ANA VISAカード一般はカードを持ちたいANA愛用者におすすめ

低空飛行する飛行機

ANA(全日空)はJAL(日本航空)と並んで、日本を代表する航空会社として知られています。

かつてはJALに次ぐ2番手というイメージでしたが、最近では便数、就航空港数ともにANAを上回っています。それ故に、JALよりANAをよく利用するという人も多いのではないでしょうか。

そんなANAには、飛行機の登場距離によって付与されるマイレージサービスがあります。ANAマイレージを貯めるにも使うにも、ANAが発行しているクレジットカード「ANAカード」の利用がとてもお得です。

ANAカードは数多くの種類が発行されていますが、今回の記事では、クレジットカードシェアNo.1のVISAブランドのANAカード「ANA VISAカード一般」を紹介します。

この記事を読んでいるあなたは

  • ANA VISAカード一般の特徴と知りたい
  • ANA VISAカード一般のメリットやデメリットが知りたい
  • ANA VISAカード一般のマイル還元率を知りたい
  • 自分がANA VISAカード一般を持つべきかどうかを知りたい

と思っていませんか?

この記事を最後まで読めば上記のポイントをすべて知ることができます。ANA VISAカード一般への入会を考えている人はぜひ参考にしてください。

ANA VISAカード一般の概要

右手に持っているカードを指差す女性

まずはANA VISAカード一般が、どのようなクレジットカードなのかを見ていきましょう。

この章では、年会費、ポイント制度といったANA VISAカード一般の基本情報をお伝えしていきます。

ANA VISAカード一般の年会費

ANA VISAカード一般の年会費は2,000円(税抜)です。ただし初年度の年会費は無料で、年会費がかかるのは2年目以降になります。

ちなみに入会資格は満18歳以上(高校生、大学生不可)で、未成年者が入会するには親権者の同意が必要です。

ANA VISAカード一般のポイント制度

ANA VISAカード一般には、ANAマイレージクラブのポイント「マイル」三井住友VISAカードのポイント「ワールドプレゼント」2種類のポイント制度があります。

これはカードを発行しているのが三井住友カードであるからです。

以下のように、何に使ったかによって貯まるポイントが変わってきます。

マイル ワールドプレゼントポイント
ポイント積算対象
  • ANA航空機搭乗分
  • ANAカードマイルプラス提携店・商品利用分
  • ANA航空機搭乗分以外通常利用
  • ANAカードマイルプラス提携店・商品利用分

ANA航空機搭乗分、ANAカード提携店・対象商品はマイルが、それ以外の利用分はワールドプレゼントポイントが貯まります。

ワールドプレゼントポイントは、1,000円の買い物ごとに1ポイント付与されます。1ポイントの価値は交換先によって異なりますが、楽天Edyに交換した場合は1ポイント=3円分の価値があります。

また「ANAカードマイルプラス」というANAカード提携店での利用分はマイルとワールドプレゼントポイントが両方貯まります。

ANAカードマイルプラスで利用した場合、ワールドプレゼントポイントのほかに、100円または200円につき1マイルが付与されます。

ここまで、ANA VISAカード一般の年会費、ポイント制度といった基本情報をお伝えしてきました。次の章からは、ANA VISAカード一般のメリット面に注目してお話しを進めていきます。

ANA VISAカード一般のメリット

うつ伏せでカードを持つ女性

ANA VISAカード一般には数多くのおすすめポイントやメリットがありますが、中でも代表的なものは以下の4点です。

  • ショッピング利用で貯めたポイントをANAマイルに移行できる
  • ANAへの搭乗でボーナスマイルがもらえる
  • 機内販売や空港免税店がお得になる
  • 海外旅行保険が自動付帯している

それぞれの内容について次から詳しく見ていきましょう。

ショッピング利用で貯めたポイントをANAマイルに移行できる

通常のショッピング利用で貯めたワールドプレゼントポイントは、ANAマイルに移行することができます。

ポイント移行は5マイルコースと10マイルコースに分かれていて、それぞれ還元率、移行手数料が以下のように異なります。

コース名 還元率 移行手数料
5マイルコース 1ポイント=5マイル 無料
10マイルコース 1ポイント=10マイル 6,000円(税抜、年度ごと)

1ポイント=10マイルの高還元率コースを選んだ場合、毎年6,000円+消費税を支払わなければなりません。

ただ、交換できるマイル数が2倍もお得になるため、マイルを効率よく貯めたい方はぜひ10マイルコースに入っておきたいところです。

ANAへの搭乗でボーナスマイルがもらえる

ANA VISAカード一般を使ってANA航空機に搭乗すると、通常のフライトマイルの他にボーナスマイルがもらえます

付与されるボーナスマイルの計算式は以下の通りです。

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

搭乗の度にボーナスマイルが付与されますので、ANAをよく利用しているという人はANA VISAカード一般に入会しておいて損はありません。

なお、ソラシドエアやスターフライヤーといったANAグループの航空機への搭乗でもボーナスマイルがもらえますが、その際は以下の点に注意してください。

  • マイル積算条件運賃で搭乗した場合のみマイル付与
  • コードシェア便をANA便名にて予約・搭乗した場合のみマイル付与

また上記の搭乗ボーナスマイルとは別に、入会時カード継続時にもそれぞれ1,000マイルのボーナスマイルがもらえます。

機内販売や空港免税店がお得になる

ANA VISAカード一般を使うと、機内販売や空港免税店での買い物がお得になります。

ANA VISAカード一般で決済すると空港免税店は5%割引、国内線国際線機内販売は10%割引の価格で買い物できます。また、このほかにも下記のような割引サービスを展開しています。

  • 空港内お土産店「ANA FESTA」での買い物代金10%オフ
  • ANAのショッピングサイト「ANAショッピング A-style」での買い物代金5%オフ
  • ANAスカイホリデー、ANAハローツアーといったANA旅行商品の5%割引販売

海外旅行保険が自動付帯

航空会社が発行するカードだけに、旅行保険に強いことも魅力のひとつです。

ANA VISAカード一般には海外旅行保険が自動付帯されています。

ちなみに自動付帯とは、持っているだけで保険が適用されるタイプの保険のことです。

旅行保険にはほかに利用付帯保険というものもありますが、これは旅行代金をカードで支払った場合に適用される保険のことです。

ANA VISAカード一般の海外旅行保険の概要を以下から見てみましょう。

保険内容 保険金額
傷害による死亡 1,000万円
傷害による後遺障害 40~1,000万円
救護者費用(年間の限度額) 100万円

上記のように、海外旅行の際に障害による死亡や後遺障害、救護者費用については保険適用内です。

ただし、疾病による死亡や傷害には対応していませんので注意してください。

海外旅行中の疾病が心配という人は、疾病にも対応する海外旅行保険が自動付帯されているカードも数多くありますので、その中からクレジットカードを選ぶというのもひとつの解決策です。

また、国内旅行保険も用意していませんので、この点にも注意が必要です。

国内旅行保険が欲しいという人は、国内旅行保険を付帯しているクレジットカードの中からクレジットカードを探してみることをおすすめします。

ここまで、ANA VISAカード一般のメリット面を中心にお話ししてきました。数多くの魅力があるカードということが分かったのではないでしょうか。

とはいえ、メリットがあればデメリットや注意点も必ずあります。

デメリット面を把握していないと本当に自分に合っているカードかどうかの判断はつきません。

そこで、次の章ではANA VISAカード一般のデメリット、注意点を紹介します。

ANA VISAカード一般のデメリット

考える女性

ANA VISAカード一般の主なデメリットは以下の通りです。

  • マイル移行の手数料がかかる
  • 次年度から年会費がかかる

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

マイル移行の手数料がかかる

ショッピングで貯めたワールドプレゼントポイントをマイルに移行できるのがメリットのひとつであるANA VISAカード一般ですが、ポイントをマイルに移行する際に手数料がかかる場合があります。

マイルを移行するには、1ポイント=5マイルの「5マイルコース」と1ポイント=10マイルの「10マイルコース」のどちらかを選ぶ必要があります。

低還元率の5マイルコースは無料ですが、高還元率の10マイルコースは6,000円(税抜)がかかります。

しかもこれは1回だけ支払えば良いというものではなく、毎年かかる費用ですので注意してください。

とはいえ、還元率は2倍になりますので、年間100万円以上クレジットカードを利用するという人は10マイルコースをおすすめします。

次年度から年会費がかかる

ANA VISAカード一般の年会費は初年度は無料ですが、2年目以降2,000円(税抜)の年会費が必要です。

クレジットカードの年会費にお金をかけたくないと考えている人は、年会費無料のクレジットカードは数多くありますので、そちらから選ぶことをおすすめします。

この章では、ANA VISAカード一般のデメリット、注意点をお伝えしてきました。ここまででメリットとデメリットの両面を把握できました。

次は、メリット・デメリットを踏まえて、ANA VISAカード一般に向いている人を紹介していきます。

ANA VISAカード一般 はこんな人におすすめ

ヨーロッパ旅行

ここまで、ANA VISAカード一般の基本情報、メリット・デメリットを見てきました。

大体どのような特徴を持っているクレジットカードなのかが分かってきたのではないでしょうか。

この章では、ここまでの情報を総合して、ANA VISAカード一般に向いている人のタイプを紹介していきます。

ANA VISAカード一般に向いている主なタイプは以下の通りです。

  • ANAの飛行機によく乗る人
  • ANAのマイルを貯めている人
  • 楽天Edyでよく買い物をする人

上記にひとつでも当てはまる人はぜひこの章を読んで、参考にしてください。

ANAの飛行機によく乗る人

ANAの飛行機によく乗る人は、ANA VISAカード一般の入会をおすすめします。

ANAの飛行機に搭乗すると、通常のフライトマイル以外にも搭乗の度にボーナスマイルが付与されます。

加えて、空港内免税店、機内販売での割引サービス、空港内お土産店やANA旅行商品の会員特別割引などのサービスが提供されています。

ANAの飛行機によく乗るという人にとっては、持っているだけでお得なカードというわけです。

ANAのマイルを貯めている人

ANAのマイルを貯めている人は、ANA VISAカード一般に入会しないと損をしてしまうことになります。

先ほども少し触れましたが、ANA VISAカード一般を使ってANA航空機に搭乗すると、通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルが搭乗の度ごとに付与されます。

それに加えて、入会時、毎年の継続時にそれぞれ1,000ポイントのボーナスマイルがプレゼントされます。

また、通常のショッピングで貯めたポイントもマイルに変換できるため、無駄なくマイルを貯めることができます。

このようにANA VISAカード一般は、ANAマイルを貯めている人はぜひ持っておきたい1枚と言えるカードです。

楽天Edyでよく買い物をする人

楽天が管理・運営する電子マネー「楽天Edy」を使ってよく買い物をするという人は、ANA VISAカード一般の入会をおすすめします。

ANA VISAカード一般には楽天Edy機能が標準搭載されていますが、買い物の際に楽天Edyで決済すると200円につき1マイル付与されます。

日々の小額決済の際にも効率よくマイルを貯めたいという人は、ANA VISAカード一般の楽天Edy機能を使って買い物することをおすすめします。

まとめ

今回の記事では、ANA(全日空)が発行するANA VISAカード一般に焦点を当ててお話してきました。ここで、 ANA VISAカード一般のメリット・デメリットを振り返ってみましょう。

▼ ANA VISAカード一般のメリット

  • ショッピング利用で貯めたポイントをANAマイルに移行できる
  • ANAへの搭乗でボーナスマイルがもらえる
  • 機内販売や空港免税店がお得になる
  • 海外旅行保険が自動付帯している

▼ ANA VISAカード一般のデメリット

  • マイル移行の手数料がかかる
  • 次年度から年会費がかかる

今回の記事でANA VISAカード一般に興味を持った人は、上記のメリット・デメリットを再確認してから入会準備をしてください。

この記事があなたのクレジットカードライフの参考になれば幸いです。

2018年最新おすすめクレジットカードを徹底比較

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

キャッシュレスでポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。数百種類の中からあなたにぴったりのクレジットカードを比較して導き出します。おすすめのクレジットカードや、クレジットカードを利用する上で気をつけたい基礎知識も合わせてご紹介します。

ANA飛行機

2017.10.18

ANAマイレージのマイルを貯める&使う!マイルをムダにしない活用法

ANAの飛行機に乗るともらうことのできるANAマイル。ANA便に乗る機会がありANAマイレージクラブに入会したものの、貯めたマイルをどのように活用すればいいのか分からない人は意外と多いのではないでしょうか? ANAマイレージクラブで貯めたマイルを何に交換できるのか知りたいと思いませんか? 他にも、 ANAマイルを効率的に貯められるクレジットカード ANAマイレージとJALマイレージとの違い ANAのマイルが貯まるスターアライアンスとは何か? についてご紹介していきます。 ANAのマイルがいくらか貯まっているのは知っているけれど、活用できないまま有効期限を迎えてしまった!ということにならないようにするためにも、今回は、ANAマイレージの貯め方と使い方、1マイルでもムダにしない賢い活用方法を紹介します。 これで、ANAマイレージクラブで貯めることのできるANAマイルの貯め方と使い方を知ることができるようになります。

飛行機を持つ少女

2017.04.03

ANAカードを徹底解剖!マイルが貯まるおすすめANAカード

ANAのクレジットカードは、1年に1度も自分で航空券を買わなくても、ショッピングなどの日常利用でマイルがどんどん貯まっていくのでとてもお得です。ポイント移行などもしやすいのがANAマイルのメリットですが、実はその仕組みが少し複雑です。ANAカードといっても種類が本当にたくさんあるので、どれが一番お得かというのがイマイチ掴みにくいのが一つの理由といえるでしょう。知らず知らずのうちに、マイルを損してしまっているかもしれないのがANAマイルです。それに加えJALのマイルもあるため、まずどちらを作ればいいかということもあるため、マイルはより複雑なテーマとなっています。そんなすべての疑問にお答えすべく、ANAのマイル攻略方法をクレジットカードの活用術から徹底解説します!「ANAのクレジットカードとJALカード、どちらを作ればいいのか迷っている!」という悩みにもこの記事でお答えします。

空を飛行する飛行機

2017.10.30

ANA VISA Suicaカードは空と陸でマイルが貯まる最強カード

航空会社のマイレージカードを作っても、なかなか交換するに至らないことはありませんか?JRの定期券購入やオートチャージでANAのマイルが貯まる、ANA VISA Suicaカード。 ANAのマイルを貯めていたり、Suicaをよく利用する人には必見のお得なクレジットカードです。 日頃Suicaを使う人やANAのマイルを貯めている人は、ANA VISA Suicaカードがどんなカードなのか、知りたくありませんか? また、メリットやデメリットについて知りたくありませんか? 旅行傷害保険はついているのでしょうか? 今回は、ANA VISA Suicaカードの特徴や、メリット・デメリット、ポイント制度などについてご紹介していきます。それらについて詳しく知ることで、ANA VISA Suicaカードを作るべきかどうかや、持ち続けるべきかどうかの判断ができるようになります。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら