JCBゴールド法人カードを徹底解説!満足と安心を提供する1枚

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

スタートアップの段階を過ぎて事業が軌道に乗ってくると、次に考えるのは法人カードのランクアップではないでしょうか。スタートアップ時代は「とりあえず」という感覚で作ったカードも、企業規模が大きくなるにつれてステータス性のあるものを望むようになる方は多いと思います。

そんな経営者に注目してほしいのが今回の記事で紹介するJCBゴールド法人カードです。日本のプロパーであるJCBのゴールドカードということで、ステータス性については申し分ありません。中小企業はもちろん、個人事業主も申込むことができる人気のカードです。

この記事ではJCBゴールド法人カードの持つスペックについて詳しくご紹介していきますので、ぜひ最後までお読みいただき、カード選びの参考にしてみてください。

JCBゴールド法人カードの概要

ゴールドカードを持つ手元

JCBの法人向けクレジットカードは、会社規模等により、経営者・個人事業者向けの「JCB法人カード」、大規模企業向けの「JCBビジネスカード」「JCBコーポレートカード」があります。

その中で、今回ご紹介するのは、経営者および個人事業主が申し込めるゴールドクラスのJCB法人カードになります。

追加で発行できるサブのカードは枚数に制限がなく、従業員個別に経費支払い用として持たせることもできて便利です。ただし全てのカードで同じカード利用枠をシェアする形になるので、小規模オフィスや個人事業主に向いているカードだといえます。

年会費

JCBゴールド法人カードの年会費は10,000円(税別)です。直営(プロパー)が発行するゴールドカードの年会費としてはややリーズナブルな部類だといえます。

ネットでオンライン申込みをすれば初年度の年会費が無料になる特典も。同時にサブのカードも申し込めば、同じく初年度の年会費が無料[通常1枚あたり3,000円(税別)]になります。使用者追加で複数枚必要な所は一緒に申込めば、さらにお得感が増すでしょう。

JCBゴールド法人カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

入会を検討されている方は、年会費について下記記事で詳しく説明していますので、参考にしてください。

参考記事
JCBゴールド法人カードは初年度年会費無料!経営者必見のメリット・デメリットまとめ

国際ブランド

JCBは、VISA、MasterCard、アメックス、ダイナースと並ぶ国際ブランドです。

さらにその中でも自社でカード審査から発行まで行っている直営(プロパー)はJCB、アメックス、ダイナースの3社だけです。プロパーというだけでも充分な信頼感がありますが、それに加えてJCBは日本企業という安心感もあります。

JCBが発行するJCBゴールド法人カードは経営者ならぜひ持っておきたいカードの1枚だといえるでしょう。

申込みに必要な書類

JCBゴールド法人カードでは、発行対象が法人か個人事業主かで申込み時に必要となる書類が変わります。それぞれのケースで必要となる書類は以下のとおりです。

  • 法人
    現在事項全部証明書もしくは履歴事項全部証明書。
    代表者の本人確認書類。
  • 個人事業主
    個人事業主の本人確認書類。 

本人確認書類は下記のいずれかを用意します。

  • 運転免許証もしくは運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 住民票の写し
  • パスポート
  • 在留カードや特別永住者証明書など
  • 健康保険証と補完書類(詳しくは後述)のセット 

本人確認書類に記載されている住所と、カードの入会申込書に記入した現住所が異なっている場合は、健康保険証を本人確認書類として提出するとき同様に補完書類を添えなければなりません。補完書類には以下の書類を用いることができます。

  • 公共料金(電話、電気、ガス、水道、NHK)の領収書
  • 国税もしくは地方税の納税証明書や領収書
  • 社会保険料の領収書 

JCBゴールド法人カードの申込みに決算書は必要ありません。ただし審査の結果によっては追加で提出を求められることもあります。

次はJCBゴールド法人カードに付帯するサービスを見ていきましょう。

JCBゴールド法人カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

JCBゴールド法人カードに付帯するサービス

スーツケースを引くビジネスマン
JCBゴールド法人カードでは充実した補償内容の各種保険や、ビジネスを強力にバックアップしてくれるサービス群が提供されています。ここでは特に注目したいサービスについて詳しく解説します。

保証内容が充実した旅行傷害保険とショッピング保険

JCBゴールド法人カードに付帯する各種保険サービスはゴールドクラス以上の補償内容になっているものが多く、いざというときに手厚い補償が受けられます。

ショッピング保険の保証は他社のプラチナカードレベル

国内外を問わず、JCBゴールド法人カードで購入した品物にはショッピングガード保険が適用されます。破損や盗難があった場合に年間最高500万円まで保障してくれる内容は他社のプラチナカードとほぼ同等なので、ゴールドカードとしてはかなりパワフルだといえるでしょう。

国内と海外を問わず旅行傷害保険は自動付帯

国内旅行なら最高補償額5,000万円の国内旅行傷害保険海外旅行なら最高補償額1億円(※)の海外旅行傷害保険が自動付帯されます。

海外旅行保険の場合はさらに家族特約も付いてきます。カードの使用者に適用されるものなので、従業員が国内・海外出張中に事故にあったときも保障されているので安心です。

(※)ただし、日本出国前に「搭乗する公共交通乗用具」や「参加する募集型企画旅行」(パッケージツアー)の料金を、JCBゴールド法人カードで支払っていない場合は、最高補償額は5,000万円となります。

ビジネスを強力にバックアップ

JCBゴールド法人カードでは、宿泊施設予約、チケットレス航空券の発券、新幹線の予約、福利厚生に使える各種施設の優待など、ビジネス上必要となる煩わしい雑務をサポートしてくれる各種サービスが提供されます。

じゃらんと提携した国内宿泊施設予約サービス

リクルートが運営している旅行宿泊予約サービス「じゃらん」と連携しています。JCBゴールド法人カード会員向けの宿泊プランも用意されているので、出張時の宿泊費を節約することが可能です。

ANAやJALの航空券チケットレス発券サービス

全日空の「ANA@desk」や日本航空の「JAL ONLINE」を利用して航空券をチケットレスで購入できます。導入費やシステム使用料、年会費といったコストはかからないので、出張が多い法人には見逃せないサービスです。

社用車のコスト管理に便利なJCB E-Co明細サービス

ETCカードの利用状況をネット上で確認できるE-Co(イーコ)を利用できます。走行日時や有料道路の利用区間、利用料金が確認できるほか、過去15ヶ月までさかのぼって明細の確認・印刷・データ出力ができるので経理業務もはかどります

エクスプレス予約で新幹線の利用も便利になる

東海道新幹線や山陽新幹線をオンラインで予約できる「エクスプレス予約」が提供されます。スマートフォンやパソコンを使って座席をネット予約できるようになるので、新幹線による出張が多い法人には便利なサービスです。

福利厚生にも役立つ各種施設の優待サービス

「福利厚生倶楽部」という福利厚生サービスを利用することができます。宿泊施設やフットネスなど、個別に用意するのはコストもかかり大変ですが、福利厚生倶楽部を通じて利用することでJCB法人カード会員限定の優待を受けられ、従業員に充実した福利厚生を提供できます。

海外出張でもしもの時に心強い日本語対応窓口

海外に点在するサービス窓口「JCBプラザ」では、現地でトラブルに見舞われた際や、JCB加盟店の予約、観光に関するお問い合わせにも日本語で対応してくれます。

また、一部主要都市に設置された「JCBプラザラウンジ」では、ドリンクやマッサージ機のサービスまで利用できるので、寛ぎのひと時が出張先での疲れを癒してくれるでしょう。

経費処理の効率化が図れる

法人カードを経費利用することで、社員ごとに利用代金明細の照会ができるため、日ごろの経費精算業務の簡略化が図れます。

利用明細データと会計ソフトを連携させることで、経理事務や確定申告時の業務効率化につながり、本業に集中することができます。

会計ソフトを検討されている方には、弥生会計オンラインの「セルフプラン」もしくは「ベーシックプラン」を初年度無料で利用することができます。1年間という長期的な優待はなかなか無いので、かなりお得なキャンペーンといえるでしょう。

接待時に使えるサービス

JCBの加盟店は、JCB海外加盟店を含め約3,000万もあるので、様々なビジネスシーンに活用することができます。

さらに、JCBゴールド法人カードでは、全国の対象店舗で飲食代金の割引が受けられる「JCBゴールドグルメ優待サービス」や、全国のゴルフ場・約1,200カ所におけるプレー予約の代行サービス「ゴルフエントリーサービス」などがあり、経営者にとって大切な接待時に利用できるサービスが揃っています。

ポイントにこだわる人に嬉しい最大0.8%還元

JCBゴールド法人カードのポイント還元率は、利用金額による一定のものではなく、利用の仕方によってアップすることに特徴があります。JCBと提携している優待店や、JCBが運営しているネットサービス「Oki Dokiランド」経由のネット通販で利用すればお得にポイントが貯まります。貯まったポイントについてもさまざまな交換先が用意されているので無駄なく利用することができます。

優待店での利用分はポイントが倍付けに

JCBゴールド法人カードには「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」(以下、JCBオリジナルシリーズパートナー)というサービスが提供されています。JCBオリジナルシリーズパートナーの適用により、海外でのカード利用や優待店の利用でポイントがアップします。海外ではポイント2倍、優待店では2倍以上のボーナスポイントが付与されます。

また、会員専用WEBサービス「MyJCB」に登録すれば優待情報の案内もしてくれるため、よりお得に利用することができます。

Oki Dokiランドを利用すれば1%以上の還元も

JCBが運営するネットサービスの「Oki Dokiランド」を利用して買い物をすればさらにポイントが貯まります。JCBカードのポイント還元率は通常では0.5%が基本となっています。Oki Dokiランド経由でAmazonや楽天をはじめとするネット通販を利用することにより、平均で2倍、サイトによっては最高で10倍のポイントが上乗せされます。

さらに、旅行関係でも「国内宿泊オンライン予約」の場合はOkiDokiポイントが最大5倍、「海外ホテルオンライン予約」であれば最大12倍にもなりますので、ぜひ利用したいサービスです。

豊富に交換先が用意されていて使い勝手の良いポイント

JCBのポイントサービスは交換できるもののバリエーションが多く、有効にポイントを活かすことができます。とくに他のポイントサービスへの移行、各種ギフトカードとの交換は選択肢が多いので希望する交換先が必ず見つかるでしょう。最低交換単位も多くの交換先で200ポイントからとなっているので、無駄が少ないことも嬉しい点です。世に出回っているクレジットカードの中には特典商品にしか交換できないポイントサービスもありますが、JCBのポイントサービスは交換先の充実度で使い勝手に優れたものだといえます。

クレジットカード専門家 菊地崇仁 解説
JCBの法人カードは、ANAやオートバックスなどとの提携カードもあります。運送会社や出張が多い企業などは提携カードを選ぶのもおすすめです。
また、法人代表・個人事業主向けカード大企業向けのコーポレートカードなどがあり、会社規模によってカードを選ぶようにしましょう。
経営者・個人事業主向けのカードの場合は、「JCB Original Series」のロゴがあります。つまり、JCB Original Seriesパートナーである昭和シェル石油やAmazon.co.jp(Oki Dokiランド経由)、接待でも利用しそうな一休.comレストランなどでポイントを多く獲得可能です。
国内主要空港ラウンジやJCBゴールドグルメ優待サービスなどの特典も利用可能。個人向けのJCBゴールドで利用できるGOLD Basic Serviceの特典も全て利用する事ができ、福利厚生サービスのクラブ・オフも登録・利用可能です。
JCBの法人向けサービスである福利厚生倶楽部は月会費がかかるサービスですが、JCB GOLD Service Club Offは無料で利用できるため、登録しておきましょう。

※この記事はクレジットカード専門家 菊地崇仁さんが監修しております。

次はJCB法人カードのクラスについてお伝えします。

JCB法人カードはゴールド以外に一般とプラチナクラスも選べる

ゴールドカードとプラチナカードと地球の模型

JCB法人カードは、この記事で紹介しているゴールド以外に一般カードとプラチナカードがあります。各クラスのスペックを表にまとめましたので、JCB法人カードを選ぶときの参考にしてみてください。

一般  ゴールド  プラチナ
年会費 1,250円(税別)
(オンライン入会で初年度無料)
10,000円(税別)
(オンライン入会で初年度無料)
30,000円(税別)
追加カード 発行枚数無制限。 年会費1,250円/枚(税別)
(1枚めが初年度無料の場合は同じく無料)
発行枚数無制限。 年会費3,000円/枚(税別)
(1枚めが初年度無料の場合は同じく無料)
発行枚数無制限。
年会費6,000円/枚(税別)
ETCカード 無料で発行 無料で発行 無料で発行
QUICPay 追加可能 追加可能 追加可能
利用可能枠 公式サイト参照 公式サイト参照 公式サイト参照
ポイントサービス Oki Dokiポイント Oki Dokiポイント Oki Dokiポイント
旅行傷害保険 海外:最高3,000万円
※利用付帯
海外:最高1億円 海外:最高1億円
国内:最高3,000万円
※利用付帯
国内:最高5,000万円 国内:最高1億円
ショッピングガード保険 海外最高:100万円
(国内は無し)
国内・海外最高:500万円 国内・海外最高:500万円
国内・海外航空機遅延保険 なし 乗継遅延費用保険金:2万円まで 乗継遅延費用保険金:2万円まで
出航遅延費用等保険金:2万円まで 出航遅延費用等保険金:2万円まで
寄託手荷物遅延費用保険金:2万円まで 寄託手荷物遅延費用保険金:2万円まで
寄託手荷物紛失費用保険金:4万円まで 寄託手荷物紛失費用保険金:4万円まで
空港ラウンジサービス なし あり あり
その他の特典等 JCB法人カード共通特典 ・JCB法人カード共通特典
・GOLD Basic Service

・JCB法人カード共通特典
・コンシェルジュサービス
・高級レストラン1名分無料 ・プライオリティパス
・ダイニング30
・JCBプレミアムステイプラン
・海外ラグジュアリーホテルプラン
・USJ内JCB Lounge
・JCB Lounge 京都

次はJCBゴールド法人カードのメリットを見ていきましょう。

JCBゴールド法人カードを選ぶ3つのメリット

顔の前でOKサインをする女性

JCBゴールド法人カードにはさまざまな強みがありますが、とくにメリットを感じることができる要素を以下の3つご紹介します。

  • 国産プロパーゆえの安心感
  • 初年度年会費無料
  • 2年目以降のポイントがお得

もしご自分が求めている要素に当てはまるようなら、JCBゴールド法人カードはあなたに適しているといえるでしょう。

国産プロパーゆえの安心感

JCBは国際ブランドを発行するプロパーの一社です。国際ブランドにはJCBのほか、VISAやMasterCard、アメックス、ダイナースがありますが、カードを直接発行するプロパーはJCB、アメックス、ダイナースの3社だけです。プロパーが発行するカードは厳格な審査が行われており高い信頼性を持っています。JCBは唯一の国内プロパーなので、国産の国際ブランドとして安心できる対応が期待できます。

初年度年会費無料

JCBゴールド法人カードは、ネットでオンライン申込みをすることにより初年度の年会費が無料になります。通常なら10,000円(税別)になる年会費なので、初年度の会費を気にする必要がないのは嬉しいメリットです。また追加発行できるサブのカードも同じ恩恵を受けられ、3,000円(税別)の年会費が初年度無料になります。

2年目以降のポイントアップ特典

JCBゴールド法人カードにはJCB STAR MEMBERSというポイントアッププログラムが自動的に適用されます。年間利用額に応じて翌年度のポイント還元率が変わるというシステムで、利用代金が年間30万円以上の場合10%から200万円以上利用した場合の60%まで、4段階でポイント還元率がアップします。法人カードなら年間30万円以上は利用することが多いので、発行2年目以降からはお得にポイントが貯まっていきます。

JCBゴールド法人カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

次はJCBゴールド法人カードのデメリットも見ていきましょう。

JCBゴールド法人カードで気になるデメリット2つ

苦悩するスーツ姿の男性

JCBゴールド法人カードは便利なカードですが、いくつか気になる点もあります。ここでは、その中でも以下の2つを紹介します。

  • 2年目から高額になる年会費
  • 海外利用にやや弱い

どなたにでも当てはまるデメリットではありませんが、使ってから失敗したと思わないように、あらかじめ気になる要素を知っておきましょう

2年目から高額になる年会費

オンライン申込みをした方にとって初年度の年会費が無料になることは大きな魅力ですが、2年目からは10,000円(税別)の年会費を支払わなければなりません。このことを忘れてしまうと多額の年会費を請求された感覚になるので、2年目からは年会費支払いが発生することをしっかり覚えておきましょう。

海外での利用にやや弱い

国産のプロパーカードであるJCBは、国内で利用するぶんにはまったく問題ないといえますが、海外では使える場所がやや少ない印象があります。またプロパーカードである宿命として、VISAやMasterCardなどの他社ブランドが一緒に付くこともありません。海外へ行く機会の多い方にとって、JCBはやや頼りなさを感じてしまうこともあるでしょう。

最後はJCBゴールド法人カードをおすすめしたい人の特徴についてお伝えします。

JCBゴールド法人カードをおすすめしたい人

指を指して微笑む女性

JCBゴールド法人カードは、クレジットカード本来の決済機能において高スペックなだけではなく、ステータス性や付帯サービスの点でも申し分ないカードです。そのような要素をクレジットカードに求める方には特におすすめしたい法人カードだといえます。

プロパーカードのステータス性を求める経営者

JCBゴールド法人カードはプロパーカードなので、クレジットカードにステータス性を求めている方におすすめです。クレジットカードは大別するとプロパーカードと提携カードの2種類となります。プロパーカードでは発行時の審査が厳格に行われており、プロパーカードを持っていることがその人の信頼にも繋がります。JCBゴールド法人カードを所持していれば、それだけで取引先に良い印象を与えるのです。

付帯保険や付帯サービスの充実度を求める経営者

保険や付帯サービスの内容にこだわる方にもJCBゴールド法人カードはおすすめです。一般的な法人カードと比較して、プロパーカードであるJCBゴールド法人カードは付帯している保険の補償が手厚くなっています。またカードを持っているだけで補償が有効となる自動付帯なので安心感もあります。保険以外の付帯サービスについても、GOLD Basic Serviceという各種サービス充実したプログラムが提供されます。

福利厚生サービスを手軽に導入したい経営者

会員向けに各種の福利厚生サービスを提供していることもJCBゴールド法人カードの強みです。これを利用することにより、手軽に充実した福利厚生サービスを社内に導入することができます。全て自前で福利厚生サービスを用意しようとすると、そのコストはばかにできません。福利厚生サービスの導入を考えている経営者にとってJCBゴールド法人カードはまさにおすすめのカードだといえます。

JCBゴールド法人カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 0.5%~1.0% Oki Dokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
通常2~3週間 公式サイト参照 無料

まとめ

今回の記事ではJCBゴールド法人カードの特徴を解説してきました。JCBは全世界で3社しかないプロパーカード会社の一角です。充実したスペックや信頼性はプロパーならではといえるでしょう。

JCB法人カードには、さらに気軽に申し込める一般カードや、大規模法人にとって使いやすいサービスを提供するプラチナカードもあります。その中でもゴールドはバランスの取れたスペックで多くの法人におすすめしたいグレードです。使い勝手の良い法人カードをお探しならぜひJCBゴールド法人カードを検討してみてください。

JCB法人カードは他にも、一般カードやプラチナカードなどもあります。JCB法人カードの種類やメリット・デメリットについては、下記記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください。

参考記事
JCB法人カードはビジネスの強い味方!ランクの違いやメリットデメリットを徹底解説

2020.07.31

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

【2020年最新版】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!還元率・年会費・ステータス性・サポート面などの観点から、おすすめクレジットカードをナビ…

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

法人カードランキング

ページトップ