JCBプラチナはコスパ最強!特典&サポート万全の新しいプラチナカードが登場!

上着を着る男性

クレジットカード発行だけでなく、国際ブランドとしても名声を博しているJCB。

そんなJCBのオリジナルシリーズに新しく、年会費25,000円(税抜)「JCBプラチナ」1024日より新規申し込みを開始しました。

これまでJCBが発行する最高峰のブラックカード、JCBザ・クラスに近い特典内容で、年会費は半額というとてもコストパフォーマンスの高いクレジットカードです。

JCBプラチナ

こちらの記事で、JCBプラチナの特徴や特典内容を、限りなくわかりやすく紹介します。

JCBプラチナはコスパ最強の全く新しいプラチナカード

高級店で食事をするカップル

年会費25,000円(税抜)でプラチナカードが持てる

プラチナカードはクレジットカードのランクの中でも、ゴールドカードよりも上のステータスとなります。

ひとくちにプラチナカードといっても、年会費も2万円~15万円するものまでたくさんの種類があります。

このJCBプラチナはそんなプラチナカードの中でも、年会費25,000円(税抜)で持てるとあって、コストパフォーマンスに優れたカードといえます。

ステータスピラミッド

それではプラチナカードの特典にはどのようなものがあるのか、詳しく解説していきます。

24時間365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」

電話するコンシェルジュ

まずJCBプラチナ最大の特徴である、「プラチナ・コンシェルジュデスク」について解説します。

コンシェルジュとは、国内外のホテルや飛行機・レンタカー、コンサートチケットの手配に至るまで、執事や秘書のように行ってくれるサービスです。

一般的にプラチナカード以上のカードに付帯されている特典で、忙しい方にはとても助かるサービスです。

このJCBプラチナには24時間365日対応してくれるコンシェルジュが、万全の体制でスタンバイしています。

「急に旅行に行くことになったけれど予約する時間がない!」
「好きなアーティストのライブチケットをすぐに予約したい!」

このような要望に何時でもすぐに対応してくれるというのは、とても心強いですよね。

コース料理が2名以上で予約で1名無料になる「グルメ・ベネフィット」

フレンチレストランでの食事

このJCBプラチナのお得な特典として、「グルメ・ベネフィット」があります。

国内の厳選した有名レストランで、コース料理を2名以上で予約すると1名分が無料となります。

2人で行けばコース料金がほぼ半額となる、美食家にはたまらないとてもお得な特典です。

誕生日や記念日のディナー、ビジネスでの会食などで使えば使うほどお得感がありますよね。

JCBプラチナ

Thumbnail 1241903400 sample f cmyk

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
25,000円(税別) 25,000円(税別) 0.5%~2.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
【新登場】今なら最大14,000円分の特典をプレゼント!

↑今なら申し込みで最大14,000円分がもらえるキャンペーン中!↑

世界中の空港VIPラウンジが何度でも利用可能な「プライオリティ・パス」

空港ラウンジ

「プライオリティ・パス」とは、世界中にある約1,000ヶ所の空港VIPラウンジを無料で利用できるサービスです。海外の空港では無料の待合スペースが少ないことも多いため、使えると大変便利です。

空港でプライオリティ・パスを利用できると、次のようなメリットがあります。

  • 無料でアルコールを含むドリンクや軽食が利用できる
  • 落ち着いた空間で、静かに安全に過ごすことができる
  • パソコンを持ち込んでの仕事も可能
  • 場所によってはシャワーを利用できる

特に、海外出張の人などは、意外と長い待ち時間で仕事を片付けられるためとても便利なのではないでしょうか。

このJCBプラチナは、本会員が何度でもラウンジを利用できるプライオリティ・パス会員権が付与されます。

通常プライオリティ・パスだけ利用しようとしても、この何度でも使える「プレステージ資格」には入会に399ドルかかります。

しかしJCBプラチナカードを持っていれば、399ドルを支払う必要がありません。

海外出張が多く、ラウンジを利用する機会の多い人には「お得すぎる特典」といえるでしょう。

JCBプラチナ

Thumbnail 1241903400 sample f cmyk

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
25,000円(税別) 25,000円(税別) 0.5%~2.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
【新登場】今なら最大14,000円分の特典をプレゼント!

↑今なら申し込みで最大14,000円分がもらえるキャンペーン中!↑

人気高級ホテルや旅館に会員価格で宿泊可能

JCBが厳選した上質なホテルや旅館に宿泊できる、「JCBプレミアムステイプラン」という特典も付与されています。

会員限定のスペシャルプライスプランが豊富に揃っているので、他の予約サイトに比べて掘り出し物プランが見つかるチャンスです。

JCBラウンジ京都が会員と同伴者1名まで無料

京都駅ビル内にある、JCBラウンジ京都がプラチナ会員(家族会員含む)と同伴者1名まで無料で利用できます。

観光やビジネスで京都に訪れた際に、ゆったりとした空間でドリンクを飲んで寛いだり荷物を預けたりすることができます。

海外旅行損害保険が最高1億円

プラチナカードならではの、手厚い旅行保険も付帯されています。

旅行代金をカードで払っていてもいなくても、自動付帯で本会員・家族会員に最高1億円の補償となります。

19歳未満の子供は家族特約サービスが付いているので、クレジットカードを持っていない子供も補償の対象となり家族旅行も万全です。

携行品の盗難なども補償されますので、とても安心です。

JCB最高峰のJCBザ・クラスに近いプラチナカード

JCBザクラス

JCB最高峰のステータスとサービスを兼ね備えた、JCBザ・クラスという招待制のクレジットカードがあります。年会費は54,000円です。

このJCBザ・クラスの特徴はJCB公式からは何も公表されておらずベールに包まれ、ブラックカードに位置づけれられたカードでした。

今回新しく登場したJCBプラチナは、限りなくこのJCBザ・クラスに近づいたプラチナカードといえます。

ざっくり分析するとJCBザ・クラス保有者へのインタビューでも明らかになっていた、「メンバーズ・セレクション」という年に一度送られてくるカタログギフトがないものが、JCBプラチナといえそうですね。

JCBプラチナの口コミと満足度

総合満足度

4.0

口コミ2

評価項目 評価平均
満足度

4.0

ポイント還元

2.5

付帯サービス

4.5

デザイン

4.0

ステータス

4.5

会員専用サイト

4.5

申込み手続き

4.5

女性

45歳/女性/会社員

年収:300~400万円未満

  • JCBプラチナ
  • 月の使用額:3~10万円未満
満足度

4

ポイント還元

1

付帯サービス

4

デザイン

5

ステータス

4

会員専用サイト

5

申込み手続き

5

発行した理由
年に数回海外旅行に行くので、無料でラウンジが使えるプライオリティパスが付いているカードが欲しくて契約しました。
主に利用する場面
ホテル、百貨店、レストラン
気に入ってる点
日本国内での旅行の際、空いている宿泊施設が探せなくて困っている時に、コンシェルジュに相談するとよいホテルを抑えてくれます。海外から友人が来た時に、日本らしいお土産やレストランを探してもらうこともあります。
こうだったらもっといいのに!と思う点
ユニバーサルスタジオジャパンでの優待サービスは、利用する機会がないのでもっと他のサービスを用意して欲しい。
その他
ポイントが貯まらないのが不満です。

口コミを更に見る

男性

38歳/男性/会社員

年収:500~700万円未満

  • JCBプラチナ
  • 月の使用額:3~10万円未満
満足度

4

ポイント還元

4

付帯サービス

5

デザイン

3

ステータス

5

会員専用サイト

4

申込み手続き

4

発行した理由
自分が旅行に行く場合は宿泊を伴う募集型企画旅行が多かったので、こちらの保障がしっかりしているJCBプラチナを作っておいて損はないと思いました。
主に利用する場面
国内旅行、ショッピング
気に入ってる点
海外でも国内でも最高1億円の旅行傷害保険がでるので海外だけでなく国内の旅行も安心してする事ができます。それと、これは自己満足になってしまいますがプラチナカードを持っていると、それだけでもステータスになるので自分に自信が持てました。
こうだったらもっといいのに!と思う点
年会費は2万5千円ですので、私が今ままで作ったクレジットカードの中では一番高額でした。旅行傷害保険の金額が高いので仕方が無いかもしれませんが、もう少し年会費を安くしてほしいかな。
その他
現在は新規入会で5千円分のギフトカードをプレゼントするキャンペーンをしています。

口コミを更に見る

まとめ

JCBプラチナがいかに充実した特典を持ち、コストパフォーマンスに優れたお得なプラチナカードだということがおわかりいただけたでしょうか?

  • 年会費は税抜25,000円のコスパの良いクレジットカード
  • 365日24時間答えてくれるコンシェルジュがいる
  • コース料金が2名以上で1名無料のグルメサービス
  • プライオリティ・パスが無料で付帯

    JCBプラチナ

    Thumbnail 1241903400 sample f cmyk

    国際ブランド

    JCB

    対応電子マネー

    QUICPay(クイックペイ)
    • 国内旅行保険
    • 海外旅行保険
    • 家族カード
    • 分割払い
    • ETC
    年会費 ポイント還元率 ポイント名
    初年度 2年目~
    25,000円(税別) 25,000円(税別) 0.5%~2.5% OkiDokiポイント
    発行スピード 限度額 マイレージ
    還元率(最大)
    ETC年会費
    最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
    今がチャンス!お得な入会特典
    【新登場】今なら最大14,000円分の特典をプレゼント!

    ↑今なら申し込みで最大14,000円分がもらえるキャンペーン中!↑

    JCBが作成した下記の動画内でも、JCBプラチナのイメージがとてもよくわかる内容になっています。

    クレジットカードで買い物をする男女

    2017.04.18

    JCBカードの年会費やポイント還元率を比較!メリット&デメリット解説

    クレジットカードの国際ブランドに、JCBがあります。JCB発行のクレジットカードでなくても、「JCB」が選べたりしますが、この違いとは何なのでしょうか。また、国際ブランドとしてのJCBがVISAやマスターとどう違うのか、JCB発行のクレジットカードの概要やメリットとデメリット等も、JCBカードに興味のある方は知りたいですよね。こちらの記事は、国際ブランドとしてのJCBについての知識が深まり、数多くあるクレジットカードの中から自分にあったお気に入りのカードを選ぶ際に役立つ内容となっています。是非参考にしてみて下さい。

    JCBザクラス

    2017.08.24

    JCB最高峰VIPサービス?JCBザ・クラスは実質○円で持てるお得なカード(私がJCBザ・クラスを持った訳)

    日本が誇るクレジットカードブランド、JCB。T&E(トラベル&エンターテイメント)カードと呼ばれ、旅行やレジャーに特化した優待サービスがたくさんあるのが、JCBの魅力です。そんなJCBの、ゴールドやプレミアカードよりもさらに上を行く、JCBザ・クラスという最高ランクのクレジットカードがあります。年会費は税抜50,000円です。その黒い券面やサービス内容からも、「ブラックカードクラス!」と呼び声高いカードですが、招待されないと持つことができないカードのため、希少価値が高いです。そこで今回ナビナビクレジットカード編集部が実際に、JCBザ・クラスを愛用している方にインタビューを試みました!

    2018年最新おすすめクレジットカードや選び方のコツを解説

    2017.05.30

    【2018年最新】おすすめクレジットカードを厳選!自分にぴったりのベストなクレカを比較しよう

    キャッシュレスでポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。数百種類の中からあなたにぴったりのクレジットカードを比較して導き出します。おすすめのクレジットカードや、クレジットカードを利用する上で気をつけたい基礎知識も合わせてご紹介します。

    クレジットカード絞込み検索

    カードの種類
    年会費
    国際ブランド
    ポイント還元率
    ポイント交換先
    対応電子マネー
    発行スピード
    利用限度額
    付帯保険

    該当18

    クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

    クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

     
     

    利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら