アコムが発行するACマスターカードの特徴やデメリットを徹底解説!

パソコンの上のクレジットカード

ACマスターカードとは、テレビCMでもおなじみの、消費者金融信販会社「アコム株式会社」が発行しているカードローン機能付きのクレジットカードです。

最大の特徴は、最短即日発行可能という点です。

急いでクレジットカードの発行が必要なときなど、緊急性が高い時にはACマスターカードがおすすめです。

そこでACマスターカードの特徴・スペックについて知りたくありませんか?

この記事では、ACマスターカードの特徴やメリット、デメリットを徹底解説します。

この記事を最後まで読むと、ACマスターカードがどんなクレジットカードなのかがわかり、自分が持つべきなのかどうかを判断することができるようになるはずです。

詳しく見ていきましょう。

クレジットカード専門家 菊地崇仁 解説
消費者金融「アコム」の発行する年会費無料の「ACマスターカード」は、短期間でクレジットカードを発行できるのが特徴です。特に、自動契約機の「むじんくん」で受け取る場合は、最短で当日受け取ることができます。Mastercardブランドですので、海外での利用も問題ありません。比較的新しいサービスの利用額に対して0.25%キャッシュバックも○。ポイントではないため、使い忘れで失効することもありません。

ただし、「リボ専用カード」という点に注意しましょう。「1回払い」と伝えても、自動的に「リボ払い」となるため、使い方によっては高額な金利が発生する場合があります。金利を発生させずにカード利用したい場合は、必ず公式サイトの「(図解付き)返済期日の選び方と変更方法」を確認するようにしてください。

リボ払いの仕組みなどが理解できない場合は、他のカードを申し込むことをおすすめします。店頭での申込の場合は、即時発行できるクレジットカードもあるため、そちらを検討するようにしましょう。

ACマスターカードの6つの特徴

9番を押す人

ACマスターカードは、アコムのカードローン機能が付帯したクレジットカードです。他のクレジットカードと比べて、シンプルでわかりやすいサービスを展開しています。

ここではACマスターカードについて、

  • クレジットカードの発行日数や審査
  • 年会費や特典などのカードの概要

について6つの特徴にわけてご紹介します。

特徴1:最短で即日発行可能

ACマスターカードは、以下の方法等で申し込んだ後、店頭窓口か自動契約機での受け取りを選択することで、最短で即日発行可能です。

  • インターネット(スマートフォン・ケータイ・パソコン)
  • 電話(18時までの受付で当日回答)
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)

申込みには運転免許証などの身分証明書と、条件によっては収入証明書が必要です。審査は最短30分で完了し、店頭もしくは電話やメールでの連絡があります。

発行は店頭窓口またはマスターカード発行機つきの自動契約機で行われますが、受け取りには身分証明書が必要です。

即日発行できるクレジットカードは、エポスカードやセゾンカードなどいくつかありますがとても少ないです。

ACマスターカードはその中でも一番遅い時間まで発行可能なクレジットカードで、海外旅行を控えているなど、すぐにクレジットカードが必要な場合にとても助かります。

▼ 店頭窓口

営業時間 平日9:30~18:00
休業日 土日祝日

▼ 自動契約機(むじんくん)

営業時間 8:00~22:00
休業日 年末年始

ただし、ACマスターカードを発行できるのは、マスターカード発行機つきの自動契約機のみです。全国の都道府県にあり、公式サイトで検索可能です。

特に、自動契約機は仕事が終わった夜間でもカードの受け取りが可能で、急いでいるときにとても便利です。

ただし、申込や審査に時間がかかりますので、それらの時間も考えたうえで、余裕をもって手続きを進めることをおすすめします。

ACマスターカード

Thumbnail ac mastercard

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 - -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 10万~300万円まで

特徴2:年会費が永久無料

ACマスターカードの年会費は、初年度だけでなく永久に無料です。

付帯カードである家族カードやETCカードの発行は行っていないので、それらの年間手数料も発生しません。

初年度年会費無料のカードは多いですが、2年目以降も無料で利用するためには条件が設定されていることが多いです。

そのため条件なしでずっと年会費無料で持てるのはACマスターカードのメリットです。

特徴3:利用金額の0.25%が自動でキャッシュバック

ACマスターカードを決済に利用すると、申し込み不要で自動的に利用額の0.25%が請求金額から割り引かれます。

▼ 例

利用額 5万円
0.25%キャッシュバック 125円
請求金額 49,875円

このように、5万円の決済をしても実際に支払うのは49,875円とキャッシュバック後の金額が引き落としされるため、他社のポイントのように期限切れを気にすることもなく確実に割引を受けられるのは大きいメリットです。

特徴4:スタイリッシュなカードデザインでアコムだとバレない

ACマスターカードの券面は、アコムのロゴが表面に入っておらず、シルバーメインのシンプルなデザインであるため消費者金融系のクレジットカードであることは、ぱっと見ではわかりません。

ACマスターカード

Thumbnail ac mastercard

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 - -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 10万~300万円まで

消費者金融から借り入れをしていると誤解されたくないなどの理由で、アコムのクレジットカードを持っていることを周りの人に知られたくない人でも、心配が少ないデザインです。

特徴5:クレジットカードなのにカードローン機能付き

ACマスターカードは、元々はアコムのカードローン用のカードにクレジット機能が付いたものなので、カードローンを利用することができます。

海外でもマスターカードに対応したATMでのキャッシングが可能です。

ACマスターカードは、カードローンの極度額とクレジットカードの限度額がそれぞれ設定されているので、それぞれを組みあわせることができます。

▼ 例

カードローン
極度額
クレジットカード
限度額
利用できる金額
30万円 30万円 カードローン利用額+クレジットカードの利用額=30万円まで
100万円 30万円 カードローン利用額+クレジットカードの利用額=100万円まで
ただし、クレジットカード利用は合計30万円まで

このように、カードローンとクレジットカードそれぞれに限度額が設定されているため、利用する場合は契約内容を正しく理解しておくことが必要です。

また、

  • クレジットカードの限度額:最高300万円
  • クレジットカードとカードローンの利用合計額の上限:最高800万円

と設定されています。

クレジットカード決済を利用しなければ800万円までカードローンの利用が可能と、カードローンを利用しやすいように設定されています。

ただし、限度額には審査があり、誰でもが800万円までの借り入れが可能な訳ではありません。
このように、ACマスターカードは、カードローン機能が付いているクレジットカードです。

特徴6:選べる国際ブランドはMastercardのみ

ACマスターカードの国際ブランドはMasterのみです。クレジットカードの5大国際ブランドの一つであるMasterは、海外においては、VISAよりも利用できる場合があります。

そのため、海外での決済や、海外キャッシングを考えている場合におすすめです。

また、日本国内ではVISAが使えるほとんどのお店でMasterも使えるため、不便さを感じることはほとんどありません。

このように、ACマスターカードは、Masterブランドの消費者金融系のクレジットカードでありながらデザインはシンプルでキャッシングの利用枠が大きいカードです。

また、年会費は無料なのにカード決済額の0.25%がキャッシュバックするので、金利が発生しないよううまく使えばお得です。

次の章では、あらかじめ理解しておきたいACマスターカードのデメリットについて述べていきます。

ACマスターカード

Thumbnail ac mastercard

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 - -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 10万~300万円まで

ACマスターカードのデメリット

カードを見て悩む夫婦

ここまでACマスターカードの特徴をご紹介しました。シンプルでわかりやすいクレジットカードですがデメリットもあります。

ここでは付帯サービスや支払い方法、付帯に関するデメリットについて詳しくご紹介します。

デメリット1:クレジットカードらしい優待や特典が無い

ACマスターカードは、クレジットカード機能よりはカードローン機能に重きを置いているため、他のクレジットカードに付帯しているような特典がほとんどありません

例えば年会費無料で即日発行可能エポスカードでは、ポイントの付与、最高500万円まで補償を受けられる海外旅行傷害保険が自動付帯、マルイや提携施設・サービスでの優待、翌月一括払いが利用できるなどの特典が付いています。

一方ACマスターカードは、付帯サービスが充実しているとはいえません。旅行傷害保険が必要な場合は、他のクレジットカードと併用するのがおすすめです。

しかしACマスターカードには、ポイントの代わりに利用額からキャッシュバックを受けられる特典があります。

キャッシュバックは0.25%と、一般的なクレジットカードのポイント付与率0.5~1.0%と比べて少し劣るものの、ポイント失効の面倒がありません。

「確実にキャッシュバックを受けられる」という点ではメリットと言えます。

デメリット2:支払い方法はリボ払いのみ

ACマスターカードの返済方法は、35日ごと・又は毎月のリボ払いのみとなっています。支払いが2か月以上にまたがると利息が発生してしまう点はデメリットです。

ただし、

  • 支払い日までにアコムATMの利用や、窓口等で一括返済する
  • 月々の返済額を利用額より大きく設定する

などの方法を用いて1か月で支払いを終わらせると利息を払わずにすみます。

利息は、契約している極度額によって異なり、10.0%~14.6%です。

実質年率14.6%、リボ払い残高5万円、利用日数30日、毎月の支払額4,000円の場合

手数料充当額:50,000円×0.146÷365×30日=600円
リボルビング残高充当額:4,000円-600円=3,400円
翌月の残高:50,000円-3,400円=46,600円

毎月の最小返済額は、契約極度額に応じて決まります。

このようにリボ払いしかできないというデメリットがあるため、できるだけ利息が発生しないよう対策をとるのがおすすめです。

デメリット3:提携ATMから返済すると手数料がかかる

ACマスターカードでは、せっかく利息がかからないよう返済をしても、提携ATMから返済すると手数料がかかります

例えば、前の章の例と同じように、5万円借り入れで毎月の支払額4,000円の場合、手数料充当額は600円です。手数料を抑える目的で提携ATMから一括返済を行うと、手数料充当額の3割超(216÷600=36%)の手数料を支払うことになってしまう点はデメリットです。

返済方法には、次のような方法があります。

  • インターネット返済(Pay-easy)
  • アコムのATM・セブン銀行ATMで返済
  • アコム店頭窓口で返済
  • 振込・口座振替(三菱UFJ銀行、他行は振替手数料が必要)

コンビニから支払いできること自体は便利ですが、提携ATMであるセブン銀行ATMからの返済で

1万円以下返済 108円
1万円超返済 216円

が発生してしまうのはデメリットです。しかしアコムのATMや店頭窓口、三菱UFJ銀行からの振り込み、インターネット返済であれば手数料が発生しないのでおすすめです。

このように、ACマスターカードには付帯サービスが少ないことや、リボ払いの利息が発生する場合があること、返済手数料がかかる場合があることはデメリットです。

しかしそれぞれを防ぐ方法もあります。

特に手数料や利息は少ないほうがいいので、できるだけ負担が少なく済むよう対策するのがいいでしょう。以上のメリットとデメリットを踏まえ、ACマスターカードをおすすめできるタイプの方をご紹介します。

ACマスターカード

Thumbnail ac mastercard

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 - -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 10万~300万円まで

ACマスターカードはこんな方におすすめのクレジットカード

うつ伏せでカードを見せる女性

シンプルな機能のACマスターカードは、急ぎでクレジットカードが必要な方やまず手軽にクレジットカードを持ってみたい方、他のクレジットカードが作れなかった方におすすめです。

今すぐにクレジットカードを入手したい

ACマスターカードはすぐにクレジットカードを必要としていて、入手したい人におすすめです。

例えば、翌朝早朝便で海外へ出国予定があり、クレジットカードを至急で必要としている場合、22時まで受け取り可能というメリットがあります。

これまでクレジットカード作ったことがなく、クレヒスを積んでいない

これまでクレジットカードを作ったことがなくクレヒスがない人にもACマスターカードはおすすめです。

クレヒスはカードを持ち続けるだけでも貯まるものなので、他にカードを持っていない人が、ひとまず作ってクレヒス作りをするのにおすすめです。

このように、ACマスターカードは、付帯サービスが少なく最低限の機能に絞られています。

そのため、急いで必要な人や、他のカードを作るのが難しいと考えられる人など、他に選択肢がほとんどない人におすすめのカードです。

ACマスターカード

Thumbnail ac mastercard

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 - -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 10万~300万円まで

まとめ

今回の記事では、ACマスターカードについてご説明してきました。内容をおさらいします。

  • ACマスターカードは、消費者金融であるアコムのローンカードにマスターカードの機能が付いた年会費永久無料のクレジットカード
  • 最短即日発行可能、自動契約機では22時まで受け取りOK
  • 利用金額の0.25%が自動でキャッシュバックした額が請求される
  • 付帯サービスはほぼない
  • 支払い方法はリボ払いのみだが、支払額の引き上げや追加返済で請求月に全額返済してしまえばリボ手数料がかからない

ACマスターカードは、機能が本当にシンプルです。

急いで作りたい人や他のカードを作れなかった人におすすめです。

自身のニーズに合うと判断した人は、ぜひ検討してみてください。

タブレットとクレジットカード

2016.11.28

作りやすいクレジットカードはコレ!一度審査落ちした人でも作れるカードとは

「自分にもクレジットカードは作れるのかな」「審査に落ちてしまうのではないかな」と不安に感じることもあるかと思います。また「過去にクレジットカードの申請をしたのに落ちてしまった」人にとって、この先もカードを作れるのかどうかは不安になりますよね。せっかくクレジットカードを申請しても、一度でも落ちてしまうと作りにくくなってしまうのがクレジットカード。しかし逆に、作りやすいクレジットカードをきちんと見極めて利用し、滞りなく支払っていくことで、プラスの信用情報を積んでいくことができるのです!収入が安定しない人や、過去に審査に落ちたことがある人でも、安心して作りやすいクレジットカードをご紹介していきます。

クレジットカードを拡大した写真

2017.08.22

クレジットカードの審査が通りやすいカードとは?審査に通る正しい申込方法

クレジットカードには審査がありますが、その審査に通りやすいカード、通りにくいカードというのはあるのでしょうか。学生やアルバイトの人でも安心して審査に通りやすいカードがあるとしたら、どのようなカードなのでしょうか。主婦やバイト、学生でも審査に通りやすいクレジットカードが欲しいと思いませんか?こちらの記事では、比較的審査に通りやすいカード実際に審査ではどのようなことが基準となるのか、落ちてしまいやすいポイントクレジットカード以外のデビットカードやプリペイドカードなど代替手段などについて紹介します。これでクレジットカードの審査に不安を感じている人でも、安心してクレジットカードを正しく申し込むことができるようになります。また、クレジットカード以外の代替手段を知ることができれば、自分にとってどのカードがベストなのかを判断することができるようになります。特に過去に審査に落ちて不安に思っている人は、是非最後までお読みください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら