【100円で1ポイント!】楽天ETCカードのメリット・デメリットと年会費を無料にする方法

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
【100円で1ポイント!】楽天ETCカードのメリット・デメリットと年会費を無料にする方法

楽天ETCカードがあれば、通行料金100円ごとに1ポイントが貯まります。

短距離のマイカー通勤や週末のドライブなど、高速道路で少額の通行料金を支払う場合でも確実にポイントを貯めることができるます。

多くのETCカード比較サイトで上位にランクインしているカードです。

楽天ETCカードの概要やメリットとデメリット、申請したらどれくらいで手にすることができるのかを知りたいと思いませんか?

今回は楽天ETCカードについて詳しく説明します。

楽天ETCカードの年会費を無料にする具体的な方法もお伝えしていきますので是非参考にしてみてください。

楽天ETCカードに入会しようか迷っている人が、楽天ETCカードのメリットやデメリットを知り、自分が入会するべきかどうかを判断するための手助けとなるでしょう。

楽天ETCカードの概要

楽天カード

楽天ETCカードの概要として、

  • 楽天ETCカードに紐づけされるクレジットカード
  • 楽天ETCカードの支払請求方法
  • 楽天ETCカードの年会費

についてお伝えします。

楽天ETCカードがどのようなカードなのか確認することができます。

楽天ETCカードは楽天クレジットカードに付帯するETCカード

楽天ETCカードは楽天クレジットカード(楽天カード)に付帯するETCカードとして発行されます。そのため、楽天ETCカードだけを発行することはできません

楽天カード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 500円(税別)

※顧客満足度No.1に関する参照元:https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2017/1213_01.html

楽天ETCカードを持つためには、まず楽天カードに申込む必要があります楽天カードの新規入会と同時に楽天ETCカードを申込むことも可能です。

後述する「楽天ETCカードのメリット」の中で、新規入会特典について詳しく解説していきます。

もう既に楽天カードを持っているという場合は、楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-navi」か「自動音声専用ダイヤル」で楽天ETCカードを申込みます。

発行までにかかる日数については、後ほど詳しく解説します。

楽天ETCカードは楽天クレジットカードと一緒に支払請求される

楽天ETCカードで利用したETC通行料金は楽天クレジットカードと一緒に支払請求されます。

そのため、楽天ETCカードだけの利用明細を発行することはできず、楽天カードの利用明細にETC通行料金がまとめて記載されることになります。

もしETC通行料金だけの利用明細が欲しい場合は、高速道路各社が提供している「ETC利用照会サービス」を利用しましょう。

そうすれば、利用明細や利用証明書を確認できるだけでなく、PDF出力やCSVデータ抽出が可能となります。

楽天ETCカードは年会費が500円(税別)かかる

楽天ETCカードの年会費は500円(税別)がかかります。

紐づけされる楽天カードの年会費は0円なので、楽天カードと楽天ETCカードをセットで持つと年会費が500円(税別)かかることになります。

※楽天カードのETCカードは本会員一人につき1枚です。2枚、3枚と複数枚ETCカードを作ることはできず、家族カードにもETCを付帯できません。

ここまで楽天ETCカードの概要についてご紹介しました。続いて楽天ETCカードのメリットをご紹介します。

これを読めば、楽天ETCカードが本当にお得なのかが分かります。

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁 監修者

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

楽天カードのETCカードは注意が必要です。一般カードの場合、クレジットカード自体の年会費は無料にもかかわらず、ETCカードの年会費は500円(税別)必要です。

ただし、更新のタイミングで楽天Point Clubのプラチナ会員・ダイヤモンド会員(過去6カ月間のポイント獲得回数などで決定)、または楽天ゴールドカード以上のクレジットカードを保有している場合はETCカードの年会費が無料になります。

最近はETCカードの利用実績がない場合はETCカードの年会費が有料になったり、発行手数料が必要だったりする場合も多く、楽天ゴールドカード以上を保有してETCカードを申し込むのもおすすめです。

楽天ETCカードのメリット

車内でカードを持つ手

楽天ETCカードには、

  • 通行料金100円ごとに1ポイント貯まる
  • 入会キャンペーンでポイントをプレゼント中

という2つのメリットがあります。

それぞれのメリットをより詳しくお伝えしていきます。

通行料金100円ごとに1ポイント貯まる

楽天ETCカードがあれば、通行料金100円ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まります。

通常のお買い物と同じように楽天ポイントが貯まるので、高速道路を使ってマイカー通勤している方は普段の生活でお得にポイントを貯めることができます。

片道500円程度の短距離区間であったとしても1日往復で10ポイント1ヶ月20日出勤した場合は200ポイントを貯めることができます。

週末のドライブで遠出した場合はもっとお得にポイントを貯めることができます。

例えば、有明から御殿場まで首都高と東名高速道路を利用した場合、ETC料金だと片道約3,500円の通行料金がかかります。

往復だと約7,000円となり、ポイントに換算すると70ポイントが貯まる計算になります。

このように、ETC通行料金を支払う機会が多い人ほど、楽天ETCカードでお得にポイントを貯められるようになります。

新規入会&カード利用でポイントをプレゼント中

楽天ETCカードには、楽天カードの新規入会&カード利用でポイントがプレゼントされるメリットがあります。

実施される特典によってもらえるポイント数は5,000ポイント~8,000ポイントの間で変わることがありますが、5,000ポイントを参考にすると

  • 新規入会:2,000ポイント
  • カード初回利用特典:3,000ポイント
  • 合計:5,000ポイントプレゼント

となっています。

もらった5,000ポイントは5,000円相当分として使うことができますから、年会費500円(税別)は実質無料と考えることができます。

ただし、既に楽天カードを申込んでいる方で入会ポイントをすべて使ってしまった方には大きなメリットとはなりません。

後述する「楽天ETCカードの年会費を無料にする方法」を是非ご確認いただきたいと思います。

楽天カードには「通行料金100円ごとに1ポイント貯まる」「入会キャンペーンでポイントをプレゼント中」という2つのメリットがあることが分かりました。

続いて、楽天ETCカードのデメリットをご紹介します。楽天ETCカードを申込んでから後悔する前に、是非確認しておきましょう。

楽天ETCカードのデメリット

白黒の高速道路

楽天ETCカードには、

  • 年会費がかかる
  • 家族カードにETCカードを付帯することはできない

という2つのデメリットがあります。

それぞれのデメリットの詳しい内容と、デメリットを解消するための方法をお伝えしていきます。

年会費がかかる

楽天ETCカードは、500円(税別)の年会費がかかるデメリットがあります。

ただし、ある条件を満たせば楽天ETCカードを無料にすることができます。詳細は「楽天ETCカードの年会費を無料にする方法」でご確認いただけます。

家族カードにETCカードを付帯することはできない

楽天ETCカードは、家族カードにETCカードを付帯できないというデメリットがあります。

楽天カードのETCカードは本会員一人につき1枚です。2枚、3枚と複数枚ETCカードを作ることはできず、家族カードにもETCを付帯できません。

他のクレジットカードの場合は、本会員カードに家族カードを追加してさらに家族カードにETCカードを付帯できるものがあります。

他の一般的なクレジットカード

【本会員カード&ETCカード】:〇 本会員カードにETCカードを付帯
【家族カード&ETCカード】:〇 本会員カードから追加した家族カードにETCカードを付帯

しかし楽天ETCカードは、本会員カードから追加した家族カードにETCカードを付帯させることができません。

楽天カード

【本会員カード&ETCカード】:〇 本会員カードにETCカードを付帯
【家族カード&ETCカード】:× 本会員カードから追加した家族カードにETCカードは付帯できない

そのため、もし家族全員が楽天ETCカードを持ちたいという場合は、家族1人1人が楽天カードの本会員になる必要があります

【本会員カード(夫)&ETCカード】:〇本会員カードにETCカードを付帯
【本会員カード(妻)&ETCカード】:〇本会員カードにETCカードを付帯

上記パターンの注意点として、

  • ETCカードそれぞれ1枚につき年会費500円(税別)がかかる
  • 貯めたポイントは本会員それぞれのポイントとなるため、家族であったとしても合算することができない
  • 本会員になるためにカード審査が必要となる

という点が挙げられます。

本会員カード1枚で家族カードもETCカードも発行したいという場合は、他のETCカードを検討することをおすすめします。

楽天ETCカードには「年会費がかかる」「家族カードにETCカードを付帯することはできない」という2つのデメリットがあることが分かりました。

楽天カード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 500円(税別)

※顧客満足度No.1に関する参照元:https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2017/1213_01.html

続いて、楽天ETCカードの年会費を無料にする方法について詳しく解説していきます。

楽天ETCカードの年会費を無料にする方法

車の中からカードを見せる女性

楽天ETCカードの年会費を無料にするには、

  • ゴールドカードを所有する
  • 楽天PointClubのプラチナ会員かダイヤモンド会員になる

という2つの方法があります。

それぞれの詳しい内容をお伝えします。

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁 監修者

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

楽天ゴールドカードは楽天市場などで一般カードよりも2%分多くのポイントを獲得でき、ETCカードの年会費も無料となるため、楽天市場などでの利用金額(年間11万程度を利用するかどうか)を考えてみましょう。

ちなみに、筆者は財布に入れていた予備のETCカードがICチップ不良で使えなかったことがあり、それ以降、楽天ブラックカードのETCカードも予備で申し込んであります。年会費のかからない予備のETCカードは複数枚用意しておくのに、楽天ゴールドカードはおすすめです。

ゴールドカード所有であれば、ETCカードは年会費無料

楽天カードの中でもゴールドカードを所有すれば楽天ETCカードの年会費が無料になります。

楽天ETCカードの年会費が無料になるゴールドカードは以下の2枚です。

  • 楽天プレミアムカード 年会費:10,000円(税別)
  • 楽天ゴールドカード 年会費:2,000円(税別)

ETCカード料金を無料にするためには「楽天ゴールドカード」のほうがお得です。なぜなら、楽天カード同様に新規入会+1回利用で最大5,000ポイントをもらうことができるからです。

楽天ゴールドカードならプレゼントされるポイントで年会費が実質無料になり、楽天ETCカードもステータスカード特典で無料になってお得です。

そのうえ楽天ゴールドカードには、楽天市場でのお買い物でポイント還元率がいつでも5倍になるメリットもあります。

年会費無料の楽天カードにはない「国内空港ラウンジ無料利用サービス特典」もあるので、コストパフォーマンスに優れたカードであると言えます。

もちろん「楽天プレミアムカード」もプライオリティ・パスが追加できたりポイント還元率がお得になったりするお得なカードですが、ETCカードの年会費を無料にするために持つカードという視点で考えると年会費2,000円(税別)の「楽天ゴールドカード」のほうがお得であると言えます。

楽天ゴールドカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 公式サイト参照 無料

楽天市場でのポイントを効率よく貯めたい人や国内空港ラウンジを利用したい人は、楽天ゴールドカードでETCカードの年会費を無料にする方法をおすすめします。

楽天PointClubのプラチナ会員とダイヤモンド会員は年会費0円

楽天PointClubのプラチナ会員とダイヤモンド会員は、楽天ETCカードの年会費が0円になります。

楽天PointClubの会員ランクは、

  • ダイヤモンド会員
  • プラチナ会員
  • ゴールド会員
  • シルバー会員

の4つがあり、それぞれの会員になるために必要な条件は以下のようになっています。

過去6か月のポイント獲得数 ポイント獲得回数 楽天カードを保有しているかどうか
ダイヤモンド会員 4,000ポイント 30回以上 楽天カードを保有している必要がある
プラチナ会員 2,000ポイント 15回以上 楽天カードを持っていなくてもよい
ゴールド会員 700ポイント 7回以上 楽天カードを持っていなくてもよい
シルバー会員 200ポイント 2回以上 楽天カードを持っていなくてもよい

ダイヤモンド会員になるためには、ポイント獲得数やポイント獲得回数の条件を満たすだけでなく、楽天カードを保有していることが必要となります。

しかし、楽天ETCカードには紐づけされる楽天カードの発行が必要不可欠となります。楽天カードを保有しているかどうかは、比較的容易にクリアすることができるでしょう。

楽天ETCカードの年会費を無料にするためには、「ステータスカードを所有する」「楽天PointClubのプラチナ会員かダイヤモンド会員になる」という2つの方法があることが分かりました。

次に、楽天ETCカードが発行されるまでにかかる日数について確認しておきましょう。

楽天ETCカードの申請から入手まで約7日~10日

カップルの女性がPCの前でクレジットカードを持つ様子

楽天ETCカードを申請してから入手するまでには約7日~10日かかるとみておきましょう。

楽天コンタクトセンターに問い合わせたところ、楽天カードを新規に申し込む場合も、既に楽天カードを持っていてETCカードを追加する場合も7~10日かかるという回答でした。

早くETCカードを手に入れたいという方は、余裕を持ってカード申込みをするようにしましょう。

それでは最後に、楽天ETCカードをおすすめする人をご紹介します。自分が楽天ETCカードを作るべきかどうかを判断するための手助けとなるでしょう。

楽天ETCカードは楽天市場でよく買い物をする人におすすめ

買い物袋を持ちながらカードを持つ女性

楽天ETCカードは楽天市場でよく買い物をする人におすすめです。

先ほどの楽天PointClubの会員ランクでもお伝えしましたが、

  • 過去6ヵ月で2,000ポイント以上を獲得
  • 過去6か月でポイント獲得回数が15回以上

という条件を満たすとプラチナ会員となるため、ETCカードの年会費が無料になります。

楽天ETCカードを申込んだ翌月に500円(税別)の年会費が請求されることになりますが、会員ランクの判定時にプラチナ会員以上であることが確認できれば年会費が請求されることはありません。

会員ランクは毎月2日の0:00に切り替わり、切り替わった後の会員ランクが適用されます。

そのため、会員ランクがプラチナになっていることを確認してから楽天ETCカードを申込めば、確実に年会費を無料にすることができるようになります。

まとめ

楽天ETCカードは年会費500円(税別)で通行料金100円につき1ポイントが貯まるお得なETCカードであることが分かりました。

楽天ETCカードだけを申込むことができず、楽天カードとセットで持つ必要があり、家族カードに付帯させることができないという注意点があります。

年会費がかかるというデメリットもありますが、「入会キャンペーンのポイントプレゼント」で年会費を実質無料にすることができたり、「ステータスカードの所有」と「プラチナ会員以上になる」という方法で年会費を無料にしたりすることができます。

楽天ETCカードを手に入れるためには最短でも1週間かかるため、余裕を持って申込むと安心です。

この記事を最後までお読みいただくことで、自分に楽天ETCカードが適しているかを確認できたのではないでしょうか。

楽天市場をよく利用する人は楽天ETCカードでさらにお得にポイントを貯めてみてはいかがですか?

2020.09.11

運転をする女性

【2020年版】ETCカードのおすすめ7選!年会費・手数料無料のクレジットカードを紹介!

年会費も発行手数料も無料のETCカードを紹介しています。どのETCカードが良いの?と迷う方向けに「迷ったらとりあえずこれ!3選」と「その他年会費無料の…

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ