アメックスビジネスゴールドカードは経営者の必需品!経営者が持つべき5つの理由

アメックスビジネスゴールドカードは経営者の必需品!経営者が持つべき5つの理由

圧倒的なブランド力を誇るアメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)。

そんなアメックスが発行している法人のステータスカードがこの記事で紹介していくアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。

ビジネスに便利な優待やサービスが豊富に付帯されており経営者に人気のカードですが、いざ作ろうと思うと、こんな疑問を持つのではないでしょうか。

  • ステータスが高いカードだから審査が厳しいのでは?
  • アメックスビジネスゴールドとグリーンのサービスの違いはなんだろう?
  • アメックスの一般カードと法人カードどちらを作ったほうが良いのかな?

実はアメックスビジネスゴールドカードは審査基準が他カード会社と違うことから、審査に通りやすいと言われています

本記事では、アメックスビジネスカードの特徴を他のカードと比較しながら紹介し、下記についてもわかりやすく説明していきます。

ぜひ本記事を読んで、アメックスビジネスゴールドカードを作るべきかどうか参考にしてみてください。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの概要

手で持っているクレジットカード

この章では、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(以下、アメックスビジネスゴールドカードと省略)の概要を紹介していきます。

グリーンや、個人向けカードとの違いも併せて解説するため、詳しく見ていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail %e5%88%b8%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

年会費

アメックスビジネスゴールドカードは、年会費が発生します。他社のビジネスゴールドカードと比べても高額です。

年会費は下記の通りです。

アメックスビジネスゴールドカード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
(以下、ビジネスグリーンカード)
本カード会員 31,000円(税別) 無料
追加カード会員 12,000円(税別) 6000円(税別)
ETCカード

新規発行手数料無料
年会費500円(税別)/枚
発行上限基本カード会員5枚まで、追加カード会員1枚まで

このように、アメックスビジネスゴールドカードは、年会費は高額ですが、ステータスの高さやサービスが充実しています。

ステータスが高い分、接待などでスッと出せるととてもかっこいいカードです。

また、ETCカードの年会費についても紹介しましたが、さらに知りたいという方は下記記事も参考にしてみてください。

車のおもちゃ2台とカード3枚

2019.10.07

アメックスビジネスのETCカードはおすすめ?他社ETCカードと比較してみよう

アメックスのビジネス・カードを持っていれば、ETCカードを作ることができます。ETCカードを作れば、高速道路の料金所で一時停止したり、現金のやりとりをしたりする必要がありません。料金の支払いはクレジットカードの利用代金と一緒になるため事務効率も向上します。同時に、ETCカードを発行できるクレジットカードはアメックス以外にもあります。どのカードを選ぶのがよいかを判断するには比較が重要です。 この記事では、法人カードとして人気の高いアメックスのビジネス・カードで作るETCカードのメリットや、アメックスのビジネス・カード自体の概要、他社との比較などを解説しています。ETCカード選びと法人カード選びの参考にしてください。

限度額

アメックスビジネスゴールドカードの限度額について、アメックス公式サイトでは一律のご利用限度を設けず」とされています。

これは決して限度額がないということではあらず、「利用限度額は利用者によって決まる」ということなのでご注意ください。

限度額は人による、というのが結論ではありますが、カード発行時は基本的に100万円でスタートすることが多いです。

アメックスゴールドカードの限度額についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください。

パソコン スマホ クレジットカード

2019.06.13

アメックス・ビジネス・ゴールドカードの限度額は無制限ではない

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードの発行を考えている人の中には、利用限度額はどれくらいなのか気になっている人もいるでしょう。アメックスの公式サイトには、「一律のご利用限度を設けず」とあるため、無制限で利用できると勘違いされる人もいるようです。しかし、実際は無制限なのではなく、「利用限度額は利用者によって決まる」ようになっています。そこでこの記事では以下のようなことをお伝えします。アメックス・ビジネス・ゴールドカードの本当の利用限度額、追加カードを発行した際の利用限度額、一時的に利用限度額以上利用する方法、この記事を読めば、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードの利用限度額の仕組みや、利用限度額を上げる方法について正しく知ることができます。ぜひ最後まで読んでみてください。

入会特典

アメックスビジネスゴールドカードに入会し、1年以内に200万円分のカード利用をしていただくと、30,000円相当のポイントが付与されます。

また、すでに基本カードをお持ちの方は上記+初年度年会費無料になり、非常にお得なのでぜひゴールドカードも作ってみてくださいね。

アメックスビジネスゴールドカードのポイント

アメックスビジネスゴールドカードの利用で、メンバーシップリワードのポイントが貯まります。貯まるポイントは、毎月の請求額100円ごとに1ポイントです。

貯まったポイントは、下記のように利用できます。

  • 商品や商品券への交換
  • 他社ポイントへの移行(楽天ポイント、nanacoポイントなど)
  • 体験プログラム
  • 航空会社のマイル、旅行会社のポイントなどへの交換(13航空会社)
  • 寄付

ポイントを貯めるための申し込みは不要です。

1,000円単位でポイントが付く場合が多い他社カードと比べるとポイントが付きやすいうえに、ポイントの活用の幅が広いのが特徴です

アメックスビジネスカードのゴールド・グリーンの違い

アメックスビジネスゴールドカードは、ビジネスグリーンカードより付帯サービスが充実しています。

年会費が高額な分ステータスが高いのはもちろん、さらにビジネスが快適になるのが特徴です。

主なサービスの違いは下記のようになります。

ビジネスゴールドカード ビジネスグリーンカード
空港ラウンジ 本人と同伴者1名まで無料
手荷物無料宅配サービス 空港・東京駅 空港
旅行傷害保険補償額 最高1億円 最高5,000万円
キャンセルプロテクション 年間10万円まで 補償なし
国内航空機遅延費用補償 あり なし
福利厚生 「クラブオフ」VIP会員への年間登録無料 「クラブオフ」スタンダード会員への年間登録無料
その他
  • 京都観光ラウンジなどエンターテイメント系のサービスが充実
  • コンシェルジュが会食や接待にふさわしいお店を調べて予約代行

ビジネス・グリーンでも他社のゴールドカード並みのサービスが付帯していますが、アメックスのビジネスゴールドを持っていることで、さらに手厚いサービスを受けられます。

個人向けカードとの違い

同じアメックスのゴールドカードでも、個人向けカードとは付帯サービスや年会費が少し異なります。

追加カード(家族カード)の年会費は同じですが、本会員の年会費が31,000円(税別)と、個人カードの方が少し安いです。

また、主な付帯サービスの違いには、下記のようなものがあります。

ビジネスゴールドカード 個人ゴールド
海外用レンタル携帯電話 福利厚生プログラムで対応 特別割引
プライオリティパス なし 年会費無料、年2回まで無料
航空機遅延保証 国内航空機遅延費用補償 航空便遅延費用補償(海外旅行)
その他 ビジネスでの交流に役立てる会員限定イベントビジネス・ダイニング by ぐるなび ゴールド・ダイニング by 招待日和American Express Invitesレストラン優待など

個人向けカードは個人で楽しむための付帯サービスが充実していますが、ビジネスゴールドはビジネスに役立つサービスが充実しています。

経費支払で使うなら、経費支払専用カードであるアメックスビジネスゴールドにするといいでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail %e5%88%b8%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

この章では、アメックスビジネスゴールドカードの概要を紹介してきました。

次の章では、アメックスビジネスゴールドカードを持つ5つのメリットを紹介していきます。

アメックスビジネスゴールドカードを持つべき5つの理由

タブレットとクレジットカード

この章では、アメックスビジネスゴールドカードを持つべきだと言えるメリットについて紹介していきます。特に、担当者が少ない中小企業の経営者に役立つサービスが充実。

詳しく見ていきましょう。

経費の処理が楽

経費の支払いをアメックスビジネスゴールドカードに集約することで、面倒な経費の支払いを一本化できます。

ビジネスカードを導入したい経営者の最大の目的は、経費の処理を楽にすることです。

アメックスビジネスゴールドカードを使うことで、下記のようなメリットがあります。

  • 経費の支払い回数が毎月1回で済む
  • 社員ごとの利用代金明細書があり利用状況を把握しやすい
  • 振込手数料がかからない
  • 高額決済でも事前承認で支払い可能

これまで手間や時間、コストがかかっていた経費の支払い処理が、アメックスビジネスゴールドカードを導入すること簡単になります。

豊富な付帯サービス

アメックスビジネスゴールドカードは、付帯サービスが豊富です。特にお得で便利なサービス2つを紹介します。

ライフサポート・サービス「クラブオフ」

アメックスビジネスゴールドカードの追加カードを持っている社員は、付帯サービスを同じように利用できます。

アメックスビジネスゴールドカードの付帯サービスで、福利厚生プログラム「クラブオフ」VIP会員年間登録料が無料なので、追加カードを持っている社員も利用可能です。

他社のビジネスカードでも福利厚生のサービスが付いているカードも多いですが、JCBのように毎月1,000円弱の年会費がかかる場合がほとんど。

カードの年会費と合わせれば、アメックスビジネスゴールドカードの年会費と大差ありません。

追加料金なしに福利厚生サービスが付帯している点は、アメックスビジネスゴールドカードの大きなメリットです。

コンシェルジュが秘書代わりになる

ビジネスの相手と会食や接待をしたいときには、ビジネス・ダイニング by ぐるなびを活用すると便利です。

経験豊富なコンシェルジュが、希望に合うレストランを探してくれます。土地勘のない出張先でも安心して任せられ、秘書の代わりに使えてとても便利です。

このサービスを利用できるのは基本カード会員のみのため注意が必要です。

出張に役立つ付帯サービスが充実

アメックスビジネスゴールドカードには、出張が多い人に特におすすめです。

出張が快適になる付帯サービスが充実していて、出張時に欠かせないカードといえるでしょう。

具体的なサービス内容を見ていきます。

専用予約サイト

アメックスビジネスゴールドカードを持っていれば、プロパーカード会員専用サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」を利用できます。

ホテル、レンタカー、国際線航空券のオンライン予約ができるので、出張の手配も迅速に済ませることが可能です。

メンバーシップ・リワードのポイントを旅行代金の支払いに充当もでき、経費の削減にも役立ちます。

海外旅行傷害保険

アメックスビジネスゴールドカードには、旅行傷害保険が付帯しています。補償内容は下記の通りです。

基本カード会員 基本カード会員の家族 追加カード会員 追加カード会員の家族

国内
(利用付帯)

最高5,000万円 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1,000万円
海外
(自動付帯)
最高1億円 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1,000万円

出張旅費をカード決済するだけで旅行傷害保険が付くので、出張の度に旅行傷害保険を掛ける必要がありません。

出張が多いビジネスマンに大きなメリットがあります。

空港での宅配サービス

アメックスビジネスゴールドカードには、国内主要国際空港での手荷物宅配サービスが付いています。

羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港利用時には、出発時・到着時にスーツケース1個の宅配が無料

重たい荷物を持たなくて済むことで、出張が快適になります。

空港ラウンジ

国内主要空港と一部海外の空港で、カードと搭乗券の呈示で、カード会員と搭乗券を持っている同伴者1名がラウンジを利用できます。落ち着いた空間なので、待ち時間を仕事の準備などにあてることも可能です。

出発まで静かなラウンジで過ごせるので、よりビジネスに集中できる環境になります。

プライオリティパス

アメックスビジネスゴールドカードを持っていても、プライオリティパスには申し込みできません。

同じアメックスのゴールドカードでも個人カードとコーポレートカードを持っていればプライオリティ・パスを申込可能ですが、ビジネスカードではできません。

プライオリティ・パスを利用したい場合は、個人用のカードと併用するのがおすすめです。

ポイントをマイルへ移行できる

アメックスビジネスゴールドカードの利用で貯まったメンバーシップ・リワードポイントは、マイルへ移行可能です。

提携航空会社はANA含めて15航空会社あります。ANAマイルへ移行する場合は、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への年間参加費5,000円(税別)が必要です。

マイルへの交換率は下記の通りです。

通常 2,000ポイント=1,000マイル
メンバーシップ・リワード・プラスへ登録(ANAのみ、年間3,000円(税別)) 1,000ポイント=1,000マイル

交換したマイルを特典航空券へ交換することで、出張旅費の削減にもなります。

審査に通りやすい

アメックスビジネスゴールドカードは、審査が厳しいイメージがあります。

代表者・会社両方の信用が参照されます。個人カードに比べると審査が厳しいのは事実です。

ただし、申し込みする代表者の信用が重視されるため、ビジネスカードとしては比較的審査が通りやすく、設立間もない法人でも持ちやすいといわれています。

審査が通りやすい点は、すぐにでもビジネスカードを持ちたい経営者にとって大きなメリットです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail %e5%88%b8%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

この章では、アメックスビジネスゴールドカードを持つべき理由を解説してきました。

次の章では、見逃せないデメリットを紹介します。 

アメックスビジネスゴールドカードの2つのデメリット

クレジットカードのチェック項目

アメックスビジネスゴールドカードには、サービスが充実している分、申し込む前に確認しておきたいデメリットもあります。

詳しく見ていきましょう。

年会費が高額

アメックスビジネスゴールドカードは他社のビジネスゴールドカードの倍以上のコストがかかります。

サービスは充実していますが、複数枚持ちたい場合には負担が大きくなります

例えば、基本会員の年会費が10,000円(税別)の三井住友ビジネスゴールドカードと比べると3倍以上です。

少しでもコストを抑えたい会社にとってはデメリットといえます。

海外では使えない国もある

アメリカや日本では支払いに使える場合が多いです。ただし、それ以外の国では使いにくい国際ブランドです。

特に、ヨーロッパや東南アジアでは、まだまだ使えない店も多く、海外出張時の支払いで利用できない場合もあります。

特に、アメリカ以外の国への出張が多いビジネスマンにとっては、出張先で使えないこともあり、デメリットです。

この章では、アメックスビジネスゴールドカードのデメリットを解説してきました。次の章では、審査基準を解説します。

アメックスビジネスゴールドカードの審査基準

お金とクレジットカード

アメックスビジネスゴールドカードはビジネスカードの中では比較的審査に通りやすいものの、一定の審査基準がをクリアした人だけが持てるカードです。

明らかにされている申込基準は下記の通りです。

  • 20歳以上
  • 経営者または個人事業主

審査基準は明らかにされていませんが、会社の信用より経営者個人の信用が重視されるといわれていて、設立したばかりの会社でも比較的持ちやすいカードです。

審査期間は約3週間

アメックスビジネスゴールドの審査基準は比較的易しいとご紹介しましたがその審査にかかる期間は概ね3週間程度かかることが多いといわれています。

ケースバイケースで早くなる可能性はありますが、遅ければ1ヶ月以上かかることもあります。

さらに、カード発行自体は審査終了後さらに10日ほどかかるので、もし急ぎで欲しい!という方は発行にかかる日にちを逆算して、早めに申し込みをすることをおすすめします。

次の章では、入会キャンペーン特典を紹介します。

アメックスビジネスゴールドカードの入会キャンペーン特典

PCを見ながらメモ

アメックスビジネスゴールドカードは、定期的に入会キャンペーンを開催しています。

時期によって内容が少しずつ異なりますので、自分にとってメリットが大きい時期に入会するのがいいでしょう。

開催中のキャンペーンを下記で紹介します。

ボーナスポイント

2018年12月現在、アメックスビジネスゴールドカードは入会キャンペーンを開催しています。webから入会すると特典が付くので特に初年度はお得です。

特典内容は下記の通りです。

  • 初年度年会費無料
  • メンバーシップ・リワードのポイント最大30,000ポイント獲得可能

紹介するサイトによって特典内容が多少異なります。通常31,000円(税別)かかる年会費が無料になるうえにポイントまでもらえるので、入会を考えているのであればとてもおすすめのキャンペーンです。

この章では、アメックスビジネスゴールドカードのキャンペーンを紹介しました。次の章では、他の法人カードと比較していきます。

アメックスと他の法人カードとの比較

クレジットカードの束

この章では、アメックスと他社の法人カードを比較していきます。

他社と比べてサービスが充実しているといわれるアメックスですが、具体的にどのように違うのかを見ていきましょう。

年会費は高いがサービスが充実

アメックスビジネスゴールドカードは年会費が他社のゴールドカードより高額です。

他社のゴールドカードの年会費は2,000円~1万円程度なので31,000円(税別)のアメックスビジネスゴールドカードはかなり高額です。

ただしアメックスビジネスゴールドカードなら、手荷物無料宅配サービスやポイントの貯まりやすさ、ポイントのマイル移行など、他社にないサービスが充実しています。

出張が多い経営者や決済額が大きい経営者なら年会費分以上のメリットを受けられます。

個人事業主でも審査に通りやすい

一般的な法人カードの場合、会社なら審査に通りやすくても、個人事業主の審査は厳しい場合が多いです。法人カードを作れてもゴールドカードは審査が通りにくく、まずは一般カードからとなる場合が多いからです。

アメックスビジネスゴールドカードであれば、代表者個人の信用が重視されるため、比較的個人事業主でも審査に通りやすい傾向にあります。

はじめからゴールドカードを持つ個人事業主も多く、付帯サービスを利用してビジネスをサポートしてもらいたいと考えている経営者にぴったりです。

ステータスが高い

アメックスは元々対象が富裕層で発行されていたカードです。高額決済ができる人だけが持てるカードということで、ステータスが高いとされています。

また、戦車も買えるといわれているブラックカードを発行している会社でもあることも、ステータスが高いといわれる理由です。

ステータスの高さから、社長など富裕層に人気があります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

Thumbnail %e5%88%b8%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

この章では、他の法人カードにないアメックスのメリットを紹介してきました。特に、ステータスを重視する人にはおすすめです。

まとめ

本記事では、アメックスビジネスゴールドカードのメリットやデメリットを紹介してきました。

年会費が高額ではありますが、福利厚生やコンシェルジュなどサービスが充実しており、出張やビジネスをより快適にしたい経営者ならメリットが大きいカードです。

また、ビジネスカードの中では審査が通りやすいのも経営者にとっては大きなメリットといえるでしょう。 

本記事を読んで、自身にメリットがあると感じた人は、特典が付く入会キャンペーンを利用して、アメックスビジネスゴールドカードを申し込んでくださいね。

また、アメックスのビジネスカードに興味を持った方は、カード別に特徴を説明したこちらの記事もふせて読んでみてください。

アメックスの法人カードはコスパ抜群?メリットとデメリットを徹底解説

2019.10.04

アメックスの法人カードはコスパ抜群?メリットとデメリットを徹底解説

法人クレジットカードの導入を検討している個人事業主や中小企業の経営者なら、アメリカン・エキスプレスブランドのカード(以下、アメックス)を持ちたいとお考えの方も多いかと思います。ただ、法人カードでアメックスを導入したくても「高い年会費に見合うメリットがあるのか?」ということが気になりますよね。この記事では、アメックスの法人カードの種類や年会費、メリット・デメリット、最適なカードを選ぶ方法について詳しく解説していきます。記事を読むことで、アメックスの法人カードの特徴を知り、自身にピッタリのカードを見つけてくださいね。

【法人カードとは】経営者や個人事業主に本当におすすめのカードを厳選比較!

2019.11.20

【事業主必見】本当におすすめの法人カードを厳選比較!2019年最新版

会社でコーポレートカードの導入が決まったのは良いものの、審査の問題や、どのカードを選べば良いのかなど、色々お悩みの方もいらっしゃると思います。特に審査については事前に知っておいた方が有利になるポイントや注意点もあるので早めの準備が必要です。こちらのページではカードの基本的な知識や選び方などをご紹介していきます。カードの作成に失敗しないためにも、しっかり確認してください。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    法人カードランキング

    目的別

    掲載法人カード

    人気の記事

    新着記事