ANA VISA Suicaカードは空と陸でマイルが貯まる最強カード

空を飛行する飛行機

JRの定期券購入やオートチャージでANAのマイルが貯まる、ANA VISA Suicaカード

ANAのマイルを貯めていたり、Suicaをよく利用する人には必見のお得なクレジットカードです。

日頃Suicaを使う人やANAのマイルを貯めている人は、ANA VISA Suicaカードがどんなカードなのか、知りたくありませんか?

また、メリットやデメリットについて知りたくありませんか?また、旅行時に助かる傷害保険はついているのでしょうか?

今回はANA VISA Suicaカードの特徴や、メリット&デメリット、ポイント制度などについてご紹介していきます。

それらについて詳しく知ることで、ANA VISA Suicaカードを作るべきかどうかや、持ち続けるべきかどうかの判断ができるようになります。

ANA VISA Suicaカードの概要

滑走路に着陸する飛行機

ANA VISA Suicaカードは、航空会社であるANAのマイレージカード機能と、JR東日本のICカードであるSuicaの機能が付帯されたクレジットカードです。

カードの発行元は三井住友VISAカードで、国際ブランドはその名の通りVISAのみです。

ANA VISA Suicaカードの年会費

年会費 初年度無料、2年目以降2,000円(税抜)
家族カード 発行不可
入会・継続時のボーナスマイル 1,000マイル

ANA VISA Suicaカードは2年目以降は2,000円の年会費が発生するクレジットカードですが、年会費を割引する手段が2種類あります。(併用はできません)

  • WEB明細書サービスへの登録⇒1,500円(税抜)
  • マイ・ペイすリボへの登録+カード利用⇒751円(税抜)

WEB明細書サービスは登録するだけで簡単に年会費を抑えられるため、便利な割引方法です。

一方マイ・ペイすリボとは、リボ払いのことです。

リボ払いは定額払いで便利な反面、金利が発生する支払い方法です。リボ払いの設定額が利用額を下回れば金利が発生しますが、設定金額以内での利用であれば金利が発生しません。

例えば、毎月5万円程度利用する人であれば、リボ払いの設定額を10万円に設定しておくと実質一括払いと同じ状況になります。

マイ・ペイすリボへ登録して割引の適用を受けていても、金利を発生させずにリボ払いを利用することができるのでおすすめです。

ANA VISA Suicaカードのポイント制度

ANA VISA Suicaカードを支払いで利用すると、1,000円利用ごとに三井住友VISAカードのポイントサービスである、ワールドプレゼントポイント1ポイント貯まります。

有効期限はポイント獲得月から2年です。

ワールドプレゼントポイントは、ANAのマイルやSuicaをはじめとするほかのポイントへ移行したり、景品に交換できます。

ワールドプレゼントポイントの移行例

Suicaへの移行:1ポイントがSuica5円分
(200ポイント以上100ポイント単位

ANAマイルへの移行

ワールドプレゼントポイントをANAマイルに移行する場合には、下記の表のようになります。

10マイルコース 5マイルコース
交換レート 1ポイント10マイル 1ポイント5マイル
移行手数料 6,000円(税抜)/年 無料
交換可能単位 1ポイント単位
移行方式 自動移行方式・応募方式から選択

さらにボーナスポイントとして、通常のワールドプレゼントポイント1,000円利用で1ポイントに加えて、下記のマイルが貯まります。

  • ANAカードプラス提携店の対象商品を購入:100円または200円利用ごとに1マイル
  • ANAや提携航空会社(スターアライアンス)への搭乗:飛行距離に応じたANAマイル

貯まこのように、ANA VISA Suicaカードのポイントシステムは、とてもマイルが貯まりやすいです。

付帯されている旅行保険など

ANA VISA Suicaカードには、旅行傷害保険などの保険も付帯しています。

  • 海外旅行傷害保険国内航空傷害保険:自動付帯、最高補償額1,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • ショッピング補償:国内・海外含め年間100万円まで
    (海外での利用および国内でのリボ払い・3回以上の分割払いのみ対象)

大きなメリットは、海外旅行・国内航空傷害保険が「利用付帯」でなく、「自動付帯」である点です。

国内・海外含めて飛行機に乗る時には自動的に保険が付帯されるのは、航空会社系のクレジットカードならではといえます。

このように、ANA VISA Suicaカードは、ANAのマイルを貯めたり、搭乗したりする際に便利なサービスが付帯しています。

次の章では、ANA VISA Suicaカードの大きなメリットである、SuicaとANAの利用について、ご紹介していきます。

空と陸でマイルが貯まる!ANA VISA Suicaカードのメリット

チケット売り場で玩具の飛行機を飛ばす

ANA VISA Suicaカードを「陸」であるJRのSuicaの利用や定期券の購入「空」であるANAの飛行機への搭乗両方でANAのマイルを貯められます。

具体的にご説明していきます。

Suicaへのチャージでマイルが貯まる

ANA VISA SuicaカードをSuicaへのチャージに利用すると、航空会社であるANAのマイルを貯められます。

特にSuicaやモバイルSuicaへのチャージやオートチャージ機能を利用することで、日常的な利用で自然にポイントを貯められるのは、ANA VISA Suicaカードの大きなメリットです。

ポイントはマイルへ自動移行も可能なので、Suicaへのチャージで自然にマイルを貯めていくことが可能です。貯まるマイルは、選択するコースによって異なります。

コース 10マイルコース
(手数料:6,000円/年)
5マイルコース
1,000円チャージごとの付与マイル 10マイル 5マイル

例えば、毎月6,000円程度チャージで利用する人であれば、チャージだけで以下のマイルを貯められます。

毎月貯まるマイル 1年間で貯まるマイル
10マイルコース 60マイル 720マイル
5マイルコース 30マイル 360マイル

このように、ANA VISA SuicaカードをSuicaへのチャージに利用することで、ANAのマイルを貯められます。

オートチャージが便利

ANA VISA Suicaカードの大きなメリットが、ANAのクレジットカードで唯一Suicaのオートチャージに対応しているカードである、という点です。

オートチャージとは、自動改札機にタッチして入場することで、Suicaへの入金(チャージ)ができる自動的にできるサービスのことす。

Suicaの残高が設定額以下になれば、自動的にチャージされます。

チャージできるSuicaには、下記のようなものがあります。

  • ANA VISA Suicaカード付帯のSuica
  • 記名式Suica
  • 定期券Suica
  • モバイルSuica

オートチャージを設定しておけば、毎日の生活の中で自然にANA VISA Suicaカードを利用できるため、ANAのマイルを効率よく貯められてとても便利です。

Suicaの利用で何でもマイルを貯めることができる

Suicaは全国の交通系電子マネーの使えるお店で支払いに利用することができるので、Suicaをショッピングに利用することで間接的にマイルを貯めることができます。

例えば、

  • コンビニ
  • スーパー・ショッピングセンター
  • 家電量販店
  • 書店
  • ドラッグストア
  • 飲食店

などで利用することができます。

ただし、オートチャージに対応しているのは自動改札のみなので、これらのお店ではできません。

駅やビックカメラなどにに設置されているATM「VIEW ALTTE」で利用額以上をチャージしたうえで利用しましょう。

ANAグループの利用がお得

ANAグループの飛行機に搭乗した際、通常のフライトマイルが貯まるのはもちろん、割り増しボーナスマイルをもらえるのでお得です。

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%
によって算出されたマイルがボーナスマイルとして付与されます。

また、ANAの系列店での割引を受けることができるのもメリットです。

  • 空港内免税店:5~10%OFF
  • 機内販売:10%OFF
  • ANA FESTA:10%OFF
  • ANA系列のツアー商品:5%OFF

上記の割引を受けることができます。

割引の内容によっては、ANA VISA Suicaカードでの決済等の条件がある場合があります。

対象店舗で利用するとボーナスマイルをもらえる

ANA VISA SuicaカードをANAカードマイルプラス加盟店で利用すると、ワールドプレゼントポイントだけでなくさらに100円(または200円)利用ごとに1マイルをもらうことができます。

ANAカードプラス提携店には、

  • 航空券
  • 機内販売
  • ホテルやレンタカー、空港施設

をはじめとするANAグループの施設の他に、

  • スーパーマーケット
  • コンビニエンスストア
  • ドラッグストア
  • コーヒーチェーン
  • 百貨店
  • レストラン

などがあります。

これらの店舗で日常的にクレジットカードを利用してボーナスマイルを貯めることができます。

このように、ANA VISA Suicaカードは、「陸」であるJRのSuicaの利用や、「空」であるANAの飛行機への搭乗やANA系列店の利用両方でマイルを貯められることがわかりました。

場所を選ばずマイルを貯められるのは、大きなメリットです。

次の章では、あらかじめ押さえておきたいデメリットをご説明していきます。

先に知っておこう!ANA VISA Suicaカードのデメリット

クレジットカードを持ちながら悔しがる女性

ANA VISA Suicaカードのデメリットには、マイル・Suicaに関わるものもあります。

ANA VISA Suicaカードを申し込むことを考えている人は、Suicaを利用しながらマイルを貯めたい人が少なくないので、申し込む前に確認しておきましょう。

注意:マイル移行の手数料がかかることも

ANA VISA Suicaカードはポイントのマイルへの自動移行に対応していてとても便利なのですが、選択するコースによっては、マイル移行の手数料がかかる場合があります。

10マイルコース 5マイルコース
交換レート 1ポイント10マイル 1ポイント5マイル
移行手数料 6,000円(税抜)/年 無料

このように、交換レートが大きいコースは有料です。

毎月5万円程度カード決済する人であれば、1年に1回程度は国内航空券に交換可能なマイルが貯められるので、10マイルコースがおすすめです。

国内航空券交換レート
片道:5,000マイル~
往復:10,000マイル~

注意:年間60万円以上カード利用するなら有料の10マイルコースがおすすめ

利用額毎月5万円であれば年間60万円利用することになります。1,000円利用ごとに10マイルなので、60万円利用で6,000マイル貯まります。

さらに、入会・継続ボーナスの1,000マイルを合わせても年間7,000マイルは貯められる計算になり、少なくとも国内の片道航空券に変えられるマイルは貯められます。

ANAの国内航空券は最低でも8,000円程度はかかるので、移行手数料を支払って、高いレートでマイルをもらったほうがお得です。

手数料を支払ってマイルをお得に貯めたい人にはメリットですが、移行手数料を支払いたくない人にとってはデメリットです。

注意:年会費がかかる

ANA VISA Suicaカードは初年度は無料ですが、2年目以降は年会費がかかります

継続ボーナスとして毎年1,000マイルもらえたり、web明細やマイ・ペイすリボへの登録+利用を行うことで割引にはなりますが、完全に無料にはなりません。

年会費を支払いたくない人にとっては、デメリットと言わざるを得ません。

注意:Suica定期券として使えない

ANA VISA SuicaカードはSuicaのオートチャージに対応していますが、Suica定期券には対応していません

定期券として利用したい場合は別にSuicaのカードが必要です。ただし、定期券のSuicaとリンクさせることで、定期券Suicaのオートチャージに利用することはできます

また、窓口で定期券の決済に利用することもできます。

注意:ポイントやマイルには有効期限がある

ANA VISA Suicaカードを利用して獲得できるポイントやマイルには、有効期限があります。

  • ワールドプレゼントポイント:ポイント獲得月から2年間
  • ANAマイル:利用月から36カ月後の月末=約3年間

ワールドプレゼントポイントの有効期限がANAマイルに比べると短いので、ANAマイルへの自動移行を設定しておくことで、マイルを集中して貯めることをおすすめします。

ANA VISA SuicaカードにはマイルやSuica等に関わるデメリットがあるので、申し込みをする前に抑えておきましょう。

それらを踏まえた上で、 ANA VISA Suicaカードはどんな人におすすめと言えるのでしょうか。

ANA VISA Suicaカード はこんな人におすすめ

パソコンで航空チケットをクレジット払いする人

ANA VISA SuicaカードはJR東日本を頻繁に利用する人や、ANAのマイルを貯めている人に特におすすめです。

おすすめ:JR東日本沿線に住んでいる人

ANA VISA SuicaカードはJR東日本沿線に住んでいて、頻繁に利用する人に特におすすめです。JR東日本の対象エリアは、東北、関東・甲信越と大変幅広いです。

Suicaは、PasmoやICOCAなどのほかの交通系ICカード対応の沿線でも利用はできますが、オートチャージに対応しているのが、JR東日本沿線に限られているからです。

オートチャージができないと、ANA VISA Suicaカードのメリットが少し減ってしまうため、オートチャージに対応しているJR東日本沿線に住んでいて、電車を頻繁に利用する人におすすめです。

おすすめ:ANAのマイルを貯めている人

ANA VISA Suicaカードは、ANAのマイルを貯めやすいので、ANAのマイルを貯めている人におすすめです。

利用額に応じたポイントはもちろん、提携サービスの利用でボーナスマイルも貯まるからです。

このように、 ANA VISA Suicaカードは、JR東日本沿線に住んでいる人やANAのマイルを貯めている人におすすめのクレジットカードです。

まとめ

それでは、今回の内容を振り返ります。

  • ANA VISA Suicaカードの年会費は初年度無料2年目以降2,000円(税別)
  • WEB明細書サービスへの登録やマイ・ペイすリボへの登録+利用で割引になるが無料にはならない
  • 1,000円利用ごとにワールドプレゼントポイントが貯まり有効期限は2年。
  • ワールドプレゼントポイントはANAのマイルに自動移行を選ぶことができる
  • ANAのマイルへの交換レートは2種類で、1ポイント10マイルコースと5マイルコースがある
  • 10マイルコースは有料だが、毎月5万円程度決済する人であれば有料の10マイルコースがおすすめ
  • Suicaのオートチャージに対応しているが、Suica定期券としては使えない
  • ANAグループの利用がお得
  • ANAに搭乗するとボーナスマイルをもらえる
  • ANAマイルの有効期限は36か月

特に、JR東日本沿線在住者やANAのマイルを貯めている人にメリットの大きいクレジットカードです。

ANA VISA Suicaカードの特徴について理解したうえで、自分に合っていると判断した人は、日常生活で利用することで効率よくマイルを貯めましょう。

飛行機を持つ少女

2017.04.03

ANAのクレジットカードを徹底解剖!マイルをどんどん貯める方法

ANAのクレジットカードは、1年に1度も自分で航空券を買わなくても、ショッピングなどの日常利用でマイルがどんどん貯まっていくのでとてもお得です。ポイント移行などもしやすいのがANAマイルのメリットですが、実はその仕組みが少し複雑です。ANAカードといっても種類が本当にたくさんあるので、どれが一番お得かというのがイマイチ掴みにくいのが一つの理由といえるでしょう。知らず知らずのうちに、マイルを損してしまっているかもしれないのがANAマイルです。それに加えJALのマイルもあるため、まずどちらを作ればいいかということもあるため、マイルはより複雑なテーマとなっています。そんなすべての疑問にお答えすべく、ANAのマイル攻略方法をクレジットカードの活用術から徹底解説します!「ANAのクレジットカードとJALカード、どちらを作ればいいのか迷っている!」という悩みにもこの記事でお答えします。

ANA飛行機

2017.10.18

ANAマイレージのマイルを貯める&使う!マイルをムダにしない活用法

ANAの飛行機に乗るともらうことのできるANAマイル。ANA便に乗る機会がありANAマイレージクラブに入会したものの、貯めたマイルをどのように活用すればいいのか分からない人は意外と多いのではないでしょうか? ANAマイレージクラブで貯めたマイルを何に交換できるのか知りたいと思いませんか? 他にも、 ANAマイルを効率的に貯められるクレジットカード ANAマイレージとJALマイレージとの違い ANAのマイルが貯まるスターアライアンスとは何か? についてご紹介していきます。 ANAのマイルがいくらか貯まっているのは知っているけれど、活用できないまま有効期限を迎えてしまった!ということにならないようにするためにも、今回は、ANAマイレージの貯め方と使い方、1マイルでもムダにしない賢い活用方法を紹介します。 これで、ANAマイレージクラブで貯めることのできるANAマイルの貯め方と使い方を知ることができるようになります。

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく利用によってポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。単にクレジットカードといっても、たくさんあってわかりにくいですよね。クレジットカードの特性を知らずに、やみくもに「ただなんとなく」カードを作ったり、使ったりすることは「少しもったいないこと」といえます。クレジットカードはうまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら