アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは100円で3マイル貯まる高還元率カード!

夜の空港を走る飛行機

アメリカン・エキスプレスの中でも100円で3マイルという高還元が可能となるクレジットカードがアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

Thumbnail amex sky

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 0.33% -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
3週間 - 公式サイト参照 500円(税別)(初年度無料)但し、年1回以上の利用で翌年度無料

マイルで特典航空券を狙っている人に、特に魅力があります。

そんなアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードに興味がある人なら

  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのメリットやデメリット
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの旅行保険
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのポイント制度

について知りたいと思いませんか?

今回はアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードとは何か、メリットやデメリットなどの概要について具体的に解説していきます。

この記事を読むことによってアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを作るべきかどうかまたは持ち続けるべきかの判断をつけることができます

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの概要

飛行機とカバンと地球儀の模型

この章ではアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの概要について解説していきます。

具体的に

  • 年会費
  • ポイント制度

について詳しく解説していきます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの年会費

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの年会費は10,000円(税抜)です。また、家族カードの年会費は5,000円(税抜)です。

スカイ・トラベラーという名前のとおり、マイルが貯めやすい特徴を持っていますが、同じく航空会社提携ANAアメリカン・エキスプレス・カードの年会費は、7,000円(税抜)のため、やや高めの年会費が設定されています。

しかし、通常年間3,000円の参加費がかかる「メンバーシップ・リワード・プラス」が自動付帯しているため、マイルがお得に貯まりポイントが無期限になるというメリットがあります。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

Thumbnail amex sky

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 0.33% -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
3週間 - 公式サイト参照 500円(税別)(初年度無料)但し、年1回以上の利用で翌年度無料

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのポイント制度

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのポイントサービスは「メンバーシップ・リワード」という名称で、ショッピングなどを利用すると100円の利用に対して1ポイント付与され、有効期限はありません

貯まったポイントはマイルやその他商品に交換ができます。

  • 提携航空パートナーのマイルへ移行:1,000ポイント=1,000マイル単位
  • 旅行代金やカードご利用後の支払いに利用:1ポイント=最大1円

また、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードには「スカイ・トラベラー3倍ボーナス」というサービスがあり効率よくポイントが貯められます。

  • 対象航空会社28社の航空券
  • 日本旅行の指定商品
  • アップルワールドの前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金

これら費用を払う際にアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを利用すると100円につき3ポイントが付与されます。

なお購入時はカードの利用だけでなく、対象航空会社、対象旅行代理店のウェブサイトや指定店舗などからドルなど外国通貨ではなく、円建てで決済するなどの条件があります。

また、日本旅行の指定商品には、対象航空会社の航空券、パッケージツアー、前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金などのほかにJR・バスのチケットのチケット購入が含まれます。

そのためフライトに限らず、普段の出張や旅行の際にも通常の3倍のポイントが貯められるメリットがあります。

このほかにも入会時に3,000ポイント、更新時に1,000ポイントのボーナスポイントが貯まる特典があります。

スカイ・トラベラー3倍ボーナスの対象となる航空会社一覧

スカイ・トラベラー3倍ボーナスや初回登場時に1度だけ付与されるファーストトラベル・ボーナスの対象となるのは以下の28社です。

  • アシアナ航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • ヴァージン アトランティック航空
  • エア タヒチ ヌイ
  • ANA
  • エールフランス航空
  • エティハド航空
  • エバー航空
  • エミレーツ航空
  • オーストリア航空
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空
  • KLMオランダ航空
  • シンガポール航空
  • スイス インターナショナル エアラインズ
  • スカンジナビア航空
  • スターフライヤー
  • タイ国際航空
  • 大韓航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • 日本航空
  • バニラエア
  • フィリピン航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • ルフトハンザ ドイツ航空

ANAやJAL、バニラエアなど日本の航空会社も、3倍ボーナスの対象です。

この章ではアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの概要として年会費とメンバーシップ・リワードのポイント制度、ボーナスポイントについて解説してきました。

次の章からはアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは具体的にどんなメリットがあるかを説明していきます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

Thumbnail amex sky

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 0.33% -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
3週間 - 公式サイト参照 500円(税別)(初年度無料)但し、年1回以上の利用で翌年度無料

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのメリット

カードを持ちながら買い物する女性

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードには様々なメリットがあります。

具体的には

  • ショッピング利用で貯めたポイントをマイルに移行できる
  • 入会して最初の旅行でボーナスポイントがもらえる
  • 手荷物無料宅配サービスが利用できる
  • 海外&国内旅行保険が利用付帯
  • 航空便遅延費用補償が付与されている

といったメリットがあります。詳しく見ていきましょう。

ショッピング利用で貯めたポイントをマイルに移行できる

ショッピングの利用などで貯めたポイントは1,000ポイント=1,000マイル単位で以下の提携航空パートナー15社のマイルに移行できます。

  • ANAマイレージクラブ
  • SAS ユーロボーナス
  • アジアマイル
  • アリタリア イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
  • エティハド航空 エティハド ゲスト
  • エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
  • エールフランスKLM フライング・ブルー
  • カタール航空 プリビレッジクラブ
  • シンガポール航空 クリスフライヤー
  • タイ航空 ロイヤルオーキッドプラス
  • チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
  • デルタ航空 スカイマイル
  • フィンエアー フィンエアー・プラス
  • ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
  • ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ

上記にJALマイレージはマイル移行の対象外なので注意が必要です。

移行には各マイレージ・プログラムに登録する必要があり、ポイント移行レートや移行にかかる期間なども各会社で異なります。

例えばシンガポール航空のマイレージであるクリスフライヤーに移行する場合、2,000ポイント以上、2,000ポイント単位でマイルに移行できます。

獲得されたポイントをクリスフライヤーの特典航空券に交換する場合、東京~香港間を往復する際に必要なマイル数は25,000マイルです。

25,000マイルを貯めるには約80万円利用する必要があります。これは12か月に等分すると平均月7万円を利用すると貯められる計算です。

仮に東京から仙台に一泊で出張した場合

・新幹線普通車自由席 10370円×2=20,740円

・ホテル宿泊費 約10,000円

合計30,740円かかります。

このような内容で月に2回程度の出張がある人であれば年間25,000マイルが貯められます。

なお、マイルはこれ程貯めなくても現金と組み合わせることも可能なので、充分貯められない場合でも乗る機会がある航空会社のマイルに移行して利用するのがおすすめです。

入会して最初の旅行でボーナスポイントがもらえる

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを作ったら1年以内に指定店舗で利用するのがおすすめです。

入会から1年以内に対象航空会社の航空券、または対象旅行代理店の指定旅行商品を購入した場合に最初の1回のみファーストトラベル・ボーナスポイントとして5,000ポイントが付与されます。

もし5,000ポイントを100円で3ポイントの対象にならないショッピングだけで貯めようとすると、50万円利用する必要があるためとてもお得です。

手荷物無料宅配サービスが利用できる

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードと搭乗券があれば、帰国時は自宅まで荷物を自分で運ぶ必要がありません。

下記の空港では海外旅行からの帰国時に空港から自宅まで、カード会員1名様につきスーツケース1個を無料で配送してくれます。

  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

帰国時の悩みである手荷物の多さを解決してくれる、利便性が高いサービスです。

海外&国内旅行保険が利用付帯

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの旅行保険は、フライトチケットやパッケージ・ツアー代金をカードで支払った場合に補償が受けられる利用付帯です。

海外旅行の場合は最大3,000万円、国内旅行の場合は最大2,000万円まで補償されます。

また、カード会員本人のみならず家族まで補償されます。

家族にはカード会員もしくは家族カード会員からみた配偶者や、カード会員と生計を共にする子どもや両親などの親族が含まれます。

クレジットカードによっては配偶者や両親が含まれない場合があるため、家族全体を補償できる点がメリットです。

▼ 海外旅行保険

保険金の種類 補償額
傷害死亡・後遺障害保険金 最高3,000万円
(カード会員の家族:最高1,000万円)
傷害治療費用保険金 最高100万円
疾病治療費用保険金 最高100万円
賠償責任保険金 最高3,000万円
携行品損害保険金
(免責3千円/年間限度額100万円)
1旅行中最高30万円
救援者費用保険金 保険期間中最高200万円

▼ 国内旅行保険

保険金の種類 補償額
傷害死亡・後遺障害保険金 最高2,000万円
(カード会員の家族:最高1,000万円)

航空便遅延費用補償が付与されている

海外旅行の場合、航空便が遅れたことによる損害を補償してくれる航空便遅延費用補償が付与されています。

補償の対象は

  • 航空便の遅延により出費した宿泊料金や食事代
  • 手荷物の到着遅延や紛失したことにより購入した衣類や生活必需品の費用

です。

そのため、飛行機の乗り継ぎ時間が短い旅行では心強い補償となります。

保険金の種類 1回あたりの補償最高額
乗継遅延費用 最高20,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 最高20,000円
受託手荷物遅延 最高20,000円
受託手荷物紛失 最高20,000円

国内外30空港のラウンジを無料で利用できる

カード会員と同伴者1名まで、国内28箇所と海外2箇所(韓国・ハワイ)の空港ラウンジを利用することができます。

国内 羽田国際、成田国際、関西国際、伊丹、中部国際、新千歳など28空港
海外 ハワイ・仁川

ラウンジの利用にはカード会員本人の、当日の搭乗券が必要です。

ゆったりとした空間で、ドリンクを飲みながらフライトまでの時間を過ごせます。

以上がアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのメリットです。

フライト以外で貯めたマイルを特典航空券に代えたり、安心して旅行するための補償があったりと心強いサービスや補償があります。

しかしながらアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードにはデメリットもありますので、次の章で解説していきます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

Thumbnail amex sky

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 0.33% -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
3週間 - 公式サイト参照 500円(税別)(初年度無料)但し、年1回以上の利用で翌年度無料

先に知っておこう!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのデメリット

頭を抱える女性

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードには下記のようなデメリットがあります。

  • マイル移行の手数料がかかる
  • 年会費がかかる
  • 旅行保険が利用付帯
  • 国際ブランドがアメックスのみ
  • 提携している航空会社は指定されている

具体的に見ていきましょう

マイル移行の手数料がかかる

ANAマイルの移行に手数料がかかってしまうのもデメリットです。

他のマイル交換時には手数料がかかりませんが、ANAマイルへの移行のみ年間5,000円(税別)の参加手数料がかかります。

先にご紹介したとおり、年に1度でも特典航空券に交換できるようであれば参加手数料以上のメリットがあります。

しかしポイントの有効期限がないから、と貯めたままにしていると単に参加手数料が差し引かれるのみとなり、デメリットになってしまいます。

年会費がかかる

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは年会費が10,000円(税抜)で、ゴールドカード並みの年会費がかかってきます。

しかし、スカイ・トラベラー3倍ボーナスを活用すると旅行や出張で効率よくポイントを貯めることができます。

また、ラウンジ利用や各種旅行関連商品の優待が受けられて困ったときは24時間日本語で無料電話サポートしてくれるなど旅行に関わる補償が充実しているので、付帯サービスをうまく活用すると年会費以上のメリットが得られます。

旅行保険が利用付帯

旅行保険が利用付帯なので、カードを利用しなければ保険が有効になりません。

旅行保険を有効にして必要な場合に補償が受られるようにするためには旅行代金を忘れずにクレジットカードで支払う必要があります。

国際ブランドがアメリカン・エキスプレスのみ

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの国際ブランドはアメリカン・エキスプレスしか選択できません。

旅費をこのクレジットカードで支払うと海外旅行保険が適用されてマイルも効率よく貯められます。

しかし、国際ブランドシェア1、2位であるVISAとMasterCardよりも利用できる店舗は少ないため、お店によっては決済できない可能性があります。

そこで海外でのカード決済が出来ない場合に備えてVISAかMasterCardブランドのクレジットカードを予備として一緒に持って行くと安心です。

提携している航空会社は指定されている

スカイ・トラベラー 3倍ボーナスおよびファーストトラベル・ボーナスポイントの対象となる航空会会社はスターアライアンス、ワンワールド、スカイチームなどの28社です。

また、マイルの移行ができるのも15の航空会社に指定されています。

ここにはLCCなど一部の航空会社は含まれていません。そのため、普段から格安航空券を利用している人にはメリットが薄いカードとなっています。

この章ではアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのデメリットについて解説していきました。

ここまで読んでいただいた人であればメリット、デメリットについてお分かりいただけたかと思います。

ここまでの内容を踏まえてアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードはどんな人にお勧めできるカードなのかご紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

Thumbnail amex sky

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 0.33% -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
3週間 - 公式サイト参照 500円(税別)(初年度無料)但し、年1回以上の利用で翌年度無料

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード はこんな人におすすめ

カードを持つ女性達

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは下記の人におすすめです。

  • 特典航空券を早く手にしたい人
  • 様々な航空会社のマイルを貯めている人
  • アメリカン・エキスプレスのクレジットカードが欲しい人

具体的に見ていきましょう。

特典航空券を早く手にしたい人

「スカイ・トラベラー3倍ボーナス」を利用してマイルが効率よく貯められるため、特典航空券を早く手にしたい人 にもおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは100円で3マイル貯まります。これに対してマイルが貯まる代表的なクレジットカードであるJALカードやANAカードの場合は、100円で2マイルしか貯まりません。

2つを比較してみると、10,000マイルを貯めるのに必要な年間利用額は

  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード(100円で3マイル):約33万円
  • JALカード、ANAカード(100円で2マイル):50万円

となります。

ANAの特典航空券は東京~大阪路線の場合片道5,000マイルが必要です。もし1年で10,000マイル貯められれば特典航空券が往復分と交換できる計算になります。

先程の年間約33万円を月で割ると2~3万円ですので、出張や旅行などで月に2~3万円以上を利用される人は特典航空券を簡単に入手できます。これに対してJALカードやANAカードの場合月に4万円以上利用しなければなりません。

様々な航空会社のマイルを貯めている人

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは様々な航空会社のマイルを貯めている人におすすめできるカードです。

以前は登録した1社としか交換できない時期もありましたが、現在はスターアライアンス、ワンワールド、スカイチームなど28社と提携しており、より多くの航空会社にマイルを移行できます。

移行手数料や移行時期などはそれぞれ異なりますが、複数の提携航空会社に乗る機会のある人におすすめできます。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードが欲しい人

アメリカン・エキスプレスという名前を聞くだけで世界的にも高いブランド力とステータス性があります。実際に旅行やエンターテイメント関連のサービスも豊富です。

そのため他の人とは一味違うクレジットカードが欲しいという人にもおすすめできます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは特典航空券を利用したい人や、多くの航空会社とマイルを交換したい人は効率よく利用できるでしょう。

また、アメリカン・エキスプレスブランドにステータス性に魅力を感じる人にもおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

Thumbnail amex sky

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 0.33% -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
3週間 - 公式サイト参照 500円(税別)(初年度無料)但し、年1回以上の利用で翌年度無料

まとめ

今回はアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの概要についてまとめてきました。

ポイントをまとめますと

  • ショッピング100円につき1ポイント貯まり、対象の航空券などの購入で100円につき3ポイント貯まる
  • ポイントの有効期限が無制限で対象のマイルに等価で移行できる
  • 海外、国内旅行保険と航空便遅延損害補償、手荷物無料宅配サービスなど旅行を充実させる特典が豊富
  • 年会費やANAマイル移行手数料などのコストがかかる

という特徴のカードです。

また

  • 特典航空券を早く欲しい人
  • 様々な航空会社のマイルを貯めている人
  • アメリカン・エキスプレスのクレジットカードが欲しい人

にお勧めできるカードです。

この記事を参照にしてメリットやデメリットを確認し、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを作るべきかどうかまた持ち続けるべきかどうかの判断基準にしてみてください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

    クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

     
     

    利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら