2018年版/人気のクレジットカードをランキング形式で紹介!おすすめカードの見分け方

クレジットカードを作ろうと思っても、ポイント還元率や年会費、ステータスなど特徴の違うクレジットカードが多数あり、自分にぴったりのクレジットカードを選ぶのは難しいですよね。

人気のクレジットカードのランキングを知りたい」と考える方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、当サイトナビナビクレジットカードで最も注目を集めた人気のクレジットカードをランキング形式でご紹介します。
(※ナビナビクレジットカードアクセス結果による/調査期間:2017年12月~2018年1月)

また、それぞれのクレジットカードの特徴も解説しますので、記事内でご紹介する情報を通して、年会費やポイント還元率などから人気のクレジットカードを見分けて、自分にピッタリの1枚を見つけられるようになりますよ。

クレジットカード人気ランキング第1位:JCB CARD W

ナビナビクレジットカードのアクセス数による最新の人気ランキング、堂々の第1位は「JCB CARD W」です。

昨年2017年10月24日に新しく誕生したクレジットカードで、新規入会受付を開始してから「お得すぎる」と大反響を巻き起こし、堂々の1位にランクインしました。

JCB CARD W

Thumbnail medium 1122001400 f

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】ポイント4倍キャンペーン実施中!

年会費が無料でかつポイント高還元率(1%)というハイスペックカードは、これまでのJCBプロパーカードにはなかったものです。

新規入会は39歳以下に限定されてはいますが、まさに「利用者のメリットを最大限に考慮されたクレジットカード」といえるでしょう。

※さらに期間限定で「ポイント4倍キャンペーン」を実施中!キャンペーン中(2018年10月1日~2019年3月31日)に入会すると、入会後3ヵ月間ポイントが4倍となり、還元率2.0%という、業界最高還元レベルでお得なチャンスです!

JCB CARD Wカード人気の秘密①ポイント還元率が高い

まずJCB CARD W最大の特徴である「ポイント2倍」について解説します。

これまでJCBプロパーカードとして発行されていたクレジットカードは、カード利用額1,000円につき、OkiDokiポイントと呼ばれるポイントが1ポイント加算されていました。それがJCB CARD Wならば2ポイント貯まります。

OkiDokiポイントは、1ポイントで5円相当の価値(※)があり、電子マネーや好きな商品と交換することができます。※交換する商品によっては1Pにつき3円~5円相当

つまり、JCB CARD Wならば1,000円で10円分のポイントが貯まります。

JCB CARD Wカード人気の秘密②JCB ORIGINAL SERIESパートナーではさらに高還元!

驚く女性

先ほど紹介した1%のポイント還元は、クレジットカードをどこのお店で使っても貯まる還元率です。例えば公共料金やコンビニやスーパーで利用しても、1%が貯まります。  

しかし、JCB ORIGINAL SERIESパートナーと呼ばれるポイント優待店で利用すれば、さらにポイントが倍増されます。  JCB ORIGINAL SERIESパートナーは、通常のポイントにボーナスポイントが加算されていくイメージです。

JCB CARD W 還元率

例えばポイントが3倍になるJCB ORIGINAL SERIESパートナーをJCB CARD Wで利用した場合、下記の表のようになります。

還元率(基本0.5%)
3倍のパートナー 0.5%×3倍=1.5%
JCB CARD W +0.5%
合計の還元率 2.0%

JCB CARD Wのボーナスポイントと、JCB ORIGINAL SERIESパートナーのボーナスポイントを合計したポイント還元率のパートナーごとの例はこちらです。

  • Amazon:ポイント4倍=2%還元
  • セブンイレブン:ポイント4倍=2%還元
  • イトーヨーカドー:ポイント4倍=2%還元
  • スターバックス:ポイント10倍=5.5%還元

通常のポイント倍率に、JCB CARD Wの1倍(=0.5%)が単純に追加されるイメージですね。Amazonやセブンイレブンなどの、上記の店舗をよく利用する人にはポイントがどんどん貯まっていきます。  

次の第2位は、楽天カードに並ぶポイントの貯まりやすさや使いやすさで定評のある、オリコカード・ザ・ポイントをご紹介します。

JCB CARD Wの口コミ

JCB CARD Wの口コミを一部掲載しています。

大手JCBが発行するカードという安心感と、有名での高いポイント還元率が人気のようです。

全ての口コミを見たい人はJCB CARD Wの口コミと満足度をご確認ください。

男性

35歳/男性/会社員

年収:300~400万円未満

  • JCB CARD W
  • 月の使用額:1~3万円未満
満足度

5

ポイント還元

5

付帯サービス

4

デザイン

3

ステータス

4

会員専用サイト

4

申込み手続き

5

発行した理由
新しいクレジットカードということで友人から薦められたのですが、ポイント還元が各種有名店で高いものとなっているので、非常に便利だと思い申込みました。年会費も無料なので作る分には気軽だったのもありました。
主に利用する場面
ネットショッピング、百貨店、コーヒーショップ
気に入ってる点
色々な有名店でのポイント還元率が高く、スターバックスだと5倍、セブンイレブンだと3倍、Amazonだと3倍などかなりお得になるのは嬉しいですね。ポイント交換先も色々と豊富になっており、電子マネーへのチャージとしても使えるのでこちらも便利に使っています。
こうだったらもっといいのに!と思う点
一応年齢制限としては40歳以下となっているので、新しいクレジットカードだからもうちょっと幅広く条件を取ってもいいのではと思います。あとポイントの100円単位の部分はカットされてしまうので、このへんはケチな自分には気になってしまいますね。
その他
JCB CARD Wは新しいクレジットカードなのでちょっとだけ不安でしたが、流石に大手のJCBブランドらしいお得な商品なのでおすすめです。

口コミを更に見る

男性

35歳/男性/会社員

年収:300~400万円未満

  • JCB CARD W
  • 月の使用額:~1万円
満足度

5

ポイント還元

5

付帯サービス

4

デザイン

5

ステータス

5

会員専用サイト

5

申込み手続き

4

発行した理由
ポイントサイトのキャンペーンでカードを申し込みました。還元率も高いし、35歳以下なら発行が無料という記事も魅力でした。実際にポイントもゲット出来てうれしかったです。
主に利用する場面
飲食店やアマゾンなど、クレジットカードが使えるところならどこでも使っています。
気に入ってる点
スマホで管理できるということが大きいです。明細もちゃんとチェックできますし、いくら使ったかすぐにスマホでチェックできるため使い過ぎを防止できます。また、還元率も大きい上にマイルにも変換できます。陸マイラー活動するのなら必須かなと思いました。
こうだったらもっといいのに!と思う点
年に1回、福岡松山便を使うのですが、JALしか就航していません。JALマイルを貯めたい私にとっては、致命的です。JALマイルもためれたらもっと使うのにな…とちょっと残念です。
その他
39歳まで加入できますので、有名企業に勤めているかたなら必須のカードです。現在はポイントも2パーセント還元していますので、還元率でもお得なカードです。もってていて損はないですよ。

口コミを更に見る

クレジットカード人気ランキング第2位:オリコカード・ザ・ポイント

”ポイント”がカード名にも付いているオリコカード・ザ・ポイントの特色は、ポイント還元率の高さとそのポイントの使いやすさです。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

「カード選びにはポイントが重要」という人は、オリコカード・ザ・ポイントの特徴もチェックしましょう。

オリコカード・ザ・ポイント人気の秘密①ポイント還元率が高い

クレジットカードを選ぶ基準で、「ポイントがたくさん貯まるカードがいい!」という人は多いです。ポイントは100円につき1オリコポイントで還元率1%です。

1,000円未満でもポイントが貯まるので、「そんなに多くクレジットカードを利用しない」という人にもメリットが大きいです。

簡単にポイント還元率をまとめると、以下の通りです。

  • 通常還元率1%
  • 入会後6か月間は+1%
  • オリコモールの利用で最低でも+0.5%

入会後6か月間はポイントが+1%で、還元率2%になります。これはネットショッピングに限らず、普段の公共料金の支払いにも適用されるので、入会後半年間で一気にポイントを貯めることもできます。

さらにオリコカード・ザ・ポイントの強力なメリットが、「オリコモール」の存在です。ネットショッピングをする際にこのオリコモールを経由することで、最低でもポイントが+0.5%加算されます。

そしてこのオリコモールには大手500店舗が加盟していて、その中には楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonといった大手ネットショッピングサイトも含まれています。

オリコカード・ザ・ポイントカード人気の秘密②ポイントがわかりやすくてすぐに使える

貯まったポイントは「オリコポイントゲートウェイ」を通じて、リアルタイムでいろいろなポイントに交換可能です。

1ポイント=1ポイントの等価交換ができるポイント先も豊富で、簡単に一部を紹介すると、

  • アマゾンギフト券(500pt=500円分)
  • iTunesギフトカード(500pt=500円分)
  • Tポイント(1,000pt=1,000pt)
  • 楽天スーパーポイント(1,000pt=1,000pt)
  • nanacoギフト(1,000pt=1,000円分)
  • ファミリーマートお買い物券(500pt=500円分)
  • WAONポイント(1,000pt=1,000pt)

これらのように、普段私たちが利用するほとんどのポイントサービスに交換が可能です。

そしてクレジットカードの中では珍しい、JAL・ANAの両方のマイルへも移行が可能(1,000ポイント→500または600マイル)なクレジットカードでもあります。

オリコカード・ザ・ポイントはこんな人におすすめ

オリコカード・ザ・ポイントは次のようなタイプの人たちに向いています。

  • 楽天市場だけでなく、AmazonやYahoo!ショッピングなど、ショッピングサイトを比較しながら買い物をする
  • クレジットカードを何枚か所持しながら賢くポイントを貯めたい

実際に使用している人のレビューでも「家電を買う前にカードを作ったから一気にポイントが貯まった」や「オリコモールをブックマークしておいて、ネットショッピングでは必ず活用するのがコツ」など、賢くポイントを貯めている人が多いです。

次の第3位は、同じオンラインショッピングでも楽天をよく利用する人にはとてもおすすめの楽天カードです。

オリコカード・ザ・ポイントの口コミ

オリコカード・ザ・ポイントの口コミを一部掲載しています。

いずれにしても高いポイント還元率、貯まりやすさ、ネットショッピングなどですぐにポイントが使える利便性が高評価を受けているようです。

全ての口コミを見たい人はオリコカード・ザ・ポイントの口コミと満足度をご確認ください。

女性

31歳/女性/パート事務員

年収:200万円未満

  • オリコカード THE POINT
  • 月の使用額:3~10万円未満
満足度

4

ポイント還元

4

付帯サービス

2

デザイン

1

ステータス

3

会員専用サイト

3

申込み手続き

4

発行した理由
モッピーのポイントサイトを利用している時に、クレジットカード入会時に貰えるポイントに惹かれたから発行しています。通信費等の生活費を引き落とすためのクレジットカードとしても、ネットショッピングとしてもポイント還元率がそこそこ良いかなと感じたからです。
主に利用する場面
楽天市場以外でのネットショッピング、通信費などの生活費にかかる公共料金の引き落としなどで使用しています。
気に入ってる点
年会費がタダなところは魅力的です。オリコポイントが貯まりやすく、ネットショッピングや公共料金の使用は毎月あるので、高還元率なことはありがたいと感じています。Amazonをよく利用するため、オリコモール経由ならAmazonで有意義に使えることは便利です。年収が低い非正規雇用者の私のような人でも受け入れやすいカードである点です。
こうだったらもっといいのに!と思う点
楽天カードなどで比較すると、カードのデザインがスマートでシンプルで地味で味気ないなあと感じます。海外旅行保険を全てにつけてくれたらいいのにと思います。
その他
特に思いつきませんが、カードのデザイン変更や使える場所での今以上の拡大を望んでいます。

口コミを更に見る

男性

34歳/男性/会社員

年収:300~400万円未満

  • オリコカード THE POINT
  • 月の使用額:1~3万円未満
満足度

5

ポイント還元

5

付帯サービス

3

デザイン

3

ステータス

3

会員専用サイト

5

申込み手続き

4

発行した理由
ポイント還元に強いカードを探していて、それで口コミ評判が良かったのでこちらを選びました。ポイント還元率がオリコモールだと2%以上になるのも魅力的だと思います。
主に利用する場面
こちらはやはりオリコモールを始めとするインターネット上での買物がメインとなっています。
気に入ってる点
オリコモール経由だと還元率にボーナスが付くのですが、これに加えて楽天ポイントの還元も付くと最大で17.5%ものポイント還元になるのは圧倒的でしょう。そうでなくても年会費は無料で扱いやすいクレジットカードなので、インターネットでの買物に便利な点は気に入っています。
こうだったらもっといいのに!と思う点
ポイントの有効期限が1年間となっているのでもうちょっと猶予があると良いと思います。後は各種の旅行関連の保険がノーマルのカードで付いていないのは物足りなさを感じます。
その他
オリコモールを利用するとポイントがガンガン貯まるので、インターネットショッピングにおすすめのクレジットカードだと思います。

口コミを更に見る

クレジットカード人気ランキング第3位:楽天カード

人気ランキング3位は楽天カードです。テレビのCMでも宣伝されているので、目にしたことのある人が多いと思います。

楽天カード

Thumbnail rakutenn

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~14% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 540円

楽天カード人気の秘密①ポイント還元率が高い

楽天カードは年会費無料でポイントの貯めやすさも還元率1%からキャンペーンで最大10%と大変優れたクレジットカードです。

簡単にポイント還元率についてまとめると、

  • 通常還元率1%
  • 楽天市場では3倍、楽天ブックス、楽天トラベルなどでは常にポイント4倍
  • キャンペーンを活用すれば最大10倍

このようになっています。

通常時の楽天カードのポイント還元率は1%ですが、楽天カードはポイントが倍付けされる楽天市場・楽天ブックスのポイント4倍など、楽天のサービスを利用することでポイント還元率を高めることができます。

それに加えて楽天市場では頻繁に「お買い物マラソン」などのキャンペーンを開催していて、複数ショップで買物をするなど条件を満たすことで、ポイントが最大10倍になることもあります。

ポイント還元率という点で、楽天カードに並ぶクレジットカードは今のところ見当たりません。

楽天カード人気の秘密②ポイントがわかりやすくてすぐに使える

ポイントの貯めやすさと並んで重要なのが、ポイントの使いやすさです。

ネットショッピングをよく利用される人なら、貯まったポイントは楽天市場・楽天ブックスなどで1ポイント=1円として使用できます。

そして普段あまりネットショッピングを利用しないという人も、楽天Edyに1ポイント=1円分として交換できるので、日本全国のコンビニなどで使用できて無駄がありません。

またマイルを貯めている人なら、2ポイント=ANAマイル1マイルで交換できます。

楽天カードはこんな人におすすめ

クレジットカードとして、ポイント還元率・ポイントの使いやすさの点で非常に優れたクレジットカードですが、特に次のような人たちは最大限お得に使用できます。

  • ネットショッピングをよく利用する
  • こまめにキャンペーンなどをネットでチェックするのが好き
  • コンビニをよく利用する
  • ポイントが貯まるメインカードを探している

実際に使用している人の声を聞いても、

「いつの間にかポイントが貯まっているから、お得に買い物ができる」
「メインカードにしていると、ポイントで週に1本はコンビニでジュース代が無料になる」

などポイントサービスに満足している人が多いです。

楽天カードの口コミ

楽天カードの口コミを一部掲載しています。

やはり楽天市場などの楽天のサービスを利用する人が多く、利用時のポイント還元率の高さが魅力のようです。

全ての口コミを見たい人は楽天カードの口コミと満足度をご確認ください。

男性

46歳/男性/フリーランス

年収:200万円未満

  • 楽天カード
  • 月の使用額:3~10万円未満
満足度

5

ポイント還元

5

付帯サービス

5

デザイン

3

ステータス

1

会員専用サイト

5

申込み手続き

5

発行した理由
これまで使っていたカードが年会費無料でなくなり、また、楽天市場の買い物や楽天証券、楽天銀行の取引で楽天カードがあると便利だからです。
主に利用する場面
ネット通販、ガソリン代、光熱費、カード利用可能な店舗なら全て利用しています。
気に入ってる点
年会費無料で維持ができる事と100円=1ポイントですぐにポイントが貯まる。楽天市場でポイントアップの日や利用状況に応じてランクが上がって有利になるなど、とにかくポイント還元が充実している。また、楽天グループ全てのサービスで楽天カードの特典があり、所有しない理由がない。
こうだったらもっといいのに!と思う点
通常カードからゴールドカードやプレミアムカードにした場合のメリットがわかりづらい、もし、利用料からメリットがあるようなら具体的に提案し欲しい。
その他
現状のサービスにじゅうぶん満足しているので、それを維持してもらいたいです。

口コミを更に見る

女性

37歳/女性/専業主婦

年収:200万円未満

  • 楽天カード
  • 月の使用額:3~10万円未満
満足度

4

ポイント還元

5

付帯サービス

5

デザイン

4

ステータス

4

会員専用サイト

4

申込み手続き

4

発行した理由
ポイント還元率カード比較サイトにて高還元クレジットカードとの記載があり、楽天市場もよく利用するようになってきたので、8000ポイント付与キャンペーンの時に発行しました。
主に利用する場面
メインは楽天市場ですが、現在は公共料金、保険金クレジット払い、実店舗でもたまに使用します。
気に入ってる点
年会費無料も魅力ですが、楽天スーパーセール、買い物マラソン等でポイントが倍増していくところです。ふるさと納税や家電等高額な商品ほど楽天市場で購入し、ポイントをいかに稼ぐかを考えてながらの使用が楽しいです。
こうだったらもっといいのに!と思う点
ラクマやフリルで支払いに楽天ポイントが使用できるそうですが、その逆の売り上げ金を楽天ポイントに変換できるようにしてほしい。
その他
楽天ポイントがたまる実店舗でも2店舗利用でポイント倍増とかのイベントがあると嬉しいです。

口コミを更に見る

クレジットカード人気ランキング第4位:アメリカン・エキスプレス

第4位では、 クレジットカードの中でもステータスカードに分類されるアメリカン・エキスプレスがランクインしています。

「持っていて自慢できるクレジットカード」という点では、今回ご紹介するカードの中でもひときわ目立つのが第4位「アメリカン・エキスプレス」です。

アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail green regular 01 480x608

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 12,000円(税別) 0.166%~1.0% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2週間程度 個別設定 0.5%~1.0% 無料

アメリカン・エキスプレス人気の理由①ブランド力が高い

審査も比較的厳しく、所持すること自体が「社会的信用がある」というステータスともいえます。

選ばれた人のみが持てるクレジットカードなので、それに見合った豊富なサービスが提供されます。

アメリカン・エキスプレス人気の理由②サポートや特典が充実

アメリカン・エキスプレス普通カードの年会費は12,000円(税抜)と、決して安くはありません。

それでも、その年会費を上回るような価値ある以下のようなサービスが提供されます。

  • 手荷物宅配無料
  • 空港ラウンジ使用
  • 旅行傷害保険
  • グローバル・ホットライン

特に旅行や出張の際にうれしいサービスが多く、スーツケースを無料で1個まで往復で配送するサービスや、出発までの時間に空港ラウンジを使用することもできます。

また、ほかのクレジットカードでは2,000万円までが多い海外旅行保険もアメリカン・エキスプレスなら国内・海外問わず最高5,000万円まで保障してくれます。

そして海外でも日本語でレストランやホテルの手配をしてくれるグローバル・ホットラインなど、ほかのクレジットカードにないトータルサポートを受けられます。

アメリカン・エキスプレスはこんな人におすすめ

ステータスカードであるアメリカン・エキスプレスは、所持するのにも一定の条件があります。 そこで、おすすめなのは以下のような、人たちです。

  • 安定した収入がある
  • 海外に行く機会が多い
  • 他の人と違うカードが欲しい

 使用している人のレビューも「空港や海外でカードを使うと違う扱いを受けられる」と他のクレジットカードとは違う魅力がアメリカン・エキスプレスカードの特徴です。

第5位には安心感あるサポートに定評のある、三井住友VISAクラシックカードがランクインしています。

アメリカン・エキスプレスの口コミ

アメリカン・エキスプレスの口コミを一部掲載しています。

付帯サービスの魅力以外にも、“カッコいい”、“憧れのカード”という印象からカードを持つ人も多いようです。

全ての口コミを見たい人はアメックスの口コミと満足度をご確認ください。

男性

36歳/男性/会社員

年収:300~400万円未満

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • 月の使用額:3~10万円未満
満足度

3

ポイント還元

2

付帯サービス

5

デザイン

5

ステータス

5

会員専用サイト

3

申込み手続き

4

発行した理由
昔からアメックスに憧れがありましたが、年収の少ない自分では審査も通らないだろうなと勝手に思っていて、申し込みすらしていませんでした。 新婚旅行の帰りに空港でアメックスの勧誘を受け、試しに申し込んだ所、審査に通りまして、憧れのアメックスカードを持つことができました。
主に利用する場面
公共料金の支払い、ETCカードとして、高めの買い物
気に入ってる点
まずカードのデザインがかっこいいです。機能面では、貯めたポイントを利用料金に充当できる所はとてもいい。一番素晴らしいのはリターンプロテクションで、アメックスカードで購入した商品を返品する際、購入店が返品を受け付けてくれなかった場合でも、90日以内ならアメリカンエキスプレスが代わりに返品を受け付けてくれる、素晴らしいサービスです。
こうだったらもっといいのに!と思う点
例えばアメックスのポイントをTポイントと交換する場合、300ポイントでTポイント100ポイントとなり、少し交換率が低いです。もう少し上がればと思います。
その他
財布を落としても、落とした財布の中身の現金と財布自体の購入金額を支払ってくれる保険など、素晴らしい保険サービスが多いです。

口コミを更に見る

女性

37歳/女性/主婦

年収:0円(なし)

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • 月の使用額:~1万円
満足度

3

ポイント還元

2

付帯サービス

4

デザイン

4

ステータス

4

会員専用サイト

3

申込み手続き

3

発行した理由
会社員時代にアメリカ出張に行くことがけっこうあり、アメリカに行くならアメックスだと思って作りました。同僚にも持っている人が多く格好いいと思いました。
主に利用する場面
高級店での食事、海外旅行
気に入ってる点
空港ラウンジの利用や荷物の宅配、海外旅行保険などのサービスがとても充実しています。誰に見られても恥ずかしくないカードなので食事の支払いをするときにも安心です。一般カードですが持っているだけで自信が付き、コールセンターの対応も丁寧です。
こうだったらもっといいのに!と思う点
アメリカに行くことが激減し、ポイントがぜんぜん貯まりません。国内ではJALのほうが使うのでマイルを交換することもできず、現在でも唯一よく行くフランスではほとんどのお店で利用できません。
その他
コストコでよく使っていましたが、使えなくなったので解約するかもしれません・・・。

口コミを更に見る

クレジットカード人気ランキング第5位:三井住友VISAクラシックカード

クレジットカードを選ぶ時には「ポイントも大事だけで、何かあった時のサポートが充実しているカードがいい」という人も多いです。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円

そんな人におすすめなのが、三井住友VISAクラシックカードです。

三井住友VISAクラシックカード人気の秘密①国内最大手の信頼感

三井住友VISAクラシックカードを発行する三井住友カード株式会社は、日本で最大手のクレジットカード会社です。

また発行するクレジットカードの国際ブランドはVisaで売上高の世界シェアは世界1位、日本に限らず、世界のどこに出かけても使える安心感があります。

三井住友VISAクラシックカード人気の秘密②サポートが充実

三井住友VISAクレジットカードは年会費初年度無料で、2年目以降は1,250円がかかりますが、その分充実したサポートがついてきます。

三井住友VISAカードが提供するサポートには、

  • 海外旅行保険
  • ショッピング補償
  • 写真入りICカード
  • 繋がりやすいサポートデスク

これらがあります。 海外旅行では、事前に三井住友VISAクラシックカードで旅費などを決済しておくと、万が一の時にも海外旅行保険で最高2,000万円までアクシデントに対して保障してくれます。

またクレジットカードで購入した商品も、90日間最高100万円まで破損・盗難の損害に対応してくれるショッピング補償も付いてきます。

万が一カードの盗難や紛失の際にも、ICカードに本人写真を入れられるので、第3者の手に渡って使用されたりするのを防ぐことができ、安全性を高めてくれます。

また年会費が無料のクレジットカードのサポートデスクはなかなか繋がらないので困ることが多いですが、三井住友VISAクラシックカードのサポートデスクは最大手ということもあり、比較的電話も繋がりやすくなっています。

三井住友VISAクラシックカードはこんな人におすすめ

こうした特徴を見てみると、三井住友VISAクラシックカードは以下のような人たちに向いています。

  • 初めてのクレジットカードだから安心できるカードが欲しい
  • 海外旅行によく行くから保険が付いたカードが必要

安心できる充実したサポートを考えると、年会費の1,250円というのは決して高い金額ではありません。実際に使用している人も「初めてのクレジットカードに選んだ」や「ポイントよりも安心が一番」と、安心感に満足しているレビューが多いです。

三井住友VISAカードは、クラシックカード以外にも20代限定のカードやゴールドカードなど、様々な種類があります。こちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

2017.06.28

三井住友VISAカードを比較!クレジットカード初心者にもわかる解説

三井住友VISAカードは、進学や就職を機に初めてクレジットカードを作る若い方におすすめのカードです。けれども数あるカードのなかでどれが自分に合ったカードか、あるいはそのメリットやデメリットがよくわからないので知りたい!いう方も多いでしょう。今回はそんな皆さんのために、三井住友VISAカードの概要や年会費、ポイント還元率、保険付帯サービスなどの基本情報はもちろん、三井住友VISAカードをお得に活用する方法や何種類もあるカードの中から最も自分に合ったカードの選び方まで詳しく解説します。

三井住友VISAカードの口コミ

三井住友VISAカードの口コミを一部掲載しています。

もともとメインバンクとして三井住友銀行としていたり、安心感からカードを申し込む人が多いようです。

全ての口コミを見たい人は三井住友VISAクラシックカードの口コミと満足度をご確認ください。

女性

38歳/女性/主婦

年収:0円(なし)

満足度

3

ポイント還元

5

付帯サービス

4

デザイン

2

ステータス

3

会員専用サイト

3

申込み手続き

3

発行した理由
もともと三井住友銀行の口座を使用しており、クレジットカードを持っていなかったため、ついでにクレジットカードをつくりました。
主に利用する場面
ネットショッピング、食事、買い物
気に入ってる点
三井住友銀行のキャッシュカードと三井住友VISAカードが1枚で持ち運べることは便利。お財布の中のカードがたくさんある中、このカードのおかげでかさばらないです。 それからら、1年1回使用すれば、年会費無料となるところも魅力的です。
こうだったらもっといいのに!と思う点
他のカード会社と同じくらいではありますが、ポイントの還元率がもう少し高いと魅力的です。 あと、提携カードで飛行会社カードはありますが、今のカードでマイルと交換できれば嬉しいです。
その他
ポンとを楽天のポイントやTポイントに移行できることは便利です。

口コミを更に見る

男性

35歳/男性/自営業

年収:400~500万円未満

満足度

4

ポイント還元

3

付帯サービス

4

デザイン

5

ステータス

4

会員専用サイト

3

申込み手続き

4

発行した理由
クレジットカードを初めて取得しようと検討していたときに、入会特典があったことと年会費無料であることを知ったから。
主に利用する場面
ネットショッピング、ガソリンスタンド、コンビニ
気に入ってる点
「マイ・ペイすリボ」に登録しておくと年1回の利用だけで年会費無料になるところ。リボ払いは後からでも金額を変更でき、頻繁に使わないときでも持っているだけで便利。デザインもどことなく高級感があるところが気に入っている。
こうだったらもっといいのに!と思う点
ポイントサービスが複雑。どういう利用をすればお得になるのかいまだによく分からないので、分かりやすくしてほしい。
その他
とくになし。

口コミを更に見る

次の章では、利用料金が安いクレジットカードをランキング形式でご紹介していきます。

利用料金で選ぶクレジットカードランキング

年会費や追加カードなどの料金が安く、費用を抑えたい方におすすめのクレジットカードを6枚ご紹介します。

第1位 JCB CARD W

18〜39歳までの方がWEB限定で入会できるJCBのエントリーカードで、ハイスペックながら年会費無料で持つことができます。家族会員やETCカードも年会費・発行手数料無料なので、年会費などの利用料金を気にせずに利用できるお得なカードです。

ポイントは国内でも海外でもいつでも2倍貯まります。JCBの一般カードだとカード利用1,000円につき1ポイント(還元率0.5%)ですが、JCB CARD Wだと2ポイント(還元率1.0%)に。また、パートナー店であるアマゾンやセブンイレブンで利用すると還元率は2.0%、スターバックスなら5.5%になるなど効率性に優れています。

JCB CARD W

Thumbnail medium 1122001400 f

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】ポイント4倍キャンペーン実施中!

第2位 オリコカード・ザ・ポイント

年会費が永年無料ながら基本還元率1.0%、新規入会後6ヶ月間は2.0%になるコスパ良好のカードです。また、本会員分だけではなく最大3名までの家族カードやETCカードも年会費無料で利用でき、発行手数料もかかりません。本カードも追加カードも完全無料で保有し続けられるのです。

100円につき1ポイント付与されるので日常的な買い物でもポイントが貯まりやすいです。また、少額決済にも便利な電子マネーiDとQUICPay(クイックペイ)をダブル搭載しています。オリコモール経由でショッピングをすれば還元率3%以上に。無料でポイントがどんどん貯まる1枚です。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

第3位 セゾンカードインターナショナル

永久不滅ポイントで知られるセゾンカードは家族会員も4枚まで無料で発行できる上、年会費永久無料で利用することができます。それに加えてETCカードも発行手数料・年会費無料なので、クレカの利用料金を節約したい方に最適です。

国際ブランドはVisa、MasterCard、JCBのどれを選んでも無料で、即日発行にも対応しているなど利便性の高さが魅力。毎月5日と20日に西友やリヴィンで買い物をすれば5%オフになり、セゾンポイントモールでネットショッピングをすればポイントが最大30倍になるコスパの良さが魅力です。

セゾンカード インターナショナル

Thumbnail saison international

国際ブランド

JCB Mastercard VISA

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%〜15% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 30〜150万円 0.60% 無料

第4位 ライフカード

年会費永年無料で保有することが可能で、家族カードやETCカードも無料です。入会金や発行手数料もかからないため、完全無料で利用し続けられる貴重な1枚となっています。国際ブランドはVisa、MasterCard、JCBから選択可能ですが、どれを選んでも年会費無料であることに変わりはありません。

旅行保険は付いておらずポイント還元率は0.5%と標準的ですが、入会初年度はポイントが1.5倍、さらに誕生月に利用すれば3倍になるなどコストがかからずにポイントを稼ぎやすいところが魅力です。

ライフカード「年会費無料」

Thumbnail life

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) nanaco(ナナコ) ID(アイディ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%〜1.5% LIFEサンクスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日 200万円 0.60% 無料

第5位 楽天カード

本会員、家族会員(最大5名まで)の年会費が永年無料のカードです。ポイントの基本還元率は1.0%と高水準で、楽天市場や楽天トラベルなどで利用すると還元率は3.0%以上となります。また、海外旅行傷害保険も付帯しています。

ETCカードは基本的に年会費540円(税込)がかかります、カードをたくさん使ってプラチナ会員やダイヤモンド会員になれば無料で利用できます。利用明細書もWEB明細書にすれば無料となるため、使い方を工夫すれば完全無料での保有が可能です。

楽天カード

Thumbnail rakutenn

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~14% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 540円

第6位 リクルートカード

本会員も家族会員も年会費・発行手数料無料で利用できる低コストカードです。ETCカードも年会費無料ですが、国際ブランドをMastercardまたはVisaにすると新規発行手数料が1,000円(税別)かかります。JCBであれば発行手数料も無料です。

ポイント還元率はどこで使っても1.2%と高水準で、ボンパレモールの利用で4.2%、じゃらんで宿泊予約をすれば3.2%になります。さらに、国内・海外旅行保険やショッピング保険も付帯している格安ながらもハイスペックな仕様が大きな魅力です。

次に、キャンペーンやサービスなどの特典が充実したカードをご紹介していきます。

キャンペーン・サービスで選ぶクレジット

クレジットカードはさまざまな特典を利用できるところが醍醐味です。数あるカードの中でも特にキャンペーンやサービスが充実しているカードや、独自特典が魅力のカードを厳選して6枚ご紹介します。

第1位 エポスカード

丸井グループが発行するエポスカードは「10大特典」をウリにしているだけあって、付帯サービスの豊富さが最大の魅力です。年会費無料ながら、全国10,000店舗以上で優待サービスを受けることができ、マルイに限らずファミレスや居酒屋などの飲食店、カラオケ施設、レジャー施設などで割引やポイントアップを受けられます。

また、コンサートや演劇などのチケットは会員限定の特別価格になる他、会員だけが利用できる貸切公演も随時開催されています。レンタカーや旅行ツアー代金などにも割引やポイントアップの特典があり、海外旅行傷害保険が自動付帯になるなどアクティブ派にとってお得に使いやすい1枚です。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料

第2位 JCB一般カード

JCB一般カードはスタンダードなグレードながら、多彩な割引優待や他にはあまりないキャンペーンが受けられます。特に旅行やレジャー関連の割引特典などが充実していて、会員が利用できる「たびらば」や「JCB優待ガイド」にはさまざまな国・地域のレストランやショップの優待情報が掲載されています。

ディズニーリゾートの公式スポンサーでもあるため、ディズニーホテルの宿泊券やパークで使えるギフトカード、ペアチケットがもらえるなど、ディズニー好きの方必見のキャンペーンも随時開催されています。新規入会キャンペーンでは家族カードやお友達紹介でもJCBギフトカードがプレゼントされます。

JCB 一般カード

Thumbnail jcb%e4%b8%80%e8%88%ac%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.5%~2.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日お届け 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
今なら最大10,000円分の特典をプレゼント!

第3位 イオンカードセレクト

キャッシュカードと電子マネーWAONの機能を備えたマルチタイプのクレジットカードで、幅広いサービスを備えていますまず、イオンをはじめ、マックスバリュやダイエー、スポーツオーソリティなどイオングループの店舗で利用すればいつでもポイントが2倍になり、毎月20日・30日は買い物代金が5%オフになります。

また、イオンシネマなら2名まで各300円引き、銀行特典としてATM入出金手数料や振込手数料も無料など使い勝手に優れた1枚です。時期にもよりますが、例えば最大6,000円分のポイントがプレゼントされる新規入会特典も随時用意されています。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料

第4位 NTTグループカード

NTTグループカードはキャッシュバックサービスや旅行関連の優待サービスの充実ぶりが魅力です。

「おまとめキャッシュバックコース」を選べば、毎月のショッピング利用額とNTTグループ通信料金に応じた金額がキャッシュバックされます。キャッシュバック対象には、NTT東日本・西日本の加入電話やフレッツ・サービスをはじめ、NTTドコモやNTTコミュニケーションズ、BIGLOBEなどの利用料金が含まれるため、NTT関連の通信サービスを利用している方にとってはかなり助かるサービスではないでしょうか。

また、「出光キャッシュバックシステム」を利用すれば前月の利用額に応じてポイントが決まり、ガソリン代が値引きになるサービスも。他にも旅行のツアー代金や全国の有名提携ホテル、レジャー施設の料金が優待価格になるなど、日常生活にも休日にもお得なカードです。

第5位 ビックカメラSuicaカード

通常のクレジット機能の他、電子マネーSuicaやビックカメラのポイントカードとしても使える利便性の高い1枚です。マルチに使えるだけでも利用価値がありますが、JR東日本の乗車券や特急券、国内旅行ツアー、ホテルなどに利用するとポイントアップになるなど、交通系カードならではのサービスが充実しています。

ビッグエコーなどのカラオケ店や居酒屋・カフェ、引越しサービスを割引価格で利用できたり、ビックカメラやコジマの特別優待クーポンがもらえるなどのうれしい特典も魅力的です。またこのカードでは、JRE POINTとビックポイントがダブルで貯まるという二重取りが可能です。

ビックカメラSuicaカード

Thumbnail biccamera suica

国際ブランド

VISA JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 477円(税別) 0.5%〜1.9% ビューサンクスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10日間程度 10〜60万円 477円

第6位 ANA VISA一般カード

ANAカードの最もベーシックなANA VISA一般カードには、旅行や出張に便利な多彩な優待サービスが付帯しています。

ANAスカイホリデーやANAハローツアーなどの旅行商品が5%オフになる他、国内主要空港内の空港免税店の商品が5%オフ、ANA国内線・国際線の機内販売価格や空港内店舗「ANA FESTA」で10%オフになるなど旅行やお土産の代金を節約できます。

また、割引サービスのみならず、ANAカード特約店の提携店や対象商品購入の際に利用すれば通常ポイントとは別に0.5〜1.0%のマイルが加算されるため、飛行機の利用が多い方に有利な仕様となっています。会員だけに付与されるボーナスマイルもありますし、マイルを貯めれば国内線や国際線の特典航空券に交換できるサービスや座席のアップグレード特典も付いています。

ここまで、料金の安さや特典に魅力のあるカードをチェックしてきました。次の章ではゴールドカードやプラチナカードといったワンランク上のカードをご紹介していきます。

ワンランク上のカード ゴールド・プラチナカードランキング

ゴールドカードやプラチナカードは年会費が高いほどサービスのグレードもアップします。その中でも年会費が比較的手頃なカードや、さすがともいえるハイグレードサービスが付帯したカードを7枚厳選してみました。

第1位 MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード

年会費20,000円(税別)とハイグレードなプラチナカードの中では保有しやすい1枚です。インビテーション不要で申し込みでの入会が可能なので、若い人でも持てるチャンスがあります。見た目にも高級感と風格があるので、持っているだけでもテンションが上がりそうです。

肝心のスペックも申し分なく、海外旅行や出張でVIP気分が味わえる空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」が利用できる他、最高1億円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯します。また、ホテルや航空券、レストランやギフトの手配を電話1本で受け付けてもらえるプラチナコンシェルジュサービスも24時間365日利用可能となっています。

この他、「プラチナグルメセレクション」という有名店のコース料理が1名分無料になる、グルメな方におすすめの特典も利用できます。

第2位 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

招待制が基本となるプラチナカードでありながら、申し込みによる入会ができる貴重なカードです。名称に「ビジネス」が付いているため法人カードとしての色合いが強いですが、一般の会社員が個人で保有することもできます。

年会費は通常20,000円(税別)とプラチナカードの中ではリーズナブルな上、年間200万円以上のショッピング利用があれば次年度は年会費10,000円(税別)とゴールドカード並みに抑えることができてお得です。アメックスは国内に弱いイメージがあるかもしれませんが、実はJCBと提携しているため国内・海外ともに幅広く使えます。

付帯サービスはプラチナだけあって、「プライオリティ・パス」で国内外の空港ラウンジが無料で利用でき、接待用のお店やゴルフ場、航空券の手配など24時間365日対応してもらえる会員専用のコンシェルジュサービスも利用可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail saisonamex business1

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
20,000円+税 20,000円+税 0.50% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 100万円~1,000万円 1.125% 無料

第3位 Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)

オリコカードのプラチナカードで、インビテーションなしで申し込みが可能です。プラチナカードは高額な年会費がかかることが多いですが、Orico Card THE PLATINUMは年会費20,000円(税別)で利用できます。しかも、家族会員は3名まで年会費無料と良心的です。

空港関連サービスが充実しているのも大きな特徴です。世界650ヶ所以上の空港ラウンジでくつろぎの時間を過ごせる「Lounge Key(ラウンジ・キー)」を標準装備している他、国内主要空港ラウンジが利用できる「オリコ空港ラウンジサービス」も付帯されています。他にもコートなど旅行先で不要な衣服を優待価格で預けられる空港クローク優待サービスや、海外用携帯電話・Wi-Fiレンタルサービスも割引価格で利用可能です。

さらに、料亭や有名レストランの優待サービスやコンシェルジュサービス、海外旅行中のケガや病気で困ったときに現地でのキャッシュレス治療の手配や医療通訳サービスを受けられる「海外メディカルヘルプライン」などハイグレードな特典満載です。

第4位 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ゴールドカードの中でも最高位に位置するとも言われる、プラチナカード並みのステータス性のあるカードです。年会費は29,000円(税別)と強気ですが、初年度年会費は無料で入会特典も用意されています。

主な特典としては、国内外の有名レストラン約200店舗の割引優待サービスの他、国内外の旅行に便利な豪華サービスが付いています。例えば、国内の主要空港ラウンジが同伴者1名まで無料で利用でき、世界120ヶ国以上のVIP専用ラウンジで通用する「プライオリティ・パス」が無料で利用可能となっています。

家族特約付きの手厚い旅行保険や、エアポート送迎サービス、手荷物無料宅配サービスといった至れり尽くせりの特典内容で、旅行や出張の機会が多い方がぜひ持ちたい1枚です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Thumbnail gold regular 01 480x304

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 29,000円(税別) 0.75% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

第5位 dカード GOLD

ドコモの携帯やドコモ光の利用料金が10%ポイント還元される、ドコモユーザーに最適なゴールドカードです。ドコモの携帯電話を紛失したり故障してしまった場合でも、購入から3年以内であれば最大10万円分を補償し、同一機種の購入をサポートしてくれます。

年会費は10,000円(税別)で一般的なゴールドカードと同等レベルですが、ローソンでの買い物が3%オフになり、最高1億円の海外旅行保険が家族特約付きで自動付帯となっています。また、会員専用のdカード GOLDデスクが用意されているため困ったときの電話もつながりやすく安心です。さらに、国内28ヶ所の主要空港ラウンジが無料で利用可能です。

ここまで、低コストカードや特典が充実したカード、上位カードをランキング形式で見てきました。次章ではクレジットカードを偏差値という視点でご紹介していきます。

dカード GOLD(dカード ゴールド)

Thumbnail master gold new 350

国際ブランド

MasterCard VISA

対応電子マネー

ID(アイディ) おサイフケータイ
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 公式サイト参照 dポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短5日間 - 公式サイト参照 永年無料

第6位 三井住友VISAゴールドカード

国内でも特に信頼度の高い三井住友VISAカードのゴールドカードです。年会費はインターネット入会をすれば初年度無料、2年目以降は10,000円(税別)ですが、WEB明細書とマイ・ペイすリボを利用すれば年会費4,000円(税別)も実現できます

前年度の利用金額に応じて与えられるボーナスポイントは通常カードの2倍となり、一流ホテルや旅館の宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」は最低価格からさらに3,000円割引となります。さらに、海外・国内旅行傷害保険は最高5,000万円と手厚く、最高300万円のショッピング補償も付帯。全国の主要空港ラウンジも無料で利用可能です。

24時間年中無休で医師に健康相談ができる「ドクターコール24」も上位カードならではの特典といえます。

三井住友VISAカード(ゴールド)

Thumbnail smbc gold

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~200万円 0.3% 500円

第7位 楽天ゴールドカード

年会費わずか2,000円(税別)で持つことができるリーズナブルなゴールドカードです。2016年に発行が開始された比較的新しいカードで、スタンダードな楽天カードの基本機能に加えてワンランク上のサービスが付帯しているコスパに優れた1枚です。

楽天市場でポイントが最大5倍になる他、国内主要空港やホノルル空港、仁川空港のラウンジが無料で利用でき、海外旅行傷害保険も自動付帯という良心的な仕様となっています。また楽天カードだと年会費が有料となるETCカードもゴールドカードなら無料です。

年会費を節約しながら上位サービスを利用したい方向けのカードと言えるでしょう。

楽天ゴールドカード

Thumbnail rakutenn gold

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 最高200万円(楽天ゴールドカード独自の審査基準によりご利用可能額を決めさせていただきます。) 無料

クレジットカードの難易度順(偏差値リスト)

クレジットカードは、以下の順で、審査の難易度やステータス、年会費が高くなっています。

  1. ブラックカード
  2. プラチナカード
  3. ゴールドカード
  4. 一般カード

偏差値の高い順にクレジットカードをご紹介していきます。ぜひ、クレジットカードを作る際の参考にしてみてください。

偏差値75を超える最難関カード

  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

難易度70を超える難関カード

  • アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
  • 三井住友プラチナカード
  • JCB・ザ・クラス

偏差値65を超えるやや難関カード

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • ダイナースクラブカード

偏差値60前後の多少ステータスのあるカード

  • アメリカン・エキスプレス・グリーンカード
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード
  • JCBゴールド

偏差値55前後の一般的なカード

  • 三井住友VISAカード
  • JALカード
  • ANAカード

偏差値50以下の比較的作りやすいカード

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • オリコカード
  • ACマスターカード

代表的なクレジットカードを難易度順に偏差値をつけて分類しております。それぞれのクレジットカードの年会費などの基本情報、特徴や特典などは以下の記事に詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

2017.07.05

クレジットカードの偏差値リスト!入手難易度の一番高いカードは何?

世の中には数多くのクレジットカードが溢れていますが、クレジットカードを作ろうとしているから方すると、それぞれのカードの作成難易度がわからないと、自分が申し込むカードを選べませんよね。 カード作成の判断基準を自分の中で持つために、 ・各クレジットカードの難易度を偏差値として知りたい・難易度の高いクレジットカードと低いクレジットカードの違いが知りたい と思われる方も多いのではないでしょうか。 この記事では、そういった方に向けに代表的なクレジットカードを難易度(偏差値)別に分類してみました。自分がどのクレジットカードを作るべきか、そしてこれから目指すべきクレジットカードはどれなのかを考える上で、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの難易度について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

Credit Reportと表示されたタブレットとカードを持つ人

2017.12.21

クレジットカード審査の難易度がひと目でわかる!年会費と一覧で紹介【2018年版】あなたのカード難易度は?

クレジットカードはたくさんの種類があり、その審査の基準はカード会社の基準やカードのランクにより異なります。 誰でもクレジットカードを申し込んだらスムーズに審査を通過し、無事にカードを手に入れたいですよね。そのためにはまず、審査が難しいカードと審査に通りやすいカードについて知っておきたいところです。今回の記事では、日本で発行されている主なクレジットカードの審査の難易度やその判断基準、さらに審査でカード会社が重視するポイントなどを知り、どのようなことに留意すればより難易度の高いカード審査に通るかなどについて、わかりやすく解説します。

まとめ

様々なクレジットカードがある中で、

「どんなクレジットカードが人気なのかわからない」
「どんなクレジットカードが自分に向いているのかわからない」という人のために、

2017年12月~2018年1月17日までの当サイト「ナビナビクレジットカード」のアクセス数による人気ランキングをご紹介しました。

年会費が無料&ポイントがたくさん貯まる」という、利用者のメリットが最大限にあるカードが1位~3位を占めました。

また2017年10月24日に新しく登場した「JCB CARD W」が、今年2018年のランキング1位に躍り出たところが大きな特徴です。

2017年版口コミランキングの記事では、ユーザーの生の声をランキングしておりますので、こちらの記事も参考にしてください。

実際に手に入れたいと感じるクレジットカードは、見つかりましたでしょうか?

それぞれの特徴もわかりやすくご紹介しましたので、記事を参考に自分にピッタリのクレジットカードを選んでくださいね。

2018年最新おすすめクレジットカードを徹底比較

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

ネットショッピングやお店の決済が便利で、ポイントも貯まる便利でお得なクレジットカード。「たくさん種類があってどれを作ったら良いかわからない」そんなあなたにおすすめのクレジットカードや専門家からのカード選びのポイントを解説します。あなたにぴったりのクレジットカードを見つけましょう。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら