ダイナースのクレジットカードは本当におすすめ?その驚きの特典を解説

ダイナースクラブは国際ブランドの中でも、サービスのクオリティが高いことで知られています。そのため一般庶民には、手が届かないと思う方も多いでしょう。

それでも一度は所有したいと思う方は、そのステータスの高さや年会費、メリットなどが知りたいのではないでしょうか。

確かに、ダイナースクラブカードは、その年会費の高さやカード審査を考えると取得が少し難しいことは否定できません。けれどもそれにはちゃんと理由があるのです。

今回の記事では、そのダイナースカードを取得するために必要な情報をお届けします。

例えば年会費や審査基準などの概要や基本的な情報はもちろん、特典などのメリットや他カードとの比較、おすすめカードなど、ご自分がダイナースカードを持ってもよいかどうか判断材料となさってくださいね。

ダイナースクラブの概要

 日没のニューヨークマンハッタンの夜景

ダイナースクラブはクレジットカードの5大国際ブランドひとつで、そのクオリティの高さでステータスの象徴となっているカードです。

ここでは、次のポイントに焦点をあてて説明します。

  • 年会費とポイント還元率
  • 入会条件や審査
  • ダイナースクラブの歴史

カード申込みの前に上記の3つのポイントを理解しておくと、ダイナースクラブカードがどのようなコンセプトで作られたカードであるかの理解がより深まるでしょう。

ダイナースクラブカード

Thumbnail preview

国際ブランド

ダイナースクラブ

対応電子マネー

年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
22,000円(税別) 22,000円(税別) 0.3%~0.4% ダイナースクラブリワードプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
申し込みから:最短3営業日 一律の制限なし 1.0% 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

入会キャンペーン実施中!

年会費とポイント還元率

最初は、最も気になる「年会費」と「ポイント還元率」について見ていきましょう。

  • 年会費 22,000円 (税別) 
  • ポイント還元率 0.4%

上記のように、年会費はかなり高めですが、それには理由があります。ダイナースクラブカードには、手厚いサポートがついているのです。

たとえば、次のようなサポートがあります。

  • 24時間対応コールセンター
  • 24時間海外緊急アシスタンスサービス
  • 海外トラベルデスク(24時間医療サポート)

それらのサービスは、通常はプラチナカードや一部のゴールドカードに付帯されるものです。

その点、ダイナースクラブカードはプラチナカード並みのステータスとサービスを22,000円で受けられると考えれば、その年会費は妥当だといえるでしょう。

また、カード利用でついたポイントには有効期限がないため、そこで還元率の低さというデメリットをカバーできます。

このように、総合的にみればメリットが多いカードだといえます。

入会条件や審査

次は、ダイナースクラブの入会条件や審査について説明します。

ダイナースクラブは、以前はWebサイトの申し込みフォームにクイック診断が存在し、次の質問に答える必要がありました。

  • 27歳以上か 
  • 年収
  • 直近3ヶ月のクレジットカードの利用の有無
  • 過去1年以内の支払い遅延の有無

上記の全ての質問をクリアしないと申込み画面に進めませんでしたが、現在ではクイック診断は廃止されています。現在では審査の基準が明らかになっていません。

けれども過去にそのような診断があったということで、上記の基準を満たしていれば審査に通りやすくなるということは確かなようです。

なお、ダイナースクラブカードには、利用限度額に制限を設けていません。審査の結果、個別にその金額を設定しています。

ダイナースクラブの歴史

ダイナースクラブの歴史にも簡単に触れておきます。

ダイナースクラブは、1950年にアメリカの実業者マクマナラと友人のシュナイダーが資金を出し合い設立したクラブです。また、日本におけるダイナースクラブの創立は設立から10年後の1960年です。

その1年後には会員の募集が開始され、日本初のクレジットカードとなるダイナースクラブカードが発行されました。現在世界中で広く使われている名刺サイズのプラスチック製クレジットカードは、日本のダイナースクラブが考案したものです。

ダイナースクラブカードは今も設立当時と同じく「収入」「生活の安定性」「将来性」を基準としており、その品格と社会的信用で、昔も今も変わらず世界中から一目置かれています。

ここまでは、ダイナースクラブカードがプラチナカード並みのクオリティを誇るカードであることをはじめ、その歴史や審査基準などについて説明しました。

次は、そのクオリティを実感できる各種優待について解説します。

ダイナースクラブの優待

飾られたテーブルと皿

この項目ではダイナースクラブカードの優待について、以下のポイントに着目してみました。

  • グルメ関連
  • トラベル関係
  • ゴルフ関係
  • 会員だけの招待イベント

ダイナースクラブカードが本当にプラチナカード並みのサービスであるかは、上記の優待サービス内容からおおよその検討がつくのではないでしょうか。

グルメ関連

まずは、レストラン利用などグルメ関連の優待にはどのようなものがあるかを見ていきましょう。

コース料金が1名無料になる「エグゼクティブダイニング」

ダイナースクラブの会員は、ダイナースが指定するレストランで2名以上の利用があると1名分のコース料金が無料となる「エグゼクティブダイニング」という優待プランがあります。

家族のお祝いごとなどのイベントや、友人とちょっとドレスアップして食事をするときなどに利用するとお得です。

敷居の高いお店の代理予約がしてもらえる「料亭プラン」

ダイナースクラブには、敷居の高いお店の代理予約をしてもらえる「料亭プラン」もあります。

これは、通常では予約が難しい高級料亭の予約をダイナースクラブが代行してくれる優待サービスで、カード会員なら誰でも利用できます。

大切なお客様や外国人の方をもてなす際にこのような優待サービスを使うと大変喜ばれるのではないでしょうか。

ここでは、グルメ関連のサービスの中でも特におすすめのものをご紹介しました。

他にも専用デスクに予約を入れるとカードの提示やサインが不要のサービスや、ダイナースクラブよりすぐりのレストラン利用料金が優待価格になるサービスもあります。

トラベル関係

次は、トラベル関係の優待サービスの中から、ダイナースクラブが提供するサービスの真骨頂ともいえる空港ラウンジサービスと旅行保険について解説します。

空港ラウンジが本人無料

ダイナースクラブ会員は、本人に限り空港ラウンジが無料となりますが、このサービスはダイナースクラブ独自のものです。その数は国内外で約600ヶ所におよびます。

通常ダイナースクラブ以外のプラチナレベルクレジットカードの特典として、空港ラウンジ無料サービスは、「プライオリティパス」が提供する世界的な空港ラウンジネットワークを利用しているケースがほとんどです。

しかしダイナースクラブは独自のネットワークで空港ラウンジサービスを展開しているため、他にはない特別なサービスが受けられるようになっています。

旅行保険

ダイナースクラブは、自動付帯される旅行保険が驚くほど手厚くなっています。これは特筆すべきポイントです。

以下がその内訳です。

  • 最高1億円の国内、海外旅行保険
  • 最高500万円のショッピング補償

通常はこのレベルの保険や補償はプラチナ以上のカードに付帯されるものであり、最下位ランクカードでは考えられないことです。

けれどもダイナースクラブでは最下位ランクの「ダイナースクラブカード」にも同じ条件でこれらの保険、補償の付帯サービスを行っています。

そのことからも、ダイナースクラブがサービスの面で同業他社カードと一線を画していることがわかります。

その他トラベルサービス

ダイナースクラブの旅行関連優待サービスはそれだけではありません。他にも以下のような充実したサービスがあります。

  • JR東海EXサービス 
  • 手荷物宅配サービス
  • 宿泊関連サービス

また、すでに説明した通り、海外サポートデスクなどのサポート体制も万全に整っています。

ゴルフ関係

今度は、ビジネスマンの多くが楽しんでいる、ゴルフ関係の優遇サービスについて見ていきましょう。

名門ゴルフ場が優待価格で利用可能

ダイナースクラブの会員は、全国各地の名門ゴルフ場が優待価格で利用できます。

  • 優待価格:プレー代金より5,000円引き(税込) ※優待分はダイナースクラブより提供
  • 申込み方法:利用希望日の6営業日前までにゴルフデスク経由で行う
  • 利用できる回数:月1度のプレーのみに適用

備考

  • 土日など予約状況によっては予約できない場合もある
  • ダイナースクラブ会員が2人以上いる場合は申込代表者の料金無料、同伴者の会員は5,000円割引
  • 法人会員には優待が適用されない

なお、1組3人以上でプレーする場合にこの優待サービスが受けられます。

その他ゴルフ系サービス

ダイナースクラブのゴルフ関連のサービスはプレー料金の優待だけではありません。他にもさまざまなゴルフ系サービスがあります。

  • ゴルフ場でのプライベートレッスン割引最大50%優待
  • ゴルフ練習場での優待
  • フィッティングサービス優待
  • オンラインゴルフ場予約

このように、ダイナースクラブはゴルフをたしなむ人にとってはうれしい特典が満載です。

会員だけの招待イベント

ダイナースクラブには会員だけの招待イベントがありますが、その種類が驚くほど多岐にわたっています。

ジャンルとしては、グルメ、カルチャー、スポーツ、トラベル、ミュージック、エンターテイメント、体験イベントなどがありますが、特に充実しているのがグルメ系のイベントです。

興味のある方はぜひダイナースのイベントレポートページで現在どのようなイベントがあるかチェックしてみてくださいね。

ここまでは、ダイナースクラブが会員向けに提供している魅力にあふれた各種特典やサービスについてご紹介してきました。

ダイナースクラブカード

Thumbnail preview

国際ブランド

ダイナースクラブ

対応電子マネー

年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
22,000円(税別) 22,000円(税別) 0.3%~0.4% ダイナースクラブリワードプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
申し込みから:最短3営業日 一律の制限なし 1.0% 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

入会キャンペーン実施中!

次の項目ではダイナースカードをぜひおすすめしたいケースについてご紹介します。

ずばり、こんな方にダイナースクラブがおすすめ

空港にいるビジネスマン

ところで、ダイナースクラブはどのような方におすすめなのでしょうか?結論から言えば次のような方におすすめできます。

  • グルメ、レストラン好きな方
  • 海外によく行く方

この項目では上記の条件に当てはまる方にどのようなメリットがあるかについて詳しく説明するほか、ダイナースクラブに匹敵するクオリティを持つ「アメックス」との違いも見ていきます。

グルメ好きでいろんなレストランに行きたい方

まず、ダイナースカードをおすすめしたいのは、「グルメ好きでいろんなレストランに行きたい方」です。

すでにご紹介した通り、ダイナースクラブにはグルメ好きの舌をもうならせる高級レストランや料亭などの優待サービスがある他、グルメ関連のイベント招待が数多くあるというメリットがあります。

美食家でレストランめぐりが好きな方にとってはたまらないこれらの特典を享受したいなら、ぜひダイナースクラブの会員になることをおすすめします。

出張などで海外へよく行く方

出張などで海外へよく行く方も、ダイナースクラブを持つことのメリットを実感できます。

海外によく行く方にとって、最高1億円の海外旅行保険や24時間海外サポートデスクなど、旅行中に起こったアクシデントに対応するサポートが手厚いダイナースクラブカードは、持っているだけで安心できる1枚です。

また、このカードのポイントはマイル換算率1%(1,000ポイント=1,000マイル)でANAなど主要航空会社6社のマイルに還元できるため、飛行機によく乗る人にとっては大変お得なカードです。

アメックスとの違い

ダイナースクラブと並んでそのクオリティの高さで優良顧客が多いことで知られている、もう1つの国際ブランドがアメリカン・エキスプレス(以下「アメックス」)です。

ここでは、ダイナースクラブとアメックスそれぞれの強みを挙げてみます。

ダイナースクラブ

  • アメックスの年会費より安い
  • マイル還元などポイント面ではダイナースの方が有利
  • グルメ関連の特典やサービスが充実している
  • プレミアムカードへのハードルがアメックスよりも低い

アメックス

  • ダイナースよりも審査に通りやすい
  • 海外旅行のプロテクションサービスの充実度が高い
  • 年会費無料の特典がある
  • 知名度と利用範囲が広い

どちらも一長一短といった感じですが、そこはご自分のライフスタイルを考慮し、どちらのカードが適しているかの判断基準にしていただければと思います。

以上、ダイナースクラブをおすすめしたい方や、アメックスとの比較などについてご紹介しました。

アメックスについて詳しい情報は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

クレジットカードを取り出す男性

2017.08.09

アメックスのクレジットカードは本当におすすめ?その驚きの特典を解説

高級感のあるクレジットカードブランド、アメックス。充実した優待やサポートで人気のあるカードですが、年会費が高いことでも知られています。しかし、年会費を抑えてアメックスを持つ方法があれば、絶対に知りたいと思いませんか? そこで今回は、アメックスのカードはその高い年会費を払ってでも持つべき価値があるのかどうか、こちらの記事で徹底的に解説します。 これでアメックスを検討している人が、 アメックスの概要 アメックスのメリットとデメリット アメックスの人気の理由 セゾンアメックスとの違い アメックスのグリーン、ゴールドの違い を知り、自分がアメックスを持つべきかどうか、どのカードがもっとも適しているか判断することができるようになります。

次はダイナースクラブのカードラインナップ中から5種類のカードについてご紹介します。

ダイナースクラブカードのラインナップ

3枚のクレジットカード

基本のダイナースクラブカード以外に、これから5種類のダイナースクラブカードのラインアップを紹介します。

  • ダイナースクラブ ビジネスカード
  • ANAダイナースカード
  • JALダイナースカード
  • デルタ スカイマイル ダイナースカード
  • MileagePlus ダイナースクラブファースト

これらのカードにはそれぞれに特徴があります。カード選びの参考としてご覧ください。

ダイナースクラブ ビジネスカード

「ダイナースクラブビジネスカード」は、ビジネス用クレジットカードです。年会費は27,000円(税別)です。

年会費 27,000円(税別)

特徴

  • 社用経費の決済でポイントが貯まる
  • ダイナースカードの各種サービスやビジネスに役立つ独自サービス提供

ビジネスオーナー、個人事業主、会社役員の方に適しています。

ANAダイナースカード

「ANAダイナースカード」は全日空(ANA)との提携カードです。

ANAダイナースカード

Thumbnail preview  1

国際ブランド

ダイナースクラブ

対応電子マネー

年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
27,000円(税別) 27,000円(税別) 1%(マイル) ダイナースクラブリワードプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
申し込みから:最短3営業日 一律の制限なし 1.0%(マイル) 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

年会費 27,000円(税別)

特徴

  • ポイントに有効期限がなくいつでもマイル交換できる
  • 普段のカード利用でマイルがたまる

ANAやスターアライアンス加盟航空会社のフライトでマイルがどんどんたまるので、それらの航空会社をよく利用する方におすすめです。

詳しくは下記の記事も参考にしてみてくださいね。

JALダイナースカード

「JALダイナースカード」は日本航空(JAL)との提携カードです。JAL便の利用でマイルが貯まります。

年会費 28,000円(税別)

特徴

  • ボーマスマイルの充実度が高い
  • ショッピングマイル・プログラムに自動入会できる

このカードもANAダイナースカード同様に普段の買い物でもマイルが貯まります。JAL便によく乗る方はぜひ検討してみてください。

デルタ スカイマイル ダイナースカード

「デルタ スカイマイル ダイナースカード」は、スカイチーム加盟航空会社、スカイマイル提携航空会社のフライトでマイルが貯まります。

年会費 28,000円(税別)

特徴

  • ボーナスマイルの充実度が高い
  • 有効期限がないマイルを次の旅行に利用できる

貯まったマイルは特典航空券やJCBパックツアーへの交換も可能だという点が他のダイナースクラブカードにはないメリットです。

MileagePlus ダイナースクラブファースト

「MileagePlus ダイナースクラブファースト」は、ユナイテッド航空をはじめとするスターアライアンスグループ加盟の航空会社の利用でマイルが貯まります。

年会費 28,000円(税別)

特徴

  • 入会時5,000、継続で2,000マイル贈呈
  • 国内外での普段の買い物100円で1マイル貯まる

このカードのメリットは、入会時のみならず、カード継続時にもボーナスマイルがつくという点です。スターアライアンスグループを利用するなら必携です。

この項目ではダイナースクラブが発行している主な5種類のカードについてご紹介してきましたが、実はまだダイナースクラブカードの頂点に位置するカードをご紹介しておりません。

次では、詳しい情報がベールに包まれたそのプレミアムなカードについてご紹介します。

ダイナースクラブプレミアムカード

 木の上に口ひげを入れた封筒

最後に、選ばれた人だけが持てる「ダイナースクラブプレミアムカード」をご紹介します。

このカードは招待制です。その内容は一般には公表されていませんが、実際に所持した方の体験談などからその全体像を探ってみます。

ダイナースの上顧客が招待される

ダイナースクラブプレミアムカードは、ダイナースクラブ会員の中で一定の基準を満たした上顧客だけに招待状が届くカードです。

サービスのクオリティの高さはもちろん、サービスなどの実利面でも充実度が高く、実質ブラックカードと呼んでも差し支えないカードです。

ステータス性も高く、ポイント還元率も高い

ダイナースクラブプレミアムの情報で現在わかっているのは、以下の情報です。

  • 年会費 13万円
  • ポイント還元率 0.6~0.92%

このカードの最大のメリットは、ステータス性の高さです。ポイント還元率も高いことも特徴となっています。

また、海外旅行でのキャンセル補償や外貨盗難保険、家族を含めた賠償危険担保特約など、旅行でのあらゆるアクシデントに対応。もちろん、通常のダイナースカードの特典も受けられます。

このカードを所有するなら、まずは他のダイナースクラブカードを積極的に利用しながら良いクレヒスを積み、招待状を受け取りましょう。

まとめ

  • ダイナースクラブカードは「収入」「生活の安定性」「将来性」を基準としたステータスカードである。
  • ダイナースクラブは日本初のクレジットカードを発行したカード会社である
  • 年会費は高めだが特典はプラチナカード並み、グルメ特典が特に充実している
  • ダイナースクラブカードには航空会社との提携カードが多く、海外旅行に最適
  • アメックスカードとの勝負は互角である
  • ダイナース最上位カード全ての面でクレジットカード最上位レベル

一般庶民にはちょっと敷居の高いダイナースクラブカードですが、プラチナカードと同等のサービスで年会費をはるかに上回るメリットを受けられることは間違いありません。

仕事やプライベートでよく海外を訪れる人や、食やレストラン開拓が人生の楽しみという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

シャンパンとグラス

2017.02.20

クレジットカードのプラチナカード、年会費やサービス内容をわかりやすく解説

プラチナカードは、ゴールドカードよりも上のランクに位置します。高い年会費がかかる一方で手厚いサービスがあり、使い方次第では逆にお得にになる可能性も秘めたカードです。この記事では、プラチナカードの概要と特典、そして各カード会社のプラチナカードの特徴や活用法などを、他のカードとの比較もふまえて解説していきます。自分に合ったプラチナカードを見つけたり、入会を検討したりするときの参考にしてみてください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら