楽天ペイとは?お得なポイントのため方&おすすめのクレジットカード4選

楽天Pay(ペイ)とは?お得なポイントのため方&おすすめのクレジットカード4選

「楽天ペイと楽天Edyって何が違うの?」
「楽天ペイで支払う方がお得?」

楽天ペイとは、楽天が提供するスマホ決済サービスのことで、QR決済とバーコード決済の2形式で提供されています。LINE PayやPayPayとともによく利用されているスマホ決済サービスの1つです。

今回は、楽天ペイについて、楽天Edyなど他のキャッシュレス決済との違いを説明した後、楽天ペイを使うメリットとデメリット、楽天ペイでお得にポイントを貯める方法について解説します。

楽天ペイを使う際の注意点や、楽天ペイに設定するのにおすすめのクレジットカードも紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

楽天ペイとは?楽天カードや楽天Edyとの違い

楽天ペイと楽天Edy、楽天カードは、いずれも楽天グループのキャッシュレス決済方法です。

それぞれの違いについて、以下の比較表を作成しました。

楽天ペイ 楽天Edy 楽天カード
支払い方式 クレジットカード経由の後払い方式と即時決済が選択可能 事前チャージによる前払い&即時決済 後払い方式
使える店舗の多さ △(順次拡大中)
チャージ時のポイント還元率 クレジットカードのポイント還元率 クレジットカードのポイント還元率 -
支払い時のポイント還元率 楽天スーパーポイント0.5% 楽天スーパーポイント0.5% 楽天スーパーポイント1.0%
楽天カードでチャージした場合の楽天ポイント還元率 チャージ時+支払い時で合計1.5% チャージ時+支払い時で合計1.5% -
支払いの手順 QRコード決済
バーコード決済
セルフペイ
店頭で専用の読み取り機にかざすだけ ICチップ読み取り

3種類の決済について、違いを明確にしながら楽天ペイの機能を中心に解説します。 

支払い方式

楽天ペイと楽天Edyの大きな違いは、決済方式が後払いか即時決済かという点です。

楽天ペイは、後払い方式と即時決済方式を切り替えることが可能です。クレジットカード決済を優先している場合は、利用代金はクレジットカードから引き落とされ、後払い方式となります。

楽天スーパーポイント・楽天キャッシュを優先する設定にしている場合は、その場で楽天スーパーポイント・楽天キャッシュが引き落とされる即時決済方式です。

楽天キャッシュは楽天の新しい電子マネーです。さまざまなチャージ方法があり、現金やクレジットカードからのチャージができます。

楽天Edyは即時決済方式。事前に一定の金額をチャージして、実際に買い物をしたタイミングでチャージしたお金を即時に支払い、チャージ金額から差し引かれる形式です。

楽天Edyはクレジットカードや現金などさまざまな方法で現金をチャージして、そこから必要分だけ支払う形式です。

使える店舗の多さ|楽天ペイの使える主な店舗紹介

楽天ペイは、楽天Edyや楽天カードに比べて使える店舗は少なくこれから順次拡大中です。

とはいえ、大手コンビニはセブンイレブン以外すべて利用できるほか、welclaやスギ薬局などの大手ドラッグストアチェーン、ジョーシンやビックカメラなどの家電量販店など、使える店舗は増えてきています。

自分が良く利用する店舗が楽天ペイに対応しているかどうかは、公式サイトを確認するか、楽天ペイアプリの「お店を検索」機能で近くの利用可能店舗を検索するかで可能です。

ポイント還元率の特徴

ポイント還元率の特徴は、楽天カードが1%、楽天ペイと楽天Edyが0.5%とシンプルです。

ただ、楽天ペイで利用するクレジットカードや楽天Edyにチャージするのにクレジットカードを使うと、そのクレジットカードの利用分はそのカードのポイントが付きます。

このように、ポイントが二重取りできる点が楽天ペイや楽天Edyを利用するメリットです。

楽天カードの場合、楽天ペイで利用するクレジットカードとして設定すると、合計1.5%のポイントが獲得できます。

楽天カードをそのまま利用可能なお店で使うよりも、楽天ペイや楽天Edyを通して支払った方がお得です。

支払いの手順

支払いの手順は楽天ペイが少し複雑で3通りあります。

コード払いは、店舗でバーコードまたはQRコードを読み取ってもらうだけで決済完了。スマホの画面を見せるだけです。

一方、QR払いやセルフでの支払いは、こちら側で金額の入力という手間が発生します。

QR払いは店頭のQRコードを読み取って金額を入力し、レジ係の店員に支払内容を見せる、という手順が必要です。

セルフ払いは、居酒屋などでレジが混雑している時に便利な支払方法です。自分でお店を検索して、金額を手入力することで、支払いを済ませることができます。

ここまでで、楽天ペイと楽天Edy、楽天カードそれぞれの決済方法について、特徴や違いについて説明しました。

楽天Edyに興味を持った!という方は、ぜひ以下の記事も読んでみて下さい。

2019.07.23

ダブルピースで喜ぶ女性

クレジットカードと楽天Edyでポイント二重取り!お得なチャージ方法を解説

楽天Edyはチャージ式の電子マネーです。あらかじめ現金やクレジットカードなどでチャージしておくと、お店では読み取り機にかざすだけで簡単に決済することが…

次に、楽天ペイを使うメリットを3つ紹介します。

楽天ペイを使うメリット3つ

楽天ペイのメリットは、主に以下の3点です。

メリット
  • 他のキャッシュレス決済に比べて合計のポイント還元率が高い
  • クレジットカードの不正利用被害に遭う可能性が減らせる
  • 期間限定の楽天スーパーポイントをリアル店舗で気軽に使える

それぞれのメリットについて、もう少し詳しく説明します。

他のキャッシュレス決済に比べて合計のポイント還元率が高い

楽天カードに比べて合計のポイント還元率が高い点は、楽天Edyを使うメリットです。

楽天Edyとは同じポイント還元率ですが、楽天ペイに楽天カードをセットすると常時5%になるキャンペーンがあるなど、たくさんのポイントが貯まりやすくなっています。

クレジットカードの不正利用被害に遭う可能性が減らせる

楽天ペイでの支払いには、クレジットカード番号や暗証番号などのやり取りが発生しません。

QRコードやバーコードを使っての決済となるため、カード番号や暗証番号を盗まれる危険性が減らせます。

また、クレジットカードを持ち歩かなくて済むため、盗難や紛失のリスクも抑制可能です。

期間限定の楽天スーパーポイントをリアル店舗で気軽に使える

楽天ペイは、期間限定ポイントでも使用できます

支払いの設定で、楽天キャッシュよりも楽天スーパーポイントを優先して支払うようにしておくと、期間限定ポイントがある場合優先して支払いに充てられます。

楽天スーパーポイントは、キャンペーンポイントを期間限定ポイントとして付与することが多く、ネット通販だけではポイントを使い切れません。

その使いきれないポイントを楽天ペイを通してコンビニや居酒屋など身近な実店舗で利用できるのは、非常に利便性が高いです。

ここまでで、楽天ペイのメリットについて解説しました。

次に、楽天ペイのデメリットについても見ていきましょう。

楽天ペイを使うデメリット3つ

楽天ペイにはデメリットも3点あります。

デメリット
  • 支払いの手順が面倒
  • 使える店舗がまだ少ない
  • 利用可能額に上限がある

これらのデメリットについて、具体的にどういうことなのかを説明します。

支払いの手順が面倒

楽天ペイでの支払方法は、楽天カードや楽天Edyに比べ、ユーザー側の操作が必要で少し面倒と感じるかもしれません。

スマホアプリを起動してレジのバーコードリーダーでバーコードやQRカードを読み取ってもらったり、自分で金額を入力したりする手間は、他の決済方法にはない点です。

おサイフケータイや交通系ICカードでのコンタクトレス決済に慣れていると、このひと手間は意外と面倒です。

使える店舗が楽天カードや楽天Edyに比べるとまだ少ない

現在拡大中とはいえ、使える店舗が楽天カードや楽天Edyに比べるとまだ少ない点も、楽天ペイのデメリットです。

コンビニではセブンイレブンがまだ使えず、家電量販店ではヨドバシカメラでは使えません。

楽天カードが使えるのと同じぐらい利用店舗数が増えるまでは、まだ少し使いづらさを感じるでしょう。

コンビニは1回に使える金額が4,000円までなど利用上限枠がある

楽天ペイは、利用額の上限がある点にも注意が必要です。

1回あたりの利用上限額は50万円となっているので、家電や家具などで50万円以上する高価な商品を購入する場合は、上限を超えないように注意してください。

なおコンビニでは、1回に使える金額が4,000円までと設定されています。

コンビニをよく利用するという方は、以下の記事で「コンビニでお得に使えるカード」を選ぶことをおすすめします。

2020.08.03

コンビニでクレジットカード決済を行う

【現金払いは損!】コンビニ別にお得なクレジットカードを徹底紹介

コンビニは日常生活のなかで利用頻度が多いので、ポイントが自然と貯まっていきます。メインカードとは別にサブのカードとして持つのも良いでしょう。また、…

ここまで、楽天ペイのデメリットについて説明しました。

次に、楽天ペイを利用してお得にポイントをためる3つの方法について紹介します。

楽天ペイを利用してお得にポイントをためる3つの方法

楽天ペイを上手に利用することで、お得にポイントを貯めることができます。
ここでは、基本ともいえる

お得なポイントのため方を3つご紹介します
  • 楽天ペイを使えるところはすべて楽天カードではなく楽天ペイで支払う
  • 獲得上限ポイントをチェックしつつキャンペーンを上手に利用する
  • 「Kyash」を使って合計2.5%のポイントをゲットする

これらの方法について、詳細を見ていきましょう。

楽天ペイを使えるところはすべて楽天カードではなく楽天ペイで支払う

楽天カードをただ使うよりも、楽天カードを設定・あるいは楽天キャッシュにチャージしてから楽天ペイで支払うことで、楽天スーパーポイントの二重取りができます。

また、キャンペーンによっては、楽天カードを楽天ペイに設定して支払いを行うだけで、ポイントが2.5%になることも。

単に楽天カードを使うよりもお得にポイントがたまる、基本的な方法です。

獲得上限ポイントをチェックしつつキャンペーンを上手に利用する

楽天ペイは、さらなるユーザー数獲得のために、さまざなキャンペーンを行っています

ただし、キャンペーンで獲得できるポイント数には上限が決まっていることがあるため、必ず確認してポイントのために無駄遣いしないように注意しましょう。

「Kyash」を使って合計2.5%のポイントをゲットする

「Kyash」は、お金をチャージして使えるだけでなく、支払金額の1%をキャッシュバックとして受け取れる点が大きな魅力です。

Kyashがあれば、Kyashで1%還元+楽天ペイ0.5%還元+楽天カードからKyashチャージで1.0%という形でポイントを三重取りすることもできます。

ここまでで、楽天ペイを利用したお得なポイントのため方について紹介しました。

次に楽天ペイを利用する際の注意点についても説明します。

楽天ペイ利用の注意点

楽天ペイを利用する際は、いくつかの注意点があります。

主な注意点は以下の2点です
  • 楽天ペイアプリに登録できるクレジットカードには制限がある
  • 1回ごとおよび1ヶ月ごとの利用上限額に注意

それぞれの注意点について、詳細を説明します。

楽天ペイアプリに登録できるクレジットカードには制限がある

楽天ペイアプリに登録できるクレジットカードは以下の通りです。

  • 楽天カード(VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス)
  • VISAまたはMastercardのクレジットカード

逆に言えば、楽天カード以外JCB、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードや、国際ブランドがダイナーズクラブクレジットカードは、楽天ペイに登録できません

自分の所持しているクレジットカードで使えるものがなければ、設定できるクレジットカードの作成も検討する必要が出てきます。

1回ごとおよび1ヶ月ごとの利用上限額に注意

楽天ペイでは、1回あたりの利用上限額が50万円に設定されています。また、1ヶ月ごとの利用上限額は、設定されているクレジットカードの利用可能枠に依存します。

楽天ペイのキャンペーンでポイントを大きく稼ごうとすると、この利用上限に達する場合がありますので注意してください。

ここまでで、楽天ペイを使用する上での注意点について解説しました。

最後に、楽天ペイにセットするのにおすすめのクレジットカードを4枚紹介します。

楽天ペイにセットする際のおすすめクレジットカード4選

楽天ペイに設定する際おすすめのクレジットカードは、ポイント還元率がよいカードで、VISAかMastercardの国際ブランドと連携しているカードです。

今回は、4枚を厳選しましたのでそれぞれの特徴を知り、自分に向いているクレジットカードを作成してください。

楽天カード

楽天カードは、他の一般カードに近いスペックで、年会費無料で持てるクレジットカードです。

これまでの他の支払いを順調に続けていれば、誰でも簡単に審査を通過できる、と言われているクレジットカードでもあります。

楽天カードの特筆すべき点は、楽天市場や楽天トラベルのような同じグループのサービスを利用すると、2倍のポイントが貯まる点です。

楽天系のクレジットカードはさまざまなキャンペーンで優遇されることも多く、楽天ペイを利用するなら、ぜひ持っておきたいクレジットカードのひとつと言えます。

楽天カード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 500円(税別)

楽天ゴールドカード

安定した収入がある給与所得者で、年間の収入が200万円以上ある場合は、楽天カードの1つ上のランクである楽天ゴールドカードもおすすめです。

楽天ゴールドカードは、楽天市場など楽天グループでの支払いに利用すると、楽天スーパーポイントが5倍付与されます。

楽天カードに比べれば審査基準が厳しくなることや年会費がかかるというデメリットもありますが、楽天スーパーポイントをためるという面では、年会費もあまり高くなく十分に元を取ることが可能です。

楽天ゴールドカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 公式サイト参照 無料

エポスカード

丸井をよく利用する人なら、国際ブランドがVisaのエポスカードもおすすめです。

標準のポイント還元率は0.5%ですが、リボ払いにしておいて支払期日近くに全額支払いする、というひと手間をかけることでポイント還元率が2倍になります。

また、年4回丸井の買い物で10%オフになるなど、丸井で利用するとお得です。

エポスカード

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料

Orico card THE POINT(Masterardのみ)

標準のポイント還元率は1.0%と、ポイントが多く付与されるクレジットカードです。

楽天ペイに設定するには、国際ブランドがMasterardでないといけない点には注意しましょう。

ポイント還元率の高さで人気のカードですので、楽天ペイと組み合わせてさらに多くポイントをためていくのに適しています。

オリコカード THE POINT

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

まとめ

楽天ペイの基本的な仕組み、楽天Edyや楽天カードなど、その他の支払方法について紹介しました。

楽天ペイは、楽天スーパーポイントをためている人にとって、さらにポイントがたまりやすくなる決済方法です。

楽天ペイに設定するクレジットカードは、楽天カードまたは楽天ゴールドのように楽天系のカードがキャンペーンで優遇されます。

他にクレジットカードを設定する場合は、国際ブランドがVISAまたはMastercardのものを選ぶようにしてください。

自分がよく行く実店舗が楽天ペイ利用対象の場合は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

2020.07.20

【楽天経済圏の方必見】あのCMでおなじみの「楽天カード」でザクザクポイントを貯めませんか?

「楽天カードマン!」のCMでみなさんおなじみの楽天カード。ここ数年で利用者を伸ばしていて知名度もかなり高いですよね。最近では、「楽天経済圏」な…

2018.05.08

PCでカードを管理する

楽天カードで付与されるポイントの効果的な貯め方・使い方ダイジェスト

楽天カードで付与される楽天スーパーポイントの使い方について、もっと効果的な方法はないものか、と疑問に思っていませんか?楽天ポイントはさまざまなキャ…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ