お手軽に?効率的に?楽天カードでポイント生活を始める前に知っておきたいこと

執筆者:キャッシュレスライター カレン
記事筆者の楽天ゴールドカードの券面

2019年10月時点で保有者数は1,830万人を超え、今や約7人に1人が持つ「国民的クレジットカード」となった楽天カード
「今なら〇〇ポイントがもらえる!」というCMもすっかりお馴染みのものとなった。

だが、その一方で、

「お得なことはわかるけど、具体的に何がお得なのかがわからない」

という声もまだまだ多い。

この記事では楽天カードを持つべきか否かに悩む方々に向け、筆者の実体験を下にした有効活用の方法をご紹介したいと思う。

初心者の誰もが関心を持つであろう、「誰でも簡単にポイント還元率を上げる方法」や「日常生活におけるポイント貯め術」は、すぐに実践できるものなので、是非、この記事をきっかけにして楽天ポイント生活をスタートして頂けたら幸いだ。

楽天ポイントを普段使いで貯める

楽天カード自体には様々な付帯サービスが存在するが、最大のメリットは楽天カードの使用で楽天ポイントが貯まることにある。

毎月月末までのカード利用総額100円(税込)につき1ポイント付与され、基本還元率は1%
日本全国でキャッシュレス化が進んできているとは言え、まだまだ、

「特定の使用先では還元率が高いものの、通常使用では還元率が低い」

というクレジットカードが定番である現状を考えると、ポイントを貯めるという項目では非常に優秀なカードと言える。

筆者の、2020年3月度のカード利用による獲得ポイントは3350ポイント

また、ポイント制度で言えば、

「これまで貯めていたポイントがいつの間に消失していた」

という話は決して珍しいものではないが、この楽天ポイントについてはその心配は無用だ。
ポイント自体には有効期限があるものの、「最後にポイントを獲得した月を含めて一年間有効」という設定のため、日常的に使用していれば「期限切れ」で泣きを見ることはない。

「ポイントの使用期限を気にする必要なく貯められる」という特性は、これからポイントを貯めていこうとする「ポイント活動ビギナー」にも嬉しいものであり、楽天ポイントは誰にとっても導入しやすいポイントと言えるはずだ。

ただし、上記の話はあくまでも通常のポイントに限っての話であり、「期間限定ポイント」の存在も頭に入れておきたい。
楽天ポイントには通常のポイントとは別に「期間限定ポイント」が存在し、このポイントについては文字通り使用期限が限定されている。

キャンペーンへの参加で特別にプラスされたものや、後述する「SPU」で得られるポイントについては「期間限定ポイント」として付与されることが大半であるため、自分が獲得したポイントがどちらのポイントに該当するかを確認する癖はつけたほうが良い。

筆者が楽天カードのキャンペーンを活用し受け取ったポイント

購入後は「楽天Point Club」のアプリなどでポイント履歴を確認することで、「期間限定ポイント」か否かは簡単に判別可能だ。

楽天サービスのフル活用で還元率が16倍に

2002年に楽天ポイントが登場した当初は「楽天サービス内の通貨」というイメージが色濃かったが、今や楽天ポイントカードを自社で発行する企業なども現れており、楽天サービス以外でも日常的に楽天ポイントを使用することが可能となった。

だが、効率的に尚且つ高還元率でポイントを貯められるのは楽天サービス内での活用に限る。
楽天は様々なサービスを展開しているが、いずれのサービスも楽天ポイント付与のボーナスが漏れなく付いてくるものばかりで、使用者の利用状況に応じて還元率は何倍にも跳ね上がるからだ。

そして、その代表格が楽天の看板とも称すべき「楽天市場」である。
(楽天会員となった状態で)楽天カードで決済を行えば、ポイント還元率は特別なキャンペーンが開催されていない通常時でも3%を維持

「楽天市場」は約50,000点のショップが一堂に会したショッピングモールであり、欲しい商品が店頭に行かずに安く購入できる点が魅力であるが、さらにその購入金額の数%の楽天ポイントが返ってくるとなれば、その魅力は倍増するはずだ。

さらに、

  • 「楽天市場アプリ経由で+0.5倍」
  • 「楽天銀行からの引き落としで+1倍」

と他の楽天サービスとの合わせ技で還元率は飛躍的にパワーアップする制度(SPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼ばれる)も特徴で、楽天サービスをフル活用すれば、その還元率は最大16倍(16%還元)という驚異的な還元率を叩き出す。

スーパーポイントアッププログラムの期間中、筆者のポイント合計は普段の6.5倍に

例えば、ある商品を10,000円で購入した後に1,600円相当のポイントが返ってくると想像してみて欲しい。
これから楽天ポイントを貯めようとしていく者にとっては夢が膨らむことだろう。

日用品購入で楽天ポイントを貯めよう

しかし、楽天ポイントの魅力を想像することは容易でも、実際にポイントを貯めていく習慣を身に付けるハードルは決して低くはない。

特に「ポイント活動ビギナー」は、意識的にポイントを貯めるという生活に慣れているわけではないため、具体的に日常生活の中でポイントを貯めるイメージが難しいものだろう。

そこで、ここからは日常生活に寄り添う形で、

「日用品購入で楽天ポイントを貯める」

というテーマで話を進めたい。

まず、あくまでもポイント活動のベースは「普段の買い物にプラスアルファでポイントを付ける」という点にあることを忘れてはならない。
楽天カードを手に入れてすぐは「楽天ポイントが貯まる」という嬉しさで消費行動に走り勝ちになるが、「楽天ポイントを貯めるために余計なものまで購入」となってしまっては、本末転倒である。

そのため、自身が普段から買い物をしている延長線上で貯めるところからスタートさせることをおススメしたい。
では、具体的にはどのように始めたら良いか。筆者が最良と考える方法は、

日用品の購入を楽天市場に変更することの見直し

である。

  • 保存食品
  • 飲料水
  • ティッシュ
  • トイレットペーパー
  • 洗剤
  • サプリメント

など、普段はスーパーやドラッグストアに行って購入している、いわゆる日用品と呼べるものが皆さんにはあるだろう。

それらの購入先を「楽天市場」に変更してしまうのである。

楽天市場で水を買う

スーパーやドラッグストアで価格を比較しながら購入したい時は、実際に店舗間を見回る手間も発生するが、「楽天市場」であれば、購入したい商品名で検索するだけで終了だ。
一度、この購入方法に慣れてしまえば、いつもよりお得に購入できるだけではなく、きっと生活スタイルそのものが改善されるはずだ。

外食でも欠かさず楽天ポイントを貯める

ここまでは日常生活に楽天ポイントをプラスアルファするために「楽天市場での日用品購入」に焦点を当てたが、今度は趣向を変えて「外食×楽天ポイント」を取り上げたい。

楽天ポイントは外食した際に楽天カードで支払うだけで1%が還元されるが、さらに楽天ポイントを貯めるのであれば、「ぐるなび」とのコラボを試したいところだ。
「ぐるなび」は言わずと知れた、株式会社ぐるなびが運営する、飲食店の検索・予約サービスだが、このサービスは楽天ポイントとの相性が非常に良い。

なんと「ぐるなび」で予約して実際に来店するだけで、

予約人数×100ポイントの楽天ポイント

が(来店日翌日から10日目に)付与されるのである。

付与される機会は「ぐるなび」内の他サービスと合わせて、月10回までという制限があるが、その限度を超えることはそうそうないだろう。

また、この楽天ポイント付与条件が“来店”にあることも嬉しい点だ。
この手のサービスはコース利用に限定されることが少なくないため、せっかくポイントを貯めても使い道が制限されることがある。
しかし、「ぐるなび」は予約した後に来店するだけで楽天ポイントの獲得条件を達成するため、メニューはコースではなく来店後に決めたいという人にもうってつけである。

ぐるなびを利用し、よりお得に楽天ポイントを貯めることが可能

さらに、「ぐるなび」で貯めた楽天ポイントの優秀な点として、使用用途の広さも挙げておきたい。
飲食店の予約サービスで貯めたポイントはそのサービス内でしか使用できないケースがあるが、「ぐるなび」で貯めた楽天ポイントについてはその心配は一切なし。
前述の「楽天市場」はもちろんのこと、楽天ポイントが使用できるところであれば、どこでも使用可能である。
楽天ポイントを貯めだすと、このメリットには大いに助けられることだろう。
なお、「ぐるなび」で楽天ポイントを貯めようとする際に気を付けたいことがある。

それは全てのお店が楽天ポイント付与の対象となっていないという点だ。
ポイント対象店の数は充実しているものの、中には予約しても貯まらない店も存在するため、予約時には「楽天スーパーポイントが貯まる」と書かれているかは欠かさずチェックするようにしよう。

今からでも遅くない楽天ポイント生活

さて、今回の記事では、楽天ポイントの概要から始まり、具体的にポイントを貯める方法をお伝えしたが、イメージはできただろうか。

「今の日常生活に少しプラスアルファするだけで意外と簡単に始められる」

という気に少しでもなれたのであれば、楽天ポイント活動のスタートはもう目前だ。

今からでも遅くはない。 是非、次回の「楽天カード新規入会キャンペーン」でその一歩を踏み出してみてほしい。

2020.06.03

【楽天経済圏の方必見】あのCMでおなじみの「楽天カード」でザクザクポイントを貯めませんか?

「楽天カードマン!」のCMでみなさんおなじみの楽天カード。ここ数年で利用者を伸ばしていて知名度もかなり高いですよね。最近では、「楽天経済圏」な…

2020.04.21

赤ちゃんとお母さんがPCでショッピング中

楽天ゴールドカードは楽天ユーザー最強?楽天カードとの違いも徹底解説!

楽天ゴールドカードは、楽天カードマンでお馴染みのテレビCMでも頻繁に目にする、楽天カードが発行するクレジットカードです。楽天カードの上位ランクのカ…

執筆者:キャッシュレスライター カレン
執筆者:キャッシュレスライター カレン

不動産業でBtoC営業を学び、アーティストECを生業としたIT企業を経て、クレジットカード情報サイトなどを運営する一部上場企業に転職。そこで、クレジットカードの魅力に憑りつかれ、気が付けば「いかにキャッシュレスでお得に生活するか」を念頭に置いたライフスタイルが当たり前となる。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    クレジットカード診断
    スポンサーリンク