留学の持ち物、これだけは準備したい!留学前に用意しておくべきモノ・コト

笑顔の学生達

学生のときに言語取得や自己啓発、視野を広げるために海外留学をしたいと思っている方も多いと思います。

しかしいざ留学しようと思うと、どんな準備や持ち物が必要か気になるところではないでしょうか。

特に

  • 海外留学する際に必要な持ち物
  • 留学前に準備するべきこと
  • 大学生でも留学前にクレジットカードを作るべきか
  • 現地でどのようにお金を用意したり、決済したりするべきか
  • クレジットカードが作れない高校生の留学の場合、現金以外にどのような決済方法があるのか

について知りたいと思いませんか?

この記事ではそんな留学の準備で知りたいことについて詳しく解説していきます。

最後までお読みいただくと海外留学で必須ともいえるクレジットカードを作るべきかどうかや、どんなクレジットカードを作る必要があるかが判断できるようになります。

留学の持ち物は渡航先・期間によって変わる

海外旅行へ行く空港

留学の持ち物は渡航先や期間によって変わりますので、ご自身が留学される予定の地域性や滞在期間をよく把握する必要があります。

その理由は

  • 渡航先は日本とは気候が違う場合がある
  • 長期間の留学の場合は持ち物が多くなる

ためです。

それでは具体的にどんな持ち物が必要か見ていきましょう。

渡航先の気候を考慮して持ち物を準備する

留学の持ち物を確認するときは、まず渡航先の気候を確認する必要があります。

特にオーストラリアなど南半球へ留学する場合、日本とは季節が逆なので、準備する持ち物は普段の旅行の時とは異なります。

また、渡航先が暑い時期なら帽子や日焼け止め、寒い時期には上着などの防寒具があると便利です。

特に、衣類の準備は季節や気候によって大きく変わるので注意が必要です。

留学期間を考慮して持ち物を準備する

留学期間によっても持ち物は変わります。

留学が1週間~2ヶ月の短期間の場合は事前準備をしっかり行うことが重要で、現地では集中的に活動しなければなりません。

そのため、生活必需品やコミュニケーションツールとして便利なものを用意するのがおすすめです。

一方3ヶ月以上の長期間滞在する場合は、海外では中々手に入らないものや海外で購入すると高額になるものを持っていくと便利です。

荷物は手荷物と別送品に分ける

留学前の準備として持ち物を整理したあとは、手荷物と別送品に分ける必要があります。

一つのスーツケースにすべての荷物を詰め込むのは無理があります。

そのため

  • パスポートや留学先に提出する書類、現金など重要なもの
  • 留学先ですぐに必要なもの

これらについては手荷物として運び、それ以外は別送品Unaccompanied Baggage)として送ると便利です。

別送品とは自分では運びきれない荷物について、自分の旅行荷物であるという証明を付けて送る荷物のことです。

通常の国際小包やEMSは留学先の国で関税や物品税(付加価値税)がかかることがありますが、別送品ではこれらの課税を避けられるメリットがあります。

しかし一旦預けてしまう別送品は紛失したり到着が遅れたりする可能性があります。

到着日数の確認をしてその前に必要となるものを入れないようにするのはもちろんのこと、万が一紛失した場合に備え、重要なものは入れないようにすることも大切です。

また、輸入、輸出に関する法律の中で荷物に入れられない禁止品目が設定されていることがあります。

このような別送品に関する条件などについて詳しくは国際宅急便取扱会社や郵便局、国際航空貨物取扱会社などで確認することができます。

留学に必要な持ち物リスト

ここまでの話を総合して、留学に必要な持ち物を一例としてまとめました。

重要度 持ち物リスト
必須 パスポート、ビザ、航空券、現金、クレジットカード、海外用プリペイドカード、入学許可証、パスポートのコピー・顔写真の予備、海外旅行保険証、筆記用具、ノート、電子辞書、通学用のカバン、ホストファミリーへのお土産、携帯電話(スマートフォン)、電源プラグ・変圧器、カメラ、パソコン、衣類、下着、靴下・ストッキング、靴、ナイトウェア、コンタクトレンズ、メガネ、化粧品、常備薬、ひげ剃り
あると便利 歯ブラシ&歯みがき粉、シャンプー・コンディショナー、石鹸・ボディソープ、日焼け止め、ドライヤー・ブラシ、折りたたみ傘、爪切り、耳かき、ソーイングセット、サングラス

この章では海外留学の際に必要な持ち物についてまとめてきました。このように留学には必要な持ち物がいろいろあります。

また留学先がクレジットカードを利用できる国であれば、1枚は持っていくことをおすすめします。

次の章では留学先にクレジットカードを持って行ったほうが良い理由と具体的なクレジットカードについて説明していきます。

海外留学をしたいのであれば1枚はクレジットカードを持とう

海外旅行の準備とカード

海外留学をする場合クレジットカードを少なくとも1枚持っておくことをおすすめします。

その理由として

  • 大量の現金を持ち歩くのは危険
  • カードに付帯されている海外旅行傷害保険が魅力的

について詳しくご紹介します。

大量の現金を持ち歩くのは危険

クレジットカードがあればお金に関するトラブルを最小限にできるので、留学の前に1枚作っておくことをおすすめします。例えば海外留学の際に、大量の現金を持ち歩くのは危険です。

海外での被害件数で一番多いのが窃盗です。大量の現金を持ち歩いていた場合は手元に戻ってくる可能性は限りなく低く、保険もありません

一方クレジットカードを持ち歩いていた場合は、万一盗難にあってもサインや暗証番号がない限り決済ができません。

さらに盗難保険も付帯しているため、不正利用された場合も損失を補てんしてくれます。

カードに付帯されている海外旅行傷害保険が魅力的

留学時は慣れない環境で過ごすため、体調を崩したりトラブルに巻き込まれることが考えられます。

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険では、このような内容が補償されています。

傷害死亡後遺障害保険 事故で死亡したり後遺障害になったときの補償(病気の死亡は対象外)
傷害疾病治療費用保険 怪我や病気になったときの補償
賠償責任保険 他人を怪我させたり、店や他の人のものを壊したときの補償
携行品損害保険  持ち物が盗難にあったり、破損させたときの補償
救援者費用保険  自身が遭難した時の捜索救助費用や、旅行中に事故や病気で入院して、家族や友人が現地に向かうためにかかった交通費や滞在費を補償

海外旅行傷害保険は無条件で適用される訳ではない

クレジットカードの海外旅行傷害保険を適用させるためには、利用条件と補償期間がポイントです。

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険は、カードを持っているだけで補償が受けられる自動付帯とクレジットカードで旅行代金などを支払った場合に補償される利用付帯があります。

どちらの海外旅行傷害保険が付帯で補償されるのかについて事前に確認し、利用付帯だった場合は条件に従ってカードを利用しなければ補償が受けられません

また、海外旅行傷害保険の補償期間は、原則として1旅行につき最長90日間までなど有効期間があります。

90日以内の短期留学の方は問題ありませんが、90日間以上の長めの留学期間になる方はクレジットカードの補償の対象外になっていることが一般的です。

しかしなかには利用付帯にすることで補償期間を延長できる場合があるためこの点も補償内容の確認が必要です。

これらの条件を総合して、どうしても留学の滞在期間がカバーできない場合は、クレジットカードとは別に損害保険会社の海外旅行保険に加入されることをおすすめします。

海で写真をとる家族

2018.01.16

海外旅行保険を徹底解説!クレジットカード付帯保険を賢く利用しよう

海外旅行に行く際によく迷うことのひとつに「海外旅行保険に入るべきか」ということがあります。 国民健康保険や社会保険といった公的な保険でも海外での医療費をカバーできますが、いったん全額を支払う必要があったり、補償内容が限られていたりと、これだけでは心もとないのが実状です。 そのため海外旅行をする際に重要な役割を果たすのが、今回の記事で取り上げる保険会社の海外旅行保険とクレジットカードに付帯している海外旅行保険です。 この記事を読んでいるあなたは、 自分の持っているクレジットカードで海外旅行保険が賄えるのか知りたい 自分のクレジットカードの海外旅行保険の細かい条件や補償金額を知りたい クレジットカードに付帯している保険と保険会社の海外旅行保険の違いが知りたい クレジットカードの海外旅行保険の自動付帯と利用付帯の違いが知りたい とは思っていませんか? この記事を最後まで読めば、上記のようなあなたが知りたいことがすべて知ることができます。ぜひ最後まで読んで、あなたの海外旅行保険選びの参考にしてください。

海外留学の際に持っておきたいクレジットカード

海外留学時に持っておきたいクレジットカードの特徴は

  • 盗難対策がしっかりしている
  • 海外旅行傷害保険が付帯している
  • 国際ブランドがVISA、MasterCard
  • 年会費が安め

これらの4つです。

この記事では、この条件を満たすおすすめのクレジットカードとして

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • エポスカード

についてご紹介します。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードには、高校生を除く満18歳以上の方が加入できる三井住友VISAクラシックカードと、満18歳以上で学生の方向けに在学中の年会費が無料になる三井住友VISAクラシックカード(学生)があります。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

どちらのカードも未成年者が契約する場合は、入会に際して親権者の同意が必要です。

カードに顔写真が入り、セキュリティ性が高く身分証明にもなるため、パスポートに代わる身分証明書を持っておきたい方におすすめです。

クラシックカード クラシックカード(学生)
入会条件 高校生を除く満18歳以上の方 高校生を除く満18歳以上の学生
(研究生・聴講生など一部除外条件あり)
年会費 初年度無料
翌年度1,250円(税抜き)
(無料となる条件あり)
在学中無料
家族会員年会費 400円(税抜) 在学中無料
国際ブランド Visa、Mastercard
旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)d
ショッピング補償 最高年間100万円(利用条件あり)

また、海外旅行傷害保険についてもう少し詳しくご紹介します。

保険の種類 補償金額
傷害死亡後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 50万円
疾病治療費用 50万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 最高15万円(自己負担3,000円)
救援者費用 100万円

海外旅行傷害保険は利用付帯のため、以下のいずれかの支払いにクレジットカードを利用したときから補償されます。

  • 出国前:航空機、電車、船舶、タクシー、バスなど公共の乗り物の利用代金
  • 出国前:宿泊を伴うパッケージツアー(募集型企画旅行)などの旅行代金
  • 出国後:公共の乗り物の利用代金

また、海外旅行傷害保険の補償期間は1旅行につき最長3ヶ月です。

エポスカード

エポスカードは永年無料で持てるクレジットカードです。未成年者が契約する場合は入会に際して親権者の同意が必要です。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料

また海外旅行傷害保険は持っているだけで補償される自動付帯のため、最低限の補償を付けておきたい方におすすめです。

マルイの店舗・通販で割引が受けられるので、帰国後にショッピング用として利用することができます。

三井住友VISAクラシックカードの基本情報についてご紹介します。

入会条件 高校生を除く満18歳以上の方
年会費 無料
家族会員年会費 家族カードなし
旅行傷害保険 最高500万円(自動付帯)
ショッピング補償 1,000円/年で50万円

海外旅行傷害保険は自動付帯で、カードが発行された翌日以降に出国する旅行が対象です。
また、補償される期間は1旅行につき最長90日間です。

この章では留学におすすめのクレジットカードについて解説していきました。付帯条件や補償額などにはそれぞれ特徴があるため自分にあったクレジットカードを選ぶことができます。

しかしながら高校生で留学される方は年齢制限があり、クレジットカードを発行できません。そんなときに役に立つのがデビットカード、プリペイドカードです。

次の章ではこの2種類のカードについて解説していきます。

高校生はデビットカード、プリペイドカードがおすすめ

デビットカード

高校生はクレジットカードではなくデビットカードやプリペイドカードを準備することをおすすめします。

クレジットカードには年齢制限があり、高校生には発行できないためです。

そこでこの章では

  • デビットカードの仕組み
  • プリペイドカードの仕組み

についてクレジットカードと比較しながら詳しく解説していきます。

デビットカードの仕組み

デビットカードでは購入した代金を銀行口座から即時引き落としできます。

銀行口座の預金残高以上は利用できないため、使い過ぎを心配する必要はありません。しかし口座残高を把握していないと残高不足で支払えなくなる可能性があります

また、仮に盗難にあって口座残高が全て引き出されても、補償される上限が100万円までなど条件が設けられていることが一般的で、必ず全額補償されるわけではありません

そのため、単に口座にたくさん預金があれば良いという訳でもなく預け入れ金額に気を遣う必要があります。

基本的に

  • 年齢が15歳以上(中学生を除く場合が多い)
  • デビットカードを申込する金融機関に口座がある

という条件を満たせば発行できるため高校生でも利用できます。

デビットカードは大きく分けると

  • J-Debit:銀行のキャッシュカードについているデビットカード機能
  • VISAまたはJCB:VISA、JCBブランドで発行しているデビットカード

の2種類があり、J-Debitについては海外利用できないため、留学でデビットカードを利用する場合は、VISAかJCBが発行しているデビットカードを持っていく必要があります。

おすすめのデビットカードは三菱UFJ-VISAデビット

デビットカードの中でも特におすすめのカードが三菱UFJ-VISAデビットです。

下記の特徴があります。

  • 三菱UFJ銀行に口座を持つ15歳以上の方が申込可能(中学生は除く)
  • VISA加盟店での利用やネットショッピングの決済に利用可能
  • 通常年会費は1,000円(税抜)
  • 15~23歳は年会費無料
  • 「VISA」、「PLUS」マークのATMであれば留学先のATMから現地の通貨で現金が引き出せます
    • 手数料:100円(税抜)※一部ATMにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合あり
    • 海外事務手数料:取引金額の3.0%
  • ショッピング保険付帯
  • 利用額や誕生月などの条件に応じて0.2%~0.6%のキャッシュバックなどの優待

クレジットカードと海外旅行

2017.01.19

デビットカードを海外で使用したい人必見!デビットカード情報まとめ

デビットカードはクレジットカードよりも審査のハードルが低く、即時決済、口座残高の範囲内での利用という性格をもつため安心して持てるカードとして人気です。海外で使用できることから、子供の海外留学時に持たせるケースも増えています。デビットカードを海外で使用する際に知っておくべきポイントを、メリットや注意点と合わせてわかりやすくお伝えします。

プリペイドカードの仕組み

プリペイドカードとは前もって入金した金額またはカードを購入した金額で利用できるカードです。
残高が徐々に減っていき、なくなったらチャージして再度利用する仕組みとなっています。

ほとんどの場合購入に年齢制限がなく、どなたでも持つことができるため、高校生でも問題なく利用できます。

おすすめのプリペイドカードはキャッシュパスポート

プリペイドカードの中でも特におすすめのカードが海外専用のトラベルプリペイドカードであるキャッシュパスポートです。

下記の特徴があります。

  • 年齢制限がなく、高校生でも入会できる
  • 1枚のカードに9つの通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル)それぞれをチャージして持ち運べる
  • スペアカードがあらかじめついてくるので万一の紛失でも安心
  • 本人以外に日本にいる家族もチャージ可能
  • Master Cardブランドなので世界各国で利用できる

キャッシュパスポートは利便性の高さから海外での利用で最もおすすめできるプリペイドカードのひとつです。

マスターカードが発行するマルチカレンシー・カード
キャッシュ・パスポートの詳細を見る

カードを持つ女性

2017.03.27

海外で使えるプリペイドカードを比較!メリットを徹底解説!

「海外で大金を持ち歩くのは危険だ」と感じる方は多いのではないでしょうか?また「クレジットカードは際限なく使いそうで怖い」という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがプリペイドカードです。海外用プリペイドカードの最大の特徴は、チャージした金額以上は使えないという点です。また、為替手数料が安く抑えられるなどのメリットもあります。今回は、そんな海外用プリペイドカードのお得な情報をお届けします。

クレジットカードが作れない高校生の場合でも海外でデビットカードやプリペイドカードを利用すると現金を使わず支払いをしたり現地の通貨を引き出すことができます。

クレジットカードがなくても大量の現金を持つ必要はありません。

まとめ

今回は留学に必要な持ち物について解説してきました。

再度ポイントをまとめます。

  • 海外留学する際に必要な持ち物は渡航先の気候や留学期間によって異なる
  • 留学前には手荷物と別送品の準備とクレジットカードの契約が必要
  • 紛失や盗難に備え、留学時に大量の現金を持ち歩くのは危険
  • 大学生におすすめのクレジットカードは三井住友クラシックカード、エポスカード
  • クレジットカードが作れない高校生の留学の場合、VISA/MasterCardのデビットカードもしくはプリペイドカードで決済ができる

この記事を参照にクレジットカードを作るべきかどうか、またどんなクレジットカードをつくるべきかの判断材料にしてください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら