証してみました。

注意:39歳以下が入会条件であること

最も最初に挙げられる注意点としては、入会条件が39歳以下であるということです。 残念ながら、40歳以上の方はJCB CARD Wを新しく作ることができません。

しかし逆に考えれば、39歳以下の方はJCB CARD Wを作れるチャンスといえます。

注意:利用明細がWEBのみであること

一般的にクレジットカードの利用明細は、基本的には郵送で書類が送られてきます。

最近ではクレジットカード会社側もコストカットのために、WEB明細の切り替えを積極的におこなっていますが、JCB CARD Wは最初からWEB明細のみとなります。

「自分はどうしても紙の明細書が欲しい!」という方は、JCB一般カードや他のクレジットカードをおすすめします。

「明細はWEBで確認できれば十分だ」という人は、JCB CARD Wがおすすめです。

注意:入会がWEB限定であること

JCB CARD Wは、オンライン限定で入会できるクレジットカードです。 本人がWEB経由で申請することでのみ、作ることができるカードなのです。

以上、JCB CARD Wのデメリットや注意点について検証してみました。

39歳以下で、WEB明細やWEB入会に抵抗がない人ならば、全く問題のないクレジットカードなのではないでしょうか。

限定!JCB CARD W plus Lは女性におすすめ

JCB CARD W plus L

このJCB CARD W と同時に新規入会を開始したJCB CARD W plus Lは、JCB CARD Wに女性に嬉しい特典がプラスされたカードです。

その特徴を紹介します。

キュートなデザイン

JCB CARD W plus Lは、通常のJCB CARD Wのデザインとは違う、キュートなデザインです。

「男性っぽい紺色のクレジットカードはあんまり好きじゃない」という女性の方には、とても利用しやすいカードなのではないでしょうか。

女性に嬉しい付帯サービス

plus Lにはデザインだけではない、女性に嬉しい付帯サービスが揃っています。

付帯サービス:「お守リンダ」というオプションの保険

女性特有のがんに備えた保険に月額30円から入会することができたり、ひったくりやストーカーに備えた保険に月額100円から入会することができるなど、女性に嬉しい「安心」に備えた保険が、「お守リンダ」です。

「まだ医療保険は入っていないけど、気軽に保険に入会したい」という女性に特におすすめです。

付帯サービス「キレイ」を叶えるお得な情報が届く

JCB CARD W plus Lに入会すると、「LINDAリーグ」と呼ばれるロクシタンやアビステなど、女性に人気のブランドからお得な情報が届きます。

抽選で商品が当たるチャンスもあり、こまめにチェックしているとプレゼントをGETできるかもしれませんよ!

JCB CARD W plus L

Thumbnail 1012201400 f cmyk

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 公式サイト参照
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

↑今なら申し込みで最大11,000円分がもらえるキャンペーン中!↑

まとめ

JCB CARD Wがいかに高スペックで、お得なクレジットカードだということがおわかりいただけたでしょうか?

  • 39歳以下限定のお得なクレジットカード
  • 年会費は永年無料
  • 基本のポイント還元率が2倍で還元率は1%
  • ポイント優待店ならさらに倍増!

    ちなみに筆者(30才/女)は、1,400 OkiDokiポイントで1枚もらえるディズニーランドのパークチケットが欲しかったので、「JCBオリジナルシリーズが欲しいな」と長年思っていたもの、還元率の低さでためらっていました。

    しかし今回新しくこの『お得すぎるすごいカード』が新たに登場し、OkiDokiポイントが急速に貯まると確信し、すぐに入会したくらいです。

    ディズニーパークチケットをゲットするなら、「新しいJCB CARD Wで70万円分の買い物をすればいい」という計算になります。

    JCBW還元率

    さらによく利用する、スタバカードへのチャージで還元率3%!Amazonでも還元率2%です!すぐに目標に手が届いてしまいそうです。

    ※JCB CARD Wを利用していくうちに感じた発見は、随時この記事にて更新していきます。

    JCB CARD W

    Thumbnail 1122001400 f cmyk

    国際ブランド

    JCB

    対応電子マネー

    QUICPay(クイックペイ)
    年会費 ポイント還元率 ポイント名
    初年度 2年目~
    無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
    発行スピード 限度額 マイレージ
    還元率(最大)
    ETC年会費
    最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 公式サイト参照
    • 海外旅行保険
    • 家族カード
    • 分割払い
    • ETC

    ↑今なら申し込みで最大11,000円分がもらえるキャンペーン中!↑

    JCBが作成した下記の動画内でも、ポイント倍増について説明されているので、気になる方はぜひ見てみてくださいね!

    クレジットカードで買い物をする男女

    2017.04.18

    JCBのクレジットカードをわかりやすく比較!メリット&デメリット解説

    クレジットカードの国際ブランドに、JCBがあります。JCB発行のクレジットカードでなくても、「JCB」が選べたりしますが、この違いとは何なのでしょうか。また、国際ブランドとしてのJCBがVISAやマスターとどう違うのか、JCB発行のクレジットカードの概要やメリットとデメリット等も、JCBカードに興味のある方は知りたいですよね。こちらの記事は、国際ブランドとしてのJCBについての知識が深まり、数多くあるクレジットカードの中から自分にあったお気に入りのカードを選ぶ際に役立つ内容となっています。是非参考にしてみて下さい。

    JCBザクラス

    2017.08.24

    JCB最高峰VIPサービス?JCBザ・クラスは実質○円で持てるお得なカード(私がJCBザ・クラスを持った訳)

    日本が誇るクレジットカードブランド、JCB。T&E(トラベル&エンターテイメント)カードと呼ばれ、旅行やレジャーに特化した優待サービスがたくさんあるのが、JCBの魅力です。そんなJCBの、ゴールドやプレミアカードよりもさらに上を行く、JCBザ・クラスという最高ランクのクレジットカードがあります。年会費は税抜50,000円です。その黒い券面やサービス内容からも、「ブラックカードクラス!」と呼び声高いカードですが、招待されないと持つことができないカードのため、希少価値が高いです。そこで今回ナビナビクレジットカード編集部が実際に、JCBザ・クラスを愛用している方にインタビューを試みました!

    2017.05.30

    おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

    現金を用意する必要もなく、利用によってポイントも貯まる、クレジットカード。うまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのおすすめクレジットカードを比較して、導き出します。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカード満足度ランキング
    (インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら