楽天カードの審査難易度を検証!審査基準や入手までの流れを徹底解説

翻訳する女性

楽天カードマンのテレビCMでもお馴染みの楽天カード

基本還元率が1.0%と高還元率のうえに、楽天市場での利用でポイント還元率は4.0%、更に年会費は無料と非常にコスパに優れた人気のクレジットカードです。

「楽天カードは審査が甘いのか?」「無職でも通るのか?」などなど、楽天カードの審査に関する様々な噂が飛び交っていますが、「実際のところ審査基準はどうなの?」と思われている方は多いのではないでしょうか?

楽天カードの審査基準や作り方を知って、自分が楽天カードの審査に通るかどうかを知りたいと思いませんか?

この記事では、そんな楽天カードの審査に関するホントのところを徹底解説します。

「これから楽天カードを作りたいと思っているけれど審査が不安……」そのように思っている方でも楽天カードの審査や作り方に関わる事柄を理解し、自分が楽天カードの審査に通るかをある程度まで判断できるための情報をお届けします。

楽天カードの審査基準

カードを持ちながら概要をPCで調べる女性

楽天カードの審査難易度を測るために、 

  • 楽天カードの申し込み資格
  • 楽天カードの系統
  • 楽天カードの収入審査

上記について具体的な内容を確認していきましょう。

楽天カード

Thumbnail medium master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

楽天カードの申し込み資格は満18歳以上

楽天カードの申し込み資格は「満18歳以上」となっています。 高校生以外で満18歳で収入があれば誰でも申し込むことができるため、

  • 主婦(夫に収入がある)
  • アルバイト
  • パート
  • 学生(親に収入がある)
  • 年金受給者

といった方でも申し込むことが可能です。

楽天カードの注意点として、満18歳以上であったとしても高校生は申込むことができない点が挙げられます。

家族カードであったとしても高校生の場合は楽天カードを発行することができないので、高校を卒業したら申し込むようにしましょう。

楽天カードは作りやすい流通系カード

楽天カードは作りやすい「流通系カード」に分類されます。 クレジットカードには流通系カード以外にも、

  • 銀行系
  • 独立系
  • 交通系
  • 信販系

という系統に分けることができ、上記の中だと「銀行系」がもっとも難易度が高いカードとなっています。

流通系は信販系と同等レベルもしくはそれ以下に分類されるため、他のクレジットカードと比較すると審査の基準は難しくないという特長があります。

楽天カードは無収入でなければ審査対象になる

楽天カードは無収入でなければ審査対象となります。 主婦やアルバイトをしていない学生は、基本的に収入がないと考えることができます。

しかし、同居している家族に収入があれば、それは主婦や学生の収入としてカウントされることになるため「収入がある」として楽天カードの審査対象となります。

年金受給者も同じように考えることができます。無職ではあるものの、毎月「公的年金」という収入を得ているため、「収入がある」ということになります。

同一生計で生活している人がいなくてアルバイトやパートもしていない人は「無収入」としてみなされ、カード発行の審査対象外となる可能性が高くなります。

このように、楽天カードは高校生以外の18歳以上で何らかの収入を得ている人であれば審査が通りやすい流通系のカードであることが分かりました。

続いて、楽天カード入手までの流れを確認していきましょう。

楽天カード入手までの流れ

OKサインをする女性

楽天カードを入手するまでの流れは下記の3ステップとなっています。

  1. まず、web上から申し込みをする
  2. つぎに、審査結果の連絡を待つ
  3. 最後にカードが送られてくる

それぞれの内容を具体的に解説していきます。

楽天カード

Thumbnail medium master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

まず、web上から申し込みをする

楽天カードを作るためには、まずweb上から申し込みをします。 web上から申し込む際に知っておきたい3つのポイントをお伝えします。

審査で必要な情報

  • 名前、性別、生年月日
  • 電話番号(携帯電話でも可)
  • メールアドレス
  • 住所
  • 配偶者や世帯人数
  • 住宅ローンや家賃の支払状況
  • 自信の年収や世帯年収
  • 預貯金額
  • リボ払いやキャッシング枠の設定
  • 他社からの借入金額
  • 家族カードやETCカードの申請有無
  • インターネット口座手続き(後日でも可能)
  • 勤務先情報や職業

申込み時には、上記の個人情報が審査のために必要です。

申し込み時に名刺や免許証があれば便利

楽天カードの申し込み時には名刺や運転免許証があると便利です。

なぜなら、カード申し込み画面で勤務先情報や個人情報を入力する必要があるからです。

手元に名刺や運転免許証を用意しておくと、楽天カードの申し込みがスムーズにできるようになります。

申し込みフォームには事実を正しく入力することが審査通過の基本

申し込みフォームには事実を正しく入力することが審査通過の基本となります。 よくある間違いとして以下のようなものがあります。

  • 楽天会員に登録した氏名と申し込みフォームの氏名が異なる
  • パスポートに記載されているローマ字氏名と入力した氏名が異なる
  • 住所の「丁目」が重複している
  • 住所が間違っている
  • 電話番号が間違っている

もし楽天カードの申し込みフォームで氏名や住所、生年月日を間違えた場合でも、楽天カードコンタクトセンターまで連絡すれば大丈夫です。

カードを発行したあとに刻印されているローマ字を修正したい場合はカードの作り直しが必要となります。

面倒な手続きを増やさないようにするためにも、申し込みフォームへは正しい内容を入力するようにしましょう。

自動リボの項目に注意!

楽天カードを申し込む際は「自動リボ」の項目に注意し、リボ払いによる手数料を会費したい人は「申し込まない」にチェックを入れましょう。

「自動リボ」に申し込むと、利用金額がリボの支払指定額を超えてしまえば、リボ払い手数料を支払わなければなりません。

一括払いでカード利用をしても自動でリボ払いになってしまうため、気付かないうちに多額のリボ払い手数料を支払うことになるかもしれません。

自動リボに申し込むことで楽天ポイントがプレゼントされる特典もありますが、けっきょくリボ払い手数料で損をすることになりかねません。

自動リボで申し込んであとから解除することもできますが、申し込み画面では自動リボは「申し込まない」にチェックを入れておくことをおすすめします。

つぎに、審査結果の連絡を待つ

楽天カードをweb上から申し込んだら、つぎに審査結果の連絡を待ちましょう。

審査結果の連絡を待っているときに知っておきたいポイントを2つお伝えします。これで安心して審査結果の連絡を待つことができます。

審査期間は早ければ1日、遅くとも1週間

楽天カードの審査期間は早くて1日、遅くても1週間かかるとみておきましょう。

クレジットカードの審査の流れ

CICやJICCという個人の信用情報機関のデータを元に審査されます。審査の連絡がすぐに来ないからといってカード審査に落ちたわけではありません。

審査状況を確認する方法があるので、こまめに確認すれば安心して待つことができます。 その方法を詳しく説明していきます。

審査状況はweb上で確認できる

審査状況はweb上で確認することができます。 カード発行状況として以下5つのステップを確認することができます。

  • ステップ1:WEB受付
  • ステップ2:審査中
  • ステップ3:ご本人様確認
  • ステップ4:可否判定
  • ステップ5:カードの発行

早ければカードを申込んだその日に本人確認の連絡があり、カード発行可否判定へと進みます。

審査結果が分かるまでは不安ですが、進行状況が分かれば落ち着いて連絡を待つことができるでしょう。

最後にカードが送られてくる

最後に楽天カードが本人限定郵便で送られてくるので、カードを申し込んだ本人が受け取ります。

もしタイミングが合わず受け取れなかった場合は、不在票を使って再配達してもらいましょう。

web上で申し込んで「申し込み受付のお知らせ」メールが届いてから、通常は約1週間程度で楽天カードが送られてきます。

「カード配達状況確認」にある「お問い合わせNo.」を使って、配送会社の荷物追跡サービスで配送状況を確認することもできます。

もし不在票の保管期限を過ぎて楽天カードがカード会社へ返送されてしまうと、お問い合わせNo.を確認することができなくなってしまいます。

不在票を受け取ったらなるべく早めにカードを再配達してもらうようにしましょう。

ここまで、楽天カード入手までの流れと知っておきたいポイントをご紹介しました。

最後に、楽天カードの審査に落ちてしまうパターンを解説します。

楽天カードの審査に落ちてしまうパターン

困る女性

楽天カードの審査に落ちてしまうパターンには、

  • 個人情報を正しく記載していない
  • 過去に金融事故がある
  • 30代以上で一度もクレジットカードを使ったことがないスーパーホワイト
  • 多重申し込みをしている
  • キャッシングやローンなどで借入金額が多い

すでに楽天グループの別カードを保有している といったものがあります。それぞれのパターンを具体的にご説明します。

個人情報を正しく記載していない

個人情報を正しく記載していないと楽天カードの審査に落ちてしまいます。

「申し込みフォームには事実を正しく入力することが審査通過の基本」でもお伝えしましたが、楽天会員情報と申し込みフォームに入力した内容が違うと、正しく申し込むことができていないためにカード審査に落ちることがあります。

カード申込み後に誤った情報を登録してしまった場合はそのままにせず、楽天コンタクトセンターへ連絡するようにしましょう。

過去に金融事故がある

過去に金融事故がある場合は、審査基準が緩い楽天カードでも審査に落ちてしまうことがあります。 金融事故とは、

  • 自己破産
  • 支払遅延損害
  • 債務整理
  • カード利用停止

などがあります。 いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれているもので、個人信用情報機関に登録されている自分のデータに傷がついているとカード審査に落ちる可能性が高くなります。

スマホの割賦販売や奨学金の延滞も対象に!

スマホの割賦販売や奨学金の延滞も金融事故の対象となります。

楽天カードを申し込む前に、スマホの分割払いや奨学金の返済で滞納していたことがなかったか、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

30代以上で一度もクレジットカードを使ったことがないスーパーホワイト

30代以上で一度もクレジットカードを使ったことがないスーパーホワイトと呼ばれている人も、楽天カードの審査に落ちてしまうことがあります。

スーパーホワイトというのは、個人信用情報機関にクレジットカードの利用実績が何も残っていない状態を指し、

  • これまで現金だけで支払いを行ってきた人
  • 過去の金融事故を起こしてリセットされた状態の人

これらのどちらかに分類されることになります。

もちろん20代でホワイトな状態というのは、クレジットカードを作れるのが18歳という入会基準からすると何ら不自然なことではありません。

しかし30代でスーパーホワイトとなると、過去に金融事故を起こした可能性が高いと判断されやすくなってしまいます。

もし自分が30代以上のスーパーホワイトであるなら、まずは携帯電話の分割購入等で信用情報の履歴を残していきましょう。

そして滞納履歴がない状態で楽天カードを申し込めば、30代以上のスーパーホワイトでも審査に通過する可能性が高くなります。

多重申し込みをしている

多重申し込みをしていると、楽天カードでも落ちることがあります。

多重申し込みとは、連続してさまざまなクレジットカードを申し込むことです。楽天カードの前にいくつもカードを申し込んで、しかも審査落ちしていると「お金に困っている人」とみなされてしまいます。

クレジットカードの審査の流れ

各カード会社は信用情報機関に登録されている申込者のデータを元に審査をするため、楽天カードの前に申し込んだカードがあるかどうかすべてお見通しなのです。

「このカードが作れなかったから次はこのカード……」というように多重申し込みをしている人は、6か月くらい間を空けてから楽天カードを申し込むようにしましょう。

キャッシングやローンなどで借入金額が多い

キャッシングやローンなどで借入金額が多い人は、楽天カードが作れない可能性があります。

楽天カードの審査に落ちないようにするためには、返済できるものからどんどん返していきましょう。

借入金額が年収に見合った金額になってから、楽天カードを申し込むようにしましょう。

すでに楽天グループの別カードを保有している

すでに楽天グループの別のカードを保有している人は、楽天カードを作ることができません。 例えば、以下のようなパターンがあります。

  • 楽天銀行カードを持っている人が楽天カードを作ることはできない
  • 異なる国際ブランドの楽天カードを複数持つことはできない
  • 楽天カードと楽天PINKカードを同時に持つことはできない

このようなパターンの場合は、いくら審査基準を満たしていてもカード発行基準を満たしていないため、楽天カードが作ることができません。

カード切り替えや解約手続きをすれば、楽天カードが作れるようになります。

まとめ

楽天カードの審査基準や入手までの流れを、最後にもう一度まとめます。

  • 楽天カードは、何らかの収入がある高校生以外の18歳以上であれば申し込むことができる
  • 楽天カードは流通系カードであるため審査難易度はそこまだ高くない
  • 楽天カードを入手するまでは「web上から申し込む」「審査結果の連絡を待つ」「カードを受け取る」という3つの流れで行われる
  • 楽天カードの審査に落ちてしまう原因がないか、申し込み前にあらかじめ確認しておくと審査に通りやすくなる

意外と見落としがちなのが、スマホの分割払いや奨学金の返済を滞納してしまったというケースです。クレジットカードとは関係のない情報も、しっかりと信用情報機関に登録されています。

いざという時にクレジットカードが作れないということのないように、日ごろから支払期限を守って支払うようにしましょう。

これで、楽天カードの申し込みに不安を感じている人が楽天カードの審査基準や入手方法の流れを知り、自分が楽天カードの審査に通るかという見通しをつけることができるようになります。

楽天カード

Thumbnail medium master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

2018年最新おすすめクレジットカードや選び方のコツを解説

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを厳選!自分にぴったりのベストなクレカを比較しよう

現金を用意する必要もなく利用によってポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。単にクレジットカードといっても、たくさんあってわかりにくいですよね。クレジットカードの特性を知らずに、やみくもに「ただなんとなく」カードを作ったり、使ったりすることは「少しもったいないこと」といえます。クレジットカードはうまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

クレジットカード審査の難易度がひと目でわかる!年会費と一覧で紹介!あなたのカード難易度は?

2017.12.21

クレジットカード審査の難易度がひと目でわかる!年会費と一覧で紹介【2018年版】あなたのカード難易度は?

クレジットカードはたくさんの種類があり、その審査の基準はカード会社の基準やカードのランクにより異なります。 誰でもクレジットカードを申し込んだらスムーズに審査を通過し、無事にカードを手に入れたいですよね。そのためにはまず、審査が難しいカードと審査に通りやすいカードについて知っておきたいところです。 今回の記事では、日本で発行されている主なクレジットカードの審査の難易度やその判断基準、さらに審査でカード会社が重視するポイントなどを知り、どのようなことに留意すればより難易度の高いカード審査に通るかなどについて、わかりやすく解説します。

クレジットカードを拡大した写真

2017.08.22

クレジットカードの審査が通りやすいカードとは?審査に通る正しい申込方法

クレジットカードには審査がありますが、その審査に通りやすいカード、通りにくいカードというのはあるのでしょうか。学生やアルバイトの人でも安心して審査に通りやすいカードがあるとしたら、どのようなカードなのでしょうか。 主婦やバイト、学生でも審査に通りやすいクレジットカードが欲しいと思いませんか? こちらの記事では、 比較的審査に通りやすいカード 実際に審査ではどのようなことが基準となるのか、落ちてしまいやすいポイント クレジットカード以外のデビットカードやプリペイドカードなど代替手段 などについて紹介します。 これでクレジットカードの審査に不安を感じている人でも、安心してクレジットカードを正しく申し込むことができるようになります。また、クレジットカード以外の代替手段を知ることができれば、自分にとってどのカードがベストなのかを判断することができるようになります。 特に過去に審査に落ちて不安に思っている人は、是非最後までお読みください。

電卓とお金

2018.01.30

クレジットカードの審査をパスできる年収はいくら?正しい書き方も解説

クレジットカードの申し込みに必ず申告欄があるのが、「年収」です。クレジットカードの申し込みの際に記載するべき年収がどの年収なのかや、どの程度の年収があれば審査に通過するのかについて知りたくありませんか?今回は、クレジットカードの審査を通過して無事カードをゲットするために知っておきたい、正しい年収の書き方をまとめました。また、クレジットカードの審査に通過すると言われている年収を普通カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどカードのランクごとに解説していきます。自分の年収を知る方法や正しく申告しなかった場合どのような影響があるのかも解説していきますので、実際にクレジットカード会社へ申込書を出す時の参考にしてくださいね。

困った顔でパソコンを見る男性

2018.01.30

クレジットカードの審査が通らない理由と再審査を通過するための秘訣

クレジットカードを作ろうと意気揚々と申し込んだのに、審査に落ちてしまった……。このような経験をした人は少なくはないはずです。 このページを読んでいるあなたは、クレジットカードの審査に落ちてしまった人、あるいはクレジットカードの審査に通るか不安な人ではありませんか? そんなあなたは今、 自分がクレジットカードの審査に通らない理由が知りたい どうしたらクレジットカードの審査に通りやすくなるかを知りたい クレジットカードの審査に落ちて、再度トライする時の注意点が知りたい 審査に通りやすいクレジットカードを知りたい このように思っていませんか? この記事を読んでいただければ、上記の疑問点がすべて解決します。クレジットカードの審査が通らなくて悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら