アメックスプラチナでできる特別な体験!VIPな特典をご紹介

クレジットカードを持つ男性

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(以下「アメックスプラチナ」)は、クレジットカードの中でも世界最高レベルのステータスカードであると言われていますが、本当でしょうか?

また、申込みには招待状が必要で、年会費の高さも世界最高レベルとも言われています。

そんなアメックスプラチナについて、招待状の到着を待ったり高い年会費を払ったりしてまで持つ価値があるカードなのか、知りたいと思いませんか?

今回は、そんな疑問にお答えするため、アメックスプラチナの基本情報や各種特典、招待を受ける方法などについて詳しく解説します。

また、他にもセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードなど数多くのプラチナカードがありますが、それらのカードに比べてどのような違いがあるかについても併せて説明します。

最後までお読みいただくと自分がアメックスプラチナの招待を待つべきかどうかの判断をつけることができます。

アメックスプラチナの年会費は140,400円!

クレジットカードを持つ女性

最初に、アメックスプラチナの基本情報について簡単に説明します。

  • 年会費  140,400円(税込)
  • ポイント還元率  0.3%~1.0%
  • 申込資格 アメックスゴールドカード会員でインビテーション(招待)を受けた人 

アメックスプラチナの年会費はかなり高額です。ここでは最高クラスのクレジットカードであるアメックスプラチナの特典や保険などの補償内容について詳しく解説します。

アメックスプラチナなら、特別な体験ができる

アメックスプラチナは特典や補償が充実しており、特別な体験ができると言われています。本記事では

  • 旅行
  • ホテル
  • ダイニング
  • エンターテイメント
  • ショッピング
  • サポートデスク

というシーンにわけてサービスやサポートの概要についてご紹介します。

旅行に関する手配やサポートは全てお任せ

アメックスプラチナでは航空券やホテルの手配については、コンシェルジュ・デスク(プラチナ・コンシェルジェ・デスク)に依頼でき、顧客情報や要望をもとに最適な手配をしてもらえます。

また海外旅行中のサポートとして、海外でも国内と全く同様のサービスを受けられる「プラチナ・カード・アシスト」があります。

またアメックスプラチナの会員は、以下にある4種類の空港ラウンジサービスが利用できます。

  • プライオリティパス
  • 国内外主要空港ラウンジ
  • デルタスカイクラブ
  • センチュリオンラウンジ(アメリカ主要空港に設置)

通常プラチナカード所有者が利用できる空港ラウンジサービスは「プライオリティパス」「国内外主要空港ラウンジ」の2種類です。

2017.07.31

プライオリティ・パス付きクレジットカード、お得に使えるのはどれ?

海外への旅行や出張の際、空港の中にあるラウンジを利用できる方法としては、プライオリティ・パスの会員権を得る(有料)ビジネスクラスやファーストクラスを利用するダイナースクラブカードを作る等が代表的です。クレジットカードの中には、カードの年会費を負担するだけでプライオリティ・パスの無料利用枠が付いているものがいくつかあります。年会費や利用料金を抑えて持てるプライオリティ・パスについて、知りたいと思いませんか?年会費や利用料金を抑えて持てるプライオリティ・パスには、世界中の空港でラウンジを無料で利用できる海外旅行傷害保険などクレジットカードの付帯サービスも利用できる学生や主婦でも最短発行できるのか?最短発行が可能な時間帯とは?といったメリットがあります。年に数回海外へ行く方にとっては、持っておくと大変便利でお得と言えます。今回は、プライオリティ・パスとは何かプライオリティ・パスの無料利用枠がついているおすすめのクレジットカードとその特徴についてご紹介していきます。プライオリティ・パスの会員種別や、クレジットカードごとに異なる特徴を理解できれば、自分に合ったものがどれなのか選ぶことができます。

それと比べると、利用できる空港ラウンジ数の多さや高級ラウンジが利用できる点で一歩リードしています。

アメックス・プラチナの旅行保険の補償内容については、公開されていないので謎に包まれております。

しかし、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの旅行傷害保険の場合、海外旅行の傷害死亡・後遺障害保険金は最高1億円となっています。

アメックス・プラチナであれば、それを上回る業界最高レベルの補償があるでしょう。

その他エアポート送迎サービス手荷物無料宅配サービス無料ポーターサービスなどがあり、出発前から帰宅までの全ての行程でかゆいところに手が届くサービスが受けられます。

ホテルでは上級会員限定の待遇が受けられる

アメックスプラチナに付帯している「ホテル・メンバーシップ」は、通常年間数十泊以上しないとその資格を取得できない高級ホテル上級会員限定の待遇が自動的に受けられます

例えば、提携ホテルグループである

  • シャングリ・ラ
  • ヒルトン
  • カールソン
  • スターウッド

で以下のような優待特典が受けられます。

  • 宿泊料金を最安値で優待
  • 客室を無料でアップグレード
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト(午後4時まで)
  • 無料高速インターネット
  • ウェルカムドリンク

また、毎年のカード更新時にアメックスが指定した国内ホテルに2名まで無料で宿泊できます。

一流店の予約やお食事だけでなく、会員特典もあり

通常では中々入れないお店でも安心して利用できるよう、ダイニング関連のサービスも充実しています。

ここでは豊富なサービスから一例をご紹介します。

  • 高級料亭、お茶屋の予約代行
  • 一流店の優先予約
  • アメックス指定有名飲食店で会員限定のランチまたはディナーを2~4名で予約すると1名分が無料
  • 国内または海外主要都市の有名レストランで優先的な予約や来店時のウェルカムドリンク提供
  • 食やワインに関する知識を深めるイベントへの招待

また、事前の予約などが必要な場合は電話1本でコンシェルジュ・デスクが会員の要望にすぐ応えてくれます。

エンターテイメントのチケット手配も簡単

アメックスプラチナのカード会員は、e+(イープラス)との連携により国内開催のオペラ、演劇、コンサートなどのエンターテイメント関連チケットについて先行予約やアリーナなどの優良席確保ができます。

ドリンク・お食事チケットの手配も簡単に行えるほか、インターネット不正利用による損害も全額補償します。

また、スポーツ関連の特典も魅力的です。

例えば、「コンラッド東京 水月スパ&フィットネス」「ビュロヴェル スパ&スポーツ」「クラブ オリンパス」「Sheraton Sports Club」などの会員制スポーツクラブについて、カード会員と同伴者1名がビジター料金で利用できます(年会費・入会金不要)。

また、グランサイズ(恵比寿・大井町・青山)の会員資格を補償金(30万円)なしで取得できます。

さらにカード会員と同伴者は、磯子カンツリークラブなどの会員制ゴルフクラブを平日のみ利用できたり、アメックス提携の海外ホテル対象プラン2泊以上でホテル契約ゴルフコースのプレー料金が1名分無料になります。

このほか「プライベートクルーズ」や「ラグジュアリーフライト」などの空や海をゆったり楽しめる特典もあります。

ショッピングだけでなく、購入後の補償も万全

ショッピング関連の補償として、購入した商品を長期補償するワランティープラスやホームウェアプロダクションが受けられるのはアメックスプラチナだけです。

また、他社プラチナカードの多くに付帯されていないキャンセルプロダクションがついているのも大きな特徴です。

ワランティー・プラス/ホームウェアプロテクション
カードで購入した商品が故障した場合、メーカー保証の2年後まで同等の保証を行う他、現在使用している1年保証の電化製品はカード購入でないものも含め購入金額の50~100%を保証します。

  • 補償金額  最高50万円/年

キャンセルプロテクション
やむを得ない事情で海外旅行やコンサートなどをキャンセルする場合、キャンセル代を最高50万円まで補償します。

ショッピングプロテクション
国内外においてカードで購入した商品の破損、盗難などで損害を被った場合に受けられる補償です。

  • 補償対象期間:購入より90日以内
  • 補償金額:最高500万円/年、免責1万円/1事故

リターンプロテクション
カード購入した商品を返品することになった際に購入店が受け付けない場合の補償です。

  • 補償対象期間  購入より90日以内
  • 補償できるもの 未使用で損傷がない商品
  • 補償金額  最高15万円/年

他にもオンラインショッピングでカードが不正利用された場合の、「オンライン・プロテクション」があります。

全ての要望を叶えてくれるコンシェルジュ・デスク

アメックスプラチナは特典や補償だけでなく、24時間365日常に迅速かつハイレベルな対応を行うコンシェルジュ・デスク(プラチナ・コンシェルジェ・デスク)も非常に魅力的です。

航空券やホテルの手配などさまざまな要望に対応してくれますが、会員データはもちろんその人が現在置かれている状況も把握した上で、適切なアドバイスと最も適した手配が魅力的です。

例えば、レストランを予約する場合、会員の嗜好やニーズに合わせた候補店の選定を行うのはもちろん、そこに行くまでの時間や複数の交通手段を考慮して、その中で最も会員に適したレストランを紹介してくれます。

申込み対象者になる条件

アメックスプラチナは招待制で、自分から申し込むことはできないカードです。

その理由は、このカードがブラックカード「センチュリオン」に次ぐハイステータスのカードで、利用実績などからアメックスが招待状を出した人だけが申込対象者となるからです。

そのため、招待状を受け取るにはプロパーのアメックスゴールドカードの会員となり、一定の基準を満たしてインビテーションを受ける必要があります。

インビテーションが届くまでの期間をはじめ招待を受ける基準は非公開ですが、おおむね次のことを判断材料にしているようです。

  • 年齢(25歳以上)
  • 職業と年収
  • カードの利用実績と内容

また、アメックスゴールドカードの会員になってからインビテーションが届くまでの期間は人によって違いますが、地道に利用実績を積むことが一番の早道だと言えます。

ここまではプロパーのアメックスプラチナの旅行、ダイニングなどの利用シーンごとのサービスや保険、コンシェルジュ・デスクをはじめ購入商品の長期保証やキャンセルプロダクションなどの手厚い補償についてご紹介しました。

申込対象者になる条件が厳しくなるのも、納得いただけたのではないでしょうか?

では次にアメックスとセゾンとの提携プラチナカードである「セゾンプラチナ・アメックス」との違いについて説明します。

プロパーのアメックスプラチナ、セゾンとはココが違う!

プラチナカード

ここからは、プロパーのアメックスプラチナと、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンプラチナ・アメックス)との違いについて、次のポイントをもとに説明します。

  • セゾンプラチナ・アメックスの発行会社と主な特典
  • 申込条件と年会費
  • セゾンプラチナ・アメックスのメリット

これまで紹介したプロパーのアメックスプラチナとは違った特徴について、以下で詳しく解説します。

セゾンプラチナ・アメックスの発行会社はクレディセゾン

セゾンプラチナ・アメックスのアメックスとセゾンの提携カードで、発行会社は「クレディセゾン」です。そのため、プロパーのアメックスプラチナに準じたレベルで提携カード独自の特典や補償が受けられます。

まずセゾンプラチナ・アメックスの主な特典をご紹介します。

  • オントレ
    セゾンプラチナ・アメックス会員限定の優待特典です。一流ホテル、ダイニング、スパ、ショッピングなどの特典が受けられます。
  • プレミアム・ホテル・プリレッジ
    国内有名ラグジュアリーホテルの優待が受けられます。
  • 優待割引
    セゾンカード感謝デーなどの優待日に割引価格で商品を購入できます。
  • コンシェルジュ・デスク
    24時間365日電話で各種チケット等の手配など、カード利用に関するあらゆる要望に応えてくれます。

他にも各種旅行サービスやレンタカー優待などがあります。

セゾンプラチナ・アメックスとプロパーのプラチナカードの違いは、日本国内で利用できる特典が多いことです。

そのため、ほとんど海外に行くことがない人などは、アメックスプラチナよりもこちらのカードがより便利かもしれません。

招待制であるが、年会費は安くハードルは低い

セゾンプラチナ・アメックスは招待制であるため、カードの申込資格を得るには「セゾンゴールド・アメックス」または「セゾンブルー・アメックス」の会員となり、良い利用実績を積みながらプラチナカードの招待状が届くまで待つことになります。

しかし年会費は21,600円(税込)なのに対しプロパーのアメックスプラチナの年会費はその6.5倍の144,000円ですから、金銭的なハードルはぐっと低くなります。

その点では、一般の人でも持ちやすいプラチナカードだと言えるでしょう。

ポイントやマイルが貯めやすく、コスパの良いカード

プロパーのアメックスプラチナの基本ポイントは0.3%。最大でも1%ですから、ポイント還元率ではお得感に欠けます。

一方、セゾンプラチナ・アメックスはセゾンカードのポイントプログラムが適用されるため、基本のポイント還元率が高い上にポイントに有効期限がないというメリットがあります。

▼ ポイント還元率
セゾン永久不滅ポイント:国内1.5% 海外2%(1,000円で2ポイント付与

また、JALをよく利用する方は「SAISON MILE CLUB(JALコース)ショッピングマイルプラン」に無料登録すると、JALマイルと永久不滅ポイントの両方が貯まり大変お得です。

▼ マイル&ポイント還元率

  • JALマイル:1%(1,000円で10マイル付与
  • 永久不滅ポイント:0.5%(2,000円で1ポイント

さらに、よりお得にポイントを貯められる「セゾンポイントモール」、nanacoポイントも同時に貯められる「nanacoポイント加算(100円=1%)」など、プロパーのプラチナカードにはない多くのメリットがあります。

その点では大変コスパの高いカードだと言えるでしょう。

ここまではプロパーのアメックスプラチナカードと提携カードのセゾンプラチナ・アメックスについて解説しました。

  • プロパーのアメックスプラチナよりセゾンプラチナはポイント還元率が高い
  • セゾンプラチナはポイントに有効期限がない(永久不滅ポイント)
  • セゾンプラチナはJALマイルがお得に貯まるプランがある

セゾンプラチナ・アメックスを持つためには、セゾンゴールド・アメックスに入会して利用実績を積み、招待されるのを待ちましょう。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail saisonamex gold1

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 最高0.75% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 1.125% 無料

ここからは、他社のプラチナカードとの比較を行ってみます。

もう少し年会費を抑えたプラチナカードとの比較

クレジッとカードを3枚持つ女性

ここでは、アメックスプラチナに比べてもう少し年会費を抑えた2つのプラチナカードとして

  • JCB THE CLASS
  • 三井住友VISAプラチナカード

の基本情報とおすすめポイントをご紹介します。

JCB THE CLASS

「JCB THE CLASS」は実質的には、ブラックカードだと言われます。その最大の理由は「旅行保険」にあります。また、通常のプラチナカードのサービスに加え、ディズニーランドで優遇が受けられるというメリットもあります。

▼ カードの基本情報

  • 年会費 54,000円(税込)
  • ポイント還元率 0.5~0.85%

JCBザ・クラスのポイント還元率は一般的な水準です。けれどもこのカードにはポイント還元率など気にならないほど大きなメリットがあります。それは海外旅行保険の補償が最高ランクであるという点です。

JCBザ・クラスの旅行保険の補償内容も公開されていません。しかし、公表されているJCBプラチナの場合、国内・海外旅行ともに傷害保険は自動付帯で最高1億円が補償されています。

JCBザ・クラスであれば、それ以上の補償があると思われます。

この補償内容にもかかわらず、年会費はアメックスプラチナの半額以下。そのことから税抜5万円の年会費は決して高くないと言えます。

また、主な特典には以下のものがあります。

  • コンシェルジュサービス
  • 高級レストラン2名予約で1名無料
  • ぐるなび提携飲食店で30%割引
  • 東京ディズニーランドラウンジサービス

中でも特筆すべきは東京ディズニーランドで一般の人が入れないラウンジの利用や一部のアトラクションが優先的に乗れることです。

アトラクション名
スターツァーズ:ザ・アドベンチャーズコンティニュー(東京ディズニーランド)
ストームライダー(東京ディズニーシー)

これはTDLオフィシャルスポンサーであるJCBならではのメリットです。

JCBザクラス

2017.08.24

JCB最高峰VIPサービス?JCBザ・クラスは実質○円で持てるお得なカード(私がJCBザ・クラスを持った訳)

日本が誇るクレジットカードブランド、JCB。T&E(トラベル&エンターテイメント)カードと呼ばれ、旅行やレジャーに特化した優待サービスがたくさんあるのが、JCBの魅力です。そんなJCBの、ゴールドやプレミアカードよりもさらに上を行く、JCBザ・クラスという最高ランクのクレジットカードがあります。年会費は税抜50,000円です。その黒い券面やサービス内容からも、「ブラックカードクラス!」と呼び声高いカードですが、招待されないと持つことができないカードのため、希少価値が高いです。そこで今回ナビナビクレジットカード編集部が実際に、JCBザ・クラスを愛用している方にインタビューを試みました!

三井住友VISAプラチナカード

「三井住友VISAプラチナカード」は、プラチナカードには珍しく「招待制ではない」という点です。

満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある人ならどなたでも申し込むことができます。

その点ではある意味ハードルが低いといえるかもしれません。招待状なしでプラチナカードを作りたい場合はこのカードが最適です。

▼ カードの基本情報

  • 年会費 54,000円(税込)
  • ポイント還元率 0.5~0.8%

▼ 主な特典とメリット

  • ポイントの有効期間が4年
  • 年間利用金額に応じてポイント還元率が0.8%までUPする
  • 6ヶ月50万円以上の利用で利用金額の0.5%分のギフトカードがもらえる(上限3万円分)
  • 年会費5,000円追加でVISAとMastercardの2枚のカードが持てる

このカードがユニークな点は、年会費を追加するとプラチナカードが2枚持てるということです。

例えばVISAカードを所有してる場合、Visaプラチナダイニングを利用して国内のレストランで割引や優待を受けられます。

Mastercard所有の場合、ダイニング by 招待日和のサービスを利用して、レストランを2名以上で利用すると1名分の料理が無料になるサービスを受けられます。

年会費5,000円を追加するだけで、VISAとMastercardそれぞれの限定サービスが受けられるので、意外と便利なメリットではないでしょうか。

どのプラチナカードもそれぞれにメリットがあり、どれを選べばいいか迷う方も多いかもしれません。

その場合はコストパフォーマンスの高さやカードを作れる条件などに着目しましょう。そして自分のニーズに合ったプラチナカードを選ぶとより満足できるのではないでしょうか。

まとめ

最後に、アメックスプラチナのメリットや他のプラチナカードの比較などについて解説したことを簡単にまとめます。

  • アメックスプラチナはクレジットカードを使用するあらゆるシーンでVIPな待遇が受けられる
  • セゾンアメックスプラチナは安い年会費でアメックスに準じた特典やセゾン独自の特典が受けられる
  • 他社には招待制ではないものやリーズナブルな年会費で補償が最高レベルのプラチナカードもある

アメックスプラチナは数あるプラチナカードの中でも特にステータスが高いカードで、そのサービス内容も世界最高レベルです。年会費を超える満足度があることは間違いありません。

ただ、一般の人が持つには少々ハードルが高い事も確かです。まずはアメックスのプロパーゴールドカードで利用実績を積みましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Thumbnail gold regular 01 480x304

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 29,000円(税別) 0.75% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

もう少しリーズナブルな年会費で、アメックスプラチナに準じたサービスを受けられる提携カードや他社プラチナカードを持つことも、一つの選択肢として考えてもよいかもしれません。

下記の記事で他のプラチナカードについて紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

シャンパンとグラス

2017.02.20

クレジットカードのプラチナカード、年会費やサービス内容をわかりやすく解説

プラチナカードは、ゴールドカードよりも上のランクに位置します。高い年会費がかかる一方で手厚いサービスがあり、使い方次第では逆にお得にになる可能性も秘めたカードです。この記事では、プラチナカードの概要と特典、そして各カード会社のプラチナカードの特徴や活用法などを、他のカードとの比較もふまえて解説していきます。自分に合ったプラチナカードを見つけたり、入会を検討したりするときの参考にしてみてください。

2018年最新おすすめクレジットカードを徹底比較

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

ネットショッピングやお店の決済が便利で、ポイントも貯まる便利でお得なクレジットカード。「たくさん種類があってどれを作ったら良いかわからない」そんなあなたにおすすめのクレジットカードや専門家からのカード選びのポイントを解説します。あなたにぴったりのクレジットカードを見つけましょう。

ゴールドカードを取り出す男性

2018.01.22

アメックスゴールドの魅力は?セゾンゴールドアメックスとの違いも徹底解説

数あるクレジットカードブランドの中でも屈指のステータス性の高さを誇るブランドが「American Express(通称:アメックス)」です。日本で発行されているアメックスブランドのクレジットカードには、American Expressが発行する「プロパーカード」と提携会社が発行する「提携カード」の2種類があります。今回の記事では、ステータス性の高いプロパーカード「アメックスカード」の中でも、より高ステータスな「アメックスゴールド」に焦点を絞ってお伝えしていきます。この記事を読んでいるあなたはいま、「アメックスゴールドの魅力を知りたい」、「プロパーゴールドカードと提携ゴールドカード、自分に合っているのはどっち?」と思っていませんか。今回の記事では、そんなあなたの疑問や要望にすべてお答えします。この記事を最後まで読めばきっと自分にアメックスゴールドが合っているか、または自分にアメックスカードが必要かどうかが分かるはずです。ぜひ最後まで読んであなたのクレジットカード選びの役に立ててください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら