JAL普通カードはJAL愛用者必見!JALカードの入門におすすめ

飛行機の空気吸入口

クレジットカードのショッピング利用でJALのマイルが貯まる、JAL普通カード

JALのマイルを貯めている方必見で、まずは「JALのクレジットカードが欲しい」と考えている人におすすめのクレジットカードです。

この記事をお読みになっている方は、マイルを貯めたいと考えていたり、JALのクレジットカードに興味があったりして、

  • JAL普通カードの概要やメリット、デメリット
  • マイル還元率や海外・国内旅行保険の補償内容

などについて知りたいと思っている方ではありませんか?

今回の記事では、JAL普通カードの概要や、メリット・デメリットをご紹介します。

記事を最後まで読むと自分がJAL普通カードを持つべきなのかどうかを判断できるようになります。

JAL普通カードの概要

ヨーロッパ旅行

JAL普通カードは、JALの飛行機の利用とショッピングの両方で、JALのマイルを貯められるクレジットカードです。

JAL普通カード(VISA・MasterCard)

Thumbnail jal visamaster normal

国際ブランド

MasterCard VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.5%〜1% JALマイレージ
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約4週間 10万円〜100万円 0.5%〜1.0% 無料

JALカードの中ではスタンダードなクラスのカードで、「まずJALカードを作りたい」という人に人気があります。

国際ブランドはVISA・Master・JCB・AMEXの4種類で、全部で下記の9種類のカードがあります。

ここではまずJAL普通カードの年会費、ポイント制度などの概要についてお伝えします。

JAL普通カードの年会費

国際ブランド 年会費
VISA
Master
JCB
初年度本会員・家族会員とも無料
2年目以降
本会員2,160円
家族会員1,080円(JALカードSuica家族会員なし)
AMEX 初年度本会員・家族会員とも無料
2年目以降
本会員 6,480円
家族会員2,700円

JAL普通カードの年会費は、入会後1年間は無料で2年目から発生します。

AMEXのみ年会費が高いですが、国内外30あまりの空港ラウンジを同伴者も1名無料で利用できるなど、サービス面において他のJAL普通カードより優れています。

パソコンで航空チケットをクレジット払いする人

2017.11.07

JALアメリカン・エキスプレスカードのメリットとデメリットを徹底解説!

JALを利用するとお得かつ、アメリカン・エキスプレスカード特有の手厚いサービスが受けられる「JALアメリカン・エキスプレスカード」。「JALのマイルを効率よく貯めたい」「旅先で充実したサポートが受けたい」という方には必見のお得なクレジットカードです。JALをよく利用する人や、アメリカン・エキスプレスカードに興味のある人は、JALアメリカン・エキスプレスカードについて還元率などの概要が知りたい海外&国内旅行保険が知りたいメリット、デメリットが知りたい新しく作るべきか知りたい解約するべきか、持ち続けるべきか知りたいと思われるのではないでしょうか。この記事では、JALアメリカン・エキスプレスカードの概要、メリット、デメリットについてまとめてみました。記事を読むことによって、自分がJALアメリカン・エキスプレスカードを持つべきかどうか、そして持ち続けるべきかどうかの判断ができるようになるでしょう。

JAL普通カードのポイント制度

JAL普通カードのポイント制度は、ショッピングとフライトによってJALマイレージバンクのマイルが貯まる仕組みです。

マイルはフライトや、JAL普通カード利用者向けのフライトのボーナスマイルでも貯まりますし、ショッピング利用でも100円又は200円ごとにマイルが貯まっていきます。

マイルの有効期限は36か月で、利用日から36か月後の月末に失効します。

また会員を対象に随時期間限定のキャンペーンを開催していて、それらを利用することでよりマイルが貯まりやすくなります。

貯まったマイルは、下記のようなものに交換できます。

  • 航空券(国内線片道5,000マイル~、国際線12,000マイル~)
  • 国際線座席のアップグレード(7,000マイル~)
  • クーポンへの交換(10,000マイルが12,000円または15,000円相当)
  • 一部サービス年会費への充当
  • 商品への交換
  • 提携先ポイントへ交換

例えば国内線の片道航空券の場合、現金で購入すると約8,000円~6万円超の航空券が、5,000マイル~10,000マイルで交換可能です。

東京-大阪間を例に挙げると交換に必要なマイル数は、5,000~6,000マイルです。

JALのマイルはポイントやクーポンに交換した場合1マイルの価値が1円~1.5円なので、5,000~6,000マイルは5,000円~9,000円相当ということになります。

チケットを購入した場合、約9,000円~約30,000円が必要なのでほとんどの場合、マイルを航空券に交換したほうがお得ということになります。

JAL一般カードは年会費は少しかかりますが、ショッピングやフライトでJALのマイルがどんどん貯まるので、JALを中心に搭乗する人にとって便利なカードです。

次の章では、JAL一般カードのメリットを旅行関連の情報を中心にお伝えしていきます。

JAL普通カードのメリット

低空飛行する飛行機

JAL普通カードには、JALのマイルが貯まりやすいことの他に、旅行関連の付帯サービスが多いのがメリットです。

マイルがどの程度貯まりやすいのかや、旅行に便利な付帯サービスについて詳しく見ていきます。

ショッピング利用でJALマイルが貯まる

JAL普通カードは飛行機の搭乗以外に、普段のショッピング利用でもJALのマイルが貯まります。

  • 通常 200円の支払いで1マイル
  • JALカード特約店での利用 100円の支払いで1マイル

JALカード特約店にはJALグループの販売店の他、イオンやファミリーマート・エネオス・ロイヤルホストなど全国展開しているお店がたくさんあります。

そのため飛行機に乗らなくても、普段のショッピングでJALのマイルを貯めることができます。

ショッピングマイル・プレミアム入会で倍速で貯まる

JALカード「ショッピングマイル・プレミアム」を利用するとJALカード特約店以外の場所でカードを利用した場合も特約店と同じ100円で1マイルと普段の倍のマイルが貯められます。

メインのカードとして利用していくなら、使えば使うほど還元が大きくなるため、ショッピングマイル・プレミアムに入会するメリットがあります。

JALへの搭乗でボーナスマイルがもらえる

JAL普通カードはボーナスマイルやJALカードツアープレミアムなどフライトに利用すればするほどマイルがお得に貯まるサービスがあります。

JMBマイル積算対象運賃でJALグループ便に搭乗した本会員や家族カード会員は、通常のマイルに加えてボーナスマイルがもらえます。

※JALグループ:日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、日本エアコミューター(JAC)、琉球エアコミューター(RAC)

初回搭乗ボーナス 1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
搭乗ごとのボーナス フライトマイルの10%

毎年初回搭乗ボーナス1年に1度もらえるので、帰省等で毎年JALの飛行機に搭乗する人にとっては大きなメリットです。

さらに、長距離の移動が多い人はカード年会費に2,160円をプラスしJALカードツアープレミアムを利用するとより大きなメリットが得られます。

登録することで、区間マイルの100%マイルが貯まります。以下のように2年程度で国内の片道航空券に交換できる5,000~6,000マイル程度が貯まる人には、メリットがあるといえるでしょう。

▼ 積算マイル例

区間マイル マイル積算率50%で1往復 マイル積算率100%で1往復
東京-札幌 510 510 1,020
東京-NY 6,723 6,723 13,446

例えば、東京-札幌を1年に2往復する人であれば、

毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル
2往復分の搭乗マイル 2,040マイル

上記のように貯まることになります。

1年間で3,040マイル貯まる計算なので、2年で6,000マイルを超えます。

JALカードツアープレミアムの年会費が2年で4,320円の負担で国内片道航空券に変えられるので、年会費の負担よりメリットの方が大きいです。

マイル積算率50~75%しかマイルが貯まらない割引運賃での搭乗が多い人でも、効率よくマイルを貯められます。

機内販売や空港免税店がお得になる

JAL普通カードの付帯サービスで、機内販売や空港免税店がお得になります。

空港免税店・空港内のお店でJALカードを提示してJALカードか現金で決済すると割引を受けられます。

BLUE SKY 1店舗1会計あたり1,000円以上購入の場合5%OFF
那覇・石垣空港のCoralway 1店舗1会計あたり1,000円以上購入の場合10%OFF
関空アプローズ 1店舗1会計あたり1,000円以上購入の場合5%OFF
関空手荷物ラッピングサービス 600円~1,000円の料金から荷物1個当たり一律50円OFF
空港免税店 5%OFF

機内販売はJALカードで支払うことで10%OFFで利用できます。

ただし現金やクーポンと併用して支払いする場合は、JALカードでの支払い分のみが割引対象です。

このようにJAL普通カードは、機内販売や空港免税店をお得に利用できます。

海外&国内旅行保険が自動付帯

JAL普通カードを持つことで海外と国内旅行傷害保険が自動付帯されるため、必要最低限の補償を受けることができます。

▼ 海外旅行傷害保険

JAL普通カードのうち、
JAL アメリカン・エキスプレス・カード以外
JAL アメリカン・エキスプレス・カード
本会員 家族特約対象者 本会員 家族特約対象者
傷害死亡 1,000万円 最高3,000万円
自動付帯分1,000万円
利用付帯分2,000万円
1,000万円
傷害後遺傷害 30万~1,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高3,000万円
自動付帯分1,000万円
利用付帯分2,000万円
最高1,000万円
(保険金額の3%~100%)
傷害治療費用
(1事故の限度額)
100万円
疾病治療表
(1疾病の限度額)
100万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害 1旅行につき50万円まで、
年間100万円まで
(免責3,000円)
救援車費用
(年間限度額)
100万円 100万円
海外旅行中の
日本語による
24時間旧サービス
あり
補償期間 90日間 90日間

JAL普通カードのうち、JAL アメリカン・エキスプレス・カード以外の補償内容は

  • 傷害死亡
  • 傷害後遺傷害
  • 救援費用

のみで最低限の補償内容です。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード以外を選んだ場合は、必要に応じて部分的に保険を掛けることをお勧めします。

▼ 国内旅行傷害保険

JAL普通カードのうち、
JAL アメリカン・エキスプレス・カード以外
JAL アメリカン・エキスプレス・カード
本会員 家族特約対象者 本会員 家族特約対象者
傷害死亡 1,000万円 最高3,000万円
自動付帯分1,000万円
利用付帯分2,000万円
1,000万円
傷害後遺傷害 30万~1,000万円
(保険金額の3%~100%)
最高3,000万円
自動付帯分1,000万円
利用付帯分2,000万円
最高1,000万円
(保険金額の3%~100%)
傷害入院日額
(最高180日)
1日につき5,000円
手術/1回 手術の種類に応じて
5,000円×倍率
(10倍・20倍または40倍)
傷害通院日額
(最高90日)
1日につき2,000円

JAL アメリカン・エキスプレス・カードは、傷害入院や手術・傷害通院の補償も付きますが、それ以外のJAL普通カードは傷害死亡・傷害後遺傷害のみの補償です。

手厚い補償を求めるならJAL アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

パソコンで航空チケットをクレジット払いする人

2017.11.07

JALアメリカン・エキスプレスカードのメリットとデメリットを徹底解説!

JALを利用するとお得かつ、アメリカン・エキスプレスカード特有の手厚いサービスが受けられる「JALアメリカン・エキスプレスカード」。「JALのマイルを効率よく貯めたい」「旅先で充実したサポートが受けたい」という方には必見のお得なクレジットカードです。JALをよく利用する人や、アメリカン・エキスプレスカードに興味のある人は、JALアメリカン・エキスプレスカードについて還元率などの概要が知りたい海外&国内旅行保険が知りたいメリット、デメリットが知りたい新しく作るべきか知りたい解約するべきか、持ち続けるべきか知りたいと思われるのではないでしょうか。この記事では、JALアメリカン・エキスプレスカードの概要、メリット、デメリットについてまとめてみました。記事を読むことによって、自分がJALアメリカン・エキスプレスカードを持つべきかどうか、そして持ち続けるべきかどうかの判断ができるようになるでしょう。

家族カードが発行できる

JAL普通カードの旅行傷害保険は家族カードを家族それぞれに発行することで家族にも旅行傷害保険を付けることができます。

JAL普通カードには家族特約がありません。※JAL アメリカン・エキスプレス・カードを除く

本会員のカードだけでは家族に保険は付帯しませんが、家族カードの発行でそのデメリットを補うことができます。

ただし、家族カードを発行できるのは18歳以上などの制限があるので、家族カードを発行できないお子様には、別途保険に加入するなどの対策が必要です。

家族でマイルを共有できる

JAL普通カードはJALカード家族プログラムに登録を行うことで、家族間でマイルを共有できます。

登録は無料で、1名の親会員と9名までの子会員の登録が必要です。

親会員 JALカード本会員
子会員 親会員と生計を同一にする配偶者および一親等家族 かつ
18歳以上:JALカード個人本会員または家族会員
18歳未満および18歳の高校生:JMB会員

マイルはそれぞれのマイル口座に積算され各会員の了承を得られれば、マイルを合算して特典への交換に申し込むことができます。

JAL普通カード(VISA・MasterCard)

Thumbnail jal visamaster normal

国際ブランド

MasterCard VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.5%〜1% JALマイレージ
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約4週間 10万円〜100万円 0.5%〜1.0% 無料

JALカードSuicaには家族カードなし。他のJAL普通カードがおすすめ

JALカードSuicaに限っては、家族カードがありません。

またキャッシング機能もなく機能が制限されていますが、SuicaとVIEWカード機能が付帯しています。

家族にも旅行傷害保険を付けるのが主な目的であれば、JALカードSuica以外のJAL普通カードにされることをおすすめします。

このようにJAL普通カードには、旅行に役立つたくさんの付帯サービスがあります。

JALの飛行機に乗って国内外に出かける機会がある人には、メリットが大きいカードです。

次の章では、JAL普通カード特有のデメリットとなりうる部分をチェックしていきます。

先に知っておこう!JAL普通カードのデメリット

クレジットカードを持ちながらへこむ女性

JAL普通カードのデメリットは、飛行機に乗らない人にはメリットが少なく年会費がかかってしまう点です。

なぜメリットが少ないのかご説明します。

JALの飛行機に搭乗しない人にはメリットが少ない

JAL普通カードは、マイルが貯まりやすかったり割引を受けられたりなど、メリットがたくさんあります。

しかし飛行機に乗らない人にとっては意味のないものなので、メリットが少ないカードです。

マイルを貯めてWAONやSuica・Pasmoのポイントへ交換することもできますが、一番換算率がいいWAONでも10,000マイルが通常10,000円相当分への交換となります。

例えばWAONの発行元であるスーパーマーケットのイオンはJALカード特約店なので、100円で1マイル加算される店舗です。

しかしイオンでの利用を目的にするなら、イオンが発行しているイオンカードの方がお得です。

イオンカードは200円利用で2円還元、さらに特定日に割引やポイントアップがあり、年会費も無料だからです。

このようにJAL普通カードは、JALの飛行機に乗らない人にとってはメリットが少ないカードです。

次年度から年会費がかかる

JAL普通カードは初年度は年会費が無料ですが、2年目以降年会費がかかってしまうのはデメリットです。

上位のカードはマイルを年会費に充当できますが、JAL普通カードはできません。

ただしJALカードショッピングマイル・プレミアムの年会費(3,240円)に限っては、3,200マイルを年会費として充当可能です。

このように、JAL普通カードはJALカードの最下位のカードにも関わらず、年会費が発生してしまうのはデメリットです。

またJALに搭乗しない人にもメリットが少ないため、おすすめできません。

それでは逆にどのような人にならおすすめできるのでしょうか。次の章で見ていきます。

JAL普通カード はこんな人におすすめ

カードを持つ男性

JAL普通カードは、飛行機はJALメインで乗る人やJALのマイルを貯めている人におすすめです。

JALメインで飛行機に乗る人にとってはボーナスマイルをもらえてお得ですし、JALのマイルを貯めている人にとっては、マイルが貯まりやすくなるので有効期限までに交換可能だからです。

JALの飛行機によく乗る人

JAL普通カードは、JALのマイルがよく貯まります。そのため、JALを利用する機会が年に数回程度ある人におすすめです。

例えば東京-札幌間を1年に2往復する人の場合…

片道510マイル×2往復=2040マイル
搭乗ボーナス10% 51マイル×2往復=204マイル
毎年の初回搭乗ボーナスマイル 1,000マイル

片道の料金を10,000円としても、その支払いが合計40,000円なので、400マイル(100円利用で1マイルなので)これだけで、合計が3,644マイルです。

搭乗分だけで、1年半程度利用すると国内片道航空券への移行が可能です。

マイルの有効期限が登場(利用)日から36ヵ月後の月末までなので、マイルを無駄にすることなく利用できます。

そのため、JALの飛行機を利用する機会が年に数回ある人におすすめです。

JALのマイルを貯めている人

JAL普通カードは、JALのマイルを貯めている人にもおすすめです。

搭乗時のボーナスマイルに加え、普段のショッピングでもマイルを貯められるからです。

例えば1ヵ月に8万円カード決済する人の場合、 200円で1マイルなので1ヵ月に400マイル貯まります。

1年間では、400×12=4,800マイル貯まる計算になります。これに搭乗ボーナスマイルなどを加算すると、2年に1回程度は国内の往復航空券に交換可能です。

例えば東京-大阪間や沖縄-石垣間であれば、時期によっては往復9,500マイルで交換可能です。

年会費は2,160円または6,480円かかりますが、マイルで還元されるものも大きいので、JALのマイルを貯めている人にとってはお得です。

このように、JAL普通カードはJALの飛行機に乗る機会がある人や、JALのマイルを貯めている人にとてもおすすめのクレジットカードです。

まとめ

今回は、JAL普通カードの概要や、メリット・デメリットについてまとめてきました。それでは、ポイントをまとめます。

  • 決済200円ごとに1マイル貯められる
  • JALカード特約店での利用や、JALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3,240円・マイルからの充当可)へ入会で100円利用ごとに1マイルとお得にマイルを貯められる。
  • 毎年初回搭乗ボーナス1,000マイルと搭乗ごとに10%の搭乗ボーナスマイルがもらえ、JALカードツアープレミアム(年会費2,160円)に登録すると格安運賃での搭乗時でも区間マイルの100%が貯まりお得
  • 国際ブランドはVISA、Master、JCB、AMEX
  • 初年度年会費無料2年目からはVISA、Master、JCBタイプの年会費は2,160円でAMEXは6,480円だがラウンジ利用可能
  • 空港内店舗や免税店、機内販売の利用で割引を受けられる
  • 海外・国内旅行傷害保険が自動付帯
  • マイルの有効期間は36か月、航空券への交換がおすすめ

このように、JAL普通カードは、JALのマイルがショッピングと飛行機への搭乗でどんどん貯まります

JAL普通カード(VISA・MasterCard)

Thumbnail jal visamaster normal

国際ブランド

MasterCard VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.5%〜1% JALマイレージ
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約4週間 10万円〜100万円 0.5%〜1.0% 無料

年会費がかかる等のデメリットはありますが、JALに搭乗する機会がある人にとってはメリットが大きいカードです。

こちらでご紹介したようなJAL普通カードのメリットやデメリットを理解し、自分がJAL普通カードを持つべきかどうか判断してみてください。

2018年最新おすすめクレジットカードを徹底比較

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

ネットショッピングやお店の決済が便利で、ポイントも貯まる便利でお得なクレジットカード。「たくさん種類があってどれを作ったら良いかわからない」そんなあなたにおすすめのクレジットカードや専門家からのカード選びのポイントを解説します。あなたにぴったりのクレジットカードを見つけましょう。

空港の窓から見える飛行機

2017.10.30

JALカードSuicaは空と陸でマイルが貯まる最強カード

航空会社大手「日本航空(JAL)」が発行する、クレジットカードにJALカードがあります。JALカードは飛行機への搭乗や日々の買い物で貯めたマイルを、JALの無料航空券と引き換えることができます。JALの飛行機によく乗る旅行好きの人なら、ぜひ1枚もっておきたいクレジットカードとして知られています。そんなJALカードには、JRの交通系電子マネー「Suica」と一体になったタイプの「JALカードSuica」があることをご存知でしょうか。Suicaの利用でもマイルが貯まるので、JRをよく利用していてなおかつ、お得にマイルを貯めたい人にはとても魅力的なクレジットカードです。この記事を読んでいるあなたは、「JALカードSuicaを使ってよりお得にマイルを貯める方法を知りたい」と思っていたり、「JALカードSuicaは自分に合っているカードなの?」と思っていたりしませんか。この記事では、JALカードSuicaの特徴はもとより、その魅力やメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。この記事を読めばきっと、自分にとってJALカードSuicaは作るべきクレジットカードかどうかがきっと分かるはずです。ぜひ最後まで読んであなたの役に立ててください。

飲食店でクレジットカード決済する

2017.09.08

JALカードTOKYU POINT ClubQは東急&JAL愛用者におすすめ

「JALカード TOKYU POINT ClubQ」は、JALカードが発行する東急との提携カードです。このカードを検討している場合に最も気になるのが「JALと東急双方のサービスを受けられそうだが、具体的にはどんなメリットがあるのだろうか?」という点でしょう。特に、「マイルとポイントが同時に貯まるというけど、その還元率や割引特典はなにかを知りたい」という人は多いのではないでしょうか?今回の記事ではこのカードを自分が持っていて得かどうかについての判断材料として、以上で挙げた疑問点を含めたこのカードのメリットやデメリットとについて解説します。また、JALカードSuicaなど同じくJMBマイルが貯まる他のカードとの比較も行いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

パソコンで航空チケットをクレジット払いする人

2017.11.07

JALアメリカン・エキスプレスカードのメリットとデメリットを徹底解説!

JALを利用するとお得かつ、アメリカン・エキスプレスカード特有の手厚いサービスが受けられる「JALアメリカン・エキスプレスカード」。「JALのマイルを効率よく貯めたい」「旅先で充実したサポートが受けたい」という方には必見のお得なクレジットカードです。JALをよく利用する人や、アメリカン・エキスプレスカードに興味のある人は、JALアメリカン・エキスプレスカードについて還元率などの概要が知りたい海外&国内旅行保険が知りたいメリット、デメリットが知りたい新しく作るべきか知りたい解約するべきか、持ち続けるべきか知りたいと思われるのではないでしょうか。この記事では、JALアメリカン・エキスプレスカードの概要、メリット、デメリットについてまとめてみました。記事を読むことによって、自分がJALアメリカン・エキスプレスカードを持つべきかどうか、そして持ち続けるべきかどうかの判断ができるようになるでしょう。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら